新着情報

超熟ママと三十路のバツイチを温泉宿で同時に抱いた

この体験談は約 2 分で読めます。

先日、あるスナックのママと九州へ旅行しました。
ママはもう60歳近いのですが、色気ムンムンの熟女です。

従業員の女性も一緒でした。
従業員は美奈子という33歳のバツイチです。
美人ではありませんが、スタイルが良くて男好きのするタイプです。

実は私は彼女と何回か寝たことがあります。
もちろんママも知っていましたし、だから気軽に誘ってくれたのだと思います。

阿蘇の近くの温泉旅館に到着しました。
部屋は3人同室です。
部屋食で夜は盛り上がりました。
旅の開放感がそうさせたのでしょう。
食事が終わって布団を敷いた後も3人は飲み続けました。
ママも美奈子も酔っ払っていました。

「私、酔ったからお風呂に行ってくるね!」

ママがそう言っていなくなりました。
私は美奈子を抱き寄せるとキスしました。
抵抗は全くありません。
2人はごく自然に布団の中でもつれ合いました。
美奈子のアソコはすでに濡れていました。
私が挿入して激しく突き立てると、彼女は呆気ないほど簡単に達しました。

その時、ドアがノックされたのです。
ママが帰ってきたのです。
私と美奈子は慌てて浴衣を着ました。

「何だか飲みすぎちゃって、気持ち悪いから長湯出来ないわ!」

ママは火照った顔で目がトロンとしていました。

「私もお風呂行くね!」

そう言って美奈子が出て行きました。
バツが悪かったのでしょう。

「亀ちゃん!美奈子とエッチしてたんじゃないの!」

突然、ママが迫ってきました。

「そんなことするわけないじゃん!」

誤魔化そうとした私の愚息をママが掴んできました。
仕方がないのでママを抱きました。
年齢が年齢ですから肉は弛んでいますが、柔らかくていい体をしていました。
アソコも具合が良くて、私はママの奥深くで爆発したのです。

美奈子が帰ってきてからは3人でもつれ合いました。
私は美奈子のくびれた腰をバックから掴んで激しく突き上げました。
その間も、ママが私の袋からアヌスにかけて刺激してきます。
辛うじて我慢した私は、次の瞬間ママの尻に乗りました。
脂肪がたっぷり乗った腰を掴んで雄大な尻に愚息を打ちつけたのです。
あまりにも気持ちが良かったので、またママの中で爆発してしまいました。

「私にも頂戴!」

今度は美奈子がしがみついてきました。
後はもう何が何だかわからない状態でした。

翌朝、私はもう抜け殻のようになっていました。
帰りの高速が辛くて何度もサービスエリアで休憩しました。

でも、辛いけど面白い。
苦しいけどまた行きたい!
何だか病みつきになりそうな私なのです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

My Slave
最強媚薬「エロティカセブン」通販サイト