新着情報

あの時どうしたら良かったんだろう

この体験談は約 5 分で読めます。

高一の時、同じクラスに女友達ができた。

特別可愛いというわけでもないし、特別スタイルが良いわけでもなかった。
中肉中背でツヤッツヤのショートボブの眼鏡っ子。
びっくりするくらい特徴の無い子だったなw
でも趣味が合ったから漫画やレコード貸しあったり、昼休みに話したり、一緒に帰ったりしてた。

ある日、隣のクラスの金持ちイケメンスポーツマンAが彼女に告白した。

彼女「どうしたらいいかなぁ?」ってオレに報告してきた。

オレ「・・・」

ポカーン。

どう考えてもオレの敵う相手じゃなかった。

オレ「マジで?すげー!AってあのA?かっこいいし人気あるよな~。好きなら付き合えばいいじゃん?で、何て答えたの?」

彼女「う~ん、一週間待ってって言ったんだ~」

オレ「もったいつけちゃってwでもAって人気あるから早くしないと取られちゃう!」

彼女「そうだよねぇ・・・ふふふ」

オレは、次の日から自転車通学にした。
彼女と一緒に帰るのはマズイ気がしたし、Aも同じバスだったから会いたくなかったし、彼女ともできるだけ距離を置く事にした。

一週間後、彼女から呼び出された。

彼女「オレくんさぁ、最近話してくれないよねぇ」

オレ「そういえばそうだっけ?」

彼女「一緒に帰ってくれないしさ」

オレ「あー自転車にしたからね~、20分は多く寝r・・・」

彼女「あのね、Aくんと付き合ってみようかと思うんだ」

オレ「へ?・・・あ、そうなんだ、そう!うん!おめでとう!」

何だか喉カラカラで、最後は少し声が裏返ってた。

彼女「ありがとう・・・オレくんに報告しなきゃと思って」

オレ「うん、そか」

彼女「・・・」

オレ「・・・」

彼女「・・・」

オレ「・・・」

彼女「それじゃぁね。ごめんね。わざわざ」

彼女が背を向けて歩いてった。

彼女の背中が遠くなる・・・。

気がついたら彼女を追いかけて肩掴んでた。
振り向かせたら彼女は泣いてた。

オレ「ゴメン、遅いけど、すごく遅いけど、オレ、君の事好きだ」

彼女「もぅ・・・もぅ・・・ホント遅いよ・・・」

彼女は泣きながら笑った。
彼女はそれからAの所に行った。

「ホントは好きな人がいて、その人と付き合いたいからごめん」と断ったそうだ。

次の日からオレは彼女と付き合う事になった。

それからは毎日、彼女と手を繋いで歩いたり、自転車二人乗りしたり、マックやケンタで何時間も話したり、立ち読みやゲーセン、動物園も行ったな。
何しても楽しかった。
ケンカなんて全くしなかった。

オレ、この子に会うために生まれたんだって本気で思った。
友達にもそう言って引かれたw

キスもセックスもしなかった。
隣に座って肩を抱いたり、彼女の頭撫でたりするだけで幸せだった。
彼女をオレの性欲なんかで汚したくなかった。
彼女を冒涜するような気がして、小5からの日課だったオナニーも一切しなくなった。
好きな本の話をしたり音楽の話をするだけで満足してた。

一度だけ彼女の家に遊びに行った。
ボロボロの平屋の家だった。
日当たりだけは良かったが、エアコンは無く、めちゃくちゃ暑かった。

彼女の家は母子家庭だった。
凄く年の離れた妹がいた。
母親は内職の手を休めもせず、顔も上げずにオレと挨拶した。

妹にまとわりつかれたので少し一緒に遊んだ。
妹と彼女はお父さんが違うそうだ。
それ以上は聞かなかった。

それからすぐ彼女が風邪をひいて学校を休んだ。
電話したが母親が出て、寝てるからと取り次いでくれなかった。

3日ほどして彼女は登校してきたが、病み上がりでダルいからと避けられて、ほとんど話ができなかった。

それから1週間ほどして、彼女から突然別れを切り出された。

何が起きているのか判らなかった。
理由は一切教えてもらえなかった。
一方的に、もう付き合えないと言われた。

「納得できない」と言ったが、取り合ってもらえなかった。

周りからもどうしたの?と聞かれた。
こっちが聞きたかった。

何度話し掛けても答えてくれなかった。

オレは学校をサボりがちになった。
元々良くなかった成績が最下位ランキングを争うほどになった。

1ヶ月くらい経って、彼女から手紙が来た。
便箋4枚くらいにびっしり書かれていた。
こんな内容だった。

・オレの事がキライになった訳ではない事。
・母親が女手一つで育ててくれた事。
・母親に仕事を斡旋する、付き合いの長い社長さんがいる事。
・ある日、母親がその社長さんと2人で食事に行けと言った事。
・社長さんと2人だけでチェーンの居酒屋に行った事。
・チューハイをたくさん飲まされた事。
・気がついたらホテルのベッドで全裸だった事。
・明け方近くに帰宅したが母親は何も言わなかった事。
・それが風邪で休む前の晩だった事。
・もちろん風邪で休んだわけじゃない事。
・それからも母親を通じて定期的に呼び出される事。
・こんな体ではオレに申し訳なくて会うのが辛い事。
・私の事は忘れて可愛い子と付き合って欲しい事。

彼女は母親に売られてたんだ。

手紙を読み終わり、気がつくと、手が震え、動悸が凄かった。

すぐに彼女に電話をしたが、電話に出たのは母親だった。

オレ「夜分恐れ入ります、オレと申しますが彼女さんいらっしゃいますか」

母親「(フッ)今、出かけてますよ」

鼻で笑われた・・・。

オレ「そうですか、あの・・・」

母親「帰りは遅いと思うんですよねぇ」

オレ「遅くてもいいので、帰宅したら電話が欲しいと伝えていただけますか」

母親「はぁい(ガチャ・ツーツー)」

その晩、いつまで待っても彼女から電話は来なかった。

翌日、登校途中に彼女を見かけて話しかけた。

オレ「おはよう!」

彼女「あ、おはよっ!」

彼女は以前のように挨拶してくれた。

オレ「ゆうべ電話したんだ。お母さんに伝言頼んでたんだけど」

彼女「そうだったの?出かけてたよ、ごめんねぇ」

笑ってるけど目が潤んでいた。

並んで歩きながら話した。

オレ「手紙読んだよ」

彼女「うん」

前を向いたまま答えた。

オレ「オレ、君がいいんだ」

彼女「・・・」

オレ「オレさ、君に何があっても君がいいんだ」

オレにはそんな事しか言えなかった。
他にも言いたい事は沢山あったのに。
でもそれしか言えなかった。

彼女「ダメだよオレくん。もう付き合えないよ。ごめんね。もう私に話しかけないで欲しいんだ。辛いんだ」

彼女は立ち止まって、まっすぐオレを見て言った。
もう笑ってなかった。
目には涙が一杯溜まっていた。

彼女はそれ以降、オレを一切無視した。
あたかもオレなんか最初から存在しないかのように、翌年クラス替えがあるまで彼女はオレを無視し続けた。

登校中の出来事だったから目撃者が多く、色んな噂が飛び交った。
彼女は何も言わなかったが、オレは登校中に彼女を泣かす最低男の称号を得た。
それから卒業までの高校生活、ほとんどの女子から無視された。

オチも何も無いが、これでオレが初めて付き合った女の子の話はおしまい。

あれからもう20年以上が経過した。
当時15歳の無知なガキには何もできなかったが、あの時どうしたら良かったんだろう。
今でも時々思い出しては辛くなる。

クラス会には一度も行ってない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛妻

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン