新着情報

営業に来た女の子のM属性を開花させてやった

この体験談は約 8 分で読めます。

ある土曜日、11時ごろにオートロックの方のチャイムが鳴り、出ると女の声。
用件を聞くとプロバイダーの勧誘で、マンションに光が通って今より安くなるからどうだとのこと。
普通なら話なんて聞かないが、女だったので顔だけでも見てやろうかと思って、オートロックも玄関の鍵も開けてやった。
そこにいたのは、ちょいポチャで目は細め、巨乳で顔は普通の女だった。

その子は光の営業の仕事を始めて3週間ほどで、まだまだ慣れていない様子でした。
いきなり部屋に入れるのは抵抗あるだろうと、熱いお茶を入れてやり、玄関先で営業を受けつつ、世間話をする。
ここでは本当に他愛も無い世間話と、「女の子がこういう仕事だと危ないでしょ」と、今まで危ない目に遭ってないのかを探りを入れました。

15分ほど話をしていたら、その子の携帯が鳴り、上司が下で待ってるいるからと言い出した。
それまでに光に加入しない旨は伝えていたけど、名刺を貰ったんで、「会社に電話してもほとんど居ないでしょ?携帯教えておいて」と言うと、「会社支給の携帯じゃないけど」と教えてくれた。

その子と話した印象は、あまり経験が多くなく、警戒感は薄め。
でもナンパとかではついて行かないようなタイプ。
話題も豊富とは言い難いから、営業としてはまだまだ要勉強だと思ったよ。

んで、その子が一度帰って、俺は昼飯を食って13時頃に携帯に電話をしてみた。
今の料金との比較の為に、もうちょっと料金体系をしっかり書いたパンフを欲しいからと。
すると、「じゃあ今からお持ちします」と言う。

待つ事20分、その子は現れた。
今度は部屋に入れて、ソファーに座らせてコーヒーを淹れてやる。
そこから今の仕事についてや、彼氏の有無、好きなタイプの話をした。
話の流れで、「コンパとか行かないの?」と言うと、まだあまり行ったことが無いと言う。

そこで俺は、「コンパのネタあるよ」と手品をして見せた。

コインを右手に握って、左手を右手の上に置き、手を振ればコインが左手に移動するというなんとも単純な手品だが、驚いてくれて、「教えて欲しい」と言うから、手を握ったり添えたりしながら簡単に教えてやる。

教え終わってもソファーの隣に腰掛け、手を離さず、そのままさらに「何フェチか?」という話に突入。
その子は二の腕フェチだというから、触らせてみた。
それから、「俺は耳フェチだ」と言い、腕を肩を組むように持って行きながらその子の耳をサワサワ、さらに耳をサワサワしながらさらに話していたんだが、俺の経験上、そうやって触らせたままにするのはMの傾向が強いので、もう少し強引にいく事にした。
この時点でもちろん身体はめっちゃ密着しております。

もう完全にエロモードになった俺は、その子の指が綺麗だと褒め、手を口元に持っていき軽く手の甲にキスをした。
そうすると手を払いのけるではなく、身体がビクっとなったので、さらにエスカレート。
耳を触っている手をもうちょっと下に持っていき、ホッペを触り、少し強引にこちらを向かせる。

「◯ちゃん、Mやって言われるやろ?」

そう問いかけるも、「そんなことない」と否定されたが、「じゃあ証拠見せたろうか?」と言うと、「どうやって?」と聞くので、そのまま唇にチューをしてやった。
ちょっと抵抗されたが、「邪魔せんとって」と軽く手を掴むと、抵抗する力がどんどん弱くなり、結局口も開いたので舌を入れてディープをした。

ディープまでしたらこちらのもの。
そのままスーツの上から身体を弄り、色々と焦らすように愛撫を開始。
向こうも声を抑えようとしているのか、そのぶん必死に舌を絡ませてきます。
ひとしきり愛撫をしたら、そろそろ服を脱がそうと、ブラウスのボタンを外していく。
その時はあんまり色気の無い、無地で白いブラをしていました。
ボタンを外すとグッと抱き寄せ、背中があくのでブラのホックを外して、ブラを上にずり上げて、ディープをしながら、手で胸や乳首を弄んでいました。
乳首をピンピングリグリして遊びながら、色々質問をしてみました。

俺「こんな風にお客さんの部屋でエロい事したことあるの?」

彼女「初めてです」

俺「今まで何人位にこの身体弄くられた?」

彼女「一人だけです、お兄さんで2人目です」

俺「でも仕事中とかエロいこと考えたりするやろ?」

彼女「そんなことないです」

俺「最近一人エッチはいつどうやってしたん?」

彼女「一昨日の晩、指でしました」

俺「イクって感覚は分かる?」

彼女「わかりません」

俺「潮吹いたことは?」

彼女「ありません」

こんな感じで色々質問をしていました。
指で乳首の感触を楽しんだら、次は口で楽しもうと乳首を舌で転がし、反対側は指でコリコリしていました。
反対側の乳首も舌で転がし、さらに、その時のオナニーのネタを聞き出しながらストッキング越しに太ももをなでなでしていきます。
ちなみにその子のオナネタは、こうやって、ちょっと強引に意地悪にイタズラされる事でした。
股間をグリグリしだすと、基本的に喘ぎ声が大きい子だったんですけど、ひときわ大きな喘ぎ声を出します。

「この後もまだ会社戻らないとアカンねやろ?どうする?ストッキングとパンツ汚して良いの?」と聞くと、恥ずかしがって何も答えません。

「じゃあ自分で俺の目の前でストリップして脱ぐか、俺が脱がすか選び」と言っても返事が無かったので、僕が脱がす事にしました。

「じゃあ脱がすから」と立たせ、ストッキングを脚から抜き取りました。

その時点でストッキングの上からでも分かる程に湿り気がいっぱいです。
そしてパンツの上からでも触ると位置が分かる程勃起したクリを弄ります。
その子はもう立ってられないようで、僕に体重を預けて、へたり込もうとしますが、お尻をペシっと叩いて、「ほら立って」と立たせます。
パンツも脱がし直にクリを弄り、入り口でも指をワザとピチャピチャ音が鳴るように弄ります。
恥ずかしがっている顔を見ながら、またキスをしながら股間を弄り、指を入れようとしたのですが、「痛い!」と言い出しました。

そこで立たせたままクリを弄りながら、再度男性遍歴の確認をしました。

俺「今まで1人経験ある男とは何度もしなかったの?」

彼女「一度無理矢理挿入されたけど、痛すぎて最後までしていない」

俺「じゃあ、ここに入ったことあるのはその一度だけ?」

彼女「そうです」

俺「普段一人エッチするときも指は入れない?」

彼女「怖いし痛そうだから入れない、クリだけです」

そこでもっとじっくり時間をかけて指を入れることにしました。
クリを親指で弄りながら、中指の先だけを入れて、ゆっくり抜き差しをしていきます。
それは痛くない様子だったので、第二関節まで入れてみます。
ゆっくりしようと決めた時に、またその子をソファーに開脚して座らせました。
第二関節までのゆっくりしたピストンでは、少しずつ気持ち良さそうな声が出てきました。
感想を何度も言わせると、少し痛いのも気持ちよくなってきたとの事。

俺「ほら、完全にMやろ?自覚した?」

俺がそう聞くと、最初は否定しましたが、クリを弄り焦らしながら何度も聞いてやると、やっと認めます。

認めたところで、中指は奥まで入れ、少し動かさずにクリだけ弄ります。
痛さは無さそうだったので、軽くピストンし、またグチュグチュという音を聞かせてから、G責めを始めました。

G責め中はずっと、「変な感じ~」と言っていましたが、「嫌な感じはしない、もっとして欲しい」との事。

そこでさらにグチュグチュになってきたので、指も中指と薬指の2本に増やす事にしました。
しかしどうゆっくり入れても、少し痛そうなリアクションをします。
なんとかなだめすかして、指を2本入れて、本格的に指マンを始めました。

最初は痛そうにしていましたが、どんどん喘ぎ声が大きくなっていき、「もうやめようか?」と聞くも、「もっとして欲しい」とおねだりしてきます。

2本指で10分位弄った頃かな、「何か出る!指を抜いて!」と言ってきました。

しかしそこでやめる男はいませんよね(笑)
さらに激しく指マンをしてやると、ジワーっと潮を吹きだしました。
うちのソファーは革張りだったので、なんとか染み込む事もなかったのですけど、フローリングは水浸しです。
とりあえず全部出し尽くしてやれと、止まるまでは指マンを続けました。
あ、スーツのスカートも少し濡れてしまって、後でどうやって戻ろうかと笑い合っていましたw

床を綺麗にしてから布団を敷き、「もっと気持ちよくなりたい?」と聞くと、コクンと頷きます。

「じゃあそこで服を脱いで裸になり」と言うと、今度は躊躇うことなく裸になりました。

裸になって僕が布団に寝転びました。

「自分だけ気持ちよくなってよかったん?」と聞くと、「ごめんなさい、どうすればいいですか?」と聞き返してきます。

「どうしたら俺が喜ぶか考えてみ」と言うと、自分から僕の耳を舐めてきました。

耳を舐め、チューをして舌を絡ませ、首筋にも舌を這わせてきながら、僕の服を脱がそうとしてきます。
脱ぐのに協力し、僕も下着一枚になりました。
そのまま全身舐めをしてきます。
両方の乳首を丹念に舐めて、どんどん下に下がって生きます。

僕の股間に触れてきたので、「そこはまだ早いな、まだ俺の足にもタップリ奉仕しないと」と言うと、爪先からまたじっくり舐めだしました。

それもまた丹念にゆっくり下を這わせて、太ももにも舌が来て、僕も興奮してきたので勃起していました。
下着の上から僕の股間をすりすりしてき、下着の上から舌も使ってきます。

「こんなん誰に教わったん?」と聞くと、「ネットでAVを見て勉強しました」との事。

ようやく僕の下着も脱がし、股間にも舌を這わせてきますが、経験が無いからかおっかなびっくりで、もうソフト過ぎるくらいです。
カポッと咥え込んできてもやはりテクニックはありませんでした。

そこで、僕のモノに思いっきり唾液を垂らさせることにしました。
そして、その唾液をモノに塗りこめるように何度も何度も吸ったり舌をチロチロさせたりとするように教えたのですけど、一朝一夕では無理ですね。
10分位好きに僕のを弄らせて、舐めさせてたのですけど、僕も舐めたくなってきたので、69の体勢になり、お互いに責めていきます。
しかし僕がクリを舐めるとすぐに手と口を休ませ、何もしなくなるので、その度にお尻を叩き、「サボったら俺も気持ちよくしてあげんで」と言うと、また必死で奉仕してきます。
しばらくその状態で舐めていると、「もうダメ」と腰を引かせて舐めるのを邪魔してきます。

「痛かった?」と聞くと、「気持ちいいけど、これ以上されるのは怖い」との事。

それでも無理矢理しばらくクリを重点的に舐めていたのですけど、逃げ惑うばかりで僕も集中出来ません。

「俺はまだ満足してないけど?」と言うと、「入れてください」と言ってきました。

そこで僕はゴムを付け、その子に脚開かせて正常位の体勢にさせます。
ゴムが付いたら、僕のモノでその子のクリをグリグリと虐めて、穴に少し差し込み少しずつスケベ汁をモノ全体に馴染むように付けていきました。
時間をかけてゆっくりと抜き差しして奥を目指しますが、半分位入れた所で、どうやっても痛がるようになりました。
クリを弄り、少しは痛みが和らぐようにしましたが、それほど効果は無かったようです。

一応、「やめて欲しい?」と聞くと、「頑張ります、奥まで入れてください」と言って来ます。

奥までゆっくり差し込むと一段と痛そうな声を出すので、入れたまましばらく動かず、キスをしたり乳首を弄ったり、クリを弄ったりとなだめすかしていました。
動かず数分置くと落ち着いてきたようで、弄っているクリとかが気持ち良いのか、声が出るようになってきました。
しかし少しずつ動いていくとまた痛くなるようで、僕はこの時点で、(あ~、今日はこの子の性器でイクのは無理だろうな)と思っていました。
奥まで入れずに、先っぽだけをゆっくり動かして様子を見ます。
そうすると、浅くピストンする分には気持ちよくなってきたようでした。
女の子も、「気持ち良い」とか「変な感じ」とか言いますが、痛いとか止めてとは言いません。

調子に乗って奥まで挿すとやはり痛いようでした。
浅いピストンを何度か繰り返し、一度抜きました。
そしてバックでするべく四つん這いに、少し脚を開かせて入れていきます。
こちらでも浅いピストンは気持ちいいようでしたので、それだけをしていましたが、女の子が、「もうダメ、疲れて何も出来ない」と言うので、僕もこの状態でイケないのは分かっていましたから、「じゃあ俺はどうやってイケば良いの?」と聞くと、「何でもします」と言うので、「じゃあ口と手でイクまで頑張る」と約束させ挿入は終わりました。

挿入を諦め、僕が寝転び、唾液をダラダラモノに垂らさせながら、フェラと手コキを教え込みながら、たまに乳首を舐めさせたりしながら、しばらく奉仕させ、やっとイク事が出来ました。
この時点でもう夕方4時頃になっていたので、その子は急いでシャワーを浴び、その間に僕はドライヤーでスカートを乾かし、慌しく出て行きました。

その後も営業を抜け出して何度か部屋に来たり、泊まりきたり。
Mっぷりも開花させ、今ではセフレのような関係になりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

天然貧乳白書

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン