新着情報

玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は男同士なんてものには抵抗ある普通の人間だった。

ある日、ネットで『シーメール』というアソコ以外はアイドル並の可愛いのを見つけた。
風俗店のホームページだった。
あんまり好みで可愛いから、実在すんのか行ってみた。

人気があるみたいで、何回か行ってやっと指名できた。
胸はやっぱ小さくて、ロリっぽい顔立ちに可愛いお尻。
声もハスキー。
玉は無いそうだ。

股間は見ないでサービスを受ける。
今までに経験のないくらいの快感で、あっと言う間にドッピュンしてしまった。
さすがに元男だけあってツボを知ってる。
聞くと大抵のお客さんに対して本気らしい。

「だって、好きでやってるんだもん」

さて、次は本番ってことで、「どっちにする?」って聞かれた。
ようするに掘るか掘られるかってこと。

「いやぁ・・・お口でいいから」

そう言うとしょんぼりされた。
その顔にキュンってなってしまったのが、僕の初体験への道だった。
女のコのアナルですら嫌悪感を持っていたのに・・・。

ついに彼女(?)の股間を見ると、ちょっと太い指くらいのモノがいきり立っていた。
さっき、前立腺責めをされて、指でアナルを責められて感じたのを思い出した。

「じゃあやって」と言ったら、喜々として僕のアナルを舌で責め、指で責められた。
うつ伏せで足を広げたら、ローションをたっぷりつけられた。

ちょっと、「あいたっ!」みたいな軽い痛みのあと、入ってきたのがわかった。

「初めて」と伝えてあったから、スローにグラインドしてくれた。
なんかウンチが詰まってるような感じがした。
そのうち何か射精感みたいなのに襲われててきた。
僕のチンコは勃起していて、ベッドに擦りつけられてる状態。
だんだんグラインドが速くなってきて、後ろから僕のチンコをローションまみれの手が包んでくれた。

もう我慢できなくて、玉無しニューハーフに掘られながら射精!
1回目よりも沢山の精液がドクドク出た。
こんなにも気持ちのいい射精は初めてだった。

僕を掘ってる彼女も、「イキそう」って言いながら喘いでいる。
グラインドが激しくなってきた。
僕も気持ち良かったし、そのまま掘られていた。
満更でもなかったし。
高速グラインドをされてるうちに変になってきた。
今しがた大量に射精したというのに、また射精感に襲われて勃起してきた。
(うそ!?)って思ったけど、どんどん良くなる。
彼女も気付いたのか、何か堀り方を変えたような気がした・・・。

その時、彼女が、「イクからぁぁ」って言いながら動きが激しくなった。
アナルの中のモノがピクンピクンするのがわかる。
あ、射精してると思った。
僕の射精感も激しくなって、彼女にピクンピクンされた時にピークが来た。
射精するはずなんてないのに、あきらかにしている。
でもドッピュンじゃなくて、ジョロジョロみたいな。
勃起してるからオシッコじゃない。
けど、とにかく凄い快感だった。
彼女は、「イッちゃった」ってなんか照れてた。

僕の状況を話すと、『男の潮吹き』だそうな。
こんな快楽があるとは知らなかった。
本当に気持ち良かった・・・。
で、それから僕は病みつきになった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

大人の秘密