新着情報

僕は匂いフェチの整体マッサージ師

この体験談は約 15 分で読めます。

僕は20代の後半からマッサージの道に入り、現在マッサージ師や整体師として1人で開業しています。
初めの2~3ヶ月間は余り患者さんもなく、知り合いの男性や40~50代のオバサンばかりでした。
次第に口コミで、評判を聞きつけた患者さんも増加し、何とか僕ひとりなら食べていける様になった頃でした。

1年半が過ぎた頃です。
ある常連のオバサンから紹介されたと聞いて電話があり、予約をして来た50歳の女性が来院して来ました。
彼女(美佐子さん)は、とても50歳には見えないくらいの綺麗な女性でした。
仕事は化粧品の販売員をしているという事で、彼女は早番と遅番の2交替で仕事の終わった午後7時に来院して来たのです。
昔から腰が悪いらしく、数日前から腰と脚が張るという事でした。
正直、綺麗な女性なので緊張していました。

黒いスーツの上着とスカート、ブラウスを脱いでもらうと、用意してある白いガウンに着替えてもらい、ベッドにうつ伏せになってもらいました。
薄手の黒いストッキングは、そのまま穿いたままでした。
彼女は中肉中背で、この年齢にしては、スタイルも良い方だと思いました。
正直、彼女を見た時は、少し興奮してしまいました。

うつ伏せになって肩から背中を優しく揉みながら、腰から太腿裏、そして脚を中心にと揉み始めました。
痛い所や張っている所を聞き、腰からお尻まわりを揉んでいると、次第に呻き声から怪しげな喘ぎ声を上げ始めたのです。
彼女は、「気持ちいい!気持ちいい!効くわ!効くわ!」の連発で、脚&ストッキングフェチの僕は、かなり興奮していたかも知れません。
薄手の黒く透けたストッキングの太腿裏からふくらはぎ、そして汗で湿った足裏、足指などまで揉んでいました。
それが結構、蒸れていて凄い匂いでした。
僕は勃起してしまい、悪戯心にドキドキしながら様子を窺い、そっと彼女の足裏から最も蒸れている足指裏に鼻先を宛てて嗅いだのです。
もう片足裏には勃起を擦り付けてしまいました。
彼女が気付いたのかどうなのかは解りませんでした。
そうして再び腰まわりのマッサージを一通り終えました。

どこか物足りない彼女の様子に、良ければ低価格にするという約束で、数日間通わせることにしました。
初回の5千円を貰うと、次回からは3千5百円で治療すると言いました。

2回目は3日後。
再び、肩や背中からマッサージを始めると腰から足裏まで揉み始めました。
2回目ですから際どいお尻のワレメ部分まで指を這わせてやりました。
2回目は彼女の様子を見ながら少し大胆に行こうかと思っていて、彼女に吸盤式治療を施術するためガウンを脱いでもらいました。
ガウンを脱ぐと、パンストではなく、薄手の黒く透けたストッキングは太腿の付け根まであるタイプの物で、やはりショーツも薄手のビキニタイプの黒でした。
さすがに彼女自身も僕に対して恥ずかしがったのか身を固くしていたのです。

僕「恥ずかしがらずに楽にして下さいね~。この吸盤式タイプの治療、結構、効くんですよ~」

ショーツを下げてもらうと背中からお尻の上まで間隔を置いて取付けました。
取付けたまましばらく僕は、彼女のお尻まわりに香り付きのローションを塗り、ツボを揉み解しました。
ローションは通販で仕入れた物です。
両脚を少し開かせて、お尻のワレメ部分にまで指を這わせて付け根を優しく揉んで撫で回していると、彼女の口から再び、怪しげな喘ぎ声が漏れていました。

彼女「ああっ~、んう~ん、ああっ~」

僕「どうですか~?だいぶ張ってますね~、恥ずかしがらずに楽にして下さいね~」

ビキニタイプのショーツが施術の邪魔になると説明し、脱いでもらいました。
お尻にローションを垂らすと股間の付け根まで塗り込み、撫で回していると興奮してか次第にお尻が浮き上がって、濃毛のワレメ部分が開いて、大陰唇の赤身が見えていました。
さらに撫で回していると、何やら蒸れたいやらしいオマンコ臭を嗅ぎ付けました。

彼女「ああっ~、せ、先生~、ああっ~ん、ああっ~」

焦れてか、自ら尻を浮かして、ワレメを見せ付けるかの様に腰を使い始めたのです。

僕「気持ちいいですか~?何日か通えば、良くなりますからね~」

僕は背中から腰の吸盤を外しました。
そうしてタオルでローションを拭き取ると、ベッドに両脚を開き気味に仰向けにさせました。
そうして僕は再び、指先を股間の付け根に這わせて撫で回したのです。
彼女は怪しげな喘ぎ顔をして背けていましたが、ついに我慢出来なくなったのか僕の指を黙って自分のワレメに導き、僕の顔を見ていたのです。
指で触ると既にワレメはトロトロ状態で、弄ってやると薄手の黒く透けたストッキングの足指が強く曲げられました。

僕はベッドの脇に移動すると、丸い小さな椅子に座り、なおも横からゆっくり弄り回していると、硬く勃起したクリトリスに指が触れ、腰がピクッとし物凄い色っぽい喘ぎ顔をしたのです。
お互い無言のまま指先でクリトリスを軽く撫で回し続けていると、両足指が完全に強く曲げられ腰が上がりました。

彼女「あっ~ん、ああっ~、せ、先生~」

彼女が完全に欲情していたのが解りました。
正直、僕自身もかなり欲情していました。
彼女は美人タイプで、昔はかなり綺麗だったんだろうな~、といった感じです。
なおもクリトリスを中心に撫で回していると、彼女は僕の顔を見て股間の塊に無言で触れてきました。
ラストの患者さんだったこともあり、「少し待って下さいね~、今、玄関、ロックして来ますからね~」と立ち上がると、僕は玄関に行きロックをしました。
ついでに指先を鼻先に宛てると濃厚なスルメ臭がして舐めてしまいました。

戻ると彼女はベッドの上に両足を乗せて顔を背けていました。
僕は白衣のズボンのチャックを下げ、椅子に座ると自慢の太い塊を出しました。
洗っていない塊は我慢汁で濡れヌルヌルしていて、やはり彼女と同じスルメ臭の様な匂いがしていました。
彼女はいきり立った塊を見るや否や、すぐにベッドから身を伸ばし塊に顔を寄せて来たのです。
僕は彼女に勃起を好きにさせ、再びワレメに指を伸ばしクリトリスを撫で回してやりました。
彼女は鼻頭や鼻口を勃起にあて、匂いを嗅ぎ取っている様子でした。
内心、凄くいやらしい女だと思い興奮してしまい、さらにクリトリスを擦り付けながら指を2本、膣中にゆっくり抽送しながら沈めたのです。

彼女「あっ~ん、い、いやあっ!ああっ~、す、凄い!ああっ~、先生~!ああっ~ん、いやらしいわ!」

僕「好きですか?匂い、美佐子さん?」

彼女「ああっ~、い、いやよ、言わないで!」

僕「僕は美佐子さんの匂い、好きですよ~。美佐子さんのオマンコの匂いや蒸れたストッキングの足の匂いが・・・。いやらしい人ですね~」

そう言うと途端に彼女は・・・。

彼女「や、やめてぇ!いやぁ~ん、ああっ~、だめぇ!イッちゃうから!いやぁ~ん、言わないで!」

彼女は勃起を舐めることなく、匂いを貪りながら達してしまった様でした。

彼女「ああっ~、先生~、ねぇ~?」

僕は隣の広めのベッドに彼女を移動させ、「いいんですか?」と彼女に聞くと恥ずかしそうに、「ええ~」と言いました。

僕「ご主人に申し訳ないですね~」

彼女「主人とは離婚していますから心配しないで下さい。久し振りだから何だか恥ずかしい!」

僕「綺麗ですよ~凄く、恥ずかしながら美佐子さんのこと見て興奮して勃起してました」

お互い興奮していたせいもあり、貪り合う様なキスをしながら再びクリトリスを弄ってやると・・・。

彼女「ああっ~、先生~、ああっ~ん、ほ、欲しいわ!」

僕「美佐子さんの見ていいんですか?」

彼女「だ、だめよ!恥ずかしいから!それに、よ、汚れてるわ~、ああっ~、先生~、いやぁ~ん、そこぉ~、ああっ~」

僕はベッドの端で彼女の両脚をM字に大きく開かせると顔を寄せました。

僕「開いて見せて下さい。さぁ~」

彼女「ああっ~、だ、だめぇ!いやぁ~だ、先生たら~、あっ~ん」

僕「さぁ~、美佐子さん、自分で大きく開いて~」

彼女は恥ずかしそうに指先で大きく開いたのです。

僕「凄くいやらしいオマンコですね~、トロトロしてる。クリトリス、凄く大きくなってますよ~」

彼女のクリトリスは小粒のピーナッツ大にまで膨れ上がってました。

僕「いや~凄いですね~、こんなにデカいクリトリス見たの美佐子さんが初めてですよ~」

彼女「い、いやぁ~ん、言わないで!ああっ~、先生~、ねぇ~?」

僕は彼女のクリトリスに吸い付くと蜜を啜り、舌先で弾きながら舐め回してやりました。
残尿臭とスルメ臭がして、顔中を擦り付けて舐め回しました。

僕「ああっ~、美佐子さんのオマンコの匂い、凄くいやらしい匂いしてますよ~」

彼女「い、いやあ~、やめてぇ!言わないで!変になっちゃうから!ああっ~、だ、だめぇ!先生~!イ、イキそう!いやぁ~ん、いやらしい!」

彼女は色っぽい喘ぎ声を上げてガクガクと痙攣していました。
僕はパンツを脱ぐと両脚を抱え、ゆっくり挿れていきました。

彼女「あっ~ん、いやあっ、ああっ~、だ、だめぇ!先生~!ああっ~、凄い!」

僕は薄手の黒く透けたストッキングの片足を上げて掴むと足裏に顔を寄せました。
前よりさらに濃厚に蒸れた匂いがして、正直、それだけでイキそうになりました。
まるで納豆臭の様な濃い匂いと色っぽい喘ぎ顔。

僕「ああっ~、美佐子さん!イッちゃいますよ~、ああっ~、凄くいやらしい足です!」

彼女「ああっ~、いやらしいわ!そんなことするなんて、いやぁ~ん、初めてぇ!」

僕「ああっ~、出しますよ~、ああっ~」

彼女「いやぁ~、イクわ!だ、だめぇ!イッちゃう!お願い、中に頂戴!」

僕は彼女のその言葉と蒸れた匂いに、我慢しきれずに中出ししてしまいました。
僕は汗で湿った爪先裏に鼻先を宛てながら奥深く中出しすると同時に、彼女も「あっ~ん、先生たら~、いやぁ~ん、いやらしいんだから!」とガクガクと震え出し、痙攣してイッてしまいました。

美佐子さんは優しく抱き締めてくれ、お互いを見つめ合うと・・・。

彼女「恥ずかしいわ!先生たら~、変なことするから、ああっ~、だめよ!まだ、あっ~ん、先生たら~、いやぁ~ん、凄い!また~?」

僕「今度は後ろからいいんですか?」

僕は美佐子さんの色っぽく喘ぐ顔を見ながら覚めやらぬ勃起を奥へと抽送したのです。

彼女「ああっ~、先生~?いい?私のアソコ、いい?」

僕「アソコってどこですか?」

彼女「いやあ~ん、やめてぇ!言わせないで~」

僕は動きを止めると美佐子さんの喘ぎ顔を見ていました。

彼女「あっ~ん、いやあっ、先生たら~、意地悪なんだから!」

まるで若い娘の様な喘ぎに更に虐めてやりたくなり・・・。

僕「アソコってどこ?」

そう言ってグイッと奥深く挿れてやると・・・。

彼女「いやぁ~ん、もう~、オ、オマンコよ!あっ~ん、いやぁ~ん、いやらしいわ!」

美佐子さんは余程、恥ずかしがったのか顔を両手で覆ってしまったのです。

僕「凄くいいですよ!オマンコも足も・・・、薄く透けた黒いストッキングの足って凄く好きですよ!それに凄く蒸れてて、ねぇ~?後ろから、だめですか?」

更に深く突き刺してやると仰け反ってしまいました。

彼女「後ろからされると、おかしくなっちゃうから、だめぇ!あっ~ん、いやぁ~ん、す、凄いわ!せ、先生の・・・」

僕がゆっくり抜くと美佐子さんは片膝を付き、中出しした精液をティッシュに出して拭ったのです。
そして上半身をうつ伏せると尻を高く突き出しました。

彼女「ああっ~、先生たら~」

僕「ほら、いいから、指で開いて、ほら、早く!」

彼女「こ、こんなこと、させるなんて・・・」

僕「嫌なら止めましょうか?美佐子さん?本当は欲しくて堪らないんでしょう?」

美佐子さんは身をベッドに伏せるとヌルヌルした真っ赤なオマンコをV字に開いたのです。

彼女「ああっ~」

落胆なのか、喘ぎなのか・・・。

僕「ほう~、凄くいやらしい眺めですね~、ねぇ~?美佐子さん、ストッキング、片足、脱いでもらえませんか?」

彼女「ど、どうするの?ああっ~、脱がして!ねぇ~?どうするの?」

僕「いいから、後でわかりますよ!」

僕は片足からストッキングを脱がすとそれを握り締めて、美佐子さんのお尻を抱え込み、亀頭をぬかるみに擦り付けてクチュクチュしてやりました。

彼女「いやぁ~ん、もう~、ああっ~、だ、だめぇ!先生~」

ヌルッと先端部分を挿れてやりました。
美佐子さんはシーツを鷲掴みにして・・・。

彼女「うっ、あっ、ああっ~ん、凄い!」

僕「ほ~ら、挿っちゃいましたね?ああっ~、美佐子さんのオマンコ、絡み付いて来ますよ~、堪らないですよ!」

彼女「いやぁ~ん、いやらしいんだから!先生たら~、ああっ~、凄くいいわ!あっ~ん、わ、私、後ろからされると・・・」

僕「何ですか?後ろからされるとって?」

彼女「いやぁ~ん、だ、だめぇ!あっ~ん、よ、弱いの!」

僕「えっ?好きなの?後ろからされるの好きなんですか?」

彼女「いやっ、いやぁ~ん、もう~」

僕は美佐子さんのヌルヌルした尻穴を中指で触りながらヌルッと沈めて挿れてやりました。

彼女「い、いやあっ、ああっ~、だ、だめぇ!いやぁ~ん、そこは、いやぁ~ん」

僕「えっ?いいって?挿れてって?」

トロトロしたオマンコに抽送しながら中指も一緒に抽送してやると、彼女はお尻を振りながら色っぽい歓喜の声を上げていました。
後ろ足は跳ね上がり足指が強く曲げられていました。

僕「ほ~ら、本当は感じるんでしょう?」

彼女「あっ~ん、いいわ!だ、だめぇ!」

僕「何が駄目なんですか?いやらしい人だ!尻穴まで指を挿れられて!」

彼女「ああっ~、おかしくなっちゃう!」

そして中指を抜き、嗅ぐと酸っぱい様な便臭に興奮してしまいました。
その中指を美佐子さんの鼻先にも寄せてやり・・・。

僕「ほ~ら、こんないやらしい匂いさせて」

驚いたことに、美佐子さんは嗅ぐどころか舐めたのです。

彼女「ああっ~、だ、だめぇ!いやぁ~ん、もう~イクわ!あっ~ん、イク、イク、頂戴!中に出して頂戴!」

僕は堪らなくなって、握り締めていたトッキングの爪先部分を鼻先に宛てて嗅ぎました!濃厚な納豆臭!

僕「ああっ~、美佐子さん!見てよ!ほら、ああっ~、凄く蒸れてて堪らない匂いですよ!大好きなんです!この美佐子さんの蒸れた臭い足の匂いが・・・」

美佐子さんは僕に奥深く抽送されながらシーツを鷲掴みにして、いきなりガクガクと痙攣したのです。

僕「ああっ~、凄く蒸れてていいですよ!美佐子さんの足の匂い・・・」

彼女「いやぁ~ん、いやらしいんだから!先生たら~、ああっ~、は、初めてぇ!先生みたいないやらしい人!」

僕は奥深く中出ししてしまいました。

少し心配になって・・・。

僕「大丈夫?中に出しちゃったけど?出来ない?」

彼女「ふふぅ、先生たら~、嬉しい!心配してくれるのね!私、子供、出来ないのよ~、安心して~」

僕は美佐子さんを帰したくなかった。
美佐子さんは身繕いをすると、もう片足のストッキングも脱ぎ・・・。

彼女「良かったら持ってて!恥ずかしかったけど凄く興奮したわ!」

美佐子さんはそう言いながら、バッグから新しい替えを出して履き替えたのです。

僕「美佐子さんって黒、好きなんですか?」

彼女「ふふぅ、いやぁ~ね、好きよ~、薄い黒ってセクシーでしょう?」

僕「えぇ~、凄くセクシーですよ!伝線するまで、ずっと穿いてて欲しいな!」

彼女「ふふぅ、先生たら~、そんなに好き?ねぇ~?本当、私、こういうの初めてだから!駄目なの!私、こういう事されると・・・」

そして美佐子さんと貪る様なキスをしました。

彼女「ああっ~、だ、だめぇ!また欲しくなっちゃうから!ああっ~、だ、だめよ!ねぇ~?」

それから毎夜、電話が掛かって来た。
週末、会う約束をしたのです。

3日後でした。
木曜日だったと思います。
常連の患者さんで60代の相沢さんという女性がいるのですが、その相沢さんの紹介らしく、50代前半の女社長が軽い腰痛だと来院して来たのです。
夕方の6時前で、後1人男性の患者さんの予約が入っており、別室で待っていてもらいました。

正直、好みのタイプの熟女でした。
肉付きの良い熟女で顔も色っぽく綺麗な女性でした。
洋服を脱ぎガウンに着替えてもらうとストッキングは、そのまま穿いててもらいました。
ベッドにうつ伏せになってもらい、話をしながらガウンの上にタオルを掛けて軽く背中から揉んでいきました。
ガウンの下にはブラを付けている気配が無く、不思議に思いながら揉んでいました。
そして腰から尻まわりのツボを揉み、太腿裏から膝裏、くるぶし、タオルを掛けて足裏、足指へと指を這わせていきました。

足裏から足指裏へ指を這わせた時点ですでに勃起していました。
僕は様子を窺いながらタオルを外し、直接ブラウンストッキングへ指を這わせたのです。
汗で湿っているのが解りました。
そして様子を見ながら、そっと足裏へ鼻先を寄せてしまいました。
強烈ではないのですが蒸れてかなり酸っぱい匂いがしていました。
我慢しながら再び、太腿、そして膝裏を軽く押してやりました。

女社長「あっ~ん、ああっ~、い、痛い!」

僕「やはり結構、悪いですね~」

彼女は太腿の外側から腰の脇のツボが痛気持ちいいらしく・・・。

女社長「ああっ~、そ、そこ、ああっ~、効きます。先生~」

喘ぎ声の様な色っぽい声を上げていました。

僕「しばらく通った方がいいかも知れませんね~、座骨神経痛になる場合もありますから・・・」

女社長「少し通ってみます」

僕「そうですね~、出来れば定期的に手入れなさった方が良いかと思います」

今度は仰向けになってもらうと鎖骨の下を軽く揉み始めました。
ガウンの隙間からブラを外していたのがわかりました。
C~Dカップといった感じでしょうか?
しばらく揉んでいるとガウンが開き、片方のバストが露わになって見えていました。
そしてガウンの紐が解けてストッキングの下半身も露わになっていました。
胸を終え、片足を担ぎ上げて骨盤の調整をすると、盛り上がった薄クリーム色のショーツ越しの恥丘から陰毛が透けて見えていました。
何も知らない素人の女性に余り過激な行為をすると怪しまれかねないので程々で止め、再び予約してもらうことにしました。

翌週の夜に予約を入れ、僕はこの日、我慢出来ずに自ら通販で購入したホールで女社長を思い浮かべ、美佐子さんから貰った薄黒いストッキングで処理をしてしまったのです。
汗と脂をたっぷりと吸い込んだ薄黒いストッキングは乾いていたので、足裏部分へ水を霧吹ききして湿らせました。
再び濃厚な匂いがして、うっとりしながらストッキングを嗅ぎ、女社長の幸枝さんを思い浮かべホールを楽しんだのです。
今度はどんな責めで落としてやるか想像しながらしてしまいました。

週末、美佐子さんと一緒に食事をし、軽く酔わせてシティホテルへ入りました。
ホテルの部屋へ入りすぐに抱き合うとディープキスから始まり、お互い下着だけになりました。
興奮していたせいもあるのか美佐子さんの身体は汗ばみ、すぐにベッドへ倒れ込みました。
先日穿いたままだという薄黒く透けたストッキング。
この日、美佐子さんは年甲斐もなく薄黒く透けた小さなTバックを着けていました。
僕はベッドの端に両足を乗せてM字に開かせました。
そして床に跪く格好で美佐子さんの股間へ顔を埋めたのです。

彼女「あっ~ん、いやぁ~ん」

彼女は色っぽい喘ぎ声を漏らし、僕は鼻先をワレメ部分に当てました。
布地は細く、ワレメに喰い込んでいたのか白っぽくグッチョリと濡れ、濃厚な恥垢臭と残尿臭がしていました。

彼女「ああっ~、だ、だめぇ!いやぁ~ん、もう~、いやらしいんだから!」

僕「何を、おっしゃいます。こんなにいやらしい匂いプンプンさせて、凄くいやらしいオ・マ・ン・コの匂いですよ!」

彼女「あっ~ん、だ、だめぇ!」

僕「何が、だめなんですか?本当のことですよ!ああっ~、美佐子さんとオマンコしたかったですよ!蒸れた臭いオマンコ舐めたかったですよ!今日は臭い足の指まで舐めて上げますからね!」

美佐子さんは僕の頭を抱え込む様な感じで撫で回していました。
僕は立ち上がるとパンツから美佐子さんの目の前に勃起を晒したのです。
そして、昨夜わざとホールで汚したままのヌルヌルした臭い亀頭を露わにして突き出しました。
美佐子さんは完全に息を荒げてしまい・・・。

彼女「ハア~ハア~ハア~、い、いやぁ~ん、せ、先生~、ああっ~、だ、だめぇ!」

僕「さぁ~、舐める前によく嗅いで下さいね!この匂い、好きだって言ってたでしょう?ほら」

彼女「ハア~ハア~ハア~、凄いわ!ヌルヌルしてて、いやぁ~ん、いやらしい匂いするわ!ああっ~、ねぇ~?」

僕「最初は嗅ぎっこしましょうか?それから舐めっこしましょうよ!ねぇ~?美佐子さんのオマンコ、凄くいやらしい匂いしてましたから!」

美佐子さんは肩で息をしていました。
お互い下着を脱ぐとベッドに69になりました。
目の前には濃毛が露わになり、その中に真っ赤なトロトロ状態の大陰唇、分厚い変色した小陰唇、小粒のピーナッツ大のクリトリスが露出したのです。
既にマンコ汁は尻穴まで垂れていて、指先で開くと興奮していたせいで糸が引いていました。

僕「ああっ~、美佐子さん!凄くいやらしいオマンコの匂いですね~?僕のも凄くいやらしい匂いでしょう?まだ駄目ですよ!それとも2人で匂い嗅いでオナニーしましょうか?」

彼女「いやぁ~だ、や、やめてぇ!いやぁ~ん、もう~」

僕「我慢出来ないんでしょう?良かったら僕の嗅いでオナニーしてもいいですよ!見てて上げますから!さぁ~、匂い嗅いでオナニーして下さい」

美佐子さんの指先が目の前に伸びて来て、自らのトロトロ状態の臭いオマンコを弄り始めたのです。

僕「ほ~ら、良く嗅いで、どうですか?臭いでしょう?」

指先がヌルヌルしたクリトリスに触れると、皮からさらに大きくなった頭がピョコンと飛び出しました。
そして指先が触れると・・・。

彼女「ああああっ~、だ、だめぇ!お、おかしくなりそう!」

僕「本当にスケベな女だ!こんなにグッチョリ濡らして、凄くいやらしい匂いですよ!美佐子さんのオマンコ」

美佐子さんの鼻まわりは僕のヌルヌルしたローションと我慢汁で光り、顔中に擦り付けてうっとりして指先だけが素早く動いていました。

彼女「あっ~ん、だ、だめぇ!いやぁ~ん、ああっ~、凄くいい!ああっ~、み、見てぇ~!あっ~ん、イクわ、いやぁ~ん、ああっ~、イッちゃう!あっ~ん、イクイク、あっ~ん、オマンコ、イッちゃう!いやぁ~ん」

透明感のあったマンコ汁は白濁汁と化して糸を引いていました。
ガクガクと大きく痙攣して、薄黒く透けたストッキングの足指が強く曲げられていました。
しばらく痙攣していましたから、僕は美佐子さんのストッキングの足首を掴み、足の甲から足指へと鼻先を擦り付けました。
まさに納豆臭の濃い匂いで、ゆっくりしごいていると美佐子さんの舌が触れて来ました。

彼女「ああっ~、先生?凄く匂うでしょう?足、ずっと我慢して穿いてたのよ!ねぇ~?やっぱり足の方がいい?ああっ~、先生みたいないやらしい人初めてよ!」

美佐子さんは口に含むとねっとりと舐め上げて来ました。
そしてスクリュー回転の様な舌技と強烈な納豆臭にたっぷりと弾けました。
僕はオマンコ臭も好きですが、やはりこの蒸した超臭い女性の足の匂いは僕に取って永遠の美芳香です。
美佐子さんは黙って飲んでくれ・・・。

彼女「ふふぅ、凄く、いっぱい。ああっ~、ねぇ~?先生~」

僕は通販で購入した極太の張り形を内緒でバッグから出すと、美佐子さんのヌルヌルしたワレメに宛てがいました。

彼女「あっ~ん、な、何?あっ~ん、いやぁ~ん、ああっ~、先生たら~」

頭がキツいらしく、クリトリスに擦り付けてやると・・・。

彼女「ハア~ハア~ハア~、ああっ~、いやぁ~ん、だ、だめぇ!壊れちゃう!」

僕「大丈夫だって!ほ~ら、挿るよ!」

彼女「あっ~ん、だめよ!いやぁ~ん、ああっ~ん、先生たら~、あっ~ん、い、痛いわ!ああっ~、凄い!裂けちゃう!」

僕は美佐子さんの片足を掴み持ち上げると、足裏から爪先裏に鼻先を宛てて嗅いだのです。
美佐子さんは、これが物凄く恥ずかしいらしくさらに濡れるみたいです。
頭がヌルッと挿ってしまうと足指が今度は上に反りました。

彼女「あっ~ん、いやぁ~ん、先生たら~、ああっ~ん、だめぇ!挿っちゃう!いやぁ~ん、凄い!ああっ~、また、おかしくなっちゃうから!いやぁ~ん、先生!」

僕「今度、美佐子さんのオマンコ、写真に撮らせてよ!ハメ撮りしたい!」

ゆっくり抽送してやると・・・。

彼女「ああっ~、だ、だめぇ!いやぁ~ん、先生たら~」

僕「んう~ん、ああっ~、しかし、こんなに臭く蒸れて」

彼女「いやぁ~ん、もう~、先生たら!足の匂ばかり嗅いで!ああっ~」

奥深く抽送してやると、再びヒクヒクと痙攣し始め・・・。

彼女「あっ~ん、だめよ!そんなに挿れたら、いやぁ~だ、だ、だめぇ!またイッちゃうから!ああっ~、オマンコ、イッちゃう!あっ~ん、いいわ!凄い!あっ~ん、イクイク、あっ~ん、だめよ!またイッちゃう!」

美佐子さんは悲鳴と共にベッドから摺り上がってしまい、ガクガクと痙攣していました。
ぐったりとした美佐子さんを休ませ、しばらくした経った頃、僕はゆっくりと美佐子さんの中に挿ったのです。

彼女「あっ~ん、先生!好き!好きになっちゃう!私、もう~、本当、おかしくなっちゃうわ!」

僕は美佐子さんのいやらしい身体にハマってしまったのです。
そして第2のターゲットの女社長を標的として、“時間を掛けても落としてやる”と誓いました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン