新着情報

紳士服売り場のおねえさんと試着室で

この体験談は約 2 分で読めます。

大学時代にバイトしていた紳士服売り場のおねえさんと、よく試着室でセックスした。
馴れ初めはこうだ。
就職活動用のスーツを見立ててもらう為、社員のおねえさんにお願いし、一点をスーツを購入した。
ズボンの裾を調整する為に試着室で着替えをしていたことから問題は発生した。

試着室でジーパンを脱ぎ、調整するズボンを穿こうとした時、いきなりドアが開きおねえさんが入ってきた。

「どう?いい感じ?」

そう聞いてくると裾調整を始めた。
若干股下の寸法が合わず、少しズボンを脱いで再調整をするはめになった。

「これくらいかな?」

ズボンの調整をしながらチンポ付近を触られた。
僕はたまらず勃起した。

「調整できそうだからズボン脱いで」

脱いだ。
おねえさんの見てる前で。
その日はメッシュのブリーフで、チンポと玉が普通に見えるやつだったんで恥ずかしかった。
おねえさんは勃起したチンポをブリーフ越しに見て、「・・・いやだー、勃起したのー?」と言いながらクスクス笑っている。

「ちょっと私のことおかずにしないでよー、家帰ってから思い出してオナニーするんでしょー?やめてよねー」

そう言い残し、おねえさんはドアを閉めた。

数日後、仕上がりの連絡を受け、再度試着室に呼ばれた。
おねえさんは、「調整出来たから一度穿いてみて」と言ってドアを閉め、穿いた後に再び室内に入ってきた。

「どうかな?」と言いながら股下の寸法を気にしていた。

「これでいいかな?」

そう言いながら僕のチンポを持ち上げ、ズボンの長さと股下の寸法を気にしている。
僕は勃起してしまい、おねえさんの手の中でムクムクと大きくなった。

「やだーまたー?どうして勃起するのー?」

おねえさんはズボンを下ろしてメッシュのブリーフを見ていた。

「どうしてこんなスケスケのパンツ穿いてるの?彼女の趣味?それとも変態趣味?」

言葉で辱めを受けた。
僕は、「あんたがチンポを触るから」と反論した。
するとおねえさんは言った。

「私が悪いの?じゃあ責任取らなきゃダメだね」

そして勃起したチンポを手でさすり始めた。

「大きいね・・・20センチくらいはあるよね?玉もヨーヨー釣りの風船ぐらいあるよね?よくブリーフからはみ出ないね?」

また辱めを受けた。

「でも、大きなの持ってる人、好き・・・」

そう言うなりおねえさんはしゃぶり始めた。
僕はすぐに口内発射した。
すごい量が発射された。
おねえさんは全部ゴックンしてくれた。

「今度は後ろから突いて」

僕は無心にチンポででかいケツを突いた。
そして中出しした。

「今度いつ会える?もっと突いて!もっと大きいのしゃぶりたい!」

それからは毎日のように試着室でやった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ募集掲示板
最強媚薬「エロティカセブン」公式通販サイト