新着情報

エッチに目覚めた仲良し4人組

この体験談は約 7 分で読めます。

私が小6だった頃にしたことを告白します。
たいしたことじゃないのですが聞いていただければ嬉しいです。

私は友達である佳奈と成美と千夏の4人で、放課後話をしていました。
誰かが生理についての悩みを打ち明けたのがきっかけで、SEXの話になりました。
他の3人はあまり詳しい事は知らなかったので、なぜか早くも知識に満ちていた私は皆に色々と教えてあげたのでした。
私は最初は初歩的なことから始めて、だんだんともっと詳しく教えてあげました。
皆は驚いたり気持ち悪がったり、色んな反応をしてました。

でも、だんだんと受け入れてくれるようになったみたいなので、私はとうとう一人エッチのことを教えてあげました。
最初は3人とも非常にショックを受けていました。
「気色悪い」とか、「気持ち悪い」とか、「そんな恥ずかしい事よくできるね」とか色々言ってました。
もちろん私は結構前からオナニーをしていたので、そんなことは思いませんでしたが。

ある日、4人でオナニーについて語っていると、千夏が急に「お風呂場であそこにシャワーをあてると気持ち良いよ」と言いました。
本人はそれがオナニーの一種だとは気づいてなかったのだと思います。
そしてまたまたある日、成美が私に、「あそこをずっとパンツの上から触っていたら、トイレに行きたくなった。これをずっと繰り返していた」と言ってきたのです!
私は誰にもこのことを言わない事を約束しました。
また久美も、「オナってみた」と密かに言いに来ました。
何をしたかは覚えていませんが。

だんだん皆もオナニーを受け入れてくれるようになりました。
皆でオナニーの方法をお勧めしあったりしました。
私達はいつでもエッチな話をするようになりました。
教室で堂々とお互いの胸を揉んだりする程でした。
久美なんか、いきなり耳元で「あん・・・いやぁ・・・」とか囁いたりして、皆をビビらせたりしてました。
そんなわけで私達は、6年のくせに色々と知ってるエロい4人組と知られるようになったのです。

そんなある日、私達がいつも通り話していると、美里という子が私達に何の話をしているのか聞いてきました。
私と佑香はなぜかその子に教えてしまいました。
美里はいつもクールなのに顔をちょっと赤くして、まるでくすぐったいのを我慢してるかのように、「こういう話してると、あそこがむずむずしてくるぅ」と言いました。
そんなわけで彼女も私達のグループに加わってもらい、私達は5人組になりました。

私と久美が同じ班になったときのことです。
給食中に、同じ班だった男子3人とちょっとばかりエッチな話をしていました。
それがきっかけで私達5人は、“6年の男子ってどれくらい知ってるんだろう?”と考えました。

そこで放課後、同じクラスの男子、洋、悟と正志の3人を引き止め、「どれくらい知ってるの?」と聞いてみました。

最初は3人とも物凄い引いていました。

でも私達は、『色んな事を教え合う』という約束をし、8人の同盟を組みました。
私達8人は学校でも放課後でもいつも一緒にエッチな話をしたり、授業中も大量のメモを回していました。
中2のお兄ちゃんがいる悟の家に、私、久美、成美、洋と正志の5人が行って、お兄ちゃんのAVをこっそり観せてもらったりもしました。
放課後、あの8人だけではなく関係ない他の男子まで集まって、悟がバッグ一杯に詰めて持ってくるエロ本を読んだりもしました。

そんな日々が続いてる間に、私はスポーツマンで顔もOKでとっても優しい正志のことが好きになりました。
そしてある日、私は彼女がいる彼に告白してしまいました。
私はただ思いを伝えたいだけでした。
私の告白は成功しました。
正志が彼女を振ったのか、最初から彼女じゃなくてただの噂だったのかよくわかりませんが、私と正志は付き合うことになりました。

待ちに待った修学旅行!
久美と私は実行委員だったので、早いもん勝ち!と、たった一つの6人用の部屋(他は全部7人でした。)を取りました。
実は前から計画していたのです。
5人で同じ部屋にしよう、と。
6人目は、同じクラスのちょっとタイプの違う女子、『まな』に決めました。
その子なら私達の話を聞いていてもバラすことはないし、どうせ興味もないでしょうし、すぐ寝ちゃうと思ったからです。

ではここで一応皆を紹介しておきます。
時々ネットで『自分で言うのもなんなんだけど自分は可愛いと思う』とかよく見ますが、見るたびに私は、『ぶりっ子みたいでキモい』と思います。
だから本当にうざいかもしれませんが、私は自分的に70点の顔だと思います。
年にしては背も高い方ですし、ぶっちゃけ足も長いと思います。
足も結構速いと思います(信じなくても別にいいですけど)。

久美はかなり顔が可愛いですし、話が面白く、女子の間でも人気です。
成美は目のぱっちりした、ちょっとドンくさい感じのちょっとギャルの入った男っぽい子です。
千夏は目が鋭く、背の低い、可愛い実に少女っぽい子です。
そして、一番美人で細くてさっぱりとした早口なのは美里です。
だから自分的には結構良いメンバーだなと思ってました。

ちなみに正志は言うまでもない程の超モテモテBOYで、洋も顔が格好よくてすばしっこい感じのするスポーツマンでした。
悟はいつも一人でぼけーっとしてて、目が横線の全然モテない奴でしたが、自分的にモテても良いんじゃないかと思いましたし、今では空手部かなんかの1年エースと聞きました。
とにかくそんな感じな8人組です。

修学旅行では予定通り、もう一人の子は消灯時間前に寝てしまいました。
男子には10時に部屋に集まってもらうことになっていました。
消灯時間になり、私達は布団の中に潜って密かに話しながら10時を待つことにしました。
ところが外はやけにうるさいのです。
そっと戸を開けてみると、他の部屋の皆は廊下でたむろったり色んな部屋を歩き回っていたり、わいわいがやがや騒いでいました。
なぁんだ!と私達も男子を呼び込もうと思ったその時、誰かが「先生が来る!」と言い、あっと言う間に皆は自分の部屋に逃げ込んでしまいました。
そんなわけで先生達は廊下をずっとパトロールしていて、男子は10時を過ぎても来る事は出来ませんでした。

男子を待っている間に、私達はゲームをして待つ事にしました。
そのゲームとは、5人がじゃんけんをして、最終的に勝った人が他の人に何かするように命じる、というゲーム。
最初は真面目にやっていたのも、だんだんとエロくなっていきました。
最初は確か、誰かが誰かの胸を揉むことになったのでした。
私じゃないのは覚えてますが、誰だったかはよく覚えていません。
2人はかなり恥ずかしがって、「布団に入って密かにやる」と言い出したのでした。
それがきっかけで、布団に入って誰かが誰かに何かをする、というゲームになったのでした。

そこからどんどん発展していって、ゲームではなくなったのです。
つまり、誰かが誰かを、「ねぇ一緒に布団に入ろう」と誘うのです。
全員で5人ですから当然一人余ってしまいます。
ってなわけで、皆交代に色んな人と組んで布団の中に入ることにしました。
私も色んな人と布団に入ったので、順番ははっきりと覚えていませんが、映画の1シーンのように少しずつなら覚えています。

成美と入ったとき。
彼女は私の胸を器用な指でこねてくれます。
はっきり言ってあまり成美は上手ではなく、どっちかというと成美に揉まれているという事実自体がくすぐったいです。
美里は一番恥ずかしがっていて、恥ずかしそうに笑いながらおそるおそると体を触ってくれます。
そんな彼女でさえ、例えば私や違う人が触ってあげると、顔を真っ赤にして感じて、唸っていて可愛らしかったです。
千夏は積極的に、そして真剣に体を触ってくれます。
佑香は、ぐっと胸を揉んでくれた後であそこも触ってくれます。
クリも触ってくれました。

でもなんと言っても久美です。
皆が「久美がしてくれると、気持ちよいよ」と言うので、久美と布団に入るのを楽しみにしていました。
布団の中に入ると、いきなり私の胸を揉んでくれました。
久美はかなり触り方が上手いのです。
それもかなり力強く。
しばらく揉んでもらっていて、私は意識が遠くなっていきました。
あそこもたぶんグチュグチュになっていたと思います。

すると、彼女は私のあそこに手をかけました。
意識が遠かったせいか、私は何が起きたかあまり覚えてません。
ただものすごい気持ちよくて彼女の手つきが男みたいで、薄っぺらい寝巻きとパンツの上からでも生で触ってるみたいに感じました。
あっと言う間に彼女は手を止めて布団を捲ってしまいました。
私は声を出した覚えもないのに、「佳奈、声出し過ぎだよ」って苦笑してました。
私は未だにオナニーをしても声が出る事はありません(なんで?)。
なのに久美にエッチなことしてもらって、思わず声が漏れてしまったらしいのです。
確かに、唸っていたかもしれない。
なんて言ってたんだろう・・・?

その後は男子が部屋に来て、ずっとエッチな話をしたり恋話をしたりして完全徹夜しました。
残念ながら男子とは何もしませんでした。

それからというもの、私達はいつもエッチなことをしていました。
放課後や学校の休み時間、学校の女子トイレに集まってエッチなことをするのです。
なぜかいつも私が攻められまくりでした。
トイレの便器に座って、ジーパンを下ろされて、Tシャツも捲られて、中のブラジャーもはずされて、パンツも下ろされて・・・。
4人がニヤニヤと見ている前でそういう格好をするのは結構恥ずかしいです。
そして皆で胸を揉んでくれたり舐めたり吸ったり色々としてくれるんです。
気持ちよいというよりは、なんか違和感がなぜかありました。
他にも自分の住んでるマンションの階段のところで、触ってもらったりもしていました。
誰かの足音が聞こえるたびに、ぱっと隠すのです。
そういう事をずっとやっていました。

でもあの修学旅行の時のようにはいきませんでした。
あれは布団の中でやっていたからか、暗かったからか。
ま、私達がしたこととはそれくらいです。
今は小学校を卒業して別々の学校に通っていて、あまり連絡も取り合っていません。
正志とも修学旅行のちょっと後に別れましたし(早!)

あまり大したことじゃなかったのに読んでくれてありがとうございました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

大人のお遊戯倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン