新着情報

妻を変態に変えた夏休み

この体験談は約 11 分で読めます。

去年の夏、子供たちが夏休みを利用して私の実家に一週間ほど泊まりに行き、その一週間、妻と二人っきりで過ごした時の話です。

妻は34歳、小柄で胸はあまりありませんが、それなりに均等の取れたスタイルで、結婚して11年目に入りますが、未だに妻の体には飽きていません。
顔は童顔で可愛く、20歳前半でも十分通じます。

しかし、いくら飽きが来ないといっても、最近性生活がマンネリ化してしまい、お互い不完全燃焼が現実です。
そこで私は子供たちの居ない間に色々なことを試してみようと企み、実行に移した。

まず子供たちを実家に送って、実家を午後3時ごろ出発した帰り道、妻をドライブに誘った。

私「少しドライブをして帰らない?」

妻「私も丁度それを考えていたんだ」

私「それじゃあ夜景でも見に行こうか」

妻「夜景見に行くの何年ぶりかな?わ~楽しみ」

妻は嬉しそうに、のりのりで答えてきた。

私は妻に「◯◯山から夜景を見よう」と言って車を走らせた。

途中コンビニに寄り飲み物などを買い、妻が車に乗り込むのを確認し、友達に電話をかけた。

私「予定通り向ってるからよろしく頼む」

友達にそう言って電話を切り、車に乗り込んだ。

実は、私の一番仲のいい友達に「今日◯◯山の中腹の広場の先にある展望台か広場の奥で、妻と犯るからその様子を撮影してくれ」と、頼んでいたのである。
最初は乗り気ではない友達も理由を話すと納得し、私のところが成功したら、今度は私が友達夫婦を撮影するという交換条件で引き受けてくれた。

私が◯◯山を選んだ理由は、妻と付き合っていた頃、あまりお金が無く、よく◯◯山に夜景を見に行き、その帰り道に中腹の広場に車を停め、妻とよくカーセックスをしていて、そこは人があまり来ないのを知っていたからである。

何も知らない妻を連れて、◯◯山に到着した。

「夜景を見るには早く着いてしまった」

妻にそう言って、日が暮れるまで時間を潰そうと、予定通り下の広場に向かった。
向ってる途中、友達の車が停車しているのを確認した。

広場に着き、奥の目立たない所に車を停めると・・・。

妻「ここって私達が付き合っていた頃、よく車の中でエッチしていた場所だよね」

私が頷くと・・・。

妻「明るい時に来たのって初めてだよね。ふ~ん、こんなとこだったのか~」

辺りを見回していると林の中に通じる細い道を見つけたらしく、私に「あんな所に道があるよ、どこに通じているのかな?」と言っている。

私「暗くなるまで時間あるし、行ってみる?」

私がそう言うと、妻は頷き、車のドアを開け外に出た。

実はその細い道こそ、展望台に向かう道だったのです。
妻の方から見つけてくれて私は内心大喜びで、妻と一緒に林の中に入って行きました。
しばらく進むと視界が開け、目の前に展望台が現れました。
展望台と言っても辛うじて屋根が在り、木製のテーブルとベンチが一個あるだけで、それも人が来ないので荒れ果てて、周りは草が生え放題になっており、しばらく人が来た形跡は無さそうです。

私はベンチに座って壊れないかを確認し、妻を隣に座らせた。
妻は周りを見渡し・・・。

妻「景色も悪いし、これじゃあ人も来ないよね。なんでこんな場所に展望台を作ったのかな?」

そう話し掛けてきた妻の肩を素早く抱き、妻にキスをした。
妻は最初驚いていたが、目を閉じて私に応えてきた。
私はさらに舌を侵入させ、妻の舌と激しく絡めた。
そして服の上から胸を揉み、さらに舌の動きを激しくした。
その状態が数分間続き、唇を離した。

妻「もう、本当にエッチなんだから、これ以上はダメだよ、続きは夜景を見た後、車でね」

妻は息も絶え絶えに、甘えた声でそう言うと立ち上がった。

私も立ち上がり、おもむろに妻のスカートをずり下げた。
妻は慌ててスカートを直そうとし、バランスを崩した。
私はそのまま妻を展望台の柱に押し付け、両腕を頭の上で組ませ、あらかじめ用意していた紐を取り出して両手を縛り、柱に固定した。
妻は最初、何が起こったのか理解できず私になすがままにされ、両腕の自由を奪われたところで我に返った。

妻「お願いやめて。私こんなの嫌だよ、それに人が来たらどうするの、恥ずかしいよ」

私に向け懇願するが・・・。

私「人が来たっていいじゃん、◯◯ちゃんの恥ずかしい姿を見てもらおうよ」

そう言ってTシャツとブラを縛られている手首まで捲りあげ、パンティを一気に足元まで引き下ろし、妻を全裸状態にした。
私は妻の姿に異様な興奮を覚え、妻の片方の乳房に激しくむしゃぶりつき、舌で乳首を転がし、片方の手で乳房を激しく揉み上げ、空いた手を妻のあそこに忍ばせた。
思っていた通り、いや、それ以上に妻のあそこはグチャグチャに濡れていた。
私の予想通り、妻も異常な状況で感じてしまっているのです。
私の指を動かすたびに、妻のあそこからはクチュクチュと厭らしい音を立てていて、あそこから掻き出された液が、太ももを伝って地面に落ちていきます。

妻の耳元に顔を近づけ・・・。

私「口では嫌だと言っているけど、ほんとは厭らしい姿を見られたいんだろ、◯◯ちゃんのあそこ、こんなに厭らしい音を立ててるよ」

そう言って、あそこを触っている指を激しく掻き回し、妻にも聞こえるようにした。

妻「そんなことない、感じてなんか無いもん」

あくまで自分が感じているのを認めようとしません。
私は妻のあそこから指を引っこ抜き、妻の顔と口に妻の厭らしい液体をなすりつけた。

私「これでも感じてないのか、そんな強情な子はお仕置きだ」

妻の口に指を入れつつ、私のモノを取り出して妻の両足を抱え込み、一気に私の物を挿入して激しく腰を動かすと・・・。

妻「いや、抜いて、私こんな所じゃできない、いや、いあやー」

妻は絶叫し、体を反ってイッてしまった。

妻のあそこから私のモノを抜かずに、柱に妻の体を預けて妻の両手の拘束を解き、妻を抱えあげてテーブルに寝かせ、腰をゆっくりと動かし始めた。
すると、妻の口から喘ぎ声が漏れだし、私にしがみ付いてきた。

私は妻に「気持ちよかったんだろ」と言うと、妻は頷き「うん、すごくよかった」と言った。

妻が落ちた瞬間である。

妻のあそこから私のモノを引き抜くと、妻にテーブルに両手をつかせ、腰を突き出させた。
私は妻のお尻を両手で持ち、私の物をゆっくりと妻の中に侵入させた。
妻は私の腰の動きに合わせ、自ら腰を振りだした。

ふと前方を見ると、草むらから友達がビデオで撮影しているのが見えた。
私はこの位置からだとテーブルが邪魔で妻の表情がうまく撮れないのではないかと思い、妻を後ろから突きながらテーブルの前まで移動し、そこで妻の両腕を掴んで激しく腰を動かし始めた。
妻は仰け反り、さっきまでの恥じらいが嘘のように感じている。
感じすぎて立って居られなくなったのか、妻は両手両足を地面につき四つん這いになった。
私は構わず妻を突き上げた。

そこで、撮影していた友達がミスをした。
もっと近くで撮影しようと思い、草むらから動いた瞬間、妻に発見されたのだった。
妻は短く悲鳴を上げ私にしがみついて来た。

友達は慌てて逃げ出した。

妻「どうしよう見られちゃった、あの人ビデオカメラ持ってたよ、撮られちゃったのかな」

私「うん。◯◯ちゃんの恥ずかしいところ全部撮られちゃったね」

涙ぐんでいる妻にそう言って、妻を上にし、あそこに私のモノを挿入した。
妻は体をくねらしながら・・・。

妻「ダメだよさっきの人が帰ってきたらどうするの」

私「それなら、それでいいじゃん。◯◯ちゃんの厭らしいところ、もっと見てもらおうよ」

そう言って腰を激しく突き上げた。
妻もそれに合わせ腰を激しく振りだした。

妻が何かに気づき「ダメ、見ないで、撮っちゃダメ」と絶叫を上げだした。

友達がまた草むらから撮影しているのが確認できた。
妻はそれに気付きながらも快感に抵抗することができず、一心不乱に腰を動かしている。
私がさらに激しく腰を動かすと・・・。

妻「ダメ、撮られてるよ、お父さん止めて~」

そう絶叫しながら2回目の絶頂を迎えた。

私は一旦、妻から私のモノを引き抜き、妻を後ろから抱え込み、友達にあそこが見えるようにしてそのまま後ろから挿入した。
妻は完全に我を忘れ・・・。

妻「ああ・・撮られてるダメ。私がお父さんに犯されているところ、撮られちゃってる。ダメ私、感じちゃってるダメ・ダメ・ダメエ・・・」

妻は絶叫しつつ3度目の絶頂を迎え、私も妻の中に大量の精液を注ぎ込んだ。

もう夜景を見るどころではなく、グッタリとした妻を家まで運び、友達に連絡を取ると、「いや~、◯◯ちゃんエロかったな」と言い、続けて「ビデオをダビングして良いかか」と聞かれ、「絶対他人に見せないのならOK」と言って眠りについた・・・。

翌朝、目を覚ますと、妻はすでに起きており、台所で朝食の支度をしていた。
その後ろ姿を見ていると、昨日の事を思い出し、私のモノは元気になってしまった。

私は妻の後ろに回り、妻を後ろから抱き締め、胸を揉みながら・・・。

私「おはよう、昨日は凄かったね、身体は大丈夫?」

妻「うん、身体はなんともないよ。でも昨日ビデオ撮られちゃったけど大丈夫かな?」

私「たぶん大丈夫だと思うよ。ああいう覗きを趣味にしている人は、自分が撮った映像を自分で見て楽しむだけだと聞いたことがあるから」

不安そうに尋ねてきた妻を安心させるため、デタラメを言った。
実際、私は友達を信頼しているので、ネットとかに流れる心配は一切していない。
友達がそんなやつなら最初っから頼むわけがない。

妻は少し安心したのか・・・。

妻「ふ~ん、そうなんだ。でも楽しむって、どうやって楽しむの?」

私「◯◯ちゃんが俺に犯されて何回もイクところ見ながら一人でするのさ」

私は妻の胸を揉む力を強めながらそう答えると、妻は昨日の事を思い出したのか、顔を真っ赤にして黙って俯いてしまった。

私「でも◯◯ちゃん昨日すごく感じてたよね。覗かれているの分かってるのに、腰を振りまっくってすぐイッちゃったね」

妻の耳元でそう囁き、妻の股間に手を滑り込ませると、ビクッと身体を震わせて恥ずかしそうに頷き・・・。

妻「うん・・・昨日は気持ちよかったの・・私の恥ずかしい姿を見られているって思ったら急に頭の中が真っ白になって、身体中に電気が走ったの」

そう言って妻は私の股間に手を伸ばし、ズボンの上から私のモノをしごき出した。
私は少し驚いたが、妻のグチュグチュになったあそこに指を入れ、掻き回した。
私がなぜ驚いたのかと言うと、妻はエッチに関しては常に受け身で、自分から積極的に行動を起こすことは今まで無かったからである。
やはり昨日の事が妻の中の何かを変えたのだろう。

妻は快感に身を震わせ、自らズボンとパンティをずらし私のモノを取り出して、自分のあそこにあてがい、腰をくねらせながら私のモノを沈めていった。
私も負けじと妻のお尻を掴み、激しく腰を打ち付けた。
妻は身体を仰け反らせ、息を荒げ、快感に顔を歪めている。

私はすぐにイキそうになり、妻に「◯◯ちゃんイキそうだ、出すよ」と言い、妻の中に精液を放出した。

私がイッた瞬間、妻の身体が痙攣し、妻も「イクっ・・」と短く叫び、絶頂を迎えた。

私たちはしばらくそのままの状態で息を整えていた。
ふと時計を見ると、出勤時間が迫っていた。
私は慌てて服を着替え、出勤して行った。

玄関を出る際、妻が見送ってくれ、私は妻を引き寄せキスをし、「今日帰ったらまたするからね」と伝えると、妻はニコリと笑い「もう、エッチなんだから。うん、楽しみに待ってる」と私を送り出した。

その日は仕事が手につかず、退社時間が待ち遠しかった。
やっと退社時間になり、私はいそいそと会社を後にした。
途中、友達の家に寄ってビデオテープを回収した。

友達「いや~、昨日は興奮したよ。見つかった時はビビったけど。◯◯ちゃん、俺に見られてるの気づいてるのに止めるどころか余計乱れてたもんな。◯◯ちゃん絶対露出狂の気があるぞ」

友達は興奮した口調で捲したてた。
私は、絶対外部に漏らさないように念を押し、友達も「任しとけ」と約束してくれた。
別れ際に友達が「今度、俺もするからよろしくな」と言い、私は了承して友達の家を後にした。

家に帰ると妻が出迎えてくれたのだが、その姿に驚いた。
妻は膝より短いスカートを穿き、私のTシャツを着て、正座で両手を揃えてお辞儀をし、「お帰りなさいませ」と出迎えたのだった。
妻流のジョークだが、思わずドキッとした。

妻がお辞儀をした瞬間、胸が見えブラをしていないのに気づいた。
それに私の覚えているかぎり、妻がミニスカートを穿くのは初めての事。

私「どうしたのそのミニ?」

思わず妻に聞くと、妻は立ち上がって私に抱きつき・・・。

妻「へへ、今日買ったんだ。お父さんこんなの嫌い?」

私は首を横に振り、「嫌いどころか大好き」と玄関に妻を押し倒した。

妻もそのつもりでいたらしく、大人しく従い、私の前に両脚を開いた。
私は妻のTシャツを荒々しく捲りあげると、妻の乳房にしゃぶりつき乳首を吸い上げた。
私はズボンを脱ぐのももどかしくチャックを下ろしズボンとパンツを下げ、私のモノを取り出すと、妻の下着の間から強引に捻じ込んだ。

妻は仰け反り、大きな声を上げ、私を受け入れた。
私は一心不乱に腰を打ち付け、妻はその度に悦び喘いでいた。
私はすぐに限界を迎え、妻の中に精液を注ぎ込んだ。

私は妻から離れると、妻の手を引き外に連れ出し、車に乗せた。

助手席で妻は呼吸を整えながら、「どこに、行くの?」と尋ねてきた。

私は「近くの総合公園に行く」と答え、車を走らせた。

妻はこれから自分が何をされるのかを悟り、俯き黙ってしまった。

公園の駐車場に着くと、辺りも薄暗くなりかけていた。
車を一番奥に入れ、私たちは公園の中に入って行った。

駐車場にはまだ数台車が残っており、公園のベンチにはカップルらしき人影が散見できた。
私は妻の手をとり、トイレの裏に連れて行き、そこで下着を取るように指示をした。
妻は言われた通り下着を脱ぎ、恥ずかしそうに私を見ている。
私は妻と腕を組み、公園の中を歩き始めた。

その時、妻が「あっ」と言い、しゃがみ込んだ。

どうしたのか見てみると、妻は恥ずかしそうに「さっきの精液が出てきちゃった」と言いながら、それを拭こうとしている。

私は妻を立たせると、そのままにしておく様に指示した。
妻は頷き、指示に従った。

妻のあそこから精液が流れ出し、太股を伝って足首まで達したのを確認し、再び妻と手を組み歩きだした。

妻は恥ずかしそうに下を向き、私の腕にしがみ付いている。
私はカップルが座っているベンチを見つけると、そこに向かい歩きだした。
カップルの前を通る時、男性の方が何かに気づき、妻の顔と脚を交互に見ている事に気がついた。

カップルの前を通り過ぎると・・・。

私「男性の方が◯◯ちゃんのこと厭らしい目で見てたよ」

そう言い、妻の反応を見てみた。
妻は私の腕を強く握り・・・。

妻「うん、気づいてた、恥ずかしい」

妻は歩く速度を速め、一刻も早くその場を去りたい様子だ。

私は公園の隅にある野球のグランドの側を通り、その奥にある倉庫の裏に妻を連れて行き、妻の背中を倉庫の壁に押し付け、スカートの中に手を入れてあそこを触ってみた。
相当感じているらしく、妻のあそこは精液と、妻自身の厭らしい液体で大変な事になっていた。
触られただけで妻はビクンビクンと身体を痙攣させ、甘い吐息を漏らし始めた。

私は妻のTシャツとスカートを毟り取り、妻を全裸にし、私の前に跪かせた。
妻は私のズボンを脱がせ、目の前に現れた私のモノを咥え込み、しゃぶり始めた。
私は妻の頭を掴み、腰を激しく動かした。
妻は苦しそうに呻きながら一生懸命舌を這わしてきた。
私はすぐに限界に達し、妻の口から私のモノを引き抜き、妻の顔に精液を放出した。

この日、数回目の発射という事で量的には少なめだったが、妻の顔を汚すには十分な量の精液だった。
妻は苦しそうに壁にもたれ掛かりながら、その場にしゃがみ込んだ。
顔から精液が糸を引いて落ちて行き、乳房やお腹を汚していった。

そんな妻を見ていると興奮してしまい、私のモノは一向に萎えようとはせず、妻を立たせると壁に背中を押し付け、片脚を腕に抱え込み、妻の中に一気に挿入した。
妻は歓喜の声を上げ、自ら腰を振り出し、昇り詰めていった。
私はもう片方の脚も抱え込み激しく腰を打ち付けた。

すると妻は精液で汚れた顔を歪ませ、「ダメ、イッちゃう・・ダメ・・またお外でイッちゃう・・」と絶頂を迎えた。

私は妻がイッた後も腰の動きを緩めず、妻は髪を振り乱しながら何回も絶頂を迎え、最後は懇願する様に「お父さん・・もう・・許して・・これ以上イッたら・・おかしくなっちゃう・・お願いします」と言って来たので、妻のあそこから私のモノを抜いて妻の両脚を下ろしてやった。

妻はその場に腰が抜けた様に座り込み、苦しそうに息をしている。
フェラで射精しようと思っていたが、あまりにも苦しそうなので、手でいいからやってくれと頼み、妻は私のモノに手を伸ばししごき出した。
妻の手は思っていた以上に気持ちがよく、「イクよ」と言って妻の手や腕に射精した。

私は妻が落ち着くのを待ち、服を着せ、妻の身体中に付いた精液を拭こうとしたとき、ティッシュが車にあることに気付いた。
辺りは完全に暗くなっており、人影もないので、妻を精液をつけたまま車に連れて行くことにした。

途中、誰に会うことも無く車に着き、精液を拭きながら・・・。

私「どうだった?」

妻に感想を聞くと、「すごくよかった、私、変態になっちゃったのかな?」と恥ずかしそうに答えた。

それから子供たちを迎えに行くまでの数日間、私は毎朝毎晩、とくに夜は毎日公園に出かけ、妻を犯し続けた。
最後の方は妻の方から公園に誘うようになり、子供たちを迎えに行く日も妻の方から「◯◯山に寄って行こう」と言い、朝早くから出掛け、◯◯山の展望台で妻を何回もイカせた後、実家に子供たちを迎えに行った。

子供たちが帰って来ても、私が休みで子供たちが学校や幼稚園に行っている午前中とか、夜中子供たちが寝静まった後にこっそり抜け出し、公園や河川敷などで妻としています。
妻は野外はもちろん、ハメ撮りなど、大抵のことはやらしてくれるようになり、充実した性生活を送っています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

老専若専

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン