新着情報

小悪魔な巨乳の先輩

この体験談は約 3 分で読めます。

社会人1年目の冬のこと。

就職により、俺は大学時代から付き合っていた彼女と遠距離恋愛になっていた。
俺の誕生日を翌日に控えた金曜日の晩、俺は遠距離の彼女に週末会いにいく準備をしていた。

と、携帯にメールが。
見ると、会社で少し仲のいい女の先輩からで、「ようやく仕事終わった~」という内容。
すでに深夜で、たぶんもう終電も厳しい時間。

「お疲れ様です~」的な返信をしたら、電話がかかってきた。

「仕事大変っすね~」とか他愛のない話をしていたら、「私、明日誕生日なのに誰も祝ってくれないんだよね~」と言ってきた。

「え?俺も明日誕生日っすよ~」と返したら、「本当?てか◯◯君、会社から歩ける距離に住んでるんだよね?いまから祝いっこしようよ!」と深夜にも関わらず、うちの近くのファミレスで会うことになった。

翌日朝から出掛ける予定があるからと最初は断った(遠距離の彼女に会うためとは言わなかったが)のだが、「始発が動きだすまで」と、二人でお互いに祝いあうことになった。

先輩は会社の中でも結構可愛く、なんといっても巨乳で人気も高かった。
俺も少し気にはなっていたが、遠距離の彼女がいたので特に自分からアクションは起こしていなかった。
ファミレスでケーキを食べた後、話の流れから俺の家に来ることに。
正直下心がなかったとは言わないが、“始発が動きだすまで”と、自分に言い聞かせた。

家に来て最初のうちは世間話をしていたが、次第に先輩が眠くなってきた素振りを見せ始めたので、布団を床に敷いて雑魚寝態勢になった。
緊張が高まる中、俺の手に先輩の手が触れる。
心臓がバクバク言いだした。

「キスしたい?」

先輩にそう言われ、理性が吹き飛んだ。
俺は返事の代わりに先輩に覆い被さり、夢中で唇を吸った。
ケーキの甘い味がした。
何度もキスを繰り返すうちに、先輩が上になって舌を絡ませてきた。
下から持ち上げる形で豊満な巨乳を揉みしだく。
向こうが上になっているため、ただでさえ大きいおっぱいがずっしりと手のひらに押し付けられた。

「体起こして」と言われたので壁に寄りかかる形で上半身を起こすと、壁に押さえつけられて顔から首筋、胸、脇腹と舌でなぞられた。

たまらず勃起した俺のチンコを舐め回す先輩。
ハーモニカのように何度もなぞられ、チンコはビンビンに充血。
カリをすっぽり咥えられてジュポジュポされると、我慢の限界がきて口の中に大量に出してしまった。

「出しすぎ。飲みきれないよ」と笑われたが、遠距離の彼女とヤりまくるつもりで溜めていたので無理はない。

余韻に浸っている間もなく、「早く入れて」とせがまれて、結局そのまま朝まで4、5回ヤった。

朝、一緒に家を出て、先輩は自分の家に、俺は遠距離の彼女のもとに。

その日、遠距離の彼女とさらに2回ヤった。
正直、気持ちいいより疲れた。

その後、なんだかんだあって遠距離の彼女とは別れ、先輩と付き合うことになった。

ある日、「あの時は遠距離の彼女とも2回ヤって大変だったんだから」と告白したら、「彼女に会いにいくんだろうなあと思って、悔しかったから彼女とエッチしたくてもできないように全部絞り出したつもりだったんだけど」と小悪魔っぽく笑いながら言われた。

先輩とはヤるときはいつも一晩中、何回ヤったかわからないぐらいヤりまくっている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン