ずぶ濡れの母に欲情してバックでガン突き

この体験談は約 5 分で読めます。

1ヶ月前から母とセックスしています。
僕は20歳で、母は44歳です。
僕は母としたいなんて考えたことは一度もありませんでした。
それが2ヶ月前のことです・・・。

彼女と別れて欲求不満が溜まっていたことも理由の一つなんですが、その日、僕は仕事で大きなミスをしてしまい苛立っていました。
大雨だったので早めに家に帰って寛いでいた時、母から「駅まで迎えに来て」と電話がありました。
仕方なく車で迎えに行ったのですが、前が見えないくらいの大雨でした。

ロータリーで待っていると母が来ました。
助手席に乗り込んだ母はずぶ濡れでした。
母を見た時にドキッとしました。
その時の母は白のシャツに黒のスカートだったのですが、濡れていたためにブラがはっきりと透けて見えていました。
母はハンカチを出すとスカートの裾を捲り、濡れた所を拭いていました。
綺麗で真っ白な生足と太股はとても色っぽくて、僕は母に初めてムラムラして勃起してしまったのです。

車を発信させて家路に向かいだすと、今度はシャツのボタンを2つほど外して胸元辺りを拭き出したのです。
手で隠れてよく見えませんでしたが、胸の膨らみ具合はわかりました。
スリムな母にしては大きめの胸が・・・。
僕は完全に欲情してしまい、理性をなくしてしまったのです。

僕は「トイレに行きたいから」と言って、帰り道から少しはずれた公園の駐車場に入りました。
大雨でしたので他には車はありませんでした。
車を停めてもトイレに行かない僕に母は、「俊ちゃん、トイレあるわよ」と公衆トイレを指差して言ってきました。
僕は一呼吸おくと助手席の母の上に覆い被さりました。
同時に助手席の椅子を倒しました。
突然の行動に母は驚きましたが、僕の手がスカートの中に入ると意味がわかったようです。

「ちょっと・・・俊ちゃん・・・何するの!」

母は抵抗しようとしましたが、狭い場所なので身動きできないでいました。
母の太股の感触に僕はさらに欲情しました。
太股から下着へ移ると・・・。

「きゃ!どこ触ってるのよ!」

僕は無言で下着の中に手を入れて、母のおまんこに指を入れました。

「いやぁ~!やめて!!」

僕はゆっくりと指で愛撫しました。
母は大声を出していましたが、僕は丹念に愛撫していきました。
左手で母の肩を抱きながら右手はおまんこへ。
そして舌で母の首筋を舐めました。

数分も続けていると、次第に母のおまんこが濡れてきました。
おまんこが濡れてくるにつれ、母の抵抗も弱まってきました。
指をさらに奥へ入れてクリトリスを刺激すると、母は体を仰け反らしてきました。

「俊ちゃん・・・やめて・・・もう・・・許して」

何も答えずに愛撫を続けていると、「ウウウ・・・ウウウ」と母はうめき声を出しながら快感に耐えているようでした。
僕は構わずにおまんこへの愛撫を激しく続けました。

「うあっ!・・・ダメ・・・そんな」

母の体が一瞬固くなりました。
僕は母がイッたと思いました。

ぐったりしている母のおまんこから指を抜くと、今度はシャツのボタンを外してブラを上にずらしました。
目の前に年の割には形のいい乳房が現れました。
僕は乳房を揉みながら乳首を舌で愛撫しました。

「うあぁっ・・・イヤ・・・やめて」

母の乳房は揉み応えがあり、さらに欲情しました。
この頃から母の抵抗もなくなってきました。
乳首も硬く大きくなってきました。

「母さん・・・感じてるんだ・・・」

「馬鹿なこと・・・言わないで・・・違う」

再び右手をおまんこに移して乳房と両方の愛撫を続けました。

「はぁぁぁ・・・ダメ・・・ああっ・・・イヤ」

次第に母から小さな喘ぎ声が出てきました。
丹念に続けていると、おまんこには大量のマン汁が。

「はぁぁ・・・あぁ・・・ぁぁぁ・・・どうして・・・私は・・・母親なのよ」

母の顔は紅くなり、明らかに感じている表情でした。
その顔を見たら僕は我慢できなくなり、片手だけでズボンと下着を脱ぐと、体勢を変えて母の両足を開き、挿入しようとしました。

「ああっっ!・・・ダメ・・・よ・・・それは・・・やめて」

僕は一気に挿入しました。

「いやぁ~・・・入れないでぇ!」

母のおまんこはとても暖かくて、軽く肉棒を動かすだけで強烈な快感が襲ってきました。
僕は夢中で腰を振りました。

「ああっっ・・・ダメ・・・ああぁぁ・・・抜いて」

「母さん・・・凄く締まってる!凄い!」

「ああっっ・・・やめて・・・ああっっ・・・あぁ」

腰を振りながら母のシャツとブラを脱がし、今度は乳房を揉みながら突きました。
本当に気持ちいい肉体でした。
僕は限界になり、母のお腹に射精しました。
今まで一番気持ちいいセックスでした。
母は泣きながら黙っていました。
外を見ると雨はやんでいました。

僕は母のスカートも脱がして全裸にすると、自分も全裸になり外へ出ました。
欲情していたので寒さなんて気になりませんでした。
僕は母をボンネットにうつ伏せにすると、今度はバックから挿入しました。
後ろからだと締まり具合がより強く感じました。
初めての野外セックスでした。

すると母が、「ああっっ・・・あぁ・・・ああああ」と完全に喘ぎ声を出してきたのです。

僕は嬉しくなり、さらに激しく突きました。

「ああっっ・・・あぁ・・・あぁ・・・あっ!・・・ダ・・・メ・・・また・・・あぁ・・・イッ・・・ちゃう・・・あぁ・・・イク・・・あああああああ」

母は2度目の絶頂に達しました。
そして、この絶頂を境に母は変わりました。
その後は頭を振り乱しながら感じていました。

「ああ・・・母さん・・・なんて・・・締まるおまんこなんだ・・・最高だよ!」

「ああっっ・・・俊・・・ちゃん・・・母さん・・・何か・・・変なの・・・あぁ・・・どうしよう」

母は激しく感じていました。

「母さん・・・いいんでしょ?・・・気持ちいいんでしょ?」

「ああっっ・・・あぁ・・・そう・・・よ・・・母さん・・・おかしくなりそう・・・いいっ・・・気持ちいい~俊・・・ちゃん・・・凄い」

母の乱れた様子は今まで抱いた女性の中でも最高に欲情しました。

僕はもっと母とのセックスを楽しみたいと思いました。
全裸の母を車に戻すと走り出しました。
行き先は僕の会社の事務所です。
事務所には仮眠用のベッドがあったからです。
10分ほどで事務所に着いたのですが、この少しの時間が母を正気に戻していました。

「俊ちゃん・・・ダメ・・・よ・・・こんなこと・・・間違ってる」

嫌がる母を事務所の中に入れるとベッドへと向かいました。
そしてベッドへ押し倒すと母の肉体を再び愛撫しました。

「ああっっ・・・俊ちゃん・・・ダメ・・・よ・・・親子・・・なのよ・・・あぁ・・・ダメ」

しかし少し愛撫していると喘ぎ声だけになりました。
僕は正常位で再び挿入しました。

「あぁ・・・本当に母さんのおまんこ、最高に締まるよ・・・」

「あぁ・・・ああっっ・・・あぁ・・・また変になりそう」

僕は激しく突きました。

「ああっっ・・・いいっ・・・俊・・・ちゃん・・・の凄い・・・あぁ・・・ああっっ・・・気が変になりそう」

母の喘ぎ顔と声と揺れる乳房に体が一気に熱くなりました。
その夜は何時間も母とのセックスを堪能しました。

あれから1ヶ月。
今では彼女よりも母の体に夢中になってしまい、父親の目を盗んでは毎日、母とのセックスを楽しんでいます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ちょっと一息エロ動画