病室に来て手マンして・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

3年くらい前、出会い系でメール始めた26歳女。
看護師だという。

ある日、その女から、「盲腸で入院することになった」とメールが。
それでも普通にメールのやりとりをして数日、欲求不満になったのか「病室に来て手マンして・・・」とメールが。
近所の女だったので、教えられた病院も近くの知っているところ。
病室と本名教わって行ったら、本当にその名前の名札のある病室が。

しかし4人部屋で同じ部屋に他に3名いる。
写メ交換はしていたが、初対面で手マン。
顔とバディはけっこう良。

とりあえずカーテンでベッドを覆い、同室の他の患者と回診の看護師にビクつきながら手マン。
感じる彼女・・・もう濡れ濡れ。
当然、俺のチンポも最高潮。
ベッドの上で舐めさせ、その流れで挿入。

時刻にして夜7時、周りもぜんぜんにぎやか。
そそくさと中に出し、回診が来そうなので退却。

彼女が本当に看護師だということは、白衣着用で背景が病院の写メで確認していたが、「入院している看護師と病院のベッドでエッチ」という、貴重なんだかよくわからない体験だった。
普通は、誰もいない診察室や病室でエッチ・・・がセオリーだよねw

以前、面接スレとかに書いたんだけど、妄想乙ってレスばっかで信じてもらえなかった。

ちなみにおととい、これも本当のナースと普通にラブホでエッチした。
白衣持参だったけど、「次の日仕事で使うから汚したくない」とコスプレHは拒否されました・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!