新着情報

Mな私を覚醒させてくれたメル友のおじさん

この体験談は約 3 分で読めます。

相手は41歳、既婚。
(私ってMなのかも?)と迷っていた時、そういう話ができるメル友欲しさに書き込み、最初にメールを送ってきてくれた彼。
場所が遠いので会おうとか誘われないだろうと思ったこと(怖かったし)、最初からエロメール全開な他の人に対し、真面目にSMの話をしてきたのでメール交換開始。

1ヶ月ほど1日1通くらいのペースで交換。
よく出張で上京するとのことで食事に誘われ面接決定。
目黒駅で待ち合わせ。
直前に写真を交換したけど、普通の仕事できそうなオジサン(当時の感想)という雰囲気。

そのまま歩いて食事に行き(個室の焼肉屋さんだったかな)、軽く飲みつつ面接開始。
お酒をついでくれる時とかさりげないスキンシップが上手い。
真面目な話の間にセクシャルな話題を挟みつつ、色々喋る。
大人の人という感じで手馴れてる。
ワインを私が手を滑らせて洋服にこぼしてしまい、「近くのホテルに滞在してるからそこで乾かせば?」とタクシーで移動。
品川の某高級ホテルへイン。

部屋で上着(ブラウス)を軽く洗わせてもらい、ソファで話してると、「今日はもう遅いから泊まっていけば?」とお誘い。
まだ鈍かった私は、「いえいえ、ご迷惑でしょうし」とマジ辞退したけど、そっと手首を押さえられて、「大丈夫、怖いことしないから」とベッドへ連れていかれた。

しばしベッドに寝転んでお話。
話してる時に相手の手が私の首筋に当たる。
首や背中、腰は超弱い私・・・。
思わず声を詰めたのを相手は見逃さない。

そのまま、「ここ弱いの?」と触られてエッチ突入。

服は脱がさず、ブラとショーツだけ脱がされ、服の上から延々と弱いところを触られる。
頭がぼんやりして涙目になっても相手はシラっとした顔でずーっといたぶってる。

もうどうしようもなくなった時に相手がいきなり私に電話の受話器を渡す。
(?)と思っていると、相手はテレクラに電話していた模様w

「ほら、そのまま君がしゃべって」と言われる。

自分が今どこでどんなことされてるのか電話の相手に実況。
もう自制も効かず、そのまま何度かイカされた。

気がついたら全裸。
そのまま後ろ手に軽く手を縛られ本番開始。
というか、すっごい大きいんですけど!!
中の壁をいっぱいに擦られながらバックで奥まで入れられた。
入れるのもゆっくりだったけど、全然動いてくれない。
中がピクピクするのを自覚するもどうにもならず。
そのまま言葉責めされつつ、ぐちゃぐちゃにされて終了。

これで終わりかなと思っていたら甘かった。
下着付けないまま洋服を着せられてタクシーに乗せられる。
着いたのはカップル喫茶。
そのままお店の中へ連れて行かれて続き開始。
3人くらいの人に触られる(その時相手は私を後ろから抱いて、身動きできないようにされてた)。
もう頭がおかしくなってどうにもならず、2時間くらい居たと思うけどまたホテルへ連れ帰られてそのまま寝ました。

翌朝、朝ごはんをルームサービスで食べて(その時ももちろん色々された)、終了。
太陽が黄色いとはこのことか・・・と思いつつ帰宅。

そのまま関係が続き、上京した時だけじゃなく普段も電話で調教開始。
いまやすっかりどっぷりMな自分を自覚・・・orz
止めようと思ってもダメだった。

2年くらい関係は続いたけど、私が田舎へ引っ越したことで関係終了。
相手に言われてメル友と面接したり色々ありましたー(笑)
色んな意味で大人の階段昇らせてもらいました。
ありがとう。

おしまい。
読んでくれてありがとうございました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

出会い姫

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン