新着情報

6人の風俗嬢に見られながら精子を撒き散らした

この体験談は約 3 分で読めます。

都内某所にある、マニアックな風俗での体験手記です。

平日の昼、空いている時間を狙ってそこへ行った。
何度か通っている為、会員証もあり、スムーズに受付を終えた。

プレイルームとなるマンションの一室に移動して待機すること10分、指名した23歳の女性が部屋に来た。
初めて来た時、受付で見せてもらったアルバムで一目惚れした子だった。
実物はさらに綺麗で清楚、独特の雰囲気を持っていた。
髪が長くスリムで、少女時代のメンバーの1人に似ている。
私生活でも出会えないこんな理想のタイプの子が、まさか風俗にいるなんて・・・。
正直、緊張した。

彼女はスーツを着ていて、僕を子供扱いするような口調で優しく言った。

「それじゃあ、はじめましょっか?ふふ。全部脱ぎなさい」

僕の鼓動が激しくなった。
言われるがまま、全て脱いだ。
スーツ姿の女性の前に、おちんちん丸出しで立たされた。
赤くなった僕の顔を半笑いで見た後、視線を下げてこう言った。

「どうして欲しいの?言ってごらん?」

僕は、唾を飲み込み言った。

「射精するところを見て下さい・・・」

その後、僕は彼女の指示通りに、いやらしく恥ずかしいことをさせられた。

「どのようにオナニーをしているの?」
「どのくらい溜まっているの?」
「どんなこと考えてしてるの?」
「どこが気持ちいいのよ?」

これらの質問に答えながら、僕は彼女の前でチンコを上下にしごいた。
彼女は脱ぐこともなく、椅子に脚を組みながら座って僕の行為を見つめていた。
しばらくして彼女は言った。

「四つん這いになってごらん。恥ずかしいところ、見てあげる」

指示されるがまま、犬になり、頭を床につけ、お尻側に座っている彼女にお尻を突き出した。
彼女は両手で僕のお尻を掴み、尻を剥いた。
丸出しになった肛門を見て彼女が言った。

「やらしいわね~。こんなとこまで毛が生えてる・・・」

この体勢を維持するように言われた。
彼女は僕に覆いかぶさり、乳首を摘んだり、耳に息を吹きかけたりして、僕を弄んだ。
その後、また直立姿勢になる様に僕に指示し、彼女は携帯を取り出した。
僕は、ただ立たされていた。
彼女は電話をした後、また椅子に座って言った。

「見てあげるわ。最後まで。そうして欲しいんでしょ?」

僕は頷いた。
すると部屋のインターホンが鳴り、5人の女性が入ってきた。
全員、スリムで美形の20代の女性だった。

「やだ~」
「やらし~」
「変態がいる~」
「可愛い~」
「あははははははは」

一気に僕は囲まれた。
ただ立たされていたので、僕のチンコは勃起していなく、半分皮が被っていた。
最初に指名した女性が言った。

「この子、射精を見て欲しいんですって」

そう言いながら僕のチンコを指で摘み、5人の女性に向けた。

「ほら、見てあげてよ、ほら~」

チンコをゆっくり上下に擦り、皮を剥いた。
真っ赤な亀頭が露わになり、5人の女性が騒いだ。

「さっきみたいに、いつも通りやってごらん。みんなで見てあげる」

そう言うと僕にオナニーをさせた。
最初の彼女は僕の太ももに顔をつけ、横からまじまじと観察してくれた。
あとの女性は椅子に座って黙って見ていた。
僕は、6人の女性の前で、チンコをしごいた。
見られている。
それだけで十分だった。
間もなく射精のときを迎えた。

「イキそうです。いいですか?」

「ふふ。いいよ、みんなが見てる前で飛ばしてごらん。この子、精子が出ちゃうんですって!」

全員近くに寄り、ただ一点を見つめた。
その視線を感じながら僕は、大量の精子を撒き散らかした。

「あ。あ、あ~イキます。イクッ」

「やぁ~」
「エロッ」
「飛んだ~」
「やらしい~」

僕は女性たちの前で果てました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ案内板