新着情報

妻が中出しされるAV動画を見つけてしまい・・・

この体験談は約 8 分で読めます。

私は36歳で普通のサラリーマン、妻の由香は34歳パート勤め、子供は1人(10歳)です。

最近は不景気で、私の会社もリーマンショックの影響もありました。
会社はボーナスカットで年収も去年と比べて2割減となりました。

妻も去年からスーパーのレジ打ちのパートに出ています・・・。
その割には妻の服装も派手に成り、ブランド品のバッグや私の見たことの無い宝石や時計を沢山持っていて、私が訪ねると独身の頃に購入した物だと言い訳をしています。

最近は夜の夫婦生活も、妻が「・・・疲れているから・・・」と拒み出し、既に3ヶ月以上もセックスレス状態です。

私は少し妻の不倫を疑い出しました・・・。
携帯もロックが掛けられてありますし、電源を切っている時間帯もあります。

妻は独身時代にモデルの経験がありました。
有名企業の受付嬢の経験もありまして、私が言うのも何ですが、今ではなかなかのセレブ風な美人だと思います。
妻から聞いたのですが、梅田辺りで買い物をしているとオジサンによくナンパされるそうです。

最近ネットで個人撮影のAV動画等を投稿するサイトが有り、会員登録すれば無料で見られると会社の後輩に教わり、PC音痴の私も何とか見ることが出来ました。
恥ずかしいですが、妻とセックスしない間それで適当に抜いていました・・・。

検索欄で『人妻・ナンパ・不倫』と検索したら、風貌が私の妻に似ている感じの女性が出ている動画がありました。
顔に薄いモザイクが掛けられています・・・。

(もしかして妻かな?)と、私は思いました・・・。

まさかとは思いましたが・・・。
やっぱり何度見ても、声もこの服装も見た事があります。
間違いなく私の愛する妻です。
否定しようがありません・・・。

内容は、妻が大阪の町、日本橋界隈でナンパされているところでした。
妻が男に誘われて、一緒に歩いているシーンです。

男に「綺麗ですね~」とか色々言われていました。

薄いモザイクなので分かります。
妻も嬉しそうに笑顔です。

「お礼しますんで1時間だけお時間下さい。インタビューだけですから」とか言われて、妻は男について行ってしまってました。

そしてワンボックスの車に乗りました。

サンプル動画はここで終わりました。
続きを見たい方は・・・と、URLが書いてあり、そこをクリックすると、飛んだのが人妻系の無修正動画サイトです。
私はドキドキしながら1ヶ月コースの有料登録をクレジットカードでしました。

妻を捜しました。
ありました。

『セレブ妻、由香30歳』とあります。

4歳程サバを読んでいます。
私はドキドキしながら直にダウンロードしました。

その動画の内容は・・・。
ホテルの一室のソファに座った妻が、男にインタビューされているところから始まりました。
詳しい内容は書けませんが、夜の夫婦生活の事とか、私のセックスに対する不満なども話しています。
家庭の経済的な事まで告白していました。
5年前位に妻が不倫した事も判りました。

インタビュワーの男に「奥さんは、今まで不倫した事有りますか?」と聞かれた時、妻は、「えっ?はい、あります・・・」と即答でした・・・。

私は凄いショックを受けてしまいました。

男が妻の横に座る形になりました・・・。
妻にセクハラな攻撃をし始めました。

「奥さん胸を少し見せて下さい」「パンツ見せて下さい」等と言われながら、あちこち軽くボディタッチされています・・・。

妻は生脚にミニスカート姿です。
男に手で太股を擦られながら・・・。

「奥さん綺麗な脚ですね」

「脚太いから恥ずかしいです」

「いやいや、肌も白くて綺麗なアンヨです」

そして妻の太股を触っていた男の手が股間部分に挿し込まれました。

最初は妻も「聞いていません、撮影は困ります」とか抵抗をしていましたが、男が妻に耳打ちをすると、「下着姿だけなら」と妻は簡単に上着とスカートを脱いでしまいました・・・。

妻は若い頃モデルの仕事を少しした経験もあり、スタイルは抜群です。
胸も豊満ですし、腰のくびれもあり、お尻も桃みたいです。

妻が恥ずかしそうにしていると、男に「奥さん綺麗です旦那や彼氏が羨ましい」とおだてられ、妻も何だか嬉しそうな感じでした。

「奥さんの生オッパイ見たいなー」と言われて、「これ以上は無理です」と妻が言うと、また妻に男が耳打ちをしました。

「恥ずかしいです・・・けど・・・」と妻が悩んでいると・・・。

男が妻に耳打ちしながら指でブラのホックを外してしまい、それを見た妻は諦めたのか、自らブラを外してしまいました・・・。
たぶん謝礼金の上乗せ分の金額を耳打ちしたのでしょう・・・。

男に「綺麗なオッパイだー」「奥さんの乳輪ピンク色ですね」などと言われています。

とうとう胸を鷲掴みにされて、妻は「アンッ」と黄色い声を上げてしまいました・・・。

「奥さんここまで来たら下も脱いで欲しいなー」

「下は無理です・・・困ります・・・」

俯く妻に男が耳打ちしました。
とうとう妻はパンティーを自分から脱ぎ、全裸状態です。
手で胸とアソコを一応隠していますが・・・またもや男が耳打ちしています・・・。

「・・・もう無理・・・絶対無理」

「奥さんここまで来たらもう最期まで行きましょうよ~」

男が料金プランのような物が書いたメモを妻に見せると、妻はビックリした表情でメモを見入ってしまい、それからは大人しく成り男の言い成りでした・・・。

まずはソファの上でM字開脚で大股開きにされました。

「アソコ自分で拡げて」と男に言われ、自分からクパァと小陰唇の肉ビラを開いています。

「ホラホラ奥さん、もっと中身が見れる様に上げたり下げたりして」と注文を付けられていました。

妻は指4本を使用して、自分から膣口をグワッと拡げています。
私でも明るい所では見たことの無い、妻の尿道口やピンクの膣前庭や膣穴の中身までモロ見えでした。

「奥さんそのまま止めて」

男がペンライトで妻のアソコを照らしながら言いました・・・。
カメラがズームインしています。

「うわー、結構綺麗な肉ヒダですねー。子宮口まで見えちゃってる」

「イヤ~ン、恥ずかしい」

「奥さん、今までこのオマンコに何本の肉棒を挿れたの?」

「7本位・・・かな?」

「結婚してからは何本?旦那以外では?」

「・・・3本・・・位」

ビックリです。
真面目な妻だと思っていましたが、結婚してから私以外の男3人と不倫していたからです。
しかし、私は怒りより興奮して、自らの肉棒を握り締めていました・・・。

「いや~旦那さん残念・・・可哀相に奥さんは既に3人と不倫していたんですね」

そう言いながら、男が妻の前に自分のチンポを出しました。

「奥さん、ホラホラ、オチンチン大好きでしょ?舐めて下さい」

「もう無理です、帰ります」

妻が下着を着け始めると・・・。

「これから謝礼が倍増するんですよ。奥さんこれからですよ」

そう言われて、妻は「顔隠して下さい」と小声で言っていました。

「モチロンですモザイク掛けますから」

有料動画は、勿論モザイクなど掛けられていませんでした・・・。

妻の手が男のチンポを握り締め上下させています。

「奥さんパクッと咥えて」

男がそう言うと、妻はフェラし始めました。
それは私にはしてくれた事のないプロ並のフェラテクでした。

「奥さん上手ですね旦那に仕込まれたの?」

「いえ、彼氏に・・・」

男が、あっと言う間に妻の口内で射精していました。

「奥さん、はい、お口開けて」

そう言われて、アーンと妻が開けていました。
その舌の上には精液が乗っていました。

場面が変わりました。
ホテルのベッドの上です。
既に全裸の妻が男優と、ベッドでシックスナインの形で、お互いの性器を舐め合っていました。
妻にエロインタビューして、口内射精した男とは違う男優でした。
さっきの男とはチンポの大きさが一回り以上大きく感じました。

インタビュワーの男が、「奥さんそろそろ挿入して貰いましょうか?」と言うと、なんと妻は素直にベッドの上で、大股開きになり、自分のビラビラを拡げて男優の挿入を待っていました。
たぶん破格な謝礼金に釣られたのでしょう・・・。
妻がカメラに向かってオネダリさせられています。

「由香の厭らしいオマンコに、おチンポぶっ挿して下さい。ハメて下さい・・・」

男優が自分の指に唾を付けて妻の入り口をなぞると、妻は「アンッ・・・ンンッ」と可愛い声を上げました。

インタビュワー男が「よく濡らさないと、彼の大きいからね」と言っています。

「そんなに大きいの経験無いです・・・」と、妻は少し不安顔です。

妻の入り口に、男優の巨根が当てられました。
その部分がズームインされています。
亀頭部分が妻の膣口を大きく押し拡げています。
男優が腰を前に押すと同時に肉棒が妻の胎内に“ズブッ、ブッッ”っと吸い込まれて行きました。

「・・・あ~ん大っきい」

妻は黄色い声を上げました。

「この男優、旦那さんや彼氏より大きいでしょ?」

「ホントに大きいです。お腹一杯になりそうな感じです・・・」

「彼はこれが仕事で、ソレ(チンコ)しか他人に自慢出来る事がないからね」

正常位や騎乗位などで散々突かれまくり、妻は何回もイカされていました。

最後はお約束のバックです。
男優の巨根が更に奥にグイッと限界まで挿入されます。
20cmは挿ったのでしょう。
妻は少し痙攣気味でした。

「さっきより奥まで来てるうぅ」と、叫んでいました。

男優が激しくピストンを始めると、「アンッ、アンッ、アンッ」と、大声で鳴いています。

長い肉棒が根本まで杭打ち機のように出たり入ったりしていました。
根本まで挿入されると同時に男優の睾丸袋がビタンビタンと、妻のクリトリス付近を叩いています。

「彼のチンポ気持ち良いでしょ?」

「気持ちひい・・・気持ひぃ・・・」

妻はイキまくりで、呂律もおかしくなっています。
いつの間にか背面騎乗位になり、妻は男に下から突き上げられる形になりました。
男優に胸を揉まれています。
自分からグイグイと腰を振りながら恥骨を押し付けていました。

「奥さん、中に出して貰いましょう」

そう言われた妻は、急に我に還ったように・・・。

「駄目です駄目です。危ない日だから子供出来ちゃいます」

自分で腰を動かして、チンポを抜こうと必死でしたが、男優に後ろから抱きつかれてて根本までズッポシと挿入されています。

「中は駄目ー!中は駄目!」

妻が連呼しているとインタビュー男が、「今はアフターピルが有るから大丈夫ですよ、妊娠はしません」と言うと妻は大人しくなってしまいました。

妻は再び正常位で挿入されています。
男優のイチモツが妻に激しく出挿りを繰り返しました。
グチャグチャ、ビチャと厭らしい音が聞こえていました。
男優の激しく長いピストンにイキまくり、既に妻はアヘ顔を晒しています。

「奥さん・・・中に出してって言って欲しいな?」

妻はなんと大きな声で、中出しをオネダリし始めました。

「由香のオマンコの奥で一杯出してぇ~出してぇ~」

妻は腰を浮かせて両脚を男優の背中に絡め、受精体勢に変わりました。
男優に射精感が来た様子で激しい突きピストンが、一度妻の最奥で止まりました。

その瞬間、妻が“ビビクンッ・・・”と体を強張らせています。

男優が“ドクドクドプッ”と妻の子宮に大量の精液を注ぎ込んでいます。

その証拠に男優の睾丸袋がピクピクしています。
そのままの状態でカメラが結合部をズームインしていました。

数秒後、ゆっくりとオマンコからチンポが抜けていきます。
亀頭のエラの部分で一度止まります。
そしてズルッと抜け落ちると同時に、精液が糸を引きながら“ドロッ”っと垂れています。
膣口の穴が大きく拡げられ、空洞形を作っていました奥まで見えそうです。

インタビュワー男に「奥さんそのままベッドに座って後ろに手をついて」と言われて、妻は脚を拡げて後ろに手をつきました。

股間をグイッと前に差し出す格好でした。

妻が男に「本当に、クスリ飲めば妊娠大丈夫ですか?」と聞いています。

男優が、妻のオマンコに指を挿れて、精液を掻き出していました。
出しても出しても出てきました。
妻も自分からお腹を押して精液を搾り出しています。

私はこの動画で毎日抜いています!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

エクスプレス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン