新着情報

包茎手術後に俺を苦痛と快感に導いた手コキモドキ

この体験談は約 7 分で読めます。

その当時俺はひどい包茎(真正)に悩まされており、悩んだあげく、ある日覚悟を決めて病院で治療を受けることになった。
地元の病院でする手もあったのだが、なにぶん治療をする“部分”が部分なだけに、地元は避けて都市のクリニックでお世話になることにした。

病院はとあるビルの一室にある本当に小さなクリニックだった。
中に入ると受け付け嬢兼看護婦2人が出迎えてくれた。
まず病状を聞かれ、次に手術の説明をされて誓約書にサインすることとなった。
初日はこれで終なのかなと思っていると、奥から医師が出てきて、「さ、じゃあ始めましょうか(ニヤリ)」と言われた。
その不気味な笑みにやや不安を感じたが・・・。

看護婦1「こちらへどうぞ」

その可愛らしい声にやや安心しつつ、奥にある診察室に入っていった。
診察室の中に入ると、包茎専門の診察台なのか長方形の台があった。

看護婦2「あ、じゃぁズボンとそれとパンツを脱いで台の上に寝て待っていてください」

俺は看護婦に言われるままに下半身スッポンポンとなり、診察台の上に寝そべって待っていた。
少しすると医師が来た。

医師「ぁぁ・・・これは典型的な真正包茎だねぇ。切る手術しか治らないから余分な皮を切除してしまいましょう」

これから苦痛とも快感とも言える治療が始まったのであった。
切除をする前に医師が俺のチンポをおもむろに手にとり、まるで皮の感触を確かめるようにシコシコとチンポをピストンし始めた。

医師「これは?ぁぁ、そうかそうか(ニヤリ)」

なにが「そうかそうか」なのか俺には判らなかったが、そう言うと医師がペンでチンポに切り取る皮の部分をなぞり、その後麻酔をし、そして手術が始まった。
麻酔が効いているせいもあってか手術自体は大した苦痛はなかった。
手術後に、「次に来院される日は1週間後になります。それまでの間は自宅でこの消毒液で消毒していてくださいね」と言われた。

看護婦1「あ、それと来院なさる間の1週間の間は禁欲していてください。術後1週間は激しい運動をすると傷口が開く恐れがありますから。ではお大事に(ニコッ)」

看護婦から消毒液と脱脂綿を渡され、無事手術自体は終了、ほっとする俺であった。
しかしそれから1週間後に始まる強烈な苦痛と快感な目に遭うことを、その時の俺はまだ知る由もなかった。

さて1週間後。
術後1週間経ったことで傷口の痛みもひき、こまめに消毒をしていたかいもあってか化膿もせずに済んだ。

(早く禁欲解けないかな)

そう思いつつ、重たい金玉をぶらさげながら病院へと向かった。
そして病院へ到着。

看護婦1「じゃ、今日はこの前に手術した部分の消毒と包帯を取り返えますね。ズボンを脱いで台に横になってください」

消毒液を取り入ったのか看護婦は奥へと入っていった。

(なんだ・・・まだ消毒するのか・・・)

そう思いつつも俺は看護婦の言われるままにズボンを脱いで台の上に横になった。
目を瞑って待っていると看護婦が帰ってきた。
おもむろにチンポに巻いてある包帯を取り、傷口をまじまじと眺めながらチンポに消毒液を塗っている。

看護婦1「じゃ、消毒します」

と言った瞬間、なんと看護婦はチンポをシコシコとしごき始めた。
傷口に注意を払っている為か、その愛撫はソフトなものだったが、禁欲を1週間続けていた俺のチンポにはかなりハードな愛撫となっていた。
そしてここから快楽を伴う苦痛が始まった。

看護婦から消毒と称しての“手コキモドキ”を受けていた俺だが、禁欲1周間の身には、“消毒手コキ”はかなりキツかった。
いくらなんでも診察室内で射精することは出来ない。
俺はひたすら我慢した。
しかし、チンポに消毒液を塗ってはシコシコとしごく消毒手コキはさらに続いた。

看護婦1「消毒しますね。(シュシュシュシュ)」

俺「うぅ・・・」

射精はしなかったが、恐らくガマン汁は相当出ていたことだろう。
しかし看護婦は平然とした顔で容赦なく、事務的に且つ優しい手裁きで傷口を消毒していった。
ようやく消毒手コキが終わった。
時間にして10分足らずだっただろうか。
しかし俺には10分どころか30分ぐらいシゴキを受けていた感じがした。

治療後・・・。

俺「ど、どうも・・・ありがとうございました」

看護婦1「そんなに我慢しなくてもイッてもよかったのに(微笑)」

意味深な笑みを浮かべながら看護婦は、「お大事に。また明日も消毒しますから明日の午後また来院してくださいね」と言った。
心の中で(な、なにぃ!)と思いながらも、変に期待をしていた俺であった。

昨日の消毒手コキに懲りる(?)ことなく、俺は消毒の為に再び来院した。
昨日、確かに今までにない苦痛ではあったが、恥ずかしながら今までにない快感も伴ったのは事実。
昨日の晩はその看護婦を思いながら思い出しオナニーをしたくてしかなったが、まだ禁欲令が出ているので我慢した俺であった。
診察室前で名前を呼ばれるのを待っている。

看護婦2「はい、じゃぁ消毒かな?」

俺「はい?あれ?」

(ち、違う・・・いつもの看護婦じゃない・・・)

俺は半分期待を裏切られた思いがした。
昨日消毒をしてくれた看護婦はモロ俺好みの森高風な感じの美人。

(ぁぁ・・・今日は違う看護婦か~。可愛くないってことはないが俺の好みではないな・・・。ま、ヘルスに来たわけじゃないし・・・)

そんなことを思いつつ、また昨日と同じようにズボンを脱いで診察台の上に寝そべった。
しかしこの看護婦はとんでもないSだったのである。

看護婦2「今日で術後8日だよね?じゃもう少しで抜糸だね。じゃ、消毒しますね(ニヤリ)」

俺は言い知れぬ不安を感じていた。
そして消毒が始まった。

看護婦2「(シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ!)」

昨日の看護婦よりピストンがちょっと激しい。
いや、ちょっとじゃなくて昨日の倍は激しい!
俺はこみ上げてくる射精地獄と戦っていた。
5分ぐらい経っただろうか。
看護婦の手コキ消毒に我慢が出来なくなった俺は・・・。

俺「ちょ、ちょっと・・・いいですか?」

看護婦2「はい?どうかしました?」

俺「い、いや・・・もう少しゆっくりめでお願いします・・・」

看護婦2「あ、まだ傷口が痛むみますぅ?」

俺「いや、それもあるんですが・・・あのですね・・・(汗)」

看護婦2「ぁぁ・・・(ニヤリ)まだ禁欲中だったわねぇ♪心配しなくても大丈夫!気にしませんから」

俺「気にしないって・・・(なんじゃそりゃぁ!)」

看護婦2「はい、じゃぁまだ消毒終わってないから横になって」

俺「はぅ・・・」

そう言うと上体を倒されまた消毒液をチンポに塗られ、シコシコと手コキモドキ消毒を受ける俺。
射精をしてしまうのは時間の問題だった。
そして、もう射精寸前まできていた。
俺がイキそうになった瞬間!

看護婦2「はい、これで今日の消毒は終ですっ」

そう言われた瞬間ホッとしたのだが・・・。

(ん?『今日の消毒は』・・・)

看護婦2「はい、明日また来院してくださいね。明日で消毒は終わりですから」

ニヤつきながらも、ドッと落ち込む俺。
しかし、まだ終わってはいなかったのである。
消毒の後、チンポに包帯を巻くのだが、その看護婦の包帯の巻き方が、なんとも言えない気持ちよい巻き方をしてくるのである。
さっきの消毒手コキの興奮から解放されていた俺のチンポはまた再興奮することになった。
昨日の看護婦とはまた異なる、ソフトでありながら気持ちのよいの包帯の巻き方。
俺はイキかけていた・・・。
そして包帯をキュウッとややキツく巻き終え、「はい、終了♪」という感じにポンッと包帯を巻いたチンポを軽く看護婦が叩いた。
その瞬間、「う・・・」と包帯の中にドクドクとイッてしまったのだ。
射精したことが看護婦にバレたかと一瞬ヒヤッとしたが、気づかれてはいないみたいだ。

俺は急いで会計を済ませ病院を後にした。
消毒は明日で終わり。
射精もしたし、金玉も少しは軽くなった。
俺は懲りずに変な期待を持ちながら、もう一日頑張ろうと思った。

自宅に帰った俺は物思いに耽っていた。
本当にバレていなかったのか?
もしかしたらモロバレていたのではないか?
そんなことを心配しつつ、次の日もまた消毒の為に病院へと足を運んだ。

今日は消毒ラストの日。
これでこの苦痛からも解放されるという安堵感と(もう、今日でこの快感を得ることはないのか)という落胆感が同居している複雑な心境だった。
待っていると程なくして名前を呼ばれた。

看護婦1「はい、じゃぁまた消毒しますね(ニコッ)」

俺のお気に入りの看護婦だった。
俺はニヤつく顔を隠して診察台の上に横になった。
その時だった。

(ハッ、し、しまった!)

診察台の上に横になって初めて、昨日の包帯の中への射精をそのままにしていたことに気がついた。
さすがに焦った。
触ってみると案の定パリパリになっていた。

(やべぇなぁ・・・どうするかな・・・)

看護婦1「ん~?どうかした?」

(※消毒2回目ということで看護婦はタメ口である)

俺「え?いや、なんでもないです(汗)」

看護婦1「そう。じゃ、消毒しますね」

そう言うと看護婦はおもむろに包帯をほどき始めた。
ほどくと、看護婦の手が一瞬止まった。

(気づかれたか?)

看護婦1「・・・じゃ、消毒しますね」

何事もなかったように消毒が始まった。

(きっと、気を遣ってくれたんだな・・・)

そう思いながら俺のチンコは勃っていた。

看護婦1「(シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ)」

(ん?この前と感じが違う。ピストンの回数が多い・・・)

昨日、包帯の中に射精をしたばかりであった俺だが、そこは育ち盛りだからなのか、まだ昨日の精液が残っていたのか、俺はイキそうになっていた・・・。
そして看護婦から衝撃の言葉を聞くのであった。

看護婦1「もう、我慢しなくていいよ(ニコッ)」

俺「!!!」

俺は一瞬、耳を疑った。

俺「は、は?(汗)」

看護婦1「え?だから、もう我慢しなくてもいいよと言ったのよ」

俺「ど、どうして・・・そんなことを?・・・」

看護婦1「ふふっ」

不敵な笑みを浮かべながら看護婦はそのまま消毒を続けた。
それもハイスピードで。
しかし俺はなぜか射精を我慢した・・・。
この期に及んでひたすら我慢した。
顔からは滝のような汗が流れていた。
そして俺は言った。

俺「看護婦さん・・・やっぱりここではイケないよ・・・」

そう言った瞬間・・・。

看護婦1「いいから、イキなさい!」

(!!!!!!!!!)

その可愛らしい顔からは想像もつかないS口調に超興奮してしまい、俺は思っいきりイッた。
ものすごい恥ずかしかったが嬉しくもあった。
消毒が終わった。
何事もなかったかのように看護婦は・・・。

看護婦1「明日は抜糸ですね。お大事に」

静寂な雰囲気でありながらルンルン気分で俺は病院を後にした。

次の日、俺は抜糸の為に病院へと足を運んだ。
包帯を取り替え、無事に抜糸も成功。

医師「んむ、よし。もう今日からは禁欲を解除していいよ(ニヤリ)」

俺「はい!(ニヤリ)」

看護婦1「お大事に(ニヤリ)」

こうして俺の看護婦手コキモドキの冒険は終わった・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレデリ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン