新着情報

元バレー部の短大生に頼まれて処女喪失を手伝った

この体験談は約 8 分で読めます。

もうかなり昔の話ですが、大学生の頃バイト先に短大生の娘が入ってきた。
仮にKとします。
特にすごく可愛い訳でもなく気にしてなかったが、たまたまある日シフトが一緒になり、二人一緒で勤務で暇だったんで話す機会があった。

背は小さくて(150cm位かな)、ショートカットだった。
太いわけではないが少しムチムチしてて、笑った顔は愛嬌があった。
ハキハキとして敬語が入る話し方、高校の時はバレー部でキャプテンだったそうで、なんとなく納得できた。

まあ、最初は部活やら学校の話をしていたが、部活漬けの学校生活のため、これまで彼氏ができたことがなくてまだ処女だという話から、だんだん下ネタの方に。
高校の時に捨てたかったが叶わず、「短大は女ばかりでどうなっちゃうんでしょ~」とか言っていた。
結構暇な日だったんで、かなり話して仲良くなった。

その日の帰り際、突然Kに呼び止められた。

K「Sさん(俺)!ちょっといいですか?あの、ぶっちゃけ私とやってくれませんか?」

いきなり凄い事言われました。
俺がぽかーんとしてると、携帯とアドレスを書いた紙を渡して走り去って行った。
家に帰りメールしてみると、「もし、私でもやれると思ったらやって欲しい。一回きりの遊びでいいんでお願いします」と、すごく体育会系な感じで言われた。
処女に誘われたのには驚いたが、愛嬌がある娘で悪い感じでもなかったし、そんなKの思いがいじらしく感じて、週末会うことにした。

当日、待ち合わせ場所に行くと、もうKは来ていた。
これまで化粧もろくにしたことないと言っていたが、今日のために少しだけしてみたらしく、この前より綺麗に感じた。
とりあえず飯を食べて最終確認。

俺「ホントに好きな人とかでなくていいの?」

K「はい!て言うか、私なんかでできますか?」

俺「それは全然大丈夫だよ」

K「じゃあ行きましょう!あ、奪ってもらったからって付きまとったりしませんから(笑)。でも今日だけは優しくしてくださいね」

ここまで来たら行くしかない。

で、ラブホへ。
入るまではシャキシャキしてたKも部屋に入ると緊張してきたらしく、ソファーで固くなってた。
とりあえずシャワーでもと促すとKは、「お先にどうぞ!」と上擦った声(笑)。
じゃあと俺は先に浴びた。
俺が出てきてもソファーでKは固まっていた。
裸の男を間近で見たことがないせいか、俺の方を見れず下を向いてしまった。

俺はKの横に座り、肩を抱き寄せた。
固くなってるのがよく判った。
顎に手をかけ、顔を上げて軽くキスをした。

K「キスも初めてなんです。今しちゃいましたね」

俺「あ、そうだったんだ。どうする?怖くなったんだろ?今日はやめておく?」

K「すごく怖いです。でも今日します。せっかくSさんがしてくれて、出来る日が来たんだから」

俺「じゃあシャワー浴びてくる?それとも浴びないでする?」

K「それは嫌です、浴びてきます」

Kは立ち上がりシャワーを浴びに行った。
待つ間ちょっいとエロビを見ていたら、Kが出てきた。
Kも興味津々なようで、一緒に見ていたら、フィニッシュのとこで顔射。

K「これって普通なんですか?」

俺「いや、普通ではないよ」

K「中はダメですけど、Sさんはどこに出しちゃうんですか?」

俺「Kの希望の所に(笑)」

K「じゃあこれと同じで!」

俺「え?なんで?」

K「何か友達もこうやって掛けられるみたいだし、今見て、してみたくなりました!」

(処女にいきなり顔射か・・・)

いよいよバスタオル一枚で立っているKの前に立ち、バスタオルを剥ぎ取り、自分のも取った。
Kは隠そうとしたが、「もうここからは恥ずかしがらずに全部見せて」と言うと、Kは頷いて手を下にさげた。

K「電気はこのままですか?」

俺「うん、俺はKの全部見たいし、Kもこれからのする事ずっと見てて」

K「わかりました。すごく恥ずかしいです。すごくドキドキします」

Kの裸はバレー部で鍛えただけの事はあって筋肉質で、太ももとかお尻はムチムチしていた。
部活で付いたのか少しアザは肌は綺麗だった。
胸はあまり大きくないが、やはり少し筋肉質で、柔らかくはないが張りはかなりあった。
毛はかなり薄く、土手の上に少しだけ。
パイパンに近いくらいだった。
改めて見るKのカラダは、俺好みで結構そそられた。

ベッドに横になり、キスした。
口をつぐんでいたので、舌を出させて舌を舐めて、優しく吸い付いた。
Kは、「んっ、あっ」と息を漏らした。
同時に体の固さが取れてきた様に感じた。
それからはぎこちなくだけど舌を絡ませる事を分かってきたようで、かなり長いキスをした。
お互いかなり夢中になってキスをした。

唇を離すとKは、「キスって気持ちいいですね。病み付きになりそうです」と目を潤ませて、とろ~んとしてきていた。

胸に手をやり、揉んでみた。
張りはすごい。
最初は優しく、だんだん強く揉んでいくと、「あっ、あ・・・」と声を出し始めた。
乳首も立ってきていて、ピンクではないがツヤツヤしたいやらしい乳首を指でコリコリしたりすると、「あっ。あ、あっ」とかなり感じやすい娘だと分かった。
そして体中丁寧に愛撫してあげると、緊張も取れてきたようだった。

K「Sさん、またキスしたいんですけど、ダメですか?」

また長いキスをした。
舌を絡めながら、下の方にいよいよ手を伸ばしてみた。
薄い毛を掻き分けクリを軽く触ってみた。
体かピクッとして反応した。
摘んだりコリコリしたらピクピクッと感じていた。
穴の方に手をやると、もう液がお尻の方まで溢れていた。

凄く濡れてるのを教えてあげると、「恥ずかしいです・・・おかしいですか?」と聞いてきたが、「まあ処女は濡れやすいし、濡れた方が入れる時もやりやすいし、良いことだよ」と言うと嬉しそうにしていた。

脚を思いっきり開かせて、マンコを開いたら、きれいなピンクで興奮した。
Kも明るい中で見られてしきりに恥ずかしがってはいたが、もうこの身は任せたという感じだった。
開いた脚の間に顔を埋めてクリからアナルまで舐めてあげた。
特にクリ舐めは気持ち良かったのか、脚をガクッとしながら、「気持ちいいですぅ、あっ、あんっ」を連発して、すでに女の喘ぎになっていた。
四つん這いにして脚を開きアナルを丁寧に舐めてあげると、「恥ずかしいです」をしきりに言いながらも気持ち良いみたいでヒクヒクさせていた。

もうシーツに滴るくらい濡れていたので、いよいよ挿入かとも思ったが、少しフェラも経験してもらおうと思い、上気してきたKの顔の前にペ二スを持っていった。
勃起したモノを見るのは初めてだったらしく、「さっきから気になっていたんですけど、凄いですね!こんな風になるなんて」とまじまじと見ていた。

K「これが入っちゃうんですかねぇ?少し怖いです。でも入れないとダメですもんね」

手を取り握らせたら・・・。

K「硬くて熱いですね。痛くはないんですか?(笑)」

そんなことはあるわけなく、「Kに触られてるだけで気持ちいいよ」と言うと、「どうしたら気持ちよくなるんですか?」と積極的になってきた。
なので、手を上下する事や力加減も教えた。

「舐めてみる?」と聞くと、「はい!」といい返事が返ってきた。

感じる所と、先から玉までの舐め方を一通り教えて、好きにさせてみた。
最初なんで決して上手くはないが、一生懸命さと処女のフェラに興奮して、我慢汁が出るくらい気持ちよくなってきた。
こちらもまた、脚の間に顔を埋めてクリとマンコを舐めて69の体勢に。
Kは咥えながら「んっ。んんっ」と声を漏らしていた。

また中からトロッと液が出てきたので、もうそろそろかと思い挿入する事にした。
仰向けにして、またキスをした。
この頃にはKはギュッと抱き付いて自分から舌を絡ませてきた。

長いキスの後・・・。

俺「そろそろ入れてみる?止めるならまだ間に合うよ?」

K「頑張ります。もう怖くないし、入れてみたくなってます」

脚を広げてチンポでKのマン筋をなぞりながらマン汁でヌルヌルにして、痛くないように、穴になるべく垂直にチンポを突き立てた。
先が入ったくらいにKは、「痛いっ。あ、い、痛」と痛がりだした。
激しいスポーツをしてるんで、処女膜なんかもう裂けてるかと思ったが、キュッとキツいのがあるのがわかった。
なおも先に行こうとするも、かなり痛いようで、ちょっと可哀想になってきて、「どうする?無理そうならまたにしてもいんだよ?」と言うと、Kは「嫌です。今日したいんです。我慢するんで、入れてください!」と目に涙を溜めて言ってきた。
そう言われたらもうやるしかないので、腰を強く落とした。
キツい穴にめり込む様に容赦なく奥まで入れた。

K「痛っ。あっ、あーっ、ううっ」

Kは絶叫していたが何とか奥まで入れた。
目から沢山の涙が溢れていた。
軽くキスをして、「奥までちゃんと入ってるよ」と言うと・・・。

K「よかったです、嬉しいです、もう処女じゃないですね」

俺「うん、もう違うよ。動いても大丈夫?」

K「動かないとSさん気持ちよくならないですよね?って言うか、私で気持ちよくなれそうですか?」

・・・何だかすごく可愛く感じてきた。

俺「Kのキツくて気持ちいいし、ちゃんと俺のすごく硬くなってたでしょ?Kが可愛いからああなったんだよ。凄く気持ちよくなれそうだよ」

K「嬉しいです、Sさんでよかったです」

少しずつ腰を動かしてみたがKはまだ痛いようで、「ああっ、いた、痛い」と苦痛の声を出していた。

俺「もう、ちゃんと入ったから止めるかい?」

K「Sさんがイクまでしてください、頑張りますから!」

バレー部根性がひしひさと伝わってきた。
少しすると慣れてきた様で、痛いより喘ぎ声が多くなってきた。

俺「痛み、無くなってきた?」

K「あっ、は、はい。まだ痛いですけど、何か少し気持ちいいかもしれません」

ゆっくりとは言え、キツキツのマンコに締められていたので俺もイキたくなって来た。

俺「イキそうになってきたから、激しくしてもいい?」

K「はい!遠慮しないでしてください!」

腰を激しく振った。
ここで、やる前の事を思い出した。

俺「あ、本当に顔に掛けたいの?かなり沢山出そうだし、キツいかもよ?」

K「あ、はい!やってみてください!沢山出してください」

その言葉に、もうたまらなくなって激しく突いた。
そしてKの顔に出した。
溜まってたのと、かなり興奮してたのもあって、Kの顔に大量に吹き出すように出した。
そして、イッたばかりのチンポを顔の前に持っていき、Kの口に含ませ、まだ先から滴る精子を飲ませた。
顔にいっぱいの精子を付けたまま、Kはハァハァ言っていた。

俺「精子、口にも出しちゃったけど大丈夫?」

K「は、はぃ。おちんちん熱かったです。味はよくわかりませんが、嫌じゃないです」

Kは顔についた精子を指で掬っていた。

「それ舐めちゃってごらん」と言うとKは素直に口の中に。

何回か掬い舐めては、「少し苦いですけど、エッチして出てきたと思うとなんか不思議ですね」と言った。

俺「もう処女じやないね、どうだった?」

K「はい!ありがとうございます!まだ痛いですけど、エッチって何かいいですね。気持ちいい事がいっぱいですね。でも、Sさんて誰でもやれるんですか?私なんかでもイケるんですから」

俺「全然そんな事思うことないし、自信持ちなよ!魅力なかったら出来ないし、あんなにいっぱい出ないよ」

K「ほんとですか?私なんかじゃおちんちん硬くならないんじゃないかと心配してました」

何だかすごく可愛くなってKをぎゅっと抱き締めた。
それから二人で一緒に風呂に入り、Kと体を洗いあった。
洗われるのも洗うのも初めてだったから、それすら気持ちいいみたいだった。
俺のチンポもKに洗ってもらってるうちに回復してきた。

K「何かおちんちんて面白いですね。さっきまであんなに硬かったのに柔らかくなって、また硬くなってきて」

俺「Kがいやらしく洗うからだよ(笑)」

K「えっ!そんなつもりは・・・舐めてみていいですか?」

俺の返事も聞かないうちにKは咥えてきた。
色々慣れて余裕も出たのか、教えられたことを思い出すように、かなり上手くしゃぶる様になっていた。

K「Sさん、時間ありますか?」

俺「どうして?泊まりで入ってるから朝まで一緒に居ようよ」

K「あ、ほんとですか!そうだったんですか!あの、Sさんが良いなら、もう一回したいんですけど、ダメですか?もっとエッチに慣れたいんで」

俺「俺もKが大丈夫ならもう一回しようと思ってたよ。でも、慣れたいんじゃなくて、気持ちよくなりたいんじゃないの?(笑)」

Kは、「えっ、あ、Sさんの意地悪!」と下を向いて色白の顔を真っ赤にした。
そして、この時、初めて敬語じゃなくなった。

俺「ごめんごめん、俺はもう一回Kとして気持ちよくしてあげたいし、なりたいよ」

K「・・・でも、正直その通りかもです。さっきもおかしくなりそうになくらい気持ち良い時があったんで・・・」

俺「舐められてる時?」

K「はい。あと、キスもまたしたいです」

今度はKが言い終わる前に俺がキスをした。
そのままベッドに抱えていって、長いキスをして二回目を始めた。
お互いに舐めあったり、体位も今度はいくつか変えてみたりした。
二回目はKの希望で口に出し、精子を残らず飲み込んだ。
Kは精子には抵抗が無いどころか結構好きなようで、「沢山出てきたら嬉しいです」と言っていた。

それから明け方近くまで二人で楽しんでいたが、いつの間にか疲れて二人とも眠ってしまった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン