新着情報

小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[中編]

この体験談は約 5 分で読めます。

真夜中のベンチで元カノの手コキでイッてしまった後、自分らの洋服や彼女の顔や髪をティッシュで拭き、多少気になるもののジーパンを穿きました。
そして、じゃーそろそろ帰ろうかという頃、元カノが「◯◯の家って、今日行っても大丈夫?」と聞いてきました。
僕は、(これは・・・)と思いつつも平然とした感じで、「あー、別にいいよ」と言いました。

僕のマンションに向かう道中で元カノは、「実はさー、ちょっと前に合コンで彼氏ができてさ・・・。◯◯商事(相当大手です)の人でいい人なんだけど、あんまり好みじゃないんだよね。とりあえず付き合うことにしたけど、この前も部屋に上がるの拒否しちゃったし・・・」と言い始めました。
(きっと、さっきの出来事に対して少し罪悪感があったんだと思います)

僕「えっ、そうなん?てか最近なのに大丈夫か?」

元カノ「んー、けど手だけだし、浮気じゃないよね」

笑顔で言う元カノ。
この辺は相変わらずです・・・。
そんな会話をしながら俺も、(同じく手だけだし、浮気ってレベルではないか・・・。キスはしちゃったけど・・・)と心に言い聞かせ、(ま、元カノが家に来てもエッチはしないようにすればいいか、元カノにも彼氏がいるわけだし・・・)と考えていました。

僕のマンションに到着し、元カノを部屋に招き入れました。
元カノは、「へー、意外と綺麗にしてるんだねー」などと言いながら、荷物を置くや否やいきなりベッドに倒れこみました。
僕は、まだ酔いは抜けてないものの理性はだいぶ戻ってきてたので、「お茶持ってくるわ」と言ってキッチンに向かいました。
すると元カノがなぜか僕の後ろをついて来て、お茶を出す間もなく後ろから抱きつかれました。

(何だ!?)と思ってると、「久々だね。こういうの」と言いながら僕の前に回り、これまた本能的に抱き締めてキスをしました。

しばらく抱き締め合いながらキスを続けてると、徐々にまた興奮が高まり、気づけば半勃ち状態になってました。
それが当たってることに気づいた元カノはジーパンの上から撫でるように触り、「◯◯はほんとすぐ勃っちゃうよね」と笑顔で言いました。

僕「仕方ないだろ」

元カノ「じゃー、もっかいする?」

元カノが小悪魔的に言いました。
ここで僕は再び葛藤しました。
さっきはあーなったけど、やはりお互い相手がいるわけだし・・・。
けど、もう家に入れたわけだし、元カノのエロい性格上、こうなるのは予想通りで・・・。
などと考えていると、「ベッドに行こ」と言われ、葛藤したままベッドに行きました。

ベッドに2人で倒れこむや否やまたもや抱き締めながら何回もキス・・・。
やはりディープキスは魔物で、何回もしてたら否が応でもテンションが上がります。
気づけば彼女の胸を服の上から揉み・・・、スカートの中に手を入れ太ももを触り・・・、パンツの上から触り・・・。
まるで本能を抑えられないでいる自分がいました。

そして先ほどと同じく元カノは、「ハァハァ・・・」と声を漏らしながらパンツをすぐに濡らしてきてたので、今度は脱がして触ると、やはりトロトロに濡れていました。

僕「凄いトロトロになってるな」

元カノ「だって気持ちいいんだもん・・・」

可愛く言う姿にSっ気を覚えた僕は、今度は手で攻めないで、彼女の股の間に顔を埋めました。
昔から舐められるのが大好きな元カノは、「ダメだよ・・・やばいよ・・・」と何回も言いながら体をよじり、僕は元カノが気持ちいいポイントを舐め続けました。
すると2~3分後には、「ダメ・・・もうイッちゃう・・・イッちゃう・・・」と言いながらイッてしまいました。

元カノがイッた後、少しベッドに横になってまったりしてると、元カノは僕のジーパンの上に手を置き、上下に撫で始めました。
今思えば、僕はそれを待っていたんでしょう。
先ほどは野外で人もまばらに通っていたので手コキだけでしたが、家のベッドとなれば話は別です。
というのも・・・元カノのフェラは僕が今まで付き合ってきた子の中で群を抜いて上手く、久々にそれを味わえるかと思うと興奮は最高潮です。
少し前の葛藤はどこへやら、その先の展開を想像すると、『お互い相手がいるからやめよう』なんて言葉は出てくるはずもありませんでした。

男の本能というか・・・。
同じ状況になれば、きっと皆さんも同じことをしたと思います。

しばらく撫でられ、僕のモノは半勃ち状態になりました。

元カノ「ジーパンがきつそうだから脱がしてあげる」

笑顔で言いながらボタンを全部外し、トランクスごとあっさり脱がされてしまいました。
この状態、極めてかっこ悪いです。
なぜなら下半身だけ全部脱いでて、上半身はTシャツ。
元カノはパンツこそ脱がしたものの、まだスカートも上も着ている状態です。

そんな状態にされて元カノは、「もう大きくなってるし」と言いながら、手で上下に動かし始めました。
しばらく手コキをされ続け、僕は内心(早く口で咥えて欲しい・・・)と思っていましたが、なかなか口に咥えてくれません。
するとそれを察知したのか元カノは、「口でして欲しい?」と小悪魔的に聞き、僕は迷わず、「早く咥えて・・・」と言いました。

彼女は僕の股の間に顔を埋めると、僕のモノを舐めるでもなく、そのまま一気に口に咥え、上下に顔を動かし始めました。
やばいです・・・。
不覚にも、「アッ・・・」と声が出そうになりました。
付き合ってた2年前、どのくらい気持ち良かったかはもう忘れてましたが、今の彼女より数倍気持ちいいことだけは確かでした。
テクの差が歴然だった分、より気持ち良かったんだと思います・・・。

咥えている元カノの口の中はヌルヌルであったかく、歯が当たるなんてことは一切ありませんでした。
まさにトロトロの元カノの中に入れてるような感覚です・・・。
しばらく上下に咥えられた後、元カノは一旦口から離し、小悪魔顔で聞いてきました。

元カノ「どう、気持ちいい?」

僕「マジで気持ちいいわ・・・お前、相当上手くなったな・・・」

今思えば、『俺の後、誰にしてたんだ?』的な発言にも聞こえ、失言でした・・・。
すると元カノは、「上手くなったって微妙だし・・・」と一瞬少し怒った口調でしたが、すぐに今度は裏スジを下から何度も舐め上げてきました・・・。

僕「アッ・・・それ、やばい・・・」

普段は声なんて滅多に出しませんが、思わず声に出てました。
そして、その後は徹底的なカリ攻めです。
舌をカリの周りでクルクル回転させながら舐めたり、軽く咥えたり・・・。
僕はその圧倒的な気持ち良さにもう成すがままにされ、声にならない声を出してました。
それが数分に渡って続き、ピストン運動をしていないにも関わらずイキそうになってきました・・・。

僕「やばい・・・イッちゃうかも・・・」

元カノ「◯◯・・・エッチしたくなってきちゃった・・・」

いきなり言ってきました。
もちろん僕もしたいです。
今すぐにでもトロトロの元カノのオマンコに入れたいという気持ちはあります。
けど、このまま今入れても、数分もたずにイッてしまう・・・。
すでにイキそうな状態ですから・・・。
それに先ほどの葛藤(エッチしなければいいか・・・)もあり、「今入れたらすぐイッちゃうな・・・」とやんわり拒否したところ、「それもそっか、私がイク前にイッちゃったらダメだしね」とかなりの小悪魔ぶりを発揮してきました。

元カノ「じゃあ、口でイッちゃっていいよ・・・」

元カノは再び、まだガチガチになっている僕のモノをしゃぶり始めました。
今回は先ほどまでのややゆっくりめの上下運動ではなく、髪が揺れるくらいのスピードで咥え、口からは収まりきらなくなった大量の唾が垂れてました・・・。
顔を動かす度にグチュグチュと音を立てるフェラに僕はもう為す術もなく、ただその押し寄せる快感に身を委ねてました・・・。
それが3分くらい続いた頃、僕はもう我を忘れる勢いで、「もうそろそろイクわ・・・」と声にならない声で言うと、より一層上下運動が速くなり、それと同時に一気に高揚感も上がってきました・・・。
そして、さっきみたいに「イクッ・・・」という声を出す余裕もなく、無言で一気に元カノの口の中に出しました。
元カノが全部口でしっかり受け止めてくれました。
そして僕がティッシュを取ると、元カノはその中に精液を出しました。

元カノ「気持ち良かった?」

僕は、「今までで一番気持ち良かったわ・・・」と言いながら元カノの頭を撫でました。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Number