新着情報

友達以上恋人未満みたいな女の子と中出しセックス[前編]

この体験談は約 4 分で読めます。

大学生のとき、結構プライベートでも遊ぶ、友達以上彼女未満みたいな、さやか(仮名)って子がいたんだよ。
だけど別にセックスする感じでもなく。
あっちが割と男勝りなところがあったのと、154センチくらいだったから妹みたいになってたんだな。
まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあって。

で、社会人1年目になって、あっちから『DVD観よ』ってメールが来たんだよ。
まあこれはいつもの感じで、あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうなって。

電車で2駅だから行ったわけよ、夜の9時くらいかな。
家に入ったら、相変わらず露出の多い格好で寝転んでいるさやか。
メディキュットとショートパンツの寝巻き、あとタンクトップ。

「久しぶり」

「もうちょっと着ろよ」
「いいんだよ、暑いんだから」

「で?」
「早く観よ」

「どうしたの、今日は?」
「どうもしないよ」

「どうしたの?」
「・・・おいおい話す」

そんでDVD観ることになったんだけど、俺がソファに座ってさやかを膝枕する感じで観てたのね。
で、観たのがノルウェイの森。
松山ケンイチのやつ。
そう、めっちゃキスシーン多いやつ。
普通に勃起しちゃった俺。

「おい、立てないでよ」

「しょうがないだろ」

「寝づらいじゃん」

そのリアクションもあれだけど。
なんか不意に冷静になっちゃったんだよ、そのとき。
2人でノルウェイの森を観て、薄暗くて、股間に顔が近くて、ケツのラインが出てて、ノーブラで、風呂上がりでいい匂いがしたんだよ。
急に女に見えたんだよな。
4年くらいずっと一緒にいたのに。

(あ、もう今日犯すわ)って思った。

普通に肩に手を置いてたんだけど、ゆっくり首筋の方になぞってみたわけ。
ただ移動してますよーって。
そういうつもりじゃないですよーって。
で、ゆっくり耳に手をやると。

「んー・・・」
「ん?どした?」

「耳」
「いいじゃん」

「よくないし。集中させろ」
「いいじゃん」

ゆっくり耳から、あごから、首筋から、めっちゃゆっくり撫でていくと、少しずつ体をもぞもぞさせるようになってきた。

「ねえ」
「何?」

「え、どうしたの」
「どうもしないよ」

「嘘、だってさっきから」
「さっきから何?」

もう一度耳に戻って、ゆっくり撫でてやる。

「んっ!」

少し大きな声が出た。

「だめだって。耳は」
「なんで?」

「弱い。ちょっと。くすぐりなし」
「いいじゃん」

そのまま右手で耳をなぞりながら左手でおっぱいを触る。
実はEカップだって後で知ったんだけど。

「でかくね?」
「え、ちょっと待って」

「なんで?」
「なんでって、え、なんで?え、ちょ、ま、だってあたし彼氏いるし」

「あ、そうなんだ」
「え、ねえちょっと・・・ん」

結構びっくりしたけど、何もない風を装って続けた。
タンクトップの上から乳首を擦ってやる。

「んっ・・・ちょっと・・・え、ねえ待って」
「やだ」

「え、ちょっと・・・だめ今、ブラつけてない」
「知ってるって」

「ねえ、いやっ・・・ん・・・んんーーー・・・」

ちょっと強めに乳首を摘む。

「んっ・・・!だめ・・・っ・・・それやめっ・・・」

「耳も胸もだめなの?」

「だめどっちもだめ・・・耳だめ・・・っ!や・・・っ」

腕を掴まれてるんだけど、全然力が入ってないの。

「え、ほんとにだめって思ってる?」
「ほんとにだめだよ、彼氏いるんだもん」

「彼氏と最近仲いいの?」
「いや・・・」

少しの間。

「どうなん?」

「いや、・・・今喧嘩してるんだけど」

ビンゴ!
どうせそんなこったろうと思ったんだよ。

「耳とおっぱいだけでこんな感じてんの?」
「感じてねえし」

「この先どうなんの?」
「しないよ!もうこの先しない!」

「いつもこんな感じるんだ?」
「そんなことなイッ・・・あっだめ、そっちやほんとにやだ」

おっぱいから滑らせて、ショートパンツの上から股間を擦る。

「だめだめだめだめ」
「いいじゃん」

「だめ・・・あんっ・・・やーもうだめだって」
「なんで?」

「だから・・・」
「いいじゃん」

背中を曲げて無理やりキス。

「んー!!んーーーむーーーー!!」

結構本気で抵抗されたけど、強く抱き締めて離さなかったらだんだん力が抜けてきて、舌も絡めてきた。

「んー・・・あ・・・んー・・・ぷは・・・ねえ・・・だめだよ・・・ちゅーだめ・・・」

もちろん聞くわけないし。
もう一度キスした瞬間に、ホットパンツの隙間から指入れ。

「んむーーーーー!!」

もうめっちゃヌルヌル。
すげえ柔らかくて、ゆっくり中指を出し入れする。

「だめ、入れちゃだめ、指だめ」

「もう入ってるし」

クリ弄りながら指を出し入れすると、めっちゃエロい顔になってきた。

「ねえ、だめだめだめ・・・いや・・・あっいや、そこだめ、ほんとだめ・・・」
「音聞こえる?エロいな」

「音立てたらだめ・・・やっ・・・んーー・・・あん・・・あっあっあっやん・・・やめよ、もうやめよ?」
「やめねえよ」

2本目を入れて、指のピストンを速くする。
うるさかったから右手の指も舐めさせることにした。

「んーーーーー!ぷあっ・・・!だめ、ねえほんとだめ」
「だからなんで?」

「・・・だめっ・・・あんっ、だめっ、イッちゃうからだめ・・・っ中だめ・・・だめだめだめだめイッちゃう、イッちゃう、イッちゃう、やだ恥ずかしい・・・っ!」
「イッちゃえよ」

「やだあっ・・・!あんっ!あっ!あっ!だめ強い・・・あんっ!あ、イク、イク、イク・・・!ああっ!」

びくんびくんして体にしがみついてきた。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

秘密の園