新着情報

ねーちゃんの初エッチを目撃

この体験談は約 8 分で読めます。

俺のねーちゃん22歳。
年子だったせいか、性的な対象として見た事は一度もなし。
まぁ、成長した裸をうっかり見た時はちょっとドキっとしたけど、なんつーか「うわっ見ちゃった!」みたいな。
やなもんみたな~って感じじゃないけど、得したって気にはなれない。
なんか生々しい。

んでさ、ねーちゃん、顔だけで言うと、ってゆーか客観的に見ていい女だと思うのね。
同級生とか羨ましがってたし。
俺には分かんないけど。
それなのに処女だったのさ。
理由はまぁ単純に奥手だったからだと思うんだけど、そーいう話すると真っ赤になってたし。
なんか今まで男っ気ってのが本当に無くて、なんか独特の処女臭さってのもあったし。

それがさ、先日彼氏ができたみたいで、なんか態度でモロバレなの。
携帯とか肌身離さないようになっちゃったり、部屋に篭ってこそこそ電話したり。
俺も親も“はは~ん”ってな感じで、まぁ生暖かく見守ってたのさ。
からかうのも何だし。

それが、しばらく経ってから、たまたま親が居ない日があって。
俺はまぁしょっちゅうフラフラしてたから当然のように出歩いてて、そのままどっか泊まるつもりでいたんだけど、なぜかその日に限って家に帰ったんだよね。
まぁ、飲み会で好みのが居なかったから気分が落ちてたってのもあるかも。

家に帰って風呂入ろうとしたらシャワーの音がしたんだ。

(あぁ、ねーちゃん入ってるんだな~)くらいにしか思わなかったんだけど。

んでまた後でもいいか・・・とか思ってると、なんか風呂場からクスクス笑い声が聞こえてくんの。
まさか彼氏からの電話?風呂中でもお構いなしか?なんて思ってたら、明らかに男の声もするわけよ!
すっげぇドキン!ってなってその場から動けなくなっちゃって。
耳はしっかり風呂場の音とか会話とか聞いてて、ドキドキしっぱなしなんだけど。

冷静に・・・っていうか、冷静じゃないかもだけど、脱衣カゴ見てみるとやっぱ男モンのパンツとかあって。
だせぇトランクスが。

(ねーちゃんが男連れ込んで風呂場で・・・!)って腰抜けそうになった。

なんか、確実に今夜は誰も家に居ないとか思ったんだろうな~とか、んで、それをチャンスにさっそく男連れ込んでんだな~とか色々考えちゃって。

あのねーちゃんが。
綺麗なくせに真面目でやさしいあのねーちゃんが。
ただの馬鹿な雌に成り下がってるわけよ。
扉一枚隔てた向こう側で。
こうやって誰か帰ってきちゃったりとかも想像できないようなただの馬鹿に。
なんかさ~すげぇショックで。
どんな男なんだろう?とか思った。
真面目で世間知らずな女をこんな馬鹿女にした男ってのは、やっぱり同じく世間知らずの馬鹿なのかなと。
二人で今まで知らなかった世界に浮かれちゃってんのかなと。
も~なんか色々頭ぐるぐるして、逃げる事もできずにボケーっとつっ立ってた。

したらさ、ハッとなった。
風呂場から聞こえるんだよ。
あの声が。

「あん・・・」とか言って。

はっきりいって、身内の喘ぎ声なんて聞くもんじゃねぇ。
生々し過ぎる。
なんかそれで我に返って、とりあえずこの場から・・・っていうか、家から出ようと思った。
ねーちゃんの「アハンウフン」言ってる声なんて、これ以上聞いてたらトラウマになりそうだし。

そしたら「こんなところじゃいやだよぉ」とか甘ったるい声出してて。

「初めてくらい、ちゃんとベッドでして」とはっきり聞こえてきた。

つまり、ねーちゃんの初体験がこれから行なわれようってわけか。
てか処女くせえ言い分。
なんかそれ聞いたら、なんでだかよくわかんないけど、『相手の男が見てみたい』って思ったんだよね。
なんだろ、まぁ、とにかくそう思ったら、すぐ脱衣所を出て、ねーちゃんの部屋に行った。

ねーちゃんの部屋には新品の灰皿があって、マイセンの吸い殻。
ねーちゃんはタバコ吸わないから、今日のために買った灰皿なんだろう。
恋する女特有の重たさって感じにうんざりする。
部屋はいつも綺麗なんだけど、今日はそこに男物の時計があるだけで汚らわしく感じる。
携帯とかも当たり前のようにテーブルに置いてあって、なんだか図々しさを感じた。
もうずっとイライラしっぱなし。

んで、とりあえずベランダに隠れた。
ここなら俺の部屋とも繋がってるからすぐ逃げれるし。
ベランダにはわざわざ俺の部屋から出た。
ねーちゃんの部屋の窓は鍵が掛かっていたから。
カーテンだけ上手くずらしておいて。
すっげぇどきどきしてたら、浮かれきった笑い声が聞こえてきて、「うふふ」みたいな本当、神経逆撫でするような声。

ちなみに俺とねーちゃんは結構仲よくて、どっちかっていえば自慢のねーちゃんだし、好きか嫌いかでいったら好きでたまらない部類に入る。
家族としてね。

それがこんなにイライラする事は無いってくらいイラつく。
っていうか、むかつく。
ねーちゃんじゃなくてただの色に溺れた雌。

雌が雄つれて部屋に入ってきた。

俺の緊張もピーク。
もしや裸にタオルとか・・・って想像してたけど、普通に服きてて、でも髪とかしっかり濡れてて。
なんだこの男は泊まっていく気で頭まで洗ってんのか、それとも天然で洗ってんのかって感じ。
俺は休憩の時は頭なんて洗わないから。
女もそうだし。
泊まっていくつもりなら、めっちゃムカつくんだけど。

ちなみに男は背は高いけど、ひょろっとしていて真面目くんみたいな感じ。
不細工じゃないけど、モテないだろ、みたいな。
ココリコ田中あたりで変換するとわかりやすいかも。
なんか殴りたくなる顔してる。
ついでにねーちゃんは小西真奈美で変換してくれ。
あれの背がぐぐっと低い感じ。

その殴りたくなるような顔が、なんか抑えてるつもりだろうけど『必死だな、プ。』みたいな顔でねーちゃんに近づくわけさ。
んで、漫画じゃあるまいし、唇突き出してチュー迫ってんの。
静かに受け入れるねーちゃんのがよっぽど経験者みたいだった。
けど、なんか「優しくするから」とか「痛かったら言って」とかなんとか言ってんの、田中。

ねーちゃんはねーちゃんで赤くなって目潤ませちゃって。
エッチする時こんな表情されたら結構クる。
それを素で出来るのは処女だからなのか。

まぁ、俺はずーっと目が釘付けなわけだけども、お構いなしに田中、ねーちゃんベッドに押し倒した。
当たり前の流れなんだろうけど、すっげぇビビッた。
あ~本当にこれからやるんだ~、みたいに現実味ないのに、目の前の光景はどんどん進んでいくの。
どんどん服がはぎ取られて床に落ちてって。
田中の手がせわしなく上いったり下いったり。
なんか太ももとかすりすり触りまくってて。
あほかと。
田中が妙に興奮してるのが伝わってきて、こっちは妙に冷めていくんだよね。

なかなかマンコ触らないんだけど、焦らしているつもりなのかと小一時間。
ねーちゃんはねーちゃんで「うぅん・・・」とか声出してるし。
田中もう無我夢中!みたいにおっぱいに吸い付いてて。
ねーちゃんどんどんずりずりと上にあがってくるから、俺からおっぱい丸見えになった。
なんかすげぇ綺麗で、そこで初めて勃起した。
ビビアンスーのおっぱいみたいな感じかな。
なんかピンクって表現されるのはこういう色の乳首かなと。

うわっやべぇ勃起した!って思ったらなんかへんな罪悪感みたいの生まれて。
もう部屋戻ろうかな・・・と思ってなんか目離してたら・・・。

「痛いっ!!」

ねーちゃんの声がして、そっち見るとどうやら指入れされたみたいで。
ああ、やっぱ処女は指も痛いんだっけ?なんて思ってたら田中、「痛かったら俺の背中噛んでいいから」とかぬかしてて、続行。

田中の指は(まぁ俺から見えるのは背中と腕だけだったけど。あと汚ねぇケツな)ゆっくりゆっくり動いていて、ねーちゃんは眉間にしわ寄せて耐えてる。
人が良いねーちゃんが人の背中なんて噛めるわけないんだよ。
ねーちゃんが「くぅぅ・・・」って切なそうな声を出すたび、田中は感じてきているなんて勘違いしてそうな勢いだった。

しばらくそんな事やってて、その合間に田中はねーちゃんのおっぱいとか吸ってたり頬撫でたりとかして。

そしたら田中膝立ちの状態になって「舐めて」とかぬかした。

ねーちゃんも性奴隷みたいに跪いて、エロい顔で丁寧に舐め始めるわけよ。
あっさりとフェラチオですよ。
目を瞑って、やってる最中におっぱい揉まれれば、ちゃんと「んっ・・・んんぅ・・・」っていい反応して。
なんか逆にねーちゃんの中ではエッチとはこんな感じってのがあって、自然に出た反応じゃなくて、予習してあったからこの反応が出来たって感じなのかも。
それくらい処女にしては上出来すぎる反応だと思った。

しばらく田中のケツとねーちゃんのエロい顔がゆさゆさ揺れるのが続いて、田中がねーちゃんを制して、またねーちゃんは横になった。
今度は田中がねーちゃんのマンコに近づいてって、クンニ体勢になろうとしたら、ねーちゃん起き上がって必死で止めて。
恥ずかしいから無理!みたいな感じ。

田中が「大丈夫だから」みたいな事をしばらく言って、なんかごにょごにょやりとりした後にねーちゃんが無抵抗になった。

足を広げて手で顔覆って。
恥ずかしさの極み!みたいな態度だった。
でも、なんか力入ってるみたいで、足で田中の頭ガッチリ押さえ込んじゃうの。
手も頭押さえて、「もういいから~~っ!」みたいに。
そんな感じで中盤ちょっとだらけて、結局クンニはちょっとだけさせてピクッピクッとかなっても、すぐ引き離そうとして・・・って何回か繰り返して終わったみたい。

田中がごそごそし始めて。
んで、これがある意味一番ビビッたんだけど、田中の服は窓側に脱ぎ捨ててあって、なんかコンドームが服に隠してあったみたいで、田中がチンコふりふりしながらこっち向かって来るの!!

マジびびった。
バレたらどうしようと。
ってか、そんな事考えてる余裕なんてなく、その時も事の最中も頭の中ほとんど真っ白だったけどさ。

田中、もうお約束通り、財布にゴム忍ばせててさ。
窓のほう向いてもたもたと装着。
大きさはあんま大きくない。
ってか細い。
なんかちょっと安心。
んでまたヘコヘコ歩きながらねーちゃんのほう戻った。
あの『チン小』が、ねーちゃんの処女を奪うのか・・・なんてぼんやり考えた。

「いい?」なんて田中聞いてて。

だめって言われてもやるんだろーに。
ねーちゃんも頷いて、なんかしばらくはマンコ付近をチンコがうろうろして焦らしてたりしたみたいだけど、ゆっくり、でも確実に田中のチンコがねーちゃんに入っていった。

正常位だったんだけど、俺から結合部丸見え。
ねーちゃんが押し広げられてた。
田中のゴムのせいでピンクのチンコが、ずぶずぶと沈んでいく。
根元まで入ったら、田中がなんかまたごにょごにょしゃべってて、ゆっくりまたピンクが出てきた。
ピンクはさっきよりぬらぬら光ってる。
半分くらい出てきたら、また沈む。
ゆっくりゆっくり繰り返して、ねーちゃんもそれにあわせて「うぅん・・・」「ふぅうん・・・」って眉間にしわ寄せてそうな声で応える。

だんだん動きが速くなってきて、(まぁそれでもゆっくりな動きだと思うけど)ピンクが出たり入ったり出たり入ったりして、ねーちゃんが「うんっううんっ・・・あっあっ・・・あっ・・・はぁっ・・・」って喘いでて。

あのねーちゃんがセックスしてるわけよ。
だんだん声も苦しそうな感じから甘めの、切ない声に変わっていって。
ただの女。
ピンクはどんどんぬらぬらしてって、結合部に勢い良く入るたび、どぷっ・・・て感じに水が漏れるの。
なんかすげぇエロい。

だんだん二人が激しくなっていって、「いっいくよっいくよっっ」って田中が言ったと同時にガシガシガシガシっ!って動いて。
ねーちゃんが壊れちゃうんじゃないかってくらい激しく動いていたように見えた。

ねーちゃんも「はぁぁぁあぁぁあぁぁあんっっ」なんて悲鳴に近い声出してたし。

でも当たり前なんだけど、田中がイッた後は急にグタッ・・・って二人とも動かなくなるんだよな。
はぁはぁ荒い息遣いが聞こえてきそうな勢いだった。

そのあとはすぐに俺は自分の部屋に戻ってオナニー。
三発抜けた。

自分で三回も抜いたのなんて中学生以来かも。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所タウン

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン