新着情報

3日間の調教で変わり果てた愛妻

この体験談は約 4 分で読めます。

数年前の話になります。
妻(友紀、35歳)と結婚して10年を迎えた頃です。

社内恋愛の末、妻と結婚し、幸せな生活を送っていました。
5歳年上の私は一生懸命働き、妻を養う事が出来る収入を得ていたんです。
唯一2人に足りなかったのは子供でしょうか?
5年を過ぎた頃にはお互い諦めムードで、子供の話はしなくなっていました。
それでもお互い満足した夫婦生活を送り、夜の営みも普通以上に盛り上がっていたんです。

友紀は会社内に男のファンが多く居たほど綺麗系の女性です。
小顔で白い肌が目立つ友紀は、肉付きも良く腰のクビレもなかなかの、スタイル抜群な女性でした。
そんな友紀と結婚して分かったことは、顔からは想像もつかないほどエッチな女性だったこと。
夜の喘ぎ声は何とも言えません。
正常位、バックと体位は何でも対応してくれるし、フェラの時も口内射精で受け止めてくれます。
アナル体験はありませんが、お尻の穴を舐めてあげると、なかなかいい声を出します。
クリトリスと乳首が感じるらしく、弄りながら挿入するとすぐにイキまくるんです。

カーセックスや山中での青姦を試した事も何度もあり、彼女も非常に興奮する様です。
私も妻に触発されて、誰かに見られるかも知れない緊張感に異常に興奮してしまいます。
そんな事を繰り返すうちに私は、(愛妻の裸体を他の男に見せたい)という心境になっていました。

ある日、妻にその事を告げると、「考えさせて」と言われました。
そして妻からの返事は、「いいよ」だったんです。
妻の裸体を写真に収め、ネットに張り付けました(もちろん目隠しで)。
世間の男達の反応は物凄く、妻の体を褒める者ばかりでした。

「ほら!お前が綺麗だと言う人ばかりだよ。俺の自慢だ!」

妻も男達のコメントに満更ではない様でした。

投稿を始めて数ヶ月が過ぎた時、ある1人のコメントが気になったんです。
彼は毎回コメントをくれるんですが、『もっと凄い奥さんの姿を見たくないですか?』と気になる事ばかり書き込んで来るんです。
無視すれば良かったんですが、何だか気になった私は、彼と個人的に連絡を取り始めていました。

彼は55歳の会社役員で、単身赴任で仕事をしているとの事でした。
住所を聞くと案外近く、車で30分程の場所に住んでいたんです。
何度か連絡を取っていると、「会いませんか?」と言われ、一度会うことにしました。

彼のマンションに着いて驚きました。
高層マンションの最上階で、家賃も数十万はしそうな高そうな所だったんです。
1階ロビーで彼が待っていて、一緒に彼の部屋に入って、また驚きました。
凄く眺めのいい部屋で、リビングだけで30畳を超える広さでした。

彼は非常に紳士で、55歳には見えない若さでした。
話した感じも物凄く穏やかで、話に夢中になってしまいます。
そんな中、妻のことを話すと、「奥さんはもっと淫らな女性になる素質がある」と言うのです。
彼の言葉に引き込まれるように、本当の妻の姿を見てみたくなりました。
それからというもの、妻とエッチしてても、『もっと淫らな妻』が頭から離れません。

私は妻を連れ、彼のマンションに向かっていました。
彼は優しい口調で妻の心の扉を開いていったんです。

「凄く素敵なお部屋ですね。こんな所に住んだら気持ちいいだろうなぁ」

「住んでみます?」

「え、でも・・・」

彼は私に、「奥さんを数日貸してくれれば、本当の姿を見れますよ」と言ってきました。

(妻の本当の姿?)

バカな私は3日間の約束で妻を貸し出す事にしたんです。
妻は私と彼が交わしたエッチな約束など全く知りません。
単に彼の家政婦として働くという程度に考えたんでしょう。
着替えを取りに戻った後、彼の運転する高級車で妻は出掛けて行きました。

3日間、妻からの連絡も無く、長い長い時間が過ぎていきました。
3日目の夜遅く、車の音が聞え、妻が帰って来ました。
妻に特に変わった様子もなく、着替えを片付けると風呂に向かいました。
そのすぐ後に彼からメールが届きました。

『投稿サイトを見て』とだけ書かれていました。

いつも妻の裸を投稿してたサイトに、彼の名前でUPがあり、中を覗いて手が止まりました。
信じられません。
妻が全裸で縛られ、穴という穴にバイブを入れられてアへ顔で写されていたんです。
顔中に精液が掛けられ、まさにSMです。
見慣れた妻のマンコは広がり、極太のバイブを咥え込み、アナルにも大きなバイブを突っ込まれていました。

(こんなに広がるものなのか?)

陰毛も剃られていてパイパン状態です。
マンコの襞にはピアスが開けられ、乳首にもピアスが光っていました。
3本の棒で貫かれている写真までありました。
信じられない光景でした。
私は風呂場に行き、妻の体を確認したんです。

「どうしたの!ヤダ・・・あなた見ないで・・・」

妻の体中に書かれた卑猥な言葉・・・。
私は妻の裸体を愛おしく見ていました。

「嫌いになった?3日前の体じゃないの!ごめんなさい、あなた、もう私・・・」

泣き崩れる妻を抱き締め、一緒に風呂に入ると、妻の体の悪戯書きを消しました。
肉便器、マンコ、変態女・・・、色々なことを書かれています。
妻の白い肌がタオルのゴシゴシで赤くなっていました。
小陰唇にはピアスが嵌められ、クリトリスにもリングが嵌められていたんです。
苦しそうに大きくなったクリトリスは赤く腫れあがっていました。
私は石鹸で濡らしながらゆっくりとピアスを取ったんです。
そんな状況でもマンコからはエッチな汁が溢れ、すぐにでも肉棒を受け入れられる状態でした。
乳首のピアスを取ると、私は妻を抱き締めました。

その日から妻のカラダは、以前のような攻めでは満足出来なくなりました。
体を縛り、特大バイブで責めてクリトリスを激しく甚振ると、異常なまでの潮を噴き、よがり泣きます。
そんな妻を写真に収め、サイトに投稿すると、彼からのコメントが届きました。

『いい女になりましたね!もう彼女は1人では満足出来ないでしょう!乱交をお勧めします』

妻には言っていませんが、私は知っていたんです。
日中、妻が彼のマンションを訪れている事を。
そして、数人相手にマンコを犯されてる事実を。
彼から送られてくる写真付きメールで・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン