新着情報

某有名モデルの高校時代の恥ずかしい写真

この体験談は約 4 分で読めます。

まだ数年前のことだけど、高3の時にものすごく興奮した経験をした。
人として最低な内容だが今でも興奮する・・・。

当時通ってた高校の2年生にめちゃくちゃ可愛い子がいた。
スカウトされて某雑誌にモデルで載っちゃうぐらいに可愛いし、スタイルも良かった。
ちなみに今も現役モデル。

校内でも有名で、やりたい盛りの男子達は当然その子を狙っていた。
僕もそのうちの1人だった。
当時は結構バカなことをやっていて、ある日、仲間内であの子を呼び出そうという話になった。
しかし、そんなことがマンガのように簡単にいくはずがなく、その子が1人になるタイミングすら掴めなかった。

それから半年ぐらいが経ち、そんな話も忘れていた頃だった。
学際の準備をしていたら、夕方6時ぐらいになってしまい、帰ろうとしたところに友達から電話がかかってきた。

第一声が・・・。

「すぐに体育館の倉庫に来い!」

訳が分からなかったが、その友達の声が震えていて、ただ事じゃない感じだったので急いで体育館に向かった。

倉庫の扉を開けようとしたらカギが閉まっていたので叩くと、扉が開いて友達が顔を出した。
電話してきたのと違う友達だったが、中に入ると電話してきた友達もいた。
倉庫に入ると、そこにあの子が横たわっていた。
目を疑ったが確かにあの子だった。

どうやら寝ているようで、訳が分からず友達に聞いたら、ちょっとしたものを借りてきたようだった・・・。
さすがにやばいと理解したが、目の前の可愛い寝顔と、制服のミニスカートから露出されている色白のキレイな脚を見て、股間がすぐに熱くなってしまった。

どうしていいか分からずオドオドしていたが、友達がその子に近づくと、足首を掴んで僕の方を振り向いた。

「いいか・・・見てろよ!」

そう言うと友達は、寝ているその子の脚をM字に大開脚させた。

僕は言葉が出なかった。
その子のパンツは既に友達に脱がされていて、下半身が丸出しになっていた。
友達はそのまま彼女の膝の裏を抱えるように掴むと、その子の頭の方に回り込み僕によく見えるようにした。
僕は興奮してその子の開かれた下半身の前に跪いた。
色白のキレイな脚の中心部には、当時初めて見る女の子のアソコがあった。

友達は既に見たようで、僕によく見えるように、その子の脚を開いていてくれた。
その子の股間に顔を近づけると、嗅いだ事のない匂いが鼻を刺した。
人差し指をその子の割れ目にあてがい、恐る恐るタテに擦り始めた。
今までに感じたことのない柔らかさだった。
その子は何事もないように眠り続けていた。

そして僕は両手の指を割れ目にあてがい、その指を左右にゆっくりと広げていった。
静かな倉庫の中に・・・ニチ・・・ニチ・・・という音が確かに聞こえた。
その子のクリトリスが剥け、尿道口が見え、膣口が見え・・・。
ついに目の前にその子のピンク色のアソコが丸出しになった。

友達が「もっと開け」と言うので、更にその子のアソコを開いた。

ニチ・・・ニチ・・・という音と共にどんどん開いて剥き出しになっていくその子のアソコに興奮してしまい、僕は指にかなりの力が入っていた。
するとピキッ!という何かが弾けたような音とともに、その子の膣口がパックリと口を開いた。
この時の光景は生涯忘れないと思う。

興奮しながらみんなで携帯で写真を撮り、剥き出しになったその子のアソコを触りまくった。
指が普通に入ったので処女ではないようだった。

さすがにエッチしちゃうのは可哀想だし、そんな度胸もなかったのでなんとか我慢した。
その代わり色々やらせてもらった。
アソコを開いて匂いを思い切り嗅いだし、舐めたし、全部触ったし、指も入れた。
写真も顔付きで撮ったし、アソコも隅から隅まで撮った。

しばらくアソコを開いて色々やってたのだが、友達が指をアソコに入れてズボズボやっていたら、その子が突然目を覚ました。
とんでもない格好をさせられてる自分に気が付き、すぐに暴れだした。
騒がれると面倒だから、みんなでその子の体を抑えて、口を塞いだ。
友達がついさっき撮ったその子の恥ずかしい写真を携帯の画面に映し出し、その子に見せつけると、その子はショックで泣いていた。

もう何をしても遅いし、どうしようもなかったので、写真で脅して誰にも言わないようにと言い、開き直ってもっと見せてくれと頼んだ。
制服着させたまま、たくさんエロい格好させて写真を撮った。
中でもその子をM字開脚で座らせて、自分でアソコ開かせたポーズはエロすぎて、可愛すぎて、本当に我慢できなくなりそうだった。
もちろんそのポーズも顔つきで撮った。
たぶん2時間ぐらいその子のアソコを観察してたと思う。
胸も見せてもらったけどやっぱりアソコの方が興奮した。

その後、いつ先生に呼ばれるかビクビクした毎日を過ごしたが、とくに何か起こることはなかった。
しかし、その子と顔を合わせるたびに睨まれて、気まずい思いをした。

今では彼女は雑誌どころかテレビでも見るようになった。
今思うと、あの時やっておけば良かったとちょっと後悔する。

あの時の写真は今でも保存してあるので、時々見ては抜いている。
彼女がこんなに有名になるとは思ってもいなかったので、この写真は絶対に隠し通そうと思う・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン