新着情報

処女の中学生にセックスを求められた

この体験談は約 5 分で読めます。

ある日、中学生の妹が学校から帰って来るなり女友達(奈苗)を連れてきて、「◯◯ちゃん、セックスのこと知りたいんだって」と言って部屋に置き去りにした。
その友達も満更でもない顔をするので、「彼女でもないからダメだよ」と自粛したら、「じゃ、彼氏になってください」と本気の顔で言われ、身長155センチで丸顔の胸も出てない女の子と付き合うことになった。
可愛くってしゃーない。

ある日突然、家に自分しかいないときに遊びに来て、「一緒に寝ませんか?」と聞かれたが、「眠くないからいいよ。でも眠いなら勝手に布団を使っていいよ」と言うと突然泣き出し、「私のこと、嫌いですか?」と聞かれた。

「そんなことないよ。奈苗はまだ若いから、そんなに焦らなくてもいいよ。もっと好きな人ができるかもしれないし・・・」

そう言い終わるか終わらないうちに、「そんなことないです!だって小学校の時から好きだったんだもん」と言って背中に抱きついてきた。

「私のことが好きっていう証拠を見せてください」

じっと目を見て真顔で言ってくるので、布団に寝かせて頬を触った。
彼女は目を瞑ってじっとしている。
軽く唇にキスをする。
突然グッと力が入り引き寄せられ、強く抱き締められた。

「◯◯(妹の名前)とキスしたことありますか?」

考えたこともなかった質問に驚いた。

「ないよ」

「嘘だ」

「ほんとだって」

「じゃあなんで私を抱き締めてくれないんですか?エッチしてくれないんですか?」

「それは・・・奈苗のことを大事にしたいから」

泣き顔になって、「嘘だ」と言う。

「初めてのエッチって、辛いこともいっぱいあるし・・・」

「知ってるもん。ひとりでエッチしてるからわかるもん」

「それだけじゃわからないよ」

「じゃあ教えてください。私、我慢します」

そう言うと奈苗は制服を脱ぎ始めた。
そして上半身は下着だけになった。

「ブラ、外してくれません?彼氏にはずされるのが夢だったんです」

もうどうしようもないと思い、彼女を後ろに向かせてホックを外す。
彼女はクルッとこっちを向き、スカートを捲った。
白いパンティーの中心はすごく濡れていた。

「ここに来る前もひとりでエッチしてきちゃった」

「すごいね。じゃあ触ってみるよ」

「んっ」

小さく頷く奈苗。
手のひらを陰部に乗せる。
中指で優しく局部を触る。
彼女の息が荒くなった。

「んっ・・・嬉しいです。すごく気持ちいい」

ちゅくちゅくといやらしい音がする。

「指、入れたことある?」

「まだないです」

中指をゆっくり入れた。
しかし、なかなか入らない。

「力を抜いて」と言うと全体が柔らかくなった。
少し入ったところでビクッと奈苗の体が動き、こっちに倒れ込んだ。

「痛かったんじゃない?やめよっか?」

「ダメ!思いっきり入れていいですから」

ぐっと力を入れた。
ぎっ・・・と全身に力が入り、絶句する。
指がちぎれそうなくらい締まっている。
可哀想になって指を抜いた。
抜いた瞬間、「ふわぁっ!」と声を上げた。
そして全身がビクビクっと痙攣して体が後ろに反った。
もう一度ビクッとする。

「やめないでください。もう1回入れてください」

入れて、また抜くと、「んっ・・・んっ・・・」と声を上げる。

出し入れのスピードを少しずつ上げる。
彼女の手がしっかりと俺の左手を掴んでいる。
眉間にしわを寄せて目を瞑って、一生懸命に感じようとしているのが後ろからでもわかった。

突然、「ひゃぁっ!」という声を上げ、奈苗の口が半開きになった。
イッてしまったらしい。
中がビクビクと痙攣している。
俺にもたれかかってきて、「はぁ・・・はぁ・・・」と息を荒立てた。

奈苗はビンビンになってる俺の股を擦り、「すっごく大きくなってる。これ見たいです」と言ってチャックを下げた。
自分でズボンを脱ぎ、パンツも下ろした。
奈苗はちょっと驚いた顔して観察している。

「こんなのが入るんですか?・・・おっきい」

目を見開き、まじまじと見ている。

「口で咥えてくれる?」

奈苗は素直に舌を出し、ズルッと吸いついてきた。
咥えたまま、「気持ちいいですか?」と聞いてきたので、「うん、でもおちんちんを出し入れするともっと気持ちいいよ」と教えてやった。
さすがに初めてだから、時々前歯が亀頭の上を擦る。
でも、新鮮な刺激が気持ちよかった。

「気持ちいいよ」

そう言うと、嬉しそうに微笑む。
しばらく続けてもらうと、イキそうになってきた。

「も、もういいよ。おちんちんを入れてもいい?」

恥ずかしそうに奈苗は頷いた。

「こっち向いて抱き締めて」

彼女は立ち上がり、首に細い腕を絡めるように抱きついてきた。
座った状態で彼女を上に乗せる。
彼女の顔が耳元にあって「ふぅーふぅー」と息が耳にかかり、妙に興奮させる。
髪の毛からほのかにリンスの香りがする。
股を広げさせる。
プリプリした肉厚のあるワレメが広がる。
そこは少しの毛が生えているだけだった。
周りがテカテカと光っている。

「ゆっくり腰を落としてごらん」

そう言うと、静かに陰口を亀頭に近づけていく。
入れようとするのだが、ズルッ、ズルッと何度も入り口に亀頭を滑らせて、「ごめんなさい」と謝った。
両手でお尻を持って手伝う。
今度はピタッと陰部にはまった。
だがそれ以上は覚悟が決まらないのか、なかなか進まない。

「いいこと教えよっか?」

そう言ってクリトリスをちょっと触った。

「はぁっ!」と声をあげ、腰がズズッと下がった。

亀頭が全部入った。
彼女の顔がこわばる。
膝を持ち上げた。
一瞬引っ掛かり、ズルルっと入った。
彼女が絶叫する。
目に涙が浮かぶ。
半分くらい入ったところで奥に当たった。
彼女の抱き締める力がますます強くなる。
半分入ったままにして、ゆっくり彼女を寝かせた。
彼女は左手で布団をしっかり握り、右手を自分の首に回して唇を呼ぶ。
キスしたまま前後の動きを続けた。

「ぐっ・・・んんっ・・・んっ、はぁん、あっ、あっ、だ、ダメっ・・・頭が・・・真っ白、あ、あ、・・・い、イッちゃう・・・うんっ、ふえぇん、あ・・・熱いよぉ・・・」

「中に、中に出すよ。いい?」

「い、いですよ。はぁっ・・・出してください。好きって証拠を私にください」

「うん、これから・・・ずっと一緒だよ」

「・・・うん、嬉しいですぅ」

「イクよ・・・いい?」

「ふぁっ、ふぁい・・・」

「あっ、出る!あーーーっ・・・」

最後は思いっきりひと突きして腰を止めた。
尿道を勢いよく通る精液の感じが伝わる。
出した瞬間、奈苗のあそこが今までにないほど締まった。
モノを引き出す。
彼女の陰部からは、血と精液が混じった液が流れ出した。
そのまま彼女を抱き寄せてキスをすると、微笑んで今度は向こうからキスしてきた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!