新着情報

パイズリしてくれた中3の同級生

この体験談は約 4 分で読めます。

中学の時、かなりの巨乳がいた。
顔は田舎の可愛い子といった感じで、性格は明るかった。
俺はその子に(というより胸に)かなり興味があったが、好きというよりズリネタとして使っていた。
夏にはブラが透けてデカい胸も透けていたので、我慢出来ずにトイレで抜いたこともしばしばあった。
3年間クラスが同じだったので結構仲良くなった。
しかし付き合うという感じではなく、普通の友達だった。

中3の時に事件は起った。
夏休みの後半に彼女の家の前を通ったら、たまたま彼女と鉢合わせた。
夏だったのでかなりの薄着で、谷間が見えていてかなり興奮。

そしたら、「暇ならあがってかない?」と言われた。

ただのクラスメイトの女の家に行くには抵抗はあったが、断る理由もないので彼女の家にあがった。
彼女の家は共働きで親が家に居ないと知っていたので、彼女の部屋に入る頃には心臓バクバクだった。

彼女「散らかっててごめんね」

初めて入った女の部屋と臭いに興奮しつつ、「俺の部屋はもっと汚いから」と冷静に話した。
別に何をするわけでもなく「夏休みどうしてたか?」などの他愛ない話をしつつ、彼女の豊満な胸の谷間をチラチラ見ていた。

不意に彼女に、「ねぇ、さっきから胸見てない?」と言われてしまった。

一瞬誤魔化そうと思ったけど、「いや、凄い胸だから男だったら目がいくよ~」と言ってみた。

嫌われるかと思ったけど、「ねぇもっと見たい?」と願ってもない答え!
俺はもうすでにかなり理性を失いつつ、「前から興味があったから是非お願いします」と言ってみた。

そしたら彼女は、「じゃあ先に◯◯のあそこ見せて」と言って来た。

俺はもちろんOKし、すでにギンギンになったムスコを彼女に見せた。
彼女は恥ずかしがりながらも、「うわ~すご~い」とマジマジとムスコを見ていた。

俺は早く胸が見たくて、「早くおっぱい見せて」とせがんだら、彼女は上着を脱ぎブラ一枚になった。
白くて可愛いブラだった。
そして凄い谷間だった。
興奮して、「スゲ~」と声が出てしまった。

彼女は自慢気に、「Fカップあるよ」と胸を持ちあげた。

ボリュームがさっきより増してこぼれそうだった。

俺「ブラジャーも取って!」

そう言ったら、彼女は後ろを向いてブラを外し、手ブラの状態にして、「グラビアみたいじゃない?」と言ってきた。
俺は、「グラビアよりも凄い・・・」と言うのがやっとだった。

彼女は、「嬉しい」と言って、手を外してその大きな胸を全て曝け出した。
俺はそのまったく垂れてなくピンク色の小さい乳輪を早く触ってみたかった。
彼女に触らせてと頼むと、「おちんちんから精子が出るんでしょ?出したら触っていいよ」と言われたのでダメ元で、「じゃあ触って出すの手伝って」と言ってみたら彼女は興味津々といった感じで、「いいの?どうやってやるの?」と嬉しい答え。

彼女は何も知らないみたいなので、少しイタズラをしてみた。

「アソコに頬を当てて顔を上下にして」とお願いしたら、彼女は疑う様子もなく「わかった。あと、少し触っていい?」と。

俺はもちろんOKして彼女に身を委ねた。
彼女はそっと俺のムスコを触った。
それだけでかなり感じてしまった。

彼女は、「すごく硬くてあったかいんだ~」と照れながら俺のムスコを自分の頬に近づけた。
そして彼女は俺に言われた通りにムスコに頬ずりを始めた。

彼女「すごいあったかい。興奮してるの?」

彼女が上目遣いで見つめてきた。
耐えられなかった。
彼女の上下するたびに揺れる巨乳と股間にかかる吐息だけで十分だった。

俺「イク!」

俺はそう言って彼女の頬に大量に射精してしまった。

彼女は、「キャ!」と声をあげて少し退いたがすぐに、「ゴメン」と謝ってきた。
どう考えても彼女は悪くないのに、射精してグッタリしてる俺に、「いきなりでびっくりしちゃった。大丈夫?」と俺を心配してくれてる様子。
俺は慌てて、「大丈夫だよ、すごく気持ちよかった」と言うと彼女は顔を拭きつつ笑いながら、「なんか変な臭いがする。じゃあ約束通りおっぱい触っていいよ」と言った。
俺はその言葉で再び元気を取り戻し、彼女の胸を揉んだ。

彼女「あっ・・・」

彼女も感じてる様だった。
俺は調子に乗って乳首を吸ったり舐めたりした。
彼女はさらに感じたらしく息遣いが荒くなってきた。

俺は昔からやってみたかった“ぱふぱふ”を頼んでみた。
彼女は黙って俺の顔を胸で挟んでぱふぱふをやってくれた。
おっぱいに埋もれていたら再び股間がヤバいことになっていた。

「もう一回出したい」とお願いしたら、「いいよ、またさっきのやればいいの?」と聞いて来たので、俺は「パイズリしてくれない?」と頼んでみた。

彼女「パイズリってどうやるの?」

彼女はパイズリを知らないみたいだったので、俺はAVで見たのをそのまま説明した。

俺「おっぱいでおちんちんを挟んでおっぱいを揺らして」

彼女はわかったと言うように頷いて、おっぱいでチンコを挟んでくれた。

彼女「これでいいの?」

俺「アァ・・・めちゃめちゃ気持ちいいよ」

俺は挟まれただけで絶頂を迎えそうだった。
彼女は、「揺らすってこう?」と言って胸を上下に揺らしてくれた。

俺「うっ!そんなに揺らしたら!」

さっき出したばかりなのに彼女の胸で射精してしまった。

彼女は満足そうに、「どお、気持ちよかった?」と言ってきた。
俺は彼女を見ながら、「最高だった、早くイッてゴメン」と謝った。

拙い文書ですみません。
ちなみに僕らはこれをきっかけに付き合い始めました。
初体験は結構後です。
当時の俺はアソコよりおっぱいにしか興味がなかったので(笑)

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

クンニ同好会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン