新着情報

酔った勢いで男友達としちゃった

この体験談は約 4 分で読めます。

大学時代の話です。
当時女子大に通っていた私は、大学での出会いなどなく、友達たちも合コンとかその類のものが大好きでした。

ある日、友達のKと合コンをしたいという話になり、男友達SとAに声をかけ、2対2で飲む事に。
私は参加者全員と友達っていう状態(笑)

4人で普通に飲んでいて、だんだん酔っ払ってきました。

若さもあって、Sが「王様ゲームやろう」と言いだして、まぁ大学生ノリってやつですか、キスだのディープキスだのやったんです。

酔いも回り、そろそろ帰るかってなったんですが、すでに終電はなく、タクシーでKちゃんちに4人で帰りました。
私とKちゃんはベッド、SとAは床に寝てました。
ちょっとして、Kが気持ち悪いと言ってトイレに行き、Kを介抱しにSが部屋から出ていきました。
部屋には私とA。
Aとも元々友達で、よく数人で飲みに行ったり、遊んだりする仲でした。
Sが部屋を出てから少しして、Aが目を覚ましました。

A「あれ?Sがいない?Kちゃんも」

私「Kちゃんが気持ち悪がってるから、Sが介抱してるよ」

A「ふーん」

お互い寝ぼけながら会話していて、そのうちAが寝ぼけながらベッドに入ってきました。

A「床だと体痛いからそっち行くわ」

私も特になにも思わず受け入れました。
お互い背中を合わせる形で寝ていたのですが、しばらくしてAが寝返りを打ち、私の方を向き、後ろから抱きつくような形になりました。

A「◯◯(私)・・・良い匂いする・・・」

私「(寝てるふり)」

A「ヤバい・・・俺、お前の事狙うわ」

かなり酔ってたんだと思います。
Aの鼻息が荒くなりました。
後ろから抱きつかれ、耳やほっぺにキスされました。

私「酒くさ・・・、やめてよ・・・」

Aは無視してエスカレートします。
後ろから胸を揉まれました。

私「A・・・ダメだよ・・・、ほんとに!ダメ!」

必死でAを制止すると、Aは申し訳なさそうに「ごめん、かなり酔ってる」と言って一旦離れました。

しかしそのまま終わるわけもなく、またAが抱きついてキスをしてきました。
強引に向かいあう姿勢にされ、激しくキスをします。

私「んっ・・・あはっ・・・んっ・・・」

勢い良く服とブラを外され、胸が露わになりました。
Aが乳首を舐めてくれます。

私「あっん・・・気持ちいいよっ・・・A・・・」

A「◯◯・・・」

普段、Aは私を苗字で呼ぶのですが、この時は初めて下の名前で呼んでくれました。
もうあそこはぐしょぐしょ。
クリがぱんぱんに充血しているのが、自分でも分かりました。

Aが胸を愛撫し、パンツの中に手をやります。

A「やっば・・・ぐっちょぐちょじゃん・・・」

私「うるさい、言うな・・・」

Aはねっとりした指使いでクリをいじめました。
堪らなくもどかしく、興奮しました。

私「あっ・・・ダメっ・・・Aっ・・・きもちぃ・・・っ」

A「◯◯・・・やべぇ可愛い・・・こんな風に感じてるんだな・・・」

この一言がすっごい恥ずかしくて、でも、すっごい興奮しました。
必死にAにしがみつき、快感に悶えているといきなり手を止め、今度は中に指を入れてきました。

A「すっげぇ・・・締まる・・・やっば・・・」

Aの吐息混じりの声は、すっごくエッチで色っぽいんです。
Aは、人差し指と中指を挿入して、親指で器用にクリをいじめました。
だんだん、クリが熱くなって、ビリビリと痺れるような感覚になりました。

私はAに思いっきりしがみついて、「イッちゃう、イッちゃうよっ・・・」と小さく叫びました。

するとAは嬉しそうに、「いいよ◯◯っ・・・イケっ」と言って刺激を強くしました。

私「あっ・・・イクっ・・・イクっ・・・Aっ・・・!」

そのままイッてしまい、Aを見ると、嬉しそうに微笑んでいました。

堪らなく恥ずかしくなって、Aの頬を軽くぺしっと平手打ちし、「この馬鹿!」と叱ると、「ごめん、でもすげー可愛くて止まんなかった」と言って頭を撫でてくれました。

そんなAにキュンキュンしていると、「俺のも・・・いい?」と言って私の手をAの下半身に当てました。

Aのおちんちんはもうカチカチで、デニム越しに熱い体温が伝わってきました。
Aの顔を見つめながらシコシコしてあげると、Aは眉間にシワを寄せながら感じています。
たまに私の顔を見て、「見んなよ」と恥ずかしそうに笑ってみせましたが、その顔が堪らなく愛しく感じました。

強く握ったり、優しく愛撫したりしていると、Aのおちんちんは我慢汁でビショビショになりました。

私「凄い濡れてるの分かる?」

A「もうやばい。入れたい」

私「エッチする?」

A「うん、入れさせて」

そのまま正常位でAのおちんちんが入ってきます。

私「あっ・・・ああっ・・・!」

A「やっべ・・・きっつ・・・」

さっきより更に顔を歪めて感じているAにキュンキュンしちゃいます。
私のアソコがキツすぎたのか、Aは挿入後しばらく動きませんでした。

A「・・・動いていい?」

私「うん、動いて」

Aがゆっくりピストンします。

私「あっ・・・!Aの・・・おっきい・・・」

A「◯◯のも・・・すっげー締まる・・・やべーよ・・・」

私「あっ!あっ!あっ!Aっ!Aっ!気持ちいいよぉっ!」

A「・・・っ・・・あっ・・・やばいっ・・・やばいイキそうっ・・・」

私「いいよっ・・・イッていいよっ・・・Aっ・・・!」

A「あっ・・・あっ・・・あっ◯◯っ!◯◯っ!◯◯っ!」

正常位のまま、Aは私を強く抱き締めながらイッちゃいました。
Aのおちんちんが、私の中でビクビク痙攣しているのが分かりました。

A「はあっ・・・はあっ・・・やべ・・・イッた・・・」

私「はあ・・・はあっ・・・もう、この馬鹿」

私はまたAの頬をぺしっと平手打ちし、ぎゅっとハグをして、そのまま眠りました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ねぇ、部屋来ない…?

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン