お風呂上がりでノーブラな女友達とロフトで

この体験談は約 3 分で読めます。

ウチで鍋をした時の話。
男2人、女2人で飲みながらワイワイ準備して、何だかんだで鍋が完成。
グダグダ飲み食いしながら話してると結局電車がなくなり、みんなウチに泊まることに。

「風呂に入るからタオル貸して」

男友達の一言に女の子2人も、「アタシにもタオル貸して~」と言い出した。

順番にお風呂に入ってる間に、俺は1人コンビニまで買い出しに。
買い出しから戻り、女の子(ルナと良子)も順番に風呂に入り、出てくるとまたガッツリ飲みモード。
まぁ恋バナや下ネタで盛り上がり、酔いも回って俺は先にダウン。

ロフトで寝てると、「そろそろ寝よっか」とルナが言い出した。
そしたら良子が先に、「私もロフトで寝てみた~い!!」と上に上がってきた。
そんで一緒に寝ることになった。

良子「アタシ、寝る時はブラしないの」

というのを下で話してたのは聞こえてたので、「本当にブラしないで寝るの?」とさりげなく聞いてみたら、「いつもしなーい」とのこと。
同時に下から、「ソファベッドの部屋使うぞ~」と男友達の声がしたので、「適当に使って」と答えた。

俺「腕枕は必要?」

良子「まだ寝ないよ。もう寝るの?」

俺はもう限界だったので、「寝ようよ・・・」と言うと、ここで良子が意味深発言。

良子「え~・・・せっかくお風呂に入ったのに」

とりあえず腕枕をして良子の頭を撫でてると、撫でてる俺の手を口元へ持っていったと思ったら、いきなり指をフェラするみたいに舐めだした。

俺「エロいな(笑)」

ふざけて言うと、照れながらニヤリと笑う良子。
しかし、キスを迫ると顔を背ける。
眠かったし、もういいやと思ってると、今度は俺の乳首を触り出した。

良子「◯◯君もノーブラだね」

なんてことを笑いながら言ってきた。
可愛すぎたので、ガバッと上になりキスをした。
両腕を首の後ろに巻き付けて激しく舌を絡ませた。
胸を触るとピクッと反応する良子。
小さめだが感度はかなり良いらしく、舐めると声が漏れ、良子は自分の手で口を押さえていた。

パンツの上からクリを触ると、「ちょっと待って」と自分でパンツを脱いだ。

良子「濡れやすいからすぐ汚れちゃうの」

恥ずかしそうに言ってた良子のマンコは驚くほど熱く、言う通りグシャグシャだった。
指で弄る度にいやらしい音が響く。

良子「声出ちゃうから優しく・・・ん・・・あっ・・・」

良子は下を気にして声が漏れるのを我慢していた。
俺も痛くなるくらい勃起していた。
とにかく早く入れたくて、ゴムもせずに入れた。

良子「・・・ヤバィ・・・意外にデカィ・・・気持ちいい」

エロいことを呟く良子。
後は激しく突きまくり・・・最後はお腹の上に出した。
終わった後、良子は舐めて綺麗にしてくれた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!