新着情報

お隣夫婦と土日限定のパートナー交換[第2話]

この体験談は約 7 分で読めます。

レストランで食事を始めると、正人さんと嫁がワインで、俺と奈保子さんがジンジャーエールだ。
車という事もあってだが、俺は基本的に飲まない。

真美「奈保子さんは普段も飲まないんですか?」

奈保子「そうよ。お酒は苦手なの」

真美「じゃあ、あっくんと同じですね!」

正人「そうなんだよね。コイツ飲めないから、ちょっと寂しいんだ」

真美「じゃあ、今日は私が付き合いますよ!」

真美がこんなことを言うのは珍しい。
俺が普段付き合わないので、それなりに寂しい思いをさせていたのかな?と反省した。
ある程度食事も進み、正人さんと嫁もほろ酔いになってきた。

奈保子さんが、「私も結構鍛えてるんだよ」と言って俺の手を取り、二の腕を触らせる。

奈保子さんは力こぶを作る。
思いの外しっかりした力こぶで驚いた。

俺「凄いっすね!ホントに鍛え込んでるじゃないですか?筋トレしてるんですか?」

驚いてそう聞くと・・・。

奈保子「そうだよ!ゴールドジム行ってるんだよ」

俺「えっ!◯◯◯のところのですか?俺もそこです!」

奈保子「ホント!?見たことないよね?あ、そっか、私昼間だもんね」

俺「俺は夕方ですからね。でも驚きました」

そう言って、トレーナーのことや筋トレ器具の話で盛り上がった。
それを正人さんも嫁も呆れた顔で見ている。

正人「コイツ、筋トレマニアなんだよね」

正人さんが呆れながら言う。

真美「女性で珍しいですね。あっくんは筋トレばっかりで、私が美術館とか誘っても乗り気じゃないんですよね・・・デートも体動かすヤツや、スポーツショップとかばっかりで・・・」

正人「◯◯◯展?」

ぼそっと正人さんが言う。

真美「えっ!そうです!どうしてわかったんですか?」

正人「そうなんだ・・・わかったとかじゃなくて、俺が行きたいと思ってるヤツ言っただけだよ」

真美「そうなんですね!よく行くんですか?」

正人「ちょくちょくね。でもナオがこんなだから、一人で寂しくね」

真美「うわぁ!一緒ですね!」

正人「今度行く?」

真美「ホントですか!」

なんか、あっさりとデートの約束している・・・。

奈保子「ちょっとぉ・・・嫁の前でなに口説いてるの?バカか!」

奈保子さんが食いつく。

正人「ごめんごめん、4人で行こうよ!」

正人さんが慌ててそう言う。

奈保子「いや、興味ないし」

奈保子さんがつれなく言う。

正人「そうだ!じゃあ、こうしようよ。今度の土日、2日だけパートナー交換してみようよ!あのテレビみたいにさ」

正人さんがとんでもないことを言う。
確かに、テレビで夫婦を交換するヤツをやっている。
お互いの不満がそれによって解消されて、ラブラブに戻るという話が多いヤツだ。

俺&真美「えっ!?」

俺と嫁が驚く。

奈保子「いいね!そうしようよ!」

奈保子さんは超乗り気だ。

俺「2日って、泊まるって事ですか?」

俺がそう聞くと、「テレビもそうじゃん」と正人さんがさらっと言う。

真美「それは、ダメですよぉ・・・」

正人&奈保子「どうして?」

正人さんと奈保子さんがユニゾンで言う。

真美「だってぇ・・・ナオさん綺麗だし・・・あっくん、ナオさん気に入ってるみたいだし・・・心配です」

モジモジとそう言う嫁。

正人「ホントに可愛いこと言うねぇ。あっくんのこと超好きなんだね」

奈保子「考え過ぎよ。たまにはいい刺激になって、あっくんも真美ちゃんにもっと気遣いできるようになるかもよ?あのテレビみたいに。それに私が変なことするわけないでしょ?」

奈保子さんが諭すように言う。
結局押し切られて来週の土日に実行することになった。
それが決まってからの5日間は、そわそわと何となく落ち着かない感じで、嫁もそんな感じだった。

水曜の夜、いつものようにベッドに入ると嫁が抱きついてきた。

真美「あっくん・・・今日から毎日するからね・・・」

そう言ってキスをしてくる。
激しく舌を絡めながら・・・。

真美「いっぱい出しておけば、変な気持ち起きないでしょ?」

本当に可愛くてたまらない気持ちになる。
そして、嫁にむしゃぶりついていつものようにセックスを始めると・・・。

真美「あぁぁっ!大きい・・・あっくん!凄いよぉ!はぁ!はぁ!あっ!あぁぁぁっ!あっくん!私だけぇ・・・」

いつもとは比較にならないほど声が出ている。
夫婦交換する前からこんなにも良い影響が出るなんて驚いた。
嫁なりに、奈保子さんに取られないように必死のようだ。
俺も正人さんに取られないように夢中で腰を振ると・・・。

真美「あっ!あっ!あっくん!あっくん!愛してる!あいしてるよぉ・・・はぁぁぁっ!ふわっぁ!」

そして嫁の中でぶちまけた。
ゴムを外して処理をした後、腕枕でイチャイチャしていると隣からもあの声がする。
そっと窓を開けると・・・。

奈保子「あっ!だめぇぇっ!そんなこと言わないでぇ!あぁぁっ!」

奈保子さんの可愛らしい声がする。

正人「ほら、あの筋肉にメチャメチャにされたいんだろ?荒っぽくされたいんだろ?」

正人さんの声まで聞こえる。
もしかして向こうも窓を開けているのかな?と思うほどだった。

奈保子「そんなことないもん!あぁぁ!ハッ!ハッ!ダメ・・だ・・・イク!イッちゃう!いい?イッていい?」

正人「じゃあ、言ってみろよ。『あの筋肉に犯されたい』って」

奈保子「あぁぁっ!はい!あの筋肉にメチャメチャにされたいです!あっくんに犯してもらいたいです!あぁぁ!あぐぅぅ!イクイク!イクぅっ!」

話の内容を聞いて心臓が壊れそうなほど高鳴った。
同時に、(こんなの嫁に聞かれたらヤバいな)と思いながら振り返ると、嫁はスヤスヤ寝息を立てていた。
ホッとしながらそっと窓を閉め、隣に滑り込んで寝た。
その夜、奈保子さんをバックでメチャメチャに突いている夢を見た。

言葉の通り、嫁は木曜日も金曜日も自分からセックスをしてきた。
しかも木曜日は夕ご飯前にキッチンでもして、夜もした。
金曜日は夜に結局3回もした。

真美「これだけ出しておけば大丈夫かな?明日の朝もお口でしてあげるからね」

笑顔でそう言う嫁は、可愛い中にエロさも混じっていて最高だった。
これだけ愛してもらえれば他に何も要らないと思えた。

そして朝、モゾモゾする感じに目が覚めると、嫁が口でしていた。
こんなのは今までで初めてで、嬉しくてたまらなかった。
呆気なくイクと、嫁はティッシュに出しながら・・・。

真美「これで大丈夫!変なことしちゃダメだからね!」

笑顔でそう言われた。

俺「真美こそ変なことするなよ!」

真美「私はあっくんしか見えてないもん・・・」

嬉しいなぁと思った。
そして昼前にインターホンが鳴り、ホットパンツに胸元が見えすぎのブラウスを着た奈保子さんが少し大きめのカバンを持って入ってきた。

奈保子「おはよ!用意できてる?」

真美「はい、大丈夫です」

ウチに奈保子さんが来て、嫁が奈保子さんの家に行くという形だ。

奈保子「じゃあ、いつものように、いつもと変わらない感じでね。そういうルールだからね!」

奈保子さんが念を押す。
決めたことは、『いつも夫婦で過ごすように過ごす』ということだけだ。
いつもと違うことをしても、それでは意味がないという事で、そう決めた。
そして嫁が出て行き、奈保子さんが家に入る。

とりあえず奈保子さんがコーヒーを入れてくれたので、リビングのテーブルで向かい合って座る。

奈保子「へぇ・・・こんな感じなんだ。なんか、可愛らしくまとめてるね」

キッチンやリビングを見ながらそう言う。
基本的に家は嫁の好きなようにさせているので可愛らしい感じになっていると思う。
向かい合って座ると、胸がどうしても気になる。
薄いブルーのブラもチラチラ見えていて、柔らかそうな胸の谷間もたまらない。

奈保子「あっくん、どこ見てるのかな?」

そう言って俺の鼻を人差し指でつんと突く。

俺「あぁっっ!いや・・・おっぱい・・・」

奈保子「ぷっ!正直ね。おっぱい好きなんだ」

俺「はい!好きです!」

奈保子「普通はそうだよね?ウチの旦那変わってるのかな?まな板みたいなのが好きなんだって」

俺「それは・・・変わってるかもしれないですね」

そんな軽い下ネタを話すと、「じゃあ、トレーニング行こう!」みたいな感じになって、一緒にジムに行った。
奈保子さんはショートパンツに上はセパレートのタイプのウェアで、へそというか腹が丸見えになっている。
大きな胸がより強調されて凄く目立っている。
俺は普通の膝だけのパンツに機能性Tシャツという格好だが、ラインが相当出るので筋肉が強調されている。

奈保子「あっくん、やっぱりとんでもない体してるね」

俺「奈保子さんこそ、腹筋薄っすら割れてるし、脚も鍛えてますね!」

そう言って褒めながらも、勃起してしまわないように必死で他のことを考える。
そして奈保子さんと筋トレを始めたのだが、なまじ普通のトレーナーよりも追い込んで補助をしてくれた。
結構Sなキャラだ。

その後、心地よい疲労感を感じながらスポーツショップに行った。

奈保子「旦那はスポーツショップとか付き合ってくれないんだよねぇ・・・」

そう言いながら、「あっくん、これどうかな?」「あっくん、これ飲んでる?」「あっくん、これ似合うんじゃない?」などとウェアやサプリメントのことで盛り上がった。

結局、お揃いのトレーニングシューズを買って帰った。

奈保子「なんかお揃いのシューズとかバカップルみたいだねw」

俺「そうですねwでもこんな風に買い物したの初めてだから嬉しかったです」

実際、真美は店には来るけどこんな風に意見は言ってこない。
比べてはいけないと思いながら、さっきのトレーニングからこの買い物までの流れを、とても良いなと思ってしまっていた。
途中スーパーに寄って家に帰ると、奈保子さんが料理を作り始めた。
奈保子さんは一旦浴室に行って戻ってくると、裸にエプロンだった・・・。

俺「えっ!奈保子さん!それ!えっ!」

目を逸らしながら慌てふためいてそう言うと・・・。

奈保子「ん?あぁ、家ではこうなんだ。旦那の趣味でね。家と同じってルールだよね?」

さらっとそう言う。

俺「いや、でも!そこまでは・・・あの・・」

奈保子「じゃあやめる?着てくるね」

俺「あぁぁ!やっぱりいいです!そのままで!」

奈保子「ぷっ!あっくん可愛いね」

そう言って料理を作り始める。
膝丈のエプロンの向こうに裸があると思うと異様にドキドキする。
よく見ると胸のあたりに乳首が浮いているのもわかる。
そして冷蔵庫を開けるために振り返ると、お尻が丸見えだった。

(本当に全裸だ・・・)

トレーニングの成果か、キュッと上がったお尻は日本人離れしていて、たまらなくセクシーだった。
もうガチガチに勃起しながらその光景を見ていた。
同時に、こんなことまでしてくれる奈保子さんは健気だと思ったし、正人さんが羨ましかった。
料理が出来ると奈保子さんは着替えてしまったが、料理は美味しかった。
ガツガツ食べておかわりまでした。

奈保子「あっくんは、作りがいがある子だねぇ・・・そんなに美味しい?」

俺「美味いです!」

俺が食べる様子をニコニコしながら奈保子さんは見ている。

奈保子「旦那は小食だからね。こんなに食べてもらえると、嬉しいよ」

そして食べ終わり、色々とお話をした。

奈保子「あっくんは真美ちゃんに不満とかあるの?」

俺「特には・・・あっ!筋トレの事くらいですかね」

奈保子「そっか、ラブラブだもんね。真美ちゃんも、あっくん好きっていうのが伝わってくるよ」

俺「奈保子さんはどうなんですか?」

奈保子「うーーん・・・私も特にないかな?あっちが淡泊って事くらいかもw」

思わずスプライトを吹き出した。

俺「下ネタですか?」

奈保子「ごめんごめん!あーーあ、こんなにして・・・」

そう言ってスプライトを拭いてくれた。
結局、お互いに多少趣味が合わないことはあってもラブラブな夫婦という事がわかった。
確かに俺は真美と結婚できたことが最大の幸運だと思っている。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援痴女の森

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン