新着情報

「いや、抜かないで!」と叫んでいた私

この体験談は約 5 分で読めます。

彼氏が出来て付き合い始めたんです。
で、「ゲーム買ったからこいよ」って言われて、初めて彼の家に行ったんです。
日中はご両親お仕事で彼だけだった・・・。
結構意識したりとかするじゃないですかー。
ドキドキだったの。

部屋は片付いていて、私の為にお掃除したのかなーとか思ってちょっと嬉しかったり。
ジュース出してくれて、ちょっと沈黙しちゃって、なんとなーくヤバい雰囲気になってきちゃったの。
で、話題変えようとして、「あ、ソフト色々あるんだー」って、屈んだのがまずかった。
そのまま太ももを触られて・・・。
動けなくなっちゃったら、後ろから身体中触られちゃった。

向かい合ってキス。
キスはしたことあったけどディープキスは初めてで、もーわけわかんなくなっちゃって。
ぎゅうって抱かれたらおっぱいが彼の胸に当たっちゃって、くにゅうってなっちゃって。
心臓がドキドキどころか、ドドドドドドドドってーのが全部彼にわかっちゃってー。

「あああ」って声が出ちゃって。

「・・・いい?」って言われて、頷いちゃったの。

そしたら首筋をキスしながらブラウスのボタンはずされて、おっぱいをむにむにして、それから吸われました。
熱くって湿っていて、舌の先っぽでツンツンされたりとかして乳首が硬くなるの自分でわかった。
とろーっとするほど気持ち良かったです。
自分のおっぱいにむしゃぶりついている彼氏の頭を見下ろすのって、すごーく変な感じだったです。

でも、めっちゃくちゃ気持ちよくてとろーんとして、んで、スカートの中に手を入れられました。
パンツの上からあそこを触られて。
濡れちゃってました。
熱くなってきて・・・。

「はあ、はあ、はあ、はあ」って彼の息がかかってきて、私も同じだったと思います。

彼「いいだろ・・・ゴム用意してあるから」

(おい、最初からそのつもりだったんかーーっ!)って、心の中で突っ込んだんですけど・・・。

なぜか、「うん・・・」って答えて、私も彼に抱きついちゃった。
きゃああっ、恥ずかしい。

全部脱いでベッドに入りました。
激しく誤解していたというか・・・私、男の人のモノって肌色だと思っていたんです。
温泉とかで子供のものを見たことあるから、そういうものだと思っていたんですね。
ちらっとゴムを付けている彼を見ちゃって、(おーい、こんなグロくて大きいものが本当に入ってくるの?ひえええ、助けてー)って・・・泣きそうだったです。

けど彼が覆い被さってきて・・・もう任せるしかない!
硬いモノが入り口を探して何度も当たって・・・。
あそこにをついに・・・ちょっとずつ入ってきて・・・。

彼「力を抜いて・・・足を開いて・・・」

必死でそうしました。
そしたらピキって感じの痛みが走って・・・。
彼のモノが私の中に全部入ったんです。

彼「ああ・・・」

彼が私の上でそう言いました。

彼「あったかい・・・気持ち良いよ」

正直、わけわかんなかったです。
パニクってました。
さっき胸を吸われていたときはジンジンしていて欲しくて欲しくてたまらなかったものが私の中に入っているんですけど。
内側からみっちりと押される感触は生まれて初めてのものだし。
足を広げたこんな恥ずかしい恰好・・・まじで泣きそうだったです。

彼「どう?いい?」

私「ううっ・・・ん・・・うん・・・」

そう言うだけで精一杯だったです。
彼がゆっくり動かし始めました。

私「あん・・・んっ・・・んっ・・・あ・・・いや・・・、いや・・・ああん・・・いや・・・あっあっ・・・」

内側からずん、ずん、って攻められました。
きっと変な顔しちゃっていたんだと思います。

彼「本当にイヤなの?」

そう言われて・・・でもそんなことなかったんです。

私「ううん、いい・・・けどうまく言えない・・・」

彼「じゃあ、『いい』って言ってよ。俺、すごくいいよ・・・うー、感じるよぉ」

そう言ってもっと激しく・・・ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ、って音が聞こえるのがはっきり聞こえました。
濡れまくりです・・・血も混じってたせいかもしれませんけど。

ぐったりしながら全部任せていました。
おっぱいを揉まれながら、「はあ、はあ、はあ・・・」ってそれだけで。
彼のモノがびんびんに硬かった。

そして「うおおおおっ」って彼が唸って・・・イッちゃいました。

彼が私の上でぐったりして・・・。
でも肌と肌が密着して暖かい感じって・・・すごく気持ちが良くて安心するんです。
そのあとティッシュを使って・・・やっぱり少し血が出ていました。
彼はすごく感動してくれたみたいです。
嬉しかった。

そのあと裸のままベッドでお話してました。
彼が私のおっぱいを優しく撫でてくれました。

彼「どうだった?」

私「うん・・・よかった・・・」

本当はわけが判らなかったんですけどね。
でも、すごーく感激しちゃってました。

そーしたらねーっ、彼が「あそこを見たい。はっきり見せて」って言い出したんです。

(トホホホホーーー!!絶対ヤですぅ)

今したばっかりのところをはっきり見られるなんてぇ・・・。
でも彼がすごーく気持ち良くしてくれたし、頑張ってくれちゃったし、いい人だし・・・。

「いいよ」って言っちゃったんです・・・。

(あーん、私のバカーー!!)

すっごく恥ずかしくって・・・両手で顔を隠してました。
彼は私の足に手を当てて・・・思いっきり開いたんです・・・。
視線が痛いって、本当だなーってわかりました。
頭の中が真っ白です。

彼「ここに入っていたんだねぇ・・・」

彼はそう言って私の太ももにいっぱいキスしてくれました。
くちゅ、くちゅ、って激しく吸われて・・・。
ここは跡が残るんですねぇ・・・知らなかった。

で、もって・・・えーと、恥ずかしいんだけど、私も彼も興奮してきちゃって・・・。

「もう一度いい?今度は後ろから」って言われました。

が、用意していたゴムは1個しかなかったので、今度は生で入って来ました。
さっきはパニックだったからよく分からなかったけど、今度は彼のモノの感触を感じる余裕がありました。
ゆっくりと入って来ました。
さっきは当たらなかった奥の方にまで彼のモノが入って来てしまったので、また頭がパニックになって来ました。
頭が痺れるような感じというか、脳を突かれている様な感じです。
最初は遠慮がちに腰を動かしていた彼でしたが、そのうち私のお尻を両手で掴んで激しく腰を振り出しました。
パンパンという音が部屋に響きます。

気付くと私も無我夢中で腰を動かしていました。
不意に彼がモノを抜いてしまいました。
私は、「いや。いや。抜かないで」と叫んでいたそうです。
覚えていないのですが、後から彼から聞いた話です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

sexual

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン