新着情報

早漏フェチのレズビッチ

この体験談は約 12 分で読めます。

バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。
日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。
アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。
アホな家だった。

父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父。
上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思う。
しかし見事なまでに上っ面だけ。
私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった。
毎晩罵声を聞きつつ、早く離婚すればいいのにって思っていたのは覚えている。

母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」

母の一言に父が広いリビングを走り出した。
それと同時に二階に住む祖母が、「やめなさーい!」と駆け下りてくる。
そうしてばあちゃんが羽交い絞めにしたのは、襲いかからんと走る父ではなく母だった。
不恰好なジャンプミドルキックが決まり、母は骨折した。

当時の母は精神も肉体もボロボロだった。
まだ30代だったが更年期障害のような性格だった。
口を開けば父の愚痴、祖母の愚痴。
不眠症のせいか午前中は起きてこなかったので、小学校6年間はひとりでトーストを焼いて学校に行った。

父は私にだけはとかく甘かった。
反面、兄には厳しかった。
兄の誕生日は祖父の命日だからという理由でお祝いなし。

高速道路で無邪気に車の窓から顔を出した兄。
「あぶねーだろ!」と叫んだ父は運転席のボタンで後部座席の窓を閉める。
窓と窓枠に頭を挟まれ泣き叫ぶ兄と、叫ぶ母と、それでも閉めるボタンを押し続けた父。

兄の部屋で喧嘩して、私が飛び出しドアバタン!

別室の父「おい、うるせぇぞ!ふざけんな!!!」

私「ご、ごめんなさい(ガクブル)」

父「あらぁ~◯◯(私)ちゃんでしたかぁ、ドアしゃんがイタイイタイ言ってましゅよぉ~」

こんな感じ。

大体小学校4年生くらいの時、親のPC雑誌を読んでるとエロいページがあることに気がついた。
ドラゴンボールのブルマのおっぱいに萌えてた自分は、リアル裸に興奮するガキにレベルアップした。
当時まだ自慰行為を知らなかったが興奮して毎月楽しみにしていた。
女ひとりの写真が主だったが、女の隣に裸の男を妄想していた。
その方が興奮するからだが、なぜかは分からずそうしていた。
DNAレベルでビッチなのだろうか?
兄に「セックスはチンポに女がキスする行為」って聞いて、人生の終わりレベルのショックを受けてたレベルの糞ガキだが、やはり基盤レベルでビッチだったのだろう。
当時も男子に、「エス、イー、エックスってなあに?)」とか「ねえねえ、トイレに血がついてたんだけど誰か痔なのかな?」とか聞いて反応を楽しむレベルにビッチだった。

その当時のPC雑誌はゲームとかアプリ的なのとかが入ったCDが付録で付いていた。
ある日、その中にAVのサンプルも入ってる事に気がついた。
女の裸写真からAVへ、格段のレベルアップだ。
セックスがフェラよりえげつないものだということを知ったが、やはり気持ち悪かった。
仰向けの女優のおっぱいが八の字に揺れるのには最高に興奮した。
痴漢を訴えられた男が仕返しに透明人間になる薬を飲み、電車の中で女を裸に剥く。
女が羞恥で「キャー」ていうAVが猛烈にツボだったらしく、これだけ内容を覚えている。
未だにタイトルを知りたい。

そして母にばれた。
所詮小学生、“最近使った項目”の履歴の削除なんて事に気が回るわけがない。
やはり人生の終わりだと思った。
私宛に母が届けてくれたメール。

『見るのは構わないけど、ああいう映像は男の人が喜ぶように脚色されたものです。実際のそれとは大いに違うのでそれだけ把握すること』

小学生には難しすぎます。

そしてその一ヶ月後くらいに、私は母への爆弾を連投することになる。
母と二人で買い物に出かけたドラッグストアで、けろけろけろっぴの箱を見かけた私は手に取った。
赤面した母に取り上げられた。
コンドームだった。
帰り道、母のしどろもどろの指導が入る。

母「ラコステ(飼い犬)のおちんちんがピンクになる時あるでしょ?そういう時に使うやつ」

私「ふーん・・・」

意味はまったく分からなかったが、非常に恥ずかしい事態だということは把握した。
いつか私に娘が出来て同じことがあっても、上手く指導できる気が全くしない。

小学6年生。
ついに私はオナニーを覚える。
ドラクエのレベル上げ中にAボタン連打で暇になった私は、手持ち無沙汰にコントローラで自分の股間を叩いた。

(・・・ん?なんだ・・・これは・・・)

夢中になった。
それからは股間の一部、ちっさい豆が性感帯だという事を知り、枕に擦り付けてみたり色々した。
人差し指で包皮の上からクニクニ、という現在のスタイルがいつ確立されたかは覚えてない。

余談だがこの頃、家具で隔てただけの兄の部屋からよく、100メートル走り抜けた後のような荒い息遣いが聞こえるようになった。
今なら察してあげられるのだが、当時はまだまだ知識不足。
ある日一度だけ、「大丈夫?」と聞いてしまった。

兄「おじいちゃんが・・・乗り移って・・・」

ものすごく心配した。

当然の如く兄と同じ公立に進学しようと思っていたが、ある日、突然母に「受験しなさい」と言われた。
大学まであるお嬢様学校だった。
私は特に何も考えずOKした。

数週間後、喫茶店のような所に母に呼び出され行くと、知らないおっさんがいた。
紹介があるわけでもなく、知らないおっさんに人見知りしながら普通に3人でお茶した。
中学生になると自室に小さいがテレビが貰えたので、毎晩『トゥナイト2』を見ていた。
遅刻常習犯になった。

初潮は中学二年生。
友達が泊まりに来て一緒に風呂に入ろうとキャッキャしている時。
タイミング最悪だ。
血だらけのパンツを仲良くなりたての女友達に見られた。
その子はまだだったらしく、ショックを与えてしまい、なんとなく疎遠になった。
その頃、母がおっさんと逃げて、私は母方の祖父の家に住んでたのでなんとか一人で処理した。

この頃に父がリストラにあった。
母に逃げられ職も失った父は、一度死にかけた。
兄が助けたらしいが私は前述したとおり祖父家に居たのでよく知らない。
とにかく上流から中の下に落ちた。

父と二人取り残された兄もグレた。
ロック少年になった。
掃除する者が居なくなって見る影もなく薄汚れた豪邸に土足で友達を呼び、サッカーゲームしながら酒を飲んで乱交していたらしい。
アメリカン。

ローンに喘いだ父は豪邸を手放して、精神病院の前に家を買った。
家のサイズは10分の1になった。
昼夜問わずドクターコールのような放送が漏れ聞こえてくるその家に私は引っ越した。
入れ違いに兄が母のところへ転がり込んだ。
ほとんど家には居ないようだったが、その頃には私も兄もおっさんと仲良くなっていた、表面上は。

私「夏雄さん(おっさん)、なんかいやだ」

母「ママを取られた気がして妬いてるんでしょwプゲラwww」

諦めた。

ちなみに私は女子校生だった。
女子校と言うのはイケイケグループに属さないと出会いなどあるわけがない。
校門をくぐるとダサい制服を着替える、そんなグループに属せる気がしなかった。
年がばれそうだが、一時期女子高生が街中で早着替えをするという社会現象があった、あれだ。
彼女らは大体男子校の文化祭とかで出会い、小学校時代の友達とかとつるんで垢抜けてた。
お嬢様学校での垢抜けないグループは本当に芋くさいのだ。
茶髪だめ、ハイソックスだめ、カーディガンだめ、スクールバックだめ、化粧だめ。
お嬢様学校の清純深窓の美少女は虹の世界、おつ。

一度彼女らの気まぐれで合コン(笑)に参加した。
普通のファーストフードで初めましてするだけ。
初めて神経性の腹痛を経験し頓挫した。
芋たちに出会いなんてあるはずなかった。
特に私の場合は地元も離れてしまったので尚更だった。
ありがちだが、先輩に淡い恋心を抱いた。
女子校にはガチレズも多数いたが、私は文通をしただけだった。
その先輩とは。

中2病をこじらせた私は、高校時代hydeのような髪形をしていた。
今思えば顔から火を吹くほどキモイが、当時は色白で細く貧乳だったため、顔が残念でもまぁモテた。
もちろん同性に。
バレンタインにいただいたチョコの数ではおまいらに負ける気がしない。

ある日、クラスの美少女に放課後押し倒された。
スマートに体を起こし肩を抱き、「私ではあなたを幸せにすることができない」とキメた。
泣かれた。
マジオスカルwww

かく言う私も結局はレズへと成長した。
私のビッチヒストリーはレズから始まる。
もちろん女子校ならではの幻想レズだ。
私より背の低いノンケ女子の聡子に恋をした。
皆には明るく笑顔で接してるけど、誰にも話せない闇の部分を私が支えて癒したい、とか考えてた。
中2病全開www

毎日メールし、毎日遊んで、まずは親友感を植え付け、好き好き言いまくった。
徐々に感覚を麻痺させて、最終的に、「好き」「私の方が好き」のやりとりが当たり前にまでなった。
そこからは早い。

私「好き」

聡子「私の方が好き」

私「じゃあ付き合う?」

聡子「う、うん」

テラ策士www

手を繋ぎ、言葉だけでいちゃいちゃする仲だったが、不思議なもので幻想レズでも性欲は湧いた。
さすが人間の発情期、高校生。
裸の写メを送りあったりしていた。

相手のお家に泊まりに行って同じ布団に包まった。
身体的な交流は拒絶されるかも、と本気で怯えながらおでこにキスをした。
その時に見せた彼女の笑顔がとても素敵だったので、唇に移行。
いきなりディープ狙って行って歯がぶつかった。
少し臭かった。
本当にファーストキスだった。
その日はそれだけで幸せで、寝た。

処女と処女のぶつかり稽古は、始まってしまえばすごい速さで進行していった。
一度手マンを覚えてからは自慰行為を覚えたサルと一緒。
デパートの試着室、トイレ、学校の地下室、色んな所で弄りあった。
鶯谷まで行ったこともある。
しかし所詮は幻想レズ。
毎回無言の攻防で、猫役の奪い合いだった。
8割方、私がタチだった。
手マンからクンニまでは発展したが、69はたぶんしなかった。
温泉旅行に行ったときに一度だけ貝合わせをした。
おもちゃも使わなかったので、いまいちピンとこず、貝合わせはそれきりだった。

デズニーも行った。
誕生日を祝った。
最初の三ヶ月は幸せだった。

しかし、聡子の束縛はえらいもんだった。
レズってのは嫉妬の対象が男女両方である。
そんでもって私は女子にしては放任主義だし、放任されたかった。
電話折り返さないと怒られるとかマジ苦痛www

4ヶ月目からはイライラするたびに別れ話をふっかけた。
情があって結局別れるまでには至らず、ずるずると1年半。
愛情なんぞ無くなってセックスも8割拒んでた。

「マンガ読んでるから勝手に触れば?」的なことも多々あった。

よくもまぁ関係が続いたもんだと思う。

そして当時、私たちはレズの癖にリア充ぶって、性格くそげろ女だった。

聡「なんか後輩のMに告られたんですけどwww」

私「は?テラワロスwww鏡見て出直せチビwww」

聡「wwwww」

私「wwwww」

一週間後、いつも通り聡子に説教されて私はイライラしていた。

聡「なんで朝のおはようメール返信しなかったの?」

私「だからそういう中身のないメールする気無いっつってんじゃんか」

聡「好きなら中身とか関係ないじゃん」

私「はぁ?そんな面倒くさいことしなきゃいけないなら別れる」

本当に何度も飽きずに繰り返したこのやりとり。
聡子が、「なんでそういうこと言うの?」って拗ねて終わるはずだった。

聡「うん・・・じゃあ、別れよ」

私「え?」

聡「じゃあねっ」

なんともすっきりとした顔で、聡子はホームに滑り込んできた地下鉄に飛び乗った。
私は予想外すぎて唖然としてしまい、固まったまま電車を二本くらい見送った気がする。
家までの道のり、ずっと泣いた。
窓に反射した自分の泣き顔が豚みたいで余計泣いた。
風の噂で聡子がMと付き合い始めたと聞いた。
女って怖ぇって本気で思った。

居なくなって初めて分かる慕情なのか、お気に入りのおもちゃを横取りされた独占欲なのか?
ガキだったし、大いに後者だったんだと思う。
猛烈に格好悪いことに私は聡子にすがった。
また、聡子は値踏みするかのように堂々と二股をかけた。
私が側室だ。
二人でプゲラしたはずの後輩が本妻。
でも私と会っているときにはいつもMの悪口を言っていた。
だからすぐに私の元へ戻ってくると思っていた。
セックスも頼み込んだ。
ずっとケータイ弄ってる聡子を抱いた。
立場逆転だ。

ある日、久しぶりにデートをしてもらえることになった。
前日から寝られずに、店を調べて、化粧を練習し、服を選んだ。
聡子が教えてくれたお洒落な美容院で髪を切り、一緒に選んでくれたスカートを穿いてめかし込んだ。

当日、聡子は現れなかった。
連絡もないままモヤイの前に立ち続けた。
メールも電話も繋がらない。
一時間後、やっと聡子からメールが届いた。

『ごめーん、急にMと会える事になったから今日行かない!』

やっと気付いた。
聡子は値踏みするために二股をかけてたんじゃない。
聡子にした仕打ちをそっくりそのまま仕返ししたくて私を繋ぎ止めていたのね、って。
未練は山のようにあったけれど、すがるのはそれきりやめた。
返信せずに、そのまま連絡先ごと消去した。

時間軸が前後するが、高校生になる頃に私は母に引き取られた。
夏雄のおっさんと母と私の三人暮らし。
兄は家を出た。
再婚はしてないので、本当の他人のおっさんと、多感な高校時代を同居した。
頼んでもないのに私の下着を取り込むおっさんを見て、一刻も早く家を出ようと決意した。
おっさんは何か嫌なことがあるとすべて私のせいにした。

「こいつがいるからセックスもできない!」とケツ蹴りされた時はすでに何も感情を覚えなかった。

高校を卒業し共学の短大に進学した。
バイトはしていたが、まだ家を出なかった。
母がおっさんと別れたからだ。
最終的にはなぜかおっさんはカマ言葉で喚き散らしながら包丁沙汰になった。
今思っても不思議な人種だ。

大学生になったのに処女であることに焦りを感じ始めていた。
しかし如何せんモテなかった。
女子高で身に着けたイケメンオーラが大いに邪魔をしていた。
この頃にはもう一切女子には興味なかった。

まだおっさんがいる頃、私は一度死にかけた。
40度以上の熱が下がらず、自分では身動きできなくなった。
母は夜商売でおらず、おっさんは一時間おきに私の部屋へ見に来た。
本当に見に来ただけ。
3分くらい無表情で私を見て出て行った。
何がしたかったんだろう・・・。
明け方、母が帰宅する頃には意識もほとんどなく、そのまま入院した。
とにかくこの三人暮らしが短い私の半生でナンバーワンの地獄。

そんな私も短大でついに彼氏ができた。
インテリ童貞の進くんに惚れてしまったのだ。
背は低いが、ガリフェチの私は気にならなかった。
この頃の私は本当にアホで、処女が恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがなかった。
女友達と恋話したいが経験がないので聡子を男に置き換えて話していた。
もちろん進も私のことを非処女だと思っていた。
私も生来のSっ気で、進の童貞をからかったりしていた。

しかし初夜はやってきてしまう。

私は悩みに悩んだ。
悩み抜いた末に私が選んだ方法は、生理中だ。
本当にこの頃の私は脳みそが溶けていたんじゃないかと思う。
童貞進君は初夜に興奮しすぎて生理でも問わない感じだった。
せっかく好きな人(しかも童貞)と処女喪失、という理想的なシチュエーションになるはずだったのに自分でぶち壊したwww
もちろん痛がることすらできない。
ガリのくせに巨根の進を迎え入れ、むせた。
涙が出せないぶんマジで嗚咽が出た。

レディ向けエロ漫画の浅はかな知識で、童貞は皆三擦り半で果てるもんだと思ってた。
20歳まで童貞という英才教育で育ったオナヌスト進は遅漏だった。
男の握力ほどの万力なんて処女であろうが持ち合わせていない。
嗚咽レベルの痛みが何十分も続いた。
それでもイカなくて生に切り替えた。
イカない、イカない、本当にイカない。
もうなんだか信じられなくてついに涙が出た。
進も進で焦っていたので、もうそんな事お構いなしだった。

私「ひぐ・・・どうしたらいいの?(泣)」

進「・・・」

進「ごめん・・・、嫌がって?」

私「・・・え?」

進はレイプフェチだった。
最終的に私の手ごと自分で手コキして顔射で果てた。
手コキに切り替えてからは3分だった。
最悪の処女喪失だった。

結局進とは4年付き合った。
スイングのコツを掴んでからはまともなセックスも出来るようになったが、妙に私は不満だった。
自分から誘うくらいのセックス好きではあるのだが、別に浮気もしなかったしビッチでもなかった。
それでも進が好きだった。
4年付き合って、結局進の浮気で分かれた。
進好みのドM女だと男友達に後から聞いた。
いらん情報だ。

余談だがこの頃、母親から、兄と私は異父兄妹だということを聞いた。
今更ながら父親の態度に合点がいった。
もう父親とは会わないので関係ないが。

そして同じタイミングで母の新しい彼氏に追い出され、私は一人暮らしを始めた。
それから一ヶ月後、夜遊びしていてナンパされた男について行った。
ナンパ男はものすごく早漏だった。
進相手にいくら咥えてもイカせたことがなかったので、私の口技で声を上げる男にものすごく興奮した。
進の遅漏が自分のせいではなかったことが本当に嬉しかった。
前戯も全く強くやらないので私好みで、その男とは4回ほどした。
ある日突然、「付き合おう」と言われたので連絡を絶った。
自分の中でビッチが咆哮をあげるのを感じた。

それから一週間後、バイト先の人に惚れた。
今思えば惚れた気がしただけだ。
開いた穴を埋めたかっただけだろう。

「好きだ」と言われ頷いて、「キスしよう」と言われ頷いて、「セックスしよう」と言われ頷いた。

終わってから、「付き合って」と言ったが、相手は頷かなかった。
ただ、相手が遅漏なことが分かって、興味が失せている自分がいた。
早漏フェチが出来上がっていた。

さらにその三日後には短大時代の友達と寝た。
私好みの早漏男子だった。
進と別れて3ヶ月で経験人数が3人増えた。
自分でもあーあ、と思った。

ある所へアシスタント的なことをしに行くことになった。
一ヶ月後にはそこの先生と寝た。
いい加減自分が嫌になったのはこの頃だ。
先生のくせにMで体中が性感帯だった。
アシスタントのくせに下克上する、その設定で私は触られなくても太ももまで濡れた。
上に乗りキスをしながら乳首を弄り、股間で股間を愛撫するのが大好きで、1時間近くやることもある。
AVも素股モノが大好きです、ハァハァ。

しかしある日、急に先生に拒まれた。

「教え子と恋人になるのはプライドが許さない」とのことだった。

何を今更wwww体の関係だろwwwと嘲笑ったが、一人になってから異様に泣いた。
いつの間にか先生に惚れていた。
バイト先のヤリチンの時より激しい感情で。
体の相性がいいだけかと思っていたのに、そばにいたくて仕方なくなってた。
でも先生には気持ちを隠した。
私はビッチだから、相性がいいから、何を勘違いしてんだと、会う度色んな方法でそう伝えた。
先生は酒に酔っては性欲に負けて私とセックス、みたいになってた。
それでも徐々に回数は減っていった。
賢者タイムのorz状態の先生を見るたびに、心臓を抉られる気持ちになった。

精神的にきっついのが嫌で、もっと身も心もビッチになろうと決めた。
先生が、「人を好きになったことがない」と言えば、「私も」と言い、無理やりセフレを作っては先生に報告した。
ヤキモチを焼かせたかったんじゃなくて、好きな気持ちがばれたら今度こそ二人きりで会ってもらえなくなる、という焦燥感だった。
先生もセフレの女の子の話を私にした。
アシスタントじゃないだけでセフレにしてもらえるその女の子たちに、私は死ぬほど嫉妬した。
女ってのは面倒だと心底自思うが、どんどんと先生を好きな気持ちが溢れ、どんどんと先生は私との距離を離していった。

一度だけ先生が酔った勢いで「俺は◯◯(私)のことが好きだ、だからダメなんだ」と言った。
好きあってるのにダメなんてドラマみたいだなぁ、と他人事のように考えてた。
私は夢を諦め、先生の元を離れた。

夢無しニートになった私は、コンビニバイトだけを日夜繰り返す毎日になった。
もう少ししたら、また新しいアシスタント先を探そうと思っている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即アポスケジュール帳

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン