新着情報

無防備な妻がこれまでにされてきたこと

この体験談は約 6 分で読めます。

俺には妻と幼稚園に入ったばかりの息子がいる。

妻は天然で鈍感で、男の人に触られたり裸を見られたりするのを気にしない性格で、いつもノーブラ。
夏だと家ではパンツも穿かず、ちょっと出掛けるときにも面倒くさいとパンツも穿かないというかなり無防備な妻。
胸はHカップもありかなりムチムチした体つき。
デブではない。
男の人はいつも妻をみてしまうのが判る。

そんな無防備な妻がこれまでにされてきたことの一部を書きます。

ある夏の日、妻が庭で息子とビニールプールで一緒に遊ぶよう誘われたが、俺は断りベッドで寝ると言いながら、寝ずに家の中から妻達を見ていた。
今日の妻の服装は裸の上にただグレーのTシャツを着てるだけで下半身は隠れていない。
しかもTシャツも水で引っ付いていて胸の形、乳輪、乳首の形まではっきりしている。
裸でいるようなもんだ。

うちの家は他の家より高い場所にあり、階段を登らないと見えないので妻もこんな感じなのである。

しばらくすると近所のおじさんが回覧板を回しに来た。
おじさんは妻をみて驚いていた。

妻「こんにちは、そこに置いておいてください」

おじさん「はい。奥さん楽しそうですね」

そう言って、妻の体をジロジロ見ていた。
妻はビニールプールの中でM字開脚をして座っていて、アソコの毛はユラユラと、しかも穴がぱっくり開いている。
妻も全然気にせず、おじさんと話している。

すると・・・。

息子「おじさんも遊ぼうー」

妻「おじさんは忙しいからダメよ」

おじさん「いいですよ!遊びましょう」

そう言いながらニヤニヤしていた。

妻「すみません。ありがとうございます」

息子「おじさん入っていいよー」

息子がプールから上がるとおじさんは、パンツ一丁になり妻の前に座った。
おじさんのアソコはギンギンだった。
そして息子がおじさんの後ろに入りおじさんは妻と密着。
さりげなく妻の胸を触っている。
それが1時間くらいして息子が「お腹空いた」と言うとおじさんは仕方なく帰って行った。

ある日、妻は息子と近所の公園に遊びに行った。
服装はタンクトップに短パンであった。
俺は床屋に行ってから公園に行くと妻が誰かと喋っていた。
この前のおじさんだった。
しかも、2人も増えて3人になっていた。

妻「この前は遊んで頂いてありがとうございます。お礼にうちでお茶でもどうですか?皆さんも」

おじさん「御主人は?」

妻「床屋に行きました」

するとおじさんは他のおじさんとニヤニヤしながら話し合い「では、お言葉に甘えて」とうちに向かいました。
俺も気になったので見に行きました。

リビングに着くと息子が「眠い」と言って部屋に行きました。
しばらく妻はおじさんたちと話していると、1人のおじさんが「奥さん、いつも子供の世話でお疲れでしょう。私たちがマッサージしてあげましょう」と言うと・・・。

妻「でも悪いですよ」

おじさん「いやいや、役に立ちたいので」

妻「では、お言葉に甘えて」とマッサージを受け入れた。

俺は庭の外から見ているがおじさん達の手つきがいやらしい。
さり気なく胸やアソコを触っている。

すると・・・。

おじさん「奥さん、服を脱いでもらってもいいですかな。直接触らないと意味がないので」

妻「あ、はい」

そう言って、素直に脱いで裸になった。

するとおじさん達は妻の体中触りまくっていた。
妻はされるがままだった。
おじさん達の行動はエスカレートし・・・。

おじさん「奥さん、今からゲームしませんか?」

妻「ゲーム?どんな?」

おじさん「奥さんが目隠しをして、わしらが奥さんの口に食べ物を入れるので当てて下さい」

妻「えー難しそうー」

おじさん「当てたら息子さんにおもちゃを買ってあげますよ。でも外れたら奥さんのアソコの中に水鉄砲です」

妻「えー!そんなー」

おじさん「息子のためにやりましょう」

妻「うーんでも、分かりました」

おじさん達は喜び妻は裸のままタオルで目隠しした。

おじさん「じゃあ、噛んだらダメですよ。舐めたり、しゃぶったりして当ててね」

妻「分かりました」

おじさん「では、わしから。大きく口を開けて」

そう言ってズボンのチャックを下ろし、ギンギンのアソコを妻の口の中に入れた。
ちゅぱちゅぱ、じゅるじゅるといやらしく舐めている。

おじさん「おぉ、奥さん分かりますー?」

妻「んっ、なんだろ」と言って舐め続ける。

口からアソコを抜くと・・・。

おじさん「答えは?」

妻「松茸?」

おじさん「外れー!罰ゲーム」と言いながら妻のアソコにおじさんのアソコを入れた。

妻「そんなー。あん」

おじさんは思いっきり腰を振り入れたり出したりを繰り返す。
Hカップの胸はたぷんたぷん揺れながら、妻が「まだ水鉄砲発射しないのー?」と聞くと、おじさんは「もう出るよー!あっあー」と言いながら妻の中に出した。

すぐに次のおじさんが「はい、口開けて」と妻の口にまたチンコを入れた。
妻はまた外れ、おじさんのチンコが妻のアソコに入っていき大量に出した。

妻が「まだやるんですか?」と聞くと、最後のおじさんが「まだまだ!さあ口開けて!」と言い舐めさせた。

妻「なす?」

おじさん「残念」

そう言って妻を四つん這いにすると後ろからアソコに入れた。

パンパンッと強く入れられ、妻の胸も大きく揺れ、おじさんは「奥さん、出すよ!」と言うとたくさん出した。
妻はヘトヘトになり倒れ込んだ。

おじさん達はズボンを履き、妻に洋服を着せて「お邪魔しました」と言って帰って行った。

妻も「はい」と言い、見送った。

息子が産まれる前に妻と2人で海に行った。
妻は水着でもパッドをしないから乳首を浮き出ている。
ビキニ姿で大きな胸を揺らしている。

俺はホテルに荷物を置きに行き、帰ってくると妻は男の人2人にナンパされていた。

俺「どうした?」

妻「この人達が夜一緒にBBQしない?って」

すると男が「お酒も有ります。ダンナさんもどうですか?」と言ってきた。

俺はまあいいかと思いOKした。
すると男達は嬉しそうに「さすが。みんなにも伝えて来ます!」と言って走って行った。

まだ男がいるのか?と思ったが、気にせず夜約束の場所に向かった。

妻は着替えていて白いワンピースだった。
ノーブラ、ノーパンだった。
しかも、そのワンピース、Tシャツなどを着てからその上にそのワンピースを着るものだったので、半透明で妻の乳首もアソコの毛も丸見えだった。

男達に「おーい!こっちですー」と呼ばれて振り返ると、さっきの男だった。

しかも20代くらいの他の男がたくさんいた。
全員合わせて10人だった。
俺たちは彼らの輪に入った。

男達は妻の体をジロジロ見ていた。

男「さあ、飲んで下さい!たくさん飲んでください!」と俺達にたくさん酒を飲ます。

妻は普段お酒を飲まないのですぐベロベロになった。
2時間くらい経った頃、妻は意識は朦朧としていた。
俺がお摘みを買いに行く事になり、買い終わって戻ろうとすると・・・。

男「奥さん、大丈夫ですか?」

妻「んん、暑いわー」

男達は妻をビニールシートの上に寝かし・・・。

男「暑いなら服脱ぎましょうねー」

そう言い、ワンピースを脱がした。

男「おおーおっぱいでけえ」

男「アソコの毛もじゃもじゃー」

男達が妻の体を触りまくっていた。

男「おっぱい柔らかけー。乳首もビンビンだー!」

男「マンコヌルヌルだぜ!」

私は何も見てないふりをして「お摘み買ってきたぞー」と言うと、みんな慌てて・・・。

男「ありがとうございます」

俺「どうしたの?」

男「いや、奥さんの看病をしてました」

俺「そっか」と言いお摘みを食べた。

男達は立って妻を俺から見えないようにした。
よく見ると妻は男に入れられていた。
口にも入れてるのが分かった。
若干音もパンパンッと聞こえる。
代わる代わる他の男達も入れていく。
しかも3周ほどローテーションしていた。

男達は満足すると「ありがとうございました。あとは奥さん任せます」と言い、足早に去って行った。

妻を見るとあり得ない姿になっていた。
口から精液を垂らし、アソコからも尋常じゃない程の精液が溢れ、お尻からも出ていて身体中精液だった。
10人の男が何発も出したのだろう。
俺はさすがに止めるべきだったと後悔した。
だが妻が他の男に見られたり触られたりされていると俺も興奮する。

次の日、妻に昨日の事を聞いたが全く記憶にないらしい。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ヴァージンマダム

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン