新着情報

出会い系でエッチした最高のドM女

この体験談は約 8 分で読めます。

これは5年ぐらい前の話。
友香(仮名)という28歳の女性と出会った。
出会いはとある出会い系。
確か割り切り希望みたいな感じで書いてあったと思う。
俺もまぁサイトだし割り切りとか書いてあるし、さくらかなと思いながらメールを飛ばしてみた。

するとしばらくして「会いたい」みたいな返事とアドレス。

早速その日からメールをしあった。
そして書き込みから2週間後に会うことになった。
とある駅前で待ち合わせ。
写メ等は交換してあったためすんなりと会えた。

とりあえず車で近くのシティホテルのレストランに行った。
最初は二人とも緊張しているもの。
ご飯を食べながら色々話していると、友香はソフトなSMに興味があるらしかった。
俺が「優しく縛ってあげるよ」と言うと、少し恥ずかしそうに頷いた顔がすごく可愛かったのが印象的だった。

レストランを出てそのままホテルに入った。
部屋に入ってとりあえずお酒で乾杯することにした。
やはり緊張をほぐすにはアルコールが一番だから。
隣に座りビールを飲みながら話をした。
少しするとお酒には弱いらしく、友香は顔を赤くしながら饒舌にしゃべるようになってきた。
今までM願望があったのに彼氏は受け身ばかりだったとか、オナニーする時はレイプばかり想像したりしていたなど話が一呼吸したとこで、俺はいきなりキスをした。
一瞬びっくりした友香だったがすぐ力が抜けるのがわかった。

俺はキスをしながら友香の胸に軽く触れた。
ビクッとしたがすぐに友香から吐息が漏れてきた。
着痩せするらしく、思ったより大きいその胸を、時には優しく時に強く触った。
強く握ると友香の吐息は喘ぎに変わった。
そのままソファーの上で右手を下に伸ばした。
スカートを少し捲り太ももを擦る。
いきなりあそこにいかない焦らしも大切だ。
キスを続けながらあそこ以外の身体中を擦るように触ってみた。
友香はすでに喘ぎ声をあげていた。

(そろそろいいか・・)

俺は先ほどの友香の希望通り、次に進むことにした。
ロープは持ってきていた。
が、最初はホテルにあるバスローブの紐とタオルを使うことにした。
いきなりロープは使わない。
俺なりの気遣いだった。

まず目隠しをした。
そして腕を頭の上で縛る。
少し抵抗する仕草を見せる友香。
それがまた俺の興奮を誘う。
とりあえずこの状態でイジメてみる。
片手で友香の手を押さえ胸の回りを触る。
それだけで友香は「あっ・・・」と声を出す。

「こうやってやられたかったんだろ」

何も答えない友香に俺は「答えないなら、もうこれで終わりな」と言うと、友香は恥ずかしそうに・・・。

友香「いや・・・して欲しい・・・」

俺「すぐ答えなかった罰だ。どぉして欲しいか言ってみろ」

友香「・・・」

すぐに答えない。

俺「ん?」

俺が少し強く聞き返すと・・・。

友香「私のこといっぱい犯して下さい」

友香なりの精一杯で答えた。

俺「よく言えたな!たっぷり犯してやるぞ」

友香「はい・・・」

少し嬉しそうに言った。

俺はだんだんと胸から下へ、そして内ももに手を這わす。
少し触るだけで敏感に声を漏らす友香。
内ももを触り続ける。
だんだんと腰をもじもじさせる友香に俺は聞く。

俺「ん?なんだ。どした?もじもじして!」

友香「ん・・・」

俺「何かして欲しいなら、ちゃんとご主人様にお願いしてみなさい」

ここでさりげなく“ご主人様”という言葉を使う。

少し間が開いたあと・・・。

友香「あそこを触って下さい、ご主人様」

俺はまずはパンツの上からそっとなぞる。
それだけで友香はさっきよりも大きな声をあげて「あぁ・・・」と言った。
軽く触るだけでパンツが濡れてくるのがわかった。
少し強めになぞるともうパンツはぐちょぐちょになっていた。

俺「直に触って欲しいのか、友香?」

友香「はい、触って欲しいです。ご主人様」

我慢できないのか素直に答えた。
が、俺はここからもう少し焦らす。

俺「触って欲しいなら、まずは俺のを気持ち良くしなさい」

友香は「はい」と言って俺のあそこに手を伸ばす。
目隠ししているからか、少したどたどしい手つきで触り出す。

俺「舐めたいならちゃんとお願いしてから舐めなさい」

友香「ご主人様のを舐めさせて下さい」

俺「よし!いいぞ!」

友香はそっと舌を這わせ始める。
先っぽから始まり、裏スジ、そして言わないのに玉まで美味しそうに舐める友香。
思ったよりもテクがある。
段々と硬くなる。

俺「俺のはどうだ?」

友香「おいしいです・・・それにおっきくなってきました・・・」

友香のあそこはもうびちゃびちゃだった。
太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した。

俺はびんびんにそそり立ったあそこを友香に咥えさせたままシックスナインに移行した。
そして手マンをしながらクリトリスを舐めた。
友香は焦らされていた為か1分たたない内にびくびくとしながらイッてしまった。

それを見て・・・。

俺「何勝手にイッてんだ!誰がイッていいって言ったんだ?」

友香はまだイッた余韻を残しながら、「ごめんなさいご主人様、ガマンできませんでした」と掠れた声で言った。

俺「次、勝手にイッたら終わりにするからな」

友香「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

とりあえず許した俺は、ここで持ってきていたロープを取り出した。
目隠しされ手を縛られたままの友香は、俺に離れられ、何が起きるのかびくびくしながらちっちゃくなっていた。
俺はいきなり友香を抱えた。
そして椅子に座らせると足を開かせて持ち上げ肘掛けの上に乗せ、足と肘掛けをロープで縛り始めた。
友香はいきなりのことに抵抗したが、俺が内ももをビシッと叩くと「あっ、イヤ・・・」と言って力を抜いた。

俺はそのあとも何も言わずに友香の足を開脚状態のまま閉じないように縛りつけた。
縛っている間中、友香は「ごめんなさいご主人様・・・許して下さい・・・」等と吐息を漏らしながら謝っていた。
彼女の中でのイメージがあったのだろう。

縛り終えた俺は用意していたローターと20センチはあるバイブを取り出した。
ローターを友香のクリに当てる。

「あああー」と叫ぶような喘ぎ声をあげたかと思うと30秒もしないうちに・・・。

友香「イクぅ、イっちゃうぅご主人様ぁー」

俺はローターを友香から離し「また勝手にイクのか?」と言うと、「はぁはあ」と声を漏らしながら半分泣きそうな声で友香が言った。

友香「ごめんなさいご主人様、我慢します・・・」

今度はバイブを友香のあそこに当てた。
友香はビクッとした。
少し入り口でヌルヌルと動かす。
友香はそれだけですでに大きな声を漏らしていた。

ローターをクリに当てながらバイブを友香の入り口に軽く当てスイッチを入れた。
うねうねと友香のぐちょぐちょの入り口で動く。
友香はビクビクしまくりながら腰をいやらしく動かし喘ぎ声をあげる。

俺「ほらっ、突っ込んで欲しいのか?」

友香「入れて欲しいです・・・」

俺はスイッチを切り、一気に突っ込んだ。
ヌルヌルのあそこは太いバイブをにゅるっといとも簡単に呑み込んだ。
と同時に「あ゛ぁぁー」と今日一番の大きな声をあげた。

俺は「まだイクんじゃないぞ」と念を押し、バイブのスイッチを入れた。

友香の中でウィンウィンと動き出す。
友香は今にもイキそうなのを我慢してるらしく「う゛ぅぅ」と獣みたいな声を出していた。

俺はゆっくり出し入れをした。
グチュグチュといやらしく音を立てながらバイブは動く。
段々と早く動かしはじめると友香が泣きそうな声で俺に懇願した。

友香「ご主人様ぁ、イキたいですぅ、イッていいですかぁ」

俺は自分から素直に言えたご褒美に友香に言った。

俺は「イッていいぞ!だけどちゃんとどう気持ちいいのか言いながらイケよ」

友香「はい、友香のおまんこ気持ちいいですぅ、バイブでイッちゃいますぅ」

そして「イクぅ」と連呼しながら友香は果てた。
と思うとあそこからピュッピュッと潮を噴いていた。
イッた後も暫くそれは止まらなかった。

ぐったりしている友香の足の縄をほどきベッドに移動させた。

俺「もう俺のがもらえると思ったか?」

ぐったりしている友香にそう言い捨てた。

「あっ・・・」と友香は言い、少し黙ったあと言った。

友香「ご主人様のおちんちんが欲しいです・・・」

その声、言い方はすでに最初の頃の友香のしゃべり方ではなく、すごくエロく聞こえた。
が、俺は無言でバイブを友香に渡しこう言った。

俺「欲しいなら今からそれでオナニーしろっ!ちゃんとイケたらご褒美に入れてやる!」

友香は少し恥ずかしそうに俯いたあと、物欲しそうな目を俺に向けて・・・。

友香「はい・・・わかりました・・・」

俺はベッドの横に椅子を置き座り友香に言った。

俺「こっち向いてやれよ」

友香は入り口をバイブで少し弄りそして中にゆっくりと差し込んでいく。

「あふっ・・・」

吐息のような声を漏らしながら出し入れを始めた。

「スイッチをいれろ!」

俺が言うと素直に入れ、続きを始めた。

俺「友香のまんこぐちょぐちょだぞ!この淫乱女がっ!」

友香に言葉をかけるたびに友香は「いやっ・・・言わないで・・・見ないで・・・恥ずかしい・・・」みたいなことを言っていた。

見られながらオナニーをするのは初めてか聞くと、初めてと答えていた。
最初は少し恥ずかしかったのか手つきがたどたどしかったが、言葉責めをしている内に興奮してきたのか段々と出し入れが早くなってきた。
それと一緒に喘ぎ声も大きくなってきた。

暫くすると友香が「イキそうですぅ、イッていいですかぁ」と聞いてきたので、今回はイカせてやった。

友香はイッたあと、俺を見つめ、そして言った。

友香「ご主人様のを入れて下さい、お願いします」

俺はソファに座り友香に言った。

俺「欲しいなら自分で入れてみな」

友香「はい」

友香はそろそろと俺の方にきて、そして少し縮んでいた俺のを何も言わずにしゃぶり始めた。
その舌使いと表情は先程とは比べようもないくらい激しくエロかった。
そんな友香を見て不覚にも俺のはすぐに大きくなってしまった。
それを見た友香はソファの上にあがると左手で俺のを掴んでゆっくりと腰を下ろし、自分のまんこに押し付け入れた。

そして、「あぁご主人様ぁ・・・」と声をあげながら、いやらしく腰を動かし始めた。

いやらしく腰を動かしている友香。
俺は少しイジワルしたくなり、クリに手を伸ばし触り始めた。
すると友香はまた声を荒げ、腰の動きも一段といやらしくなった。

俺は友香の表情や声、動きを見ている内にイキそうな状態がわかるようになってきた。
そして今にも『イキたいですぅ』と言いそうな友香の動きを止めた。

友香は一瞬、“どうして?”というような顔をした。

俺「まだイカせてやらないからな」

友香「いやぁ・・・」

俺はそのまま友香を抱え上げ、今度は友香をソファに座らせて、そして・・・。
突いた!

友香はすぐにもイキそうになっていたが、その度に俺は腰を止めて焦らした。
そろそろイカせてやろうかと思い、俺は腰を止め、友香を見つめながらこう言った。

俺「イキたいのか?イキたいなら淫乱な雌豚らしい言葉でお願いしてみろ!」

友香「はい」

返事をした後、こう言った。

友香「友香は淫乱な雌豚ですぅ。ご主人様のおっきなおちんちんで友香をめちゃくちゃにしてください」

俺「よし!イカせてやる!だけど俺が今からイクまで我慢しろ!中に出すからしっかり味わえ!」

友香「はいご主人様の精子を友香の中にいっぱい下さい!」

俺は再び腰を動かした。
友香は今にもイキそうな自分を必死に抑えていた。
そして俺はついにイキそうになり・・・。

俺「イクぞ!出すぞ!」

友香「いっぱい下さいぃ、ご主人様の精子友香の中にいっぱい下さいぃ~。友香もイキますぅ、イクぅイクぅ~」

そう叫んで、俺がイクのとほぼ同時に友香は果てた。
友香の中にドクドクと出す。
そのイク感覚に友香は合わせるようにビクビクと身体を震わせた。
そして、プシュ~と音を立てながら潮を吹いていた・・・。

イッた後も友香は暫くぐったりとしていた。
けれどその表情はとてもいやらしく、そして可愛かった。

そのあと2人でお風呂に入り身体を洗い合った。
友香は俺のも愛おしく洗ってくれていたのが印象的だった。
湯船に浸かりながら色々話した。
なんだか恋人同士のような雰囲気だったのを覚えている。

お風呂の中で友香に俺のをまたしゃぶらせた。
そしてそのまま風呂場で2回目のエッチをした。
今度は恋人同士のような優しいエッチだった。
結局、その日は朝までにもう一回した。
そして昼過ぎから予定があった友香と別れた。

彼女はとても満足してくれたみたいで、「また逢いたい」と言ってくれた。

そしてその後、1年ぐらいは関係が続いた・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

発情倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン