新着情報

満たされない母親を奴隷に・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

俺は、28歳になる冴えない男です。
母親に女を感じるなんてありえないと、この前まで思っていました。

仕事の休みの日は部屋でオナニー三昧の日々でした。
エロビデオを見ながらちんぽをしごきながら2回目の発射をすませ、一服しているところへ・・・。

“がちゃ・・・”

「栄吉・・・」

母親が入ってきたのです。
俺は裸のままちんぽからは先ほどの残り汁が垂れてました。

「ご、めん・・」

母親は一階に下りていきました。

(見られたか・・・まあいいか。)

俺と母親は中学2年より離婚の為、二人で住んでました。
母親は彼氏も居ない様子でしたし、たぶん別れてからはセックス自体してないみたいでした。

ちんぽを見るのも久しぶりだったと思います。
俺のいたずら心に火がついてしまい、それからあの手この手で母親をおちょくる事にしました。

洗濯機に精子がべっとり付いたパンツをわざと見える様に入れておいたり、トイレの便座に精子を付けたりしました。

ある日、仕事に行くフリをし、部屋で潜んでました。
いつものように罠は仕掛けておきました。
母親は洗濯機よりパンツを持ち寝室に入っていきました。

(これはやるな)と勘が働きました。

そーっと覗くと・・・。

「栄吉・・・入れて・・・精子おいしい・・・」

びっくりしました。
母親は精子がべっとり付いた部分を舌で舐めながら乳を揉み、オメコを擦ってました。

「お、お母さん・・・」

思はず声が出てしまい・・・。

(はっ・・・)

「あんた・・・会社は・・・」

そんなことはどうでもいい。

「なにしてるんだよ・・・」

母親は恥ずかしさのあまり、「ごめんなさい・・・う・・・う・・・」と泣くだけでした。

「寂しかったんだね、これからは俺がお母さんを寂しい思いさせないからね」と言いながら、ニヤつきました。

それがきっかけで母親を奴隷にしてしまったんです。
家にいる時は全裸で過ごし、食事中はフェラをさせ口に出し、

「味はどう?」
「おいしいです」なんて言わせました。

風呂の時も一緒に入り、全身を洗わせ、アナルまで舐めさせました。
寝室も同じにしました。

毎日毎日、来る日も来る日も母親を犯してやりました。

ある日、一緒に寝ているとその日は手を出しませんでした。
すると母親が・・・。

「今日は抱いてくれないの?」

完全におまんこに狂った母親がいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

恋愛横町

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン