いとこの娘・かなえ

この体験談は約 2 分で読めます。

今年の夏、同い年のいとこの娘、かなえをオンナにしてしまいました。

いとこは33でバツイチ、田舎にある実家に戻ってます。
毎年恒例で僕ら家族は田舎へ遊びに行くのですが、そのときの楽しみがバツのいとこを抱くことです。
前の旦那しか男を知らないらしく、いろんなことが新鮮に感じるようで、毎年家族の目を盗んではヤッテました。
大きなお尻がたまらなく、最後はいつもバックからぶち込んでます。

今年もまた、海水浴に行った家族を尻目に、誰もいなくなった家でいとことのセックスを堪能していたのですが・・・。

「コトッ」と廊下が鳴る音がしたので・・・。

「おい、誰か帰ってきたんじゃねー?」といとこに言いましたが、
「へいきよぉ~・・・あ~ん・・・まだ~・・つづけてぇ~ん・・」とセックスに夢中。

まあいいやと続けてると、今度はふすまが少し開いた気がしました。
なにげなくそっちの方に目を向けると、すきまからいとこの娘、かなえ(14歳)が息を殺して見ています。
でも、騒ぐ様子も無く、ただ凝視しているので、わざと見せつけてやろうと激しくいとこを攻め立てました。

「あ・・あ・・や・・すご・・・いいぃ~!!・・すごくいいぃ~よ~!」

ベッドがきしんで壊れるくらい、大きなお尻をつかんで腰を打ち付けました。
かなえはまだ覗いています。

「おら・・おら・・・どうだ・・どうだ?」
「いい!・・いい!・・もっと・・もっとぉ~!!!あぁ~ん」
「おい!・・そろそろイクぞ!・・・どこに出されたい?」
「あぁ~・・・中にぃ・・いっぱいだしてぇ~!・・ちょ~だ~い!・・・」
「うっ・・・く・・・あぁ~!」
「きたぁ~!・・・あぁ~・・あぁ・・・あ・・ん・・・」

いとこの中に大量の精子を放出した後、僕はまんこから精子がたれる光景をかなえに見せてやろうと、うつ伏せのいとこをお尻がふすまに向くように動かしました。
いとこはもう脱力して大きな呼吸をして横たわってます。
やがて、まんこから白いどろ~っとした精子が溢れてきました。

「たれてきた、たれてきた・・どーすんだよ、妊娠したら」
「・・・え~・・・だって・・・きもちよくなっちゃって・・・」

なんて会話もかなえに聞こえるようにしてました。
こんな姿を我が娘に見られてるとはいとこは露ほども思ってません。

「ふう・・・そろそろ海に行った連中も帰ってくるし・・・そーいえばかなえはまだかな?」
「あのこは部活だから、まだ帰ってこないよ・・」
「そう」

ふすまの外にいるのに・・・・。

笑い出しそうなのをこらえ、先に着替えて、1階に下りていきました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!