新着情報

私の住んでいた地域には『夜這い』の風習があった

この体験談は約 5 分で読めます。

東京でオリンピックが開催される直前の夏休みの事だった。
都会ではオリンピック特需とかの影響で、老若男女が盛り上がりを見せていた頃、私の住んでいた地域はライフラインは電気だけで、どこの家庭にもテレビすらなく、戦前を引きずったままの田園風景だけが財産だった。
私は中学に上がったばかりで、未だ大人の営みどろこかオナニーさえ未経験で、夢精は経験していたが、毛も生えていなかった様に記憶する。

その頃、2歳年上のガキ大将の先輩が居て、地域の中学生の7人しか居なかった男子を全員召集した。
その頃のガキ大将は腕力だけの暴れん坊ではなく、喧嘩も強いが知性的で難しい事を良く知っていて、小さな子供たちまでも面倒見ていた頼もしい存在だった。
その召集に参加した私は『夜這い』なる聞いた事もない単語を耳にした。
2・3年生は顔を耳まで赤らめて詳しい事を教えてはくれなかった。
ただ、その『夜這い』を翌週の金曜日に、隣の地域で夏祭りがあるので、その日の深夜に行うから全員集まる事を命じられた。
その日は私の住む地域でも夏祭りが行われる予定だったので、堂々と夜更かしを許された日でもあった。
隣の地域は歩けば小一時間はかかるが、同じ中学の学区で、中学生同士はみんな友人であった。

帰宅して1人晩酌を始めていた父に『夜這い』の事を告げ、その意味を尋ねた。
父は顔を近づけると酒臭い息で『夜這い』の意味とそのやり方を小声で教えてくれた。
父も若い頃に『夜這い』をかけた経験があったようで、その相手が母だったらしい。

父は大人になろうとしている私の頭を大きな手で撫でてくれたが、暫らくして腕を組んで悩みだしたのだ。
後になって判った事であったが、夏祭りを予定しているその夜は当然の事、隣の地域のガキ大将一味が私の住んでいる地域に『夜這い』をかけて来るのは火を見るより明らかだった。
私には1歳年上の姉が居て、前年の祭りの後は父が姉の貞操を寝ずの番で守ったらしいが、その年は息子がかける側に居るので大っぴらにガードが出来なかったらしい。

夏祭りの2日前に、ガキ大将が地域に住んでいた出戻りのオバサンと未経験の1年生を前にしてセックスをして、『夜這い』の仕方を教えてくれた。
爽やかな風が吹き抜ける中、一団は隣の地域へ歩を進めると、それぞれがターゲットにしている女子の家へと別れた。
とは言っても人気のある女子の家には数人が被ったものだが、私がターゲットにしたのは同級生の千夏だった。
千夏は成績優秀だが控えめで殆ど目立たなかったが、私は入学式の日に一目惚れをしていた。
千夏には同学年の太一と四郎が被った。

当時の習慣で戸締りはされてなく、3人はこっそりと屋敷に上がると、静かに襖や障子を1つずつ開けて千夏を探した。
4つ目の障子の向こうに千夏が寝息を立てていた。
3人は本音は千夏を1人占めしたかったのだが、勇気がなく、仕方なしに共同歩調をとっていた。

蚊帳に潜ると千夏の寝巻きの帯を解いた。
前を肌けると、暑いせいか千夏は何も着ておらず、暗がりの中、憧れの千夏の全裸を目に焼き付けた。
3人も全裸になったが、3人とも千夏で勃起していた。
侵入する前に予めジャンケンで順番を決めていて、私は太一に次いで2番目だった。
とても悔しかったが致し方ない。
太一は千夏の脚を広げて割れ目に勃起を近付けた。
見守るしかない。

しかし、そこで奇跡が起きた。

太一は割れ目に先端を触れた途端、思い切り良く射精をしてしまった。
一気に萎んでしまい太一は引き下がり、私の番になった。
千夏は濡れていなかったが、太一の大量の精子が私の侵入を助けてくれた。
千夏が激痛で目を覚ました。
織り込み済みで、太一と四郎が口と手を押さえ付けてくれたので、苦もなく思いを遂げる事ができた。
実は父からの指導で、家を出る前に1回抜いて来たので、かなりの時間、千夏の中に入れられた。
徐々に千夏も感じてくれて2人が押さえ付けなくても千夏は私を受け入れてくれる様になって、2人同時に頂点に達した。

千夏は、私が離れると四郎と太一を拒み、私とだったらもう1回したいと言ってくれたが、3人は仕方なく集合場所へと引き返した。
そこでは出来た者と成し遂げられなかった者とが表情・姿勢で一遍に色分け出来た。
私は意気揚々と帰宅する事が出来た。

姉と共用の子供部屋の襖を開けて驚いた。
姉が男に抱かれている。
本当にそう思った。

姉は千夏と違って男に合わせて腰を激しく動かし、大きな胸を震わせながら喘ぎ声をあげていた。
姉の大きな胸が目についた。
去年まで入浴を共にしてくれた姉の胸は、今し方見てきたばかりの千夏同様貧弱だったはずである。
近付いて姉の大きな胸を確認しようとした時、男は「ウゥ」と声をあげた。
果てた様である。

2人は重なり合っていた。
私は何かいけない物を見た様な思いに駆られ、隣室へ逃げた。

そこは空き部屋で何も置かれていない部屋だったが、私は何かを踏んでしまった。
目を凝らすと布団が敷かれていてその上には姉がいた。
『夜這い』対策の父の発案で姉はそこに避難させられていた。

ではさっき姉の部屋にいた女は誰だ?

しかし、姉の様子が変である。
寝巻きを殆ど脱いだ状態で少し膨らんでいる胸を露わにし、右手を股間に挟めて腰を動かしていた。
隣室の喘ぎ声が大きな刺激となって無意識にオナニーを覚えて夢中になっていた様である。
私は隣室のセックスを見た時点から勃起していたが、姉の姿に理性を失った。
パンツ毎ズボンを脱ぐと、ほのかに千夏の香りが鼻に付き、一層狂わされた。
姉に飛び掛かると、姉は「ヒッ」と声をあげ驚いたが、勃起の先端には姉から湧き出た液体で濡らされ、躊躇する事なく押し入った。
姉も痛がりはしたものの、オナニーで火照った身体は直ぐに心から私を受け入れてくれた。
姉に放出してから、姉は初めて相手が私だと悟った様でした。

隣室では未だ続いている様で喘ぎ声が聞こえて来る。
姉の説明では姉の布団には母が寝ているとの事なので、声の主が母である事がわかった。
姉と2人で隣室を覗き込むと、母は犬の様な姿で男からやられていた。
姉の話では事を成し遂げ、帰ろうとする男を母が引き止め、何度もしていたとの事だった。

父はと言えば、母が他の男に抱かれるかもしれない想いからか、私が出掛けた直後から大酒をあおって、そのまま寝入ったらしい。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳大好き!

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン