新着情報

ラブホの美人スタッフ

この体験談は約 3 分で読めます。

僕はある人妻と関係を持っていて、いつも決まったホテルを利用している。
そのホテルの受付はよくあるオバサンではなく、ものすごく美人の、芸能人で言うと菜々緒風(以下N)で三十位の女性。

ある時、セックスの最中にゴムが切れ、相手の人妻さんが「フロントでもらって」と言い、電話をするとすぐに持ってきてくれた。
僕はガウンを羽織って取りに出たが、Nの前でガウンがはだけ、ギン勃ちしたペニスが露わになった。
すぐに彼女の視線が僕のペニスに向き、持っていたゴムを思わず落とした。
ほんの数秒だと思うが、ゴムを拾おうと屈んだ彼女の目の前にペニスを突き出した格好になってしまった。

N「すみません・・・」

Nはそう言ってゴムを拾うと、すぐに僕に手渡し小走りで出て行った。

それから人妻さんとのセックスを楽しんだ後、一緒にお風呂に入り、先に出た。
僕はフロントに電話をし、ジュースを2つ頼むと再びNがやって来た。
ジュースを受け取りながらそっとメアドを渡してみると、その日の夜にメールが来た。
エロ話のメールを数回やり取りした後、二人で会えることになり、ホテルへ。

N「あの日以来、ずっとドキドキして思い出す」

僕「俺もあの日のNさんの顔が忘れられない」

部屋に入るとNは狂ったように僕のペニスにしゃぶりついた。
美人でツンとすました感じからは想像出来ないほど激しく求めてくるNに僕は撃沈した。

Nの口の中に大量発射をした後シャワーを浴び、今度は僕がNを責めまくった。
股間をビチョビチョに濡らしながら、Nは他の部屋に聞こえるんじゃないかと言うほど大声で喘いだ。
ローターを使えばビショビショに漏らし、電マを使えば痙攣して絶頂した。

いつしか僕のペニスが復活すると、「欲しいぃ~」と言って求めてきた。
長い綺麗な黒髪を振り乱して喘ぐNに、またしてもすぐに撃沈してしまった。
彼女のお腹の上に白い精液を撒き散らすと、彼女はフェラでペニスを綺麗にしてくれた。
しばらくベッドでまったりしていると、Nはいつもの清楚な感じに戻った。

僕「すごい乱れ様だったね・・・」

僕がそう言うと、Nは恥ずかしそうに「ラブホで働くとすごい悶々とするから・・」と言った。

N「この前あなたのおチンチン見た時・・・、ドキドキして、しゃぶりたいって思ったの」

僕「俺も・・・この前Nさんに見られた時、恥ずかしいというより『このコに舐めて欲しい』って思った」

N「でも彼女に悪いね・・・」

僕「彼女、人妻さんだよ」

N「あなた悪い人ね・・・」

Nは自分の素性をほとんど話してくれなかった。
ただ、会話をしながらNの髪を撫で、キスを何度もし、そのまま流れでまた愛し合った。
相変わらず感じると絶叫を繰り返すNのギャップにペニスがギン勃ちになった。
今度はさすがにすぐに撃沈せず、バックからうつ伏せで責めまくり、Nを何度も昇天させた。
ペニスを何度も出入りさせると、その度にビチャビチャッと潮を噴くN。
いわゆるハメ潮状態。
僕はこんな事もあるんだと大興奮した。

正常位になると、彼女の両手を頭の上で抑えながら突いた。
Nは「レイプされているみたい」と興奮し、僕のペニスを締め付けた。
三度目ということで量が少ないと判断し、僕はそのまま発射した。

「やぁん・・・ドクドクしてる」とNは嬉しそうに言った。

その後、再びNの働くホテルへ人妻さんと行った。
Nから「二人のエッチが見てみたい」と言われていたが、もしかしたらどこかで覗かれてるかも?と思うと、いつもと違った興奮があった。

もちろん、その人妻さんは何も知らない・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻ネットワーク

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン