眠っている母への悪戯がエスカレートして[前編]

この体験談は約 8 分で読めます。

俺は26歳の会社員。
俺の家は母子家庭だ。
小5の時に両親が離婚したんだが、親父は勤めていた会社をリストラされてからろくに働きもしないで、暇さえあれば酒かギャンブルという男だった。
だから離婚して母子家庭になって市営住宅に引っ越してきてからの方が生活状態が良くなったほどだ。

高1の夏休みが終わってすぐの頃だった。
俺はこの辺じゃまあまあ頭のいい方の県立高校に進学したんだが、ある友達から母の汚した下着を売ってくれないかと頼まれた。
俺の母は20歳で俺を生んだので、他の友達の母親から比べて5、6歳くらい若かった。
母は地元にある大きなスーパーの社員で、息子の俺が言うのも変だけど結構美人だ。
友達は夏休み中にそこのスーパーで母のことを見て一目惚れしてスケベなことを考えていたらしい。
もちろん俺はそんな頼みは断ったんだが、何でそんなものが欲しいのか、そんなに良いものなのか気になった。
帰宅後、洗面所の洗濯物入れを物色して母の汚れたパンティーを見つけた。
俺はとりあえずパンティーを掴むと部屋に戻った。

俺は女性の下着には特別に興味がなかったのでよく見たことがなかったが、どんなものなのか1回見てみようと思った。
母のパンティーを手にしてみると、男物とは違う形や手触りに興味が湧き始めた。
色々なところを触ってみたり裏返してみたり、じっくりと観察した。

まず目を引いたのは、色使いと生地の質だ。
濃淡2通りのピンク色で縁には濃いめのピンクのレースが付いていて、表側はツルツルしていた。
裏返しにすると、ちょうど股の当たる部分に白い生地が縫い付けてあり、二重になっている構造だった。
その白い生地の真ん中辺の部分に黄色や少し茶色っぽくなったシミが付いていた。
乾いてはいたが、どんな匂いがするか嗅いでみた。
よく雑誌で女の脱いだパンティーの匂いを嗅いで『香しい』とか言うが、はっきり言ってかなり臭いものだった。
ところが、嫌な匂いのはずなのに、なぜか異常に興奮してしまい、気付けばカチカチに勃起したチンポをズボンの上から擦ってた。

本当に不思議だ。
それまでは女性の下着にも母の性的な部分にもまったくと言っていいほど興味も関心もなかったのに、母のパンティーを手に入れた途端に、やたらとその事が気になり始めた。

最初のうちは、パンティーの汚れ方が気になった。
男だとこういう汚れ方はしないのに、なんで女性はこんな汚れ方をするのだろう?
どういう構造になってるんだろうか?
そんな他愛のない疑問だったのだが、それが高じてくると、オマンコがどうなっているのか見てみたいと思うようになってきた。
早い話、下着を通り越して、女の体そのものが俺の興味の対象になったということだ。
そうなると一番身近にいる女は母だ。

母のオマンコはどうなっているんだろうか?
性欲の処理はどうしてるんだろうか?
彼氏はいるのか?
俺の知らないところでセックスやオナニーをしてるのか?

そんなことばかり考えるようになった。
そしてそんなことを考えては盗んだパンティーを眺めたり嗅いだりしながらオナニーをした。
そのうち母のオマンコのことばかりを考えるようになって、母の顔を見ただけでいやらしいことを考えてしまい、ドキドキするようになってしまった。
俺の中で『女=母』になって、極端に言ってしまえば、母に恋をしたような気持ちだったのかもしれない。

俺の実家は貧乏人御用達の市営住宅で、狭い2DKだ。
だから勉強と食事以外はテレビを観るのも寝るのも母と同じ部屋だった。
6畳間に布団を2つ並べて敷いて寝ていたんだが、横で母が眠っていると思っただけで興奮してチンポが勃起してしまうほど、母への思いが強くなっていた。

そんなある時、アルコールに『ある物』の中身を少し混ぜて飲むと、死んだように眠ってしまい、ちょっとやそっとじゃ目を覚まさないという話を耳にした。
『ある物』の詳細を書くわけにはいかないが、別に非合法なものではなく、どこでも買えるし誰もが知っているものだ。
俺はその話を聞いた瞬間、これしかないと思った。
母は寝る前に必ずビールやチューハイを飲む、それにその『ある物』の中身を混ぜて飲ませれば、夜中に何をやっても気付かれないんじゃないかと思い、さっそく実行することにした。
しかし味が変わってばれたらおしまいなので、事前にコーラに入れて味見してみたところ、ほとんど判らなかった。
そこで母が風呂上がりに母がよく飲むビールやチューハイに仕込むことにした。

俺は『ある物』の中に入ってた乳液状のものをいくつか水に溶かして、学校の化学の実験で使う小瓶に入れて用意した。
夜、母は風呂から上がると冷蔵庫から缶チューハイをコップに注いで飲み始めた。
俺は母が席を立った隙に用意しておいたものを混ぜた。
母は全く気付かずにチューハイを2本飲むと、「なんだか眠くて仕方ない」と言って布団に入った。
すぐに寝息を立て始めたが、俺は待った。
ここで焦って目を覚まされたら困るからだ。

30分ほど待っただろうか、母の体を何度か突いてみたがまったく気付かないので、もう大丈夫だと思い、布団を捲って母の体を触ってみた。
パジャマ越しだったが、おっぱいや尻、太腿をじっくりと撫で回してみた。
時々体をよじるだけで、深く寝入っているようだった。
俺はパジャマのズボンに手をかけ、ゆっくりと脱がした。
太過ぎず細過ぎず、ちょうどいい感じの肉の付き方の白い脚が露わになる。
俺はたまらず指と唇を這わしてみた。
スベスベというかツルツルというか、たまらない感触が指先と唇伝わってきたので思わず頬擦りした。

いよいよ次はパンティーだ。
俺はパンティーのゴムに指をかけると、気付かれないようにゆっくりと慎重に脱がした。
黒々としたヘアが見えたが、薄暗くて細かいところが見えない。
そこで俺は防災用に柱に掛けてあった懐中電灯を持ってきた。
熟睡してだらしなく投げ出された母の両脚を広げ、母の顔に光が当たらないように気をつけながらスイッチを入れた。
ライトに照らされて浮かび上がるヘアと、その奥に薄っすらと見える筋。
俺は息を殺しながら顔を近づけた。
そしてそっと指を伸ばして閉じている筋を左右に広げてみた。
少し黒ずんだ周りの色とは対照的な鮮やかなピンク色の中身が現れた。
俺の心臓は破裂寸前だった。
鼓動が激し過ぎて、吐きそうになるほど興奮していた。
それでもなんとか呼吸を整えながら、開いた部分をそっと触ってみた。
すると母が微かに、「うぅーん・・・」と声を漏らしながら体をビクッとさせた。
俺は慌てて指を離して母が目を覚ましたのかどうか確かめたが、脚を軽く閉じるように寝返りを打って、小さな鼾をかいて眠っていた。

俺は再び息を殺しながら顔を近づけて観察を始めた。
まだ女性経験などなく、エロ本やAVで得た知識を頼りに、これが大陰唇か、これが小陰唇かと指で弄って確かめたりした。
するとそれまで少し湿っぽかっただけのオマンコが、なんだか急にヌルヌルし始めてきたので驚いて指を離すと、スーッと糸を引いた。

(これが愛液ってヤツか・・・)

などと思いながらヌルヌルの付いた指先で、今度はクリトリスらしきものを弄ってみた。
すると母が再び、「んっん~ん」「あっ・・・」とビクビクしながら声を漏らした。
母の反応にちょっとビビって起きてないか確かめたが大丈夫だった。

俺はだんだん大胆になってきた。
そのまま懐中電灯で照らしながらクリトリスを弄っていると、母は小刻みに腰を震わせながら、うなされているときのような声を漏らしていたが、それでも指で軽く弄っていると真ん中の穴からネバネバした汁が出てくるのに気づいた。

(ここがオマンコの穴か・・・)

そう思いながら指先を入れてみると、その瞬間だけ母が腰をビクッと大きく動かしたが、やはり鼾をかいたままだった。
俺は指を抜いて匂いを嗅いでみたが、パンティーのシミのように臭くなかった。
そこで俺は母のオマンコに鼻を近づけて直に匂いを嗅いでみた。
ほんの少しだけおしっこっぽい匂いがしたが、どちらかというと生魚のような匂いに感じた。
俺はたまらなくなって舐めてみた。
しょっぱい中に少しだけ酸味が混ざったような微妙な味がしたが、よく言う『甘い蜜の味』とは程遠いものだった。

あんまり長い間弄ったり舐めたりしているうちに目を覚まされたらヤバいので、俺は母のオマンコを見ながらオナニーすることにした。
それまでにやったどんなオナニーより、この夜のオナニーの興奮度は桁違いだった。
俺は母のヘアの上にたっぷり射精して果てたが、射精して冷静になると、急にヤバイことをしたんじゃという気になってきた。
俺は自分が出したものを綺麗に始末して、母を元通りにして寝た。

翌朝、いつものように母と向かい合って朝飯を食べたが、気のせいか母の目や唇の潤み方がいつもより妙に艶かしく見えて、なんとなく後ろめたい気持ちでいっぱいだった。
そのせいか、母に、「昨夜はうなされてたみたいだったけど嫌な夢でも見たの?」などと、聞かなくてもいいようなことを聞いてしまった。
すると母は一瞬だが困ったような顔をして・・・。

「えっ?お母さん、うなされてた?・・・嫌な夢じゃなかったけど、ちょっと・・・」

何かを思い出したように言った。
きっといやらしい夢を見たんだろうが、そんなことは聞けるはずもなく、生返事だけして学校へ出かけた。
しかし学校へ行っても前夜のことで頭の中がいっぱいで、目を瞑ると母のオマンコが浮かんできて勉強が手につかない。
色々な妄想が頭の中をよぎって、勉強も部活も全く身に入らない日が続いた。

俺は2度目を決行することにした。
今度は少し濃いめに混ぜてやろうと思い、前回の倍くらいの量を混ぜてみることにした。
そしてその週末、母が飲む物に混ぜるチャンスを待った。
そして母が3本目のビールを取りに行った隙にコップに残ったチューハイに混ぜるのに成功した。
最後の1本を飲み終わるか終わらないうちにすぐに効果が表れた。
母はダイニングの椅子に座ってテレビを観ながら飲んでいたんだが、そのままうとうとし始めた。
俺はすかさず、「眠いなら布団で寝ないと風邪を引くよ」と水を向けると、何も疑わずに「そうね・・・」と言って布団に横になった。
そして間もなく寝息を立てて眠りに入った。

俺はこの夜も逸る気持ちを抑えてしばらく待った。
やはり30分くらいだったと思うが、母が深い眠りに入っていることを確かめるために体のいたるところを突いてみた。

(ちょっと効き過ぎたかな?)と心配になるほど、まったく反応がなかった。

俺はこの前と同じように母のパジャマを脱がしにかかったが、この夜は思い切って全裸にすることにした。
パジャマのボタンを外すと、当然のことだがオッパイが丸見えになった。
そんなに大きくはないが、年齢の割にはなかなか形のいいオッパイだ。
次にズボンとパンティーを脱がした。
季節は秋だったが、まだまだ寒くはなっていない時期だったのと、チューハイに混ぜたものの効果で全裸に脱がされても全く気付いていない。

俺もパジャマとパンツを脱ぎ捨てて全裸になった。
女の肌を直に感じてみたかったからだ。
しかし、上に乗ったら重みで気付かれてしまうかも知れない。
そう思って母に添い寝するように横にぴったりと身を寄せた。
目の前に母の顔がある。
息子の俺が言うのもなんだが、きれいな顔だ。
そのきれいな顔が、口を半開き気味にして少しだらしのない顔をしている。
その表情に逆にそそられた。

俺は母の唇に唇を合わせてみた。
実はこれが俺のファーストキスだった。
母は少し苦しそうな寝息を漏らして顔をそむけたが、俺がキスしていることにまったく気付いていないようだったので、舌を入れてみた。
そして恐る恐るだったが母の口の中を舐めたり唾液を吸って味わったりしてみた。
その時に母の口から垂れた涎も美味しくいただいた。

キスの次はオッパイだ。
俺は迷わず母の乳首に吸い付いた。
そして舐めたり吸ったりしていると、最初はプニュプニュだった乳首がツンツンに硬くなった。
俺は左右の乳首を交互に舐めたり吸ったりした。
すると深い眠りの中でも感じているのだろうか、唇や舌先が触れると体をビクッとさせながら、力のない声ではあるが、「んっ」とか「はぁん」と、喘ぎとも吐息ともつかないような声を漏らした。

俺は調子に乗って、そのまま脇腹やヘソ、太股を舐め回して行き、最後に脚を広げてオマンコを見た。
するとこの前は弄るまで閉じていたオマンコが、この夜はすでに少し開いていて、指で触るとヌルヌルしていた。
俺は母の眠りを確かめるように、ゆっくりと慎重に指を入れていった。
母は相変わらず力のない呻き声を漏らしていたが、人差し指を根本まで入れることができた。
ヌルヌルしているが、生温かくて何とも言えな言えない心地いい感じ。

(これが母の温もりってヤツか?)と、バカなことを思ったりした。

俺はその指を何度か抜き挿ししてみた。
クチャクチャという音がして、粘り気のある汁が漏れ出してきた。
すると母は眠ったまま、「あぁっ・・・」というような声を漏らして、腰を迫り上げるようにした。
俺が指を抜いてオマンコを舐め回すと、母は眠ったまま、「はぁっはぁっはぁっ」と荒い息を吐き始めた。
俺は我慢できなくなり、母のオマンコを舐めながら勃起したチンポを手でしごいた。
興奮しきっていたせいか、すぐに射精したくなったので、この夜は母のオマンコにぶっかけるように射精した。
終わった後はちゃんと後始末をして、寝る前と変わらない状態に戻して眠った。

翌朝、少し緊張しながら母の様子を窺ったが、まったく何も覚えていないようで、普段通りに朝飯を済ませて家を出た。
それにしてもこれほど上手くいくとは思わなかった。
これなら毎晩でも眠っている母を玩具にできると思うと、俺の欲望に歯止めがかからなくなった。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド