新着情報

教育実習で教えた小学生が女子大生になって会いに来た[前編]

この体験談は約 8 分で読めます。

俺が大学4年の時、教育実習生で小学校へ行った。
配属は小6。
地元の田舎の学校だったので、人擦れしてなくて、平気で飛びついてきておんぶやだっこをねだった。
小学生でも6年生にもなると、もう胸が膨らんでいて大変。
勃つことがよくあった。
中でも活発なM美とA子は、2人がかりでやってきて、俺の股間を握って遊ぶこともしばしだった。

教育実習が終わってM美やA子とは会えなくなったが、手紙のやりとりをしたり、進路相談に乗ったりもした。
教員免許を取ったが、大学卒業後、俺は関西の某企業に就職した。
彼女たちは同じ中学、高校を経て、2人とも頑張って神戸の同じ大学に揃って入学した。
彼女らの通う大学は、俺が親戚から借りてるマンションの近く。
下宿の相談などにも乗ってやり、春になって神戸に来た2人と会うことになった。

6年ぶりに再会した彼女たちは、ちょっとギャルっぽい女子高生そのものだった。
大人っぽくなり、綺麗になっていた。
その後、何度か3人で遊びに行ったりしていた。

4月のある日、M美の「先生の家ってどんなん?」という言葉がきっかけで、我が家に2人が来ることにってしまった。
初めて入る男の下宿で、2人は和気藹々と飲みの準備をした。
飲み終わる頃にはM美もA子もヘベレケ。
で、「ここに泊まる」と言い出した。
ちゃっかりお泊まり用の着替えなどを持参してきており、こいつら最初から泊まる気だったようだ。
空き部屋もあるし、しょうがないので泊めることにした。

まだ飲み足りなかった俺は、冷蔵庫の前で一人寂しく手酌。
M美とA子は別室で寝込んでしまったようだ。
と、喉が渇いたのか、A子がこっそり起きてきた。
そして冷蔵庫を開けた。

俺「なんや、喉乾いたんか」

A「うん。先生そっち行っていい?」

俺「ええで」

A「なー先生、横行ってええ?」

俺「眠れんかったら、何か話したろか?」

A「いつまでも子供扱いせんといて」

そう言うなりA子は俺の膝上に乗ってきた。

俺「おいおいM美に誤解されるやん」

A「Mちゃん寝たら熟睡するからわからへんて」

顔が近くなって、A子が「先生、好きやってん」と目を閉じて、キスしてきた。
俺は我慢できなくなりA子の口の中に舌を入れた。
そしてA子のボーブラのC乳をパジャマの上からゆっくり揉み上げた。
電気を消し、豆電球の薄暗い中でも綺麗なピンク色とわかるA子の乳首を弄った。
A子のパジャマを脱がせ、半裸にした。
春の部屋の中は暑い。
2人とも汗ばんできた。
汗ばんだA子の乳首を吸い、舌先で弾くように舐めあげた。

A子は、「気持ちいい・・・先生もっとして」と胸を押しつけてきた。

リクエストに応えて舐めあげ、片方の乳首も指で挟んで摘んでを繰り返していた。

A子が俺の股間に手をやった。
俺も太股をパジャマの上から撫で回し、A子の股を手のひらで包んだ。
そして、ゆっくりとパジャマのズボンを脱がせてやった。
パンティーの上から溝に沿って中指を当てた。
もうパンティーは濡れていた。

A「先生・・・イヤや」

俺「何が?」

A「パンティー濡れてへん?」

俺「ベトベトやで、A子ってスケベやなー」

A「お酒飲んだからやん・・・先生、脱がして・・・」

俺「飲んでも濡れへんで(笑)・・・しゃぁないなぁ・・・」

腰を浮かせるように言うと、A子は素直に従った。
濡れたパンティーを脱がし、A子の股間を手のひらで覆い、未処理で毛が生え放題のふっくりした丘を撫で回した。

A子は、「変なの・・・いぃ・・・」と可愛く喘いだ。

溝に中指をやり、密林からゆっくりと穴に向かって中指を下ろした。
突然、A子がビクッと反応した。
俺の中指はA子の突起に触れていた。
そのまま、ゆっくりとA子の突起を撫で回した。
少し強く触れた時、A子は大きな喘ぎ声を出した。
俺はM美が起きないか心配だった。
しかし、可愛い18歳の体に、俺のモノはそそり立っていた。
爪が伸びていたので指入れには抵抗があった。
が、穴からはヒップに届くくらいの、もの凄い量の蜜が滴っていた。

俺はついに入れることにした。
M美の寝ている部屋のすぐ横の自室のベッドに移動し、A子に覆い被さった。
A子もその行動が何を意味するかわかったようだ。

A「先生、私まだ経験少ないし、下手やよ。教えてね・・・(笑)」

俺「俺が教わるかもな(笑)」

まだまだ蜜は放出中。
俺はモノに手を添え、ゆっくりとA子の中に侵入していった。
蜜によって抵抗感が減じている。
呆気ないほどすんなりと俺の先はA子の中にすっぽりと潜り込んだ。
そのまま動かさずにいた。
A子も痛がる様子はなく、ただぐっと俺の背中にやった手に力を入れてきた。

俺「痛くない?」

A「うん・・・でも、変な感じ・・・」

俺「もう少し入れるよ」

A「うん」

俺は腰に力をため、さらにゆっくりと侵入していった。
侵入につれA子は、「あっあっ、あーん・・・うーん・・・」と声を漏らし始めた。
ほんまにM美が起きてこないか心配で、急いで口を唇で塞いだ。
そして思いっきり腰を振り、一気にA子の奥まで突いた。
とても狭く締りの良い穴道に、俺はかつてない快感を得た。

A「先生・・・もっと。・・・ねぇ変な感じ・・・もっと!」

A子が囁いた。
しかし俺はあることを感じた。
腰の運動を一時中断し、A子に言った。

俺「A、お前かなり経験してへん・・・?」

A子は少し照れたように「バレタ?でもな、3人しかしてへんねん」と言った。

俺「そうやったんか」

A「でもな、先生上手いやん。こんなに濡れてエッチが気持ちええ思ったんは初めて。先生に教えてもらって良かった。ねぇ続きしよ!」

俺は、思いっきりA子の中を貫いた。
告白して気が楽になったのか、それとも俺が口を塞ぐのを忘れたせいか、とうとうA子は今まで押し殺していた声を大きくあげた。
A子はどうやら声が大きいようだ。
急いで俺はA子にシーツの端を噛ませた。
そして布団の中で正常位を続けた。
A子のC乳が俺の体重に押されつつも波打つのがわかった。
そしてクチャクチャという摩擦抵抗を減じている蜜が泡立ってきた。
A子の眉間に皺が集まり始めた。
俺のモノも膨張し始めた。
A子の穴も締まり始める。
電流が俺の頭を駆け巡りそうになった。
ピストン運動を一旦停止し、思いっきり穴からモノを抜いた。
ほどなく俺はA子の腹に放出した。

布団をすぐ捲り、ティッシュを取りに出た。
A子はあられもない姿で股を広げ、ぐったりしていた。
離れたところにあるティッシュを取った時、自室のドアが少し開いているのに気付いた。
暗い中、目を凝らすと、そこにはM美の呆然とした目が覗いていた。
俺は気付かぬふりをした。
そして布団に戻り、A子の腹上の白濁液を拭きながら、A子に耳元でこっそり言った。

俺「M美、覗いてたで」

A「えっ?ほんま?」

俺「ドア開いてるやん」

A「ほんまや。見られてた・・・。ほな!」

そう言うと同時に、全裸で駆け寄り、ドアを開けた。
そこには豆電球に照らされたM美の姿があった。

A「Mちゃん、ずっと見てたでしょ!」

M「・・・」

A「どうなん」

M美は突然笑い出した。

M「布団に隠れてあんまり見えてへんよ。A子だけ先生としてずるいやん・・・」

M美が神妙になって俯いた。
ここで泣かれでもしたら泥沼やなぁと俺はちょっと焦った。
するとM美はA子を跳ね除ける感じでこっちへやってきた。
が、まだ酔いが残っているのか足は少しふらついていた。
M美がトロ~ンと酔った目で言った。

M「M美も先生とエッチするぅ」

A「酔っぱはダメぇ、寝てたらえぇやん」

A子も寄ってきた。
俺はどちらかというとM美の方が好みだった。

俺「うーん、Aだけってわけにもなぁ。M美には見られちゃったし・・・」

A「せやけど私、先生とMちゃんがエッチしてる時、どないもできへんやん!」

俺は女の戦いに加われなかった。

A子は、「私のも見てるんやからええやん」と言ってM美の背後からM美の乳を鷲掴みにした。

M美もブラはしていない。
全裸のA子がパジャマ姿のM美の乳を揉む姿に、さっき放出した俺のモノは元気になっていった。
さすがにヤバい・・・。
俺は言った。

俺「A子としたばかりやねん。ちょっとシャワー浴びてくるわ」

A「私もー」

俺「M美、ちょっと待っててや。綺麗にしておかんと申し訳ないやん」

A「Mちゃん、先生と私、一緒に入ってもええやろ?」

M「しょうがないなー」

俺とA子はシャワーを浴びに行った。

A「ね、先生、もう一回お風呂の中でしよ!」

俺「あかんやん、M美にバレるって」

A「えぇー」

お互いにイタズラもせず、A子を残して俺は先に風呂場を出た。
シャワーを終えた俺は自室へ。
M美は・・・酔いがまた回ったのか、すでにベッドの上で熟睡中・・・。
困ったもんだ。

A子が、「先生、お湯どうやって止めるん?」と濡れた髪のまま風呂から顔を出してきた。

俺「ん?今行くわ。A子、M美寝てもうてるで・・・」

A「え?そうなん。Mちゃんお酒弱いしなぁ」

出たままのシャワー+寝てるM+まんまのA=・・・俺はもう少しだけA子と遊ぶことにした。

M美に見られたのがわかって興奮気味のA子の乳首にシャワーを当ててやった。
A子は俺の首に腕を絡ませてきてキスをしてきた。
俺のモノはまたまた元気になった。
A子が俺のモノに手をやり、自分の股間に導いた。
そして片足をあげた。
もうA子の穴からは水よりも粘性の高い蜜で濡れていた。

A「ねぇ、しちゃお」

俺は元教え子と、この日2回目のナマ行為をしようとしていた。
お湯と蜜で、俺のモノはするするとA子の中に入っていく。
風呂場の換気扇から声が漏れそうで、俺はシャワーをひねり、水音を大きくした。

片足を上げての立位。
結合部が丸見えである。
ヌチュヌチュとしたいやらしい音が風呂場に響く。
足元がお湯で滑りやすく、結合したままお互いが何度もよろめいたので、A子は嫌がったが一度抜いて、A子をバスタブの縁につかまらせ、今度は後ろから猛然と突き刺した。
A子は尻を上げながら、「ね、もっと奥まで、うん・・・あっ、あっ」と、自ら律動に腰の動きを合わせてきた。
経験が少ないくせに非常に貪欲だ。
徐々に股を閉じて、締め付けを厳しくしてくる。

出しっぱなしにしていたシャワーを結合部につけた。
湯の一条がA子のクリを直撃し、「あっーーーーー、あっ、あーーーーん」とA子は凄まじい声をあげた。
もしM美が起きていたならバレバレだろう。
風呂場の換気扇経由で近所にも漏れてるかもしれない。
ただ未明だから、外で聞き耳立ててるなんてことはないだろうが。
瞬間的にこんなことを考えたが、A子の締め付けはさらに厳しくなる。
男も女もイッた後は、少しの律動でお互いが短時間でイキやすくなる。
俺のモノもA子の中に迎え入れられてから5分もしないうちに持たなくなってきた。
血液が集中し、先端が肥大しつつあり、臨界が近いことがわかる。

A子が、「ねぇもっと、もっとー。変になっちゃう・・・」と、片手でバスタブに必死にしがみついていた。

俺「もうもたへん、イクで・・・」

A「うん、ねぇ、もっともっと・・・」

だんだん風呂場の湿度が上昇し、息苦しくなってきた。
お互い汗と蒸気でヌルヌルしだし、俺はA子の腰を掴むのがやっとだ。
突然A子が、「いやぁー」と言って締め付けた。
滑りかけた時に、A子の中でモノの位置がずれて、G点を直撃したようだ。
そこを突きまくるとA子の中から凄い量の蜜が溢れ、細かく速い抽挿で泡立った。
俺も限界だった。
腰の動きを速め、A子の中から抜いた。
同時にA子も果ててしまった。

蜜に包まれたモノを洗いながら、床にしゃがみ込んでしまっているA子の股間に冗談半分にシャワーを押しつけた。
またまたシャワーが敏感な場所にヒットしてしまったらしい。
A子に股間を開かせ、執拗に敏感な部分を狙った。
とうとうA子は快楽のループに入り、声を出しまくっていた。

突然、風呂場の戸が開いた。
M美が眠そうな目で立っていた。

M「何してんの??起きたらいてへんしぃ・・・」

後でわかったが、俺は風呂の中でA子と30分以上も遊んでいたようだ。
A子はまだ床に座り込んでいる。

俺「まったりと風呂に入ってたんよ」

M「Aちゃんと遊んでたんとちゃーうん?」

A「お風呂やって!」

M「ほな私も酔い覚ましぃ?」

A「まだお酒抜けてへんからやめとき?」

M「入るぅ?」

とうとうM美のストリップが始まってしまった。
A子は苦笑い。
俺は心臓ドキドキ。
抜いたばかりなのに・・・また・・・復活。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳奴隷

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン