新着情報

お隣の奥さんからバレンタインチョコを口移しされて

この体験談は約 5 分で読めます。

ある町のマンションに今年の1月に引っ越してきました。
マンションって意外と隣近所と付き合いがなく、階が違うだけでまるっきり赤の他人ってとこが、わずらわしくなくて気に入っていました。

引っ越した次の日、お隣の家に家族と挨拶しに行きました。
そのとき、お隣の奥さんの真由美さんと、娘の由紀ちゃんに会いました。
真由美さんはバツイチみたいで、仕事が忙しそうなキャリアウーマンタイプの人でした。
まさかあんな関係になるなんて思ってもいませんでしたが、この日を境にあたしの家と真由美さんの家の家族ぐるみの付き合いが始まりました。

真由美さんは冷たそうな雰囲気の割には話すと面白く、お母さんともすぐに親しくなっていました。
由紀ちゃんは中学3年で、高校受験を控えていて忙しいのか、最初は素っ気なかったです。
でも、あたしの転校先が由紀ちゃんの志望校とわかった途端、よく話すようになりました。
あたしは一人っ子だったので、なんだか妹が出来たような感じで嬉しかった。

親しくお付き合いしているうちにバレンタインデーがやってきました。
あたしは特に好きな男の子もいなかったので、義理チョコも買わずにいたんですが、夕ご飯のときに真由美さんから電話がかかって来て、「お隣さん家に遊びに行ってくるね」ってお母さんに言って出かけました。

行くと、真由美さんが1人であたしを待っていました。
由紀ちゃんは最後の追い込みで塾だそうです。
いつもはスーツ姿か、ジーンズやジャージみたいなラフな格好しか見ていなかったので、黒のナイトガウン姿の真由美さんには少し驚いてしまいました。

「今日は誰かにチョコレートあげたのかなっ?」

話すといつもの真由美さんでした。
好きな人なんていないから義理チョコも買わなかったことを話すと、真由美さんは、よしよしって感じでニコニコしていました。

「私も義理チョコばっかだったよ。本当に渡したい人ってなかなか現れないよね~」

そう言って二人で笑っていました。
真由美さんの入れてくれたココアを飲みながら、下らない世間話に花が咲いていました。
ちょっと変な味のココアでしたが、しばらく経つと体が火照ってきて、特にあそこがムズムズするような感じを覚えてきました。
あとで真由美さんが教えてくれて分かったことなのですが、あたしは媚薬入りのココアを飲まされていました。

「えりちゃん、私、えりちゃんのこと好きだからチョコレートあげるね」

いきなり真由美さんにチョコを渡されました。
小さな一口サイズのハート型のチョコ。
まだあたしは、ただ単に家族ぐるみの付き合いをしているからだと思っていました。

「ありがとう」ってお礼を言うと、「味見をしてね」って一つ包装から出して口に入れてきました。

真由美さんの体があたしの体にだいぶ密着してきていましたが、さほど気になりませんでした。
ビターな感じのほろ苦いけど美味しいチョコでした。

「あ、おいし~い」

「次はもっと美味しい味よ」

真由美さんがもう一枚のチョコを口に含んで、あたしの口に近づいてきました。
あたしはいつの間にか真由美さんのキスを受けただけではなく、口移しでチョコを食べさせてもらっていました。
でも意外と嫌じゃなくて、真由美さんがもう一度キスしてきた時もすんなりと受け入れてしまいました。
初めての女性とのキスで心臓はドキドキ。
でもそれだけじゃなくて、あそこがズキンズキンと疼き、あたしの体を這う真由美さんの指が心地よく、目を閉じて感じていると、もう、あたしの体は裸にされていました。
気がついたら真由美さんも裸で、あたしの足に足を絡ませながら、首筋、うなじ、胸と舌先でなぞって行くたびに、あられもない声を上げているあたしがいました。

女同士で裸で交わるという背徳感。
今までに感じたこともない快楽にあたしは酔ってしまっていました。
そうでなければ真由美さんの言いなりにはなってなかったと思います。

あそこを疼かせて絨毯の上で横になっているあたしは、真由美さんに誘われるままにベランダに出ました。
ここは5階。
人目には触れない安心感がいっそうあたしを大胆にさせて、冬の寒い空気の中でキスをしました。
興奮しているためか寒さはそんなに感じませんでした。
真由美さんはキスの後、あたしをあたしの家のベランダの間仕切りに背をもたれさせて、片足をベランダの手すりの下の方に掛けさせると、下から覗き込むようにして内腿に舌を這わせて来ました。
大きな声を出すと両親に気づかれるかも知れないので、声を殺して快感に耐えていましたが、それも束の間、舌先がクリに触れた時には耐え切れなくて声が漏れ、あそこに舌が這ってきた時には、もう両親にバレることなど忘れていました。

舌が執拗に割れ目をなぞり、真由美さんの長い舌があそこを割って中に入ってきたとき、腰が砕けて、喘ぎ声を上げながら真由美さんに覆いかぶさっていきました。
真由美さんが舌で掬い取ったあたしの愛液を口の中に垂らされました。
愛液があたしの舌に絡みついたとき、得も言えぬ快感が体に走りました。
あたしは真由美さんが愛おしく思えて、真由美さんにも愛液を飲ませて感じさせてあげたいという気持ちが自然に湧き上がったことに驚き、戸惑ってしまいました。

冷えた体を温めるために2人でお風呂に入った時も真由美さんの愛撫は手を休めませんでした。
あたしの体に泡を塗りながら後ろからキスして来たり、湯船の中でキスをしながらお互いの体の隅から隅まで愛撫したり、最後には69の形でお互いの愛液を味わいました。

「えりちゃん、良かったらあたしの恋人になってね」って真由美さんに言われたときは、嬉しさと戸惑いがありました。

家に帰ったら0時少し前になっていました。
お母さんは、「遅かったのね。真由美さんに迷惑をかけたんじゃないの?」と少し怪訝な感じでしたが、「眠くなって少し寝ちゃった」と嘘をついて誤魔化しました。
自分の部屋に戻っても頭に浮かぶのは真由美さんとの濃厚なレズ初体験のことばかり。
今まで、変態がする不潔なことだと決め付けていたあたしは、考えたこともなかったレズのことで頭がいっぱいでした。

想像以上の快感と今までの価値観に悩みながら、その週は過ごしていましたが、日曜日の朝食を済ませると、あたしの足は勝手に真由美さんの家に向かっていました。
そして真由美さんが迎えに出た途端、抱きついてしまいました。
娘の由紀ちゃんは友達の家で勉強をしていて居ないとのことでしたが、今のあたしにはどうでもいいことでした。
玄関でキスをして、お互いの服を脱がせ合いながら連れて行かれたのは真由美さん夫婦のベッドルームでした。
あたしの思いは、毎日このベッドで真由美さんと愛し合いたい気持ちしかありませんでした。
自分の喘ぎ声が家に聞こえても構わないくらいに喜びに身を任せて、真由美さんの全てを求めました。

このときはまだ知らないことも多く、色々な驚きもありましたが、今までの価値観を捨ててレズを選んだことに今は幸せを感じています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン