新着情報

白人と黒人のおもちゃにされた妻[前編]

この体験談は約 9 分で読めます。

「S島に行きたい」と言ったのは私の方でした。

グアムやサイパンより少しだけ遠いのですが、最近になってアメリカ軍の間で大評判のビーチリゾート。
直行便がないので、日本人はびっくりするくらい少ない、まさに『最後の楽園』。
旅行会社の言葉を鵜呑みにしたわけではないのですが、ちょっと遅い夏休みをここでとることには、妻もとりたてて反対はしませんでした。
結婚してもう4年にもなるのに、なかなか纏まった休みがとれなくて、海外旅行も新婚旅行以来です。
妻は2年前、沖縄に行ったときに買ったオレンジのビキニをバックに入れながら、「これまだ着れるかなあー」なんて言ってました。

当日、成田空港のカウンターへ行ってみると、私達の他は50代の夫婦だけというなんとも寂しいツアーでしたが、「せっかくの海外だもん。日本の人ばっかじゃ、それも嫌じゃん」という妻の言葉に、まぁそれもそうだなと思いながら飛行機に乗りました。

機中、前夜の仕事の疲れもあってウトウトしていると、妻の横に座ったいかにもアメリカ人といった感じの金髪の若い男が、しきりに妻に話し掛けていました。
妻は笑いながら、身振り手振りで会話らしいことをしていました。

私「お前英語しゃべれたっけ?」

妻「ぜーんぜんわかんなかったけど。この人、私のことハイスクールに行ってるのかって。10歳も若く見られちゃったよーw」

妻は確かに童顔ですが、いくらなんでも高校生なんて。

私「お前、それはナンパされてるんだよ。あんまり喜ぶなよ」

妻「ヤキモチやいてるー」

妻は笑って機内食を食べ始めました。

S島は、最後の楽園という言葉を裏切らない素晴らしい所でした。
私達が泊まったのは、つい半年前にできたリゾートホテル。
サービスも料理も部屋も文句のつけようがないほどでした。
休みをとってよかったなぁと思っていた私は、妻の水着姿を見て、ますますその思いを深くしました。
オレンジ色のビキニを着た彼女は、結婚当初よりほんの少しだけ肉付きがよくなったものの、逆にそれがなんとも言えず、色っぽくなっていました。

「日本人が多いとビキニなんて恥ずかしいから着れないけど、ここならいーよね?」

そう言う妻に、私はトランクスの水着が突っ張ってしまいました。
夜、一緒に来たご夫婦と星空の下で食事をしている時、奥さんの方がしきりに、「ほーんと可愛らしい奥さんだこと」と繰り返し言っているのを聞いて、私もなんとなくいい気分でした。

その晩、私達は久し振りに、その、夫婦生活をしたのですが、自分の気持ちとは裏腹に、一回出してしまうともうダメでした。

妻は、「じゃ、おやすみー」と言って寝てしまいましたが、彼女はどことなく満足していなさそうでした。

S島に来て、二日目の夜、ご夫婦からゴルフに誘われました。
なんでも帝王と呼ばれたゴルファーが設計したコースがあって、そのコース目当てにこの島に来る人もいるほどだそうです。
私は最近接待ゴルフを始めたばっかりでしたが、ちょうど面白くなってきたところだったので、二つ返事で、「ぜひ、一緒に」とOKしました。

部屋に帰って妻に、「初心者でも気軽にまわらせてくれるらしいし、一緒に行こうよ」と言ったのですが、「運動苦手なのは知ってるでしょ?ま、気にしないで行って来てよ。私はホテルの前のビーチでごろごろしてるからさ」と言われてしまいました。

次の朝、私はゴルフに向かいました。
妻は寝ぼけ眼で、「てきとーにしとくから、ごゆっくり」と言って、また寝てしまいました。

三番ホールの辺りでしょうか、トラブルショットでブッシュに入った私の首筋に激痛が走りました。

「あいたたたあーー」

それはおっきなアブでした。
首すじはみるみるうちに腫れ上がり、熱さえ持ってきました。
一緒に帰ると言うご夫婦の好意を断って、私は一人で帰ることにしました。
郊外の森を抜け、この島唯一の町に差し掛かったところで、ずらりと並んだアクセサリーを見ている、白いノースリーブのワンピースを着た日本人の女性の姿が見えました。

妻でした。

(あいつ、ホテルからどうやってここまで来たんだ?)

不思議に思いましたが、ホテルから出ているシャトルバスの時刻表を熱心に見ていた姿を思い出し、(へえ、あいつ海外初めてなのに結構やるなあ)と変に感心してしまいました。
車で近づき、『おい』と声をかけようと思ったとき、2人のアメリカ人(黒人と白人の2人組)が妻に話し掛けました。

2人とも180センチ、いや、下手をすると190センチくらいある男たちで、157センチしかない妻がまるで子供のように見えました。
妻は困った顔で笑いながら、何か話していました。

(あいつ、ナンパされてるんじゃないか?)

私はすぐに出て行って妻を連れて帰ろうと思いましたが、何か黒いものが胸に広がり、3人を遠くからしばらく見てみようと思い直しました。

(ホテルに帰ったら、ちょっと怒らなきゃ)

そう思ってる私の前で、外人2人は大きなアクションで妻に話し続けます。
3人が何か笑ったような様子が見えた後、妻と男2人は、隣の建物の二階にある、喫茶店風の店に入って行きました。

(あいつ・・・ちゃんと断れないのか?)

私はだんだん不安になって、車をその建物の裏につけて、こっそり店に入りました。
その店は、アメリカ本土からの観光客や、基地から遊びに来ている米軍の兵士たちでいっぱいでした。
客の多くがウイスキーやカクテルを昼間から飲んで、陽気に騒いでいました。
妻に気づかれないように、こそこそと店に入り、ビールをカウンターで買うと、妻と男2人が座っているテーブルへと辿り着きました。

妻の細くて白い背中が見えます。
彼女は私には全く気づいていませんでした。
男2人は、妻を挟んで座り、彼女にカクテルをとって、絶え間なく話し掛けていました。
妻は男2人に挟まれて、キョロキョロしながら、わけもわからず笑っているようでした。
私は、自分でも理解できない不思議な黒い雲が心に広がるのを抑えることが出来ませんでした。

(あいつは、困っているだけだ・・・早く助けなきゃ)

そう思いながらもただ3人を見ていました。
妻は2杯目のカクテルを飲んだ後、急に陽気になったようでした。
彼女は元々、それほどお酒は強くないのです。
楽しそうにケラケラ笑う声もだんだんと大きくなってきました。

左側に座った黒人は、妻の髪や耳を撫で回し始め、彼女のピアスをふざけて噛んだりさえし始めました。
右に座った金髪の白人は、グローブのような手で妻の脚を撫で回し始め、その指は、ワンピースの中に少しずつ少しずつ入っていきました。
私は黙ってビールを飲み続けていました。

(ここで止めなければ、ここで止めなければ)と思いつつ、私は席を立つことが出来ませんでした。

私はただ、必死に会話を聞き取ろうとしていました。

「ユーハブハズバンド?ノーノー、フォゲイッツ」とか「アイシンクユーハドベターチャレンジアナザー」とか「ユーキャンゴーツヘブンウィズアス」とか言う彼らの言葉が聞こえてくると、その度に妻が笑って、「ノー」とか、「えー」とか言うのが聞こえてきます。

黒人はますます遠慮なく妻の耳や首筋を舐め始め、金髪の手はワンピースの奥の方へと消えて行きます。
妻は時折、体を震わせながら、「ストッププリーズ」とか、「やめて、もう・・・」などと言っているのですが、抵抗している様子は見えませんでした。

私の頭が混乱している時、不意に妻と男2人が立ち上がり、階段を下りて店を出ました。
私は慌てて追いかけましたが、外に出ると、ちょうどボロボロのキャデラックが走り去るところでした。
私は夢中でレンタカーに乗り、その車を追いかけました。
ばれないように尾行する余裕はなかったのですが、運転している白人も、後ろの席で妻にまとわり付いている黒人も、それに妻も、後ろの車に気づく様子は全くありませんでした。
バックシートでは、黒人がいよいよ遠慮なく妻の体を撫で回しています。
日本人でも色が白い方の妻が、真っ黒な太い、獣のような手で弄り回されています。

私は、「やめろ、やめてくれ」とつぶやきながら、キャデラックの後ろをつけていました。

車は町を出て、ホテルを通り過ぎ、郊外の森の方へと向かって行きました。
そこはいくつかのログハウスが並ぶキャンプ場のような所でした。
彼らは奥まった所にあるコテージの前に車を停め、まず白人が鍵を開け、その後に黒人が妻をほとんど担ぐようにして中へと入って行きました。
妻は軽くイヤイヤをしたようにも見えました。

私は車を停め、そのコテージの中を覗こうと駆け寄りました。
その時、黒いサングラスをかけた白人の警備員が、「ヘイ!」と大きな声を出して私を捕まえました。
その声に気づいたのか、コテージのガラス窓から、妻を連れこんだ黒人が、上半身裸でこっちを見ました。
彼は私の顔を見ましたが、なんの興味もなさそうに、また奥へと消えてしまいました。

「お前はなにをやってる?ここは私有地だぞ!」

そのようなことを警備員は捲し立てましたが、私が日本からの観光客で、コテージを買おうかと思っているなどと適当な事を言うと、態度をがらりと変えて・・・。

「俺も日本は好きだ。ゆっくり見て行ってくれ」などと言ってどこかへ行ってしまいました。

彼の姿が消えるのを確認すると、私は急いでコテージへと向かいました。
正面のガラスにはカーテンが掛かっていました。

私は、「まだ遅くない、まだ間に合う」と夢遊病患者のようにつぶやきながら、中を覗ける窓を必死で探しました。

5分ほど周りをグルグル回って、やっと裏手の高いところに、通気窓のようなガラスを見つけました。
私は転がっていたドラム缶によじ登り、やっとのことで中を覗きました。

私の目に飛び込んできたのは、ベッドの上で脚を大きく開いた裸の妻と、その脚の間で蠢いている金髪と、後ろから妻の小振りだけど形の良い胸を大きな黒い手で揉みしだきながら、首筋や耳を真っ赤な舌で舐め回している黒人の姿でした。

妻「んん、あ、くう」

妻のくぐもった声が、私の耳に否応なしに入ってきます。
金髪の男がスープをすするような音を立てて、妻の白い太股の間で頭を小刻みに動かしていました。
金髪はすでに裸になっていて、テレビでよく見るアメフトの選手のように盛り上がった肩に、妻の白い白い両足を掛けていました。

金髪「ンーー。ユービッチ、ンー、テイスティイ」

・・・などと言いながら、金髪の男が妻の足の間で頭を動かす度に、彼女の体は小さく反り返り、男の金髪を掻き毟るような動きをしました。
妻の白い体に赤みが差してきた頃、男2人は妻の体を逆にして、同じことを執拗に執拗に繰り返します。

妻「あ、いや・・だ・・め、あは」

妻がひときわ高い声を上げて、一瞬力が抜けたような様子を見せると、男達はベッドの上に立ちあがって、それぞれの下着を取り去りました。
彼らの脚の間でそそり立つモノは、私の常識を越える存在感を示していました。
彼らの足元で胸を波打たせて激しく息をしている妻を、彼らは両側から引っ張りあげ、両方の手に彼らの巨大な棒を握らせました。

「サックアス、プリーズ」と彼らは妻の頬を両側から撫で回しますが、放心状態の彼女は、ただその巨大なモノを握っているだけでした。

金髪が舌打ちすると、妻の頭を両手で掴んで、小さな口に肌色の巨大な棒をねじ込み始めました。
妻は一瞬目を見開きましたが、ようやく彼らが何をして欲しいのかがわかったようで、いっぺん口に入った金髪のモノを出すと、私が今まで受けたことのないような丁寧な舌使いで舐めあげ始めました。

金髪「ウープ、ユーアー、ソーグッド・・・フウアー」

金髪は妻の頭に大きな手を置いて、彼女の頬を撫でながら目を細めています。

妻「ん・・ん・・すごい・・ん」

妻のかすれた声がガラス越しにも良く聞こえてきます。
しばらくその様子を見ていた黒人が、「ネクストミー」と言って妻の頭を自分の方に向けました。
彼女は、金髪のモノよりもさらに一回り大きな黒い棒に、一瞬怯えたような目つきをして黒人を見上げましたが、素直にその巨棒を舐め上げ始めました。
ベッドの上に立った裸の大男の足元の間で、妻の栗色のショートカットが揺れています。
私は十代の頃にも経験しなかったほどの変化を股の間で感じていました。
ふと部屋の中の時計を見ると、まだ11時半でした。
妻は会ってから2時間も立たないうちに、このアメリカ人達のご馳走になってしまったのです。

妻の口での奉仕は15分ほど続きました。
黒人が胸にぶら下げていたペンダントを外して、一言二言金髪と交わすと、それを軽く放り上げて手の甲で受け止め、片手で蓋をしました。
それを広げると、金髪が「チッ」と舌打ちをして、「ユーオールウェイズファースト、ディスビッチイズスペシャル、ガッディム」などと言ってベッドを下りました。
金髪はベッド横の藤椅子に座ってタバコを吸い始めました。
ベッドに残った黒人は、「ウー、ベリーラッキー」などとつぶやき、妻の足首を掴んで脚を広げ、肩に乗せました。

その時、妻に残っていた最後の理性が働いたのか、突然激しく暴れだし、黒人の手から両足を解放しようとしました。

妻「だめ、それはだめ、結婚してるんだから」

しかし妻の抵抗は余りにも弱々しく、逆に黒人の気持ちを余計に昂ぶらせただけだったようでした。

「ユーナイス・・・ドントムーブ・・・リラックス」

そう言いながら、黒人はゆっくり妻の足の間の、あの部分へと巨大な黒い棒を宛てがい、慎重に腰を沈め始めました。
黒く引き締まった巨大な臀部が、ゆっくり沈んで行きます。

妻「ひ・・いや・・いやあ・・だめ・・むり・・あ、あああ」

少しずつ少しずつ、妻の中へと巨大なモノが入っていくと、妻は上半身を激しくばたつかせ、その侵入から逃れようとしていました。
黒い男はまったく動じず、妻の両手を押さえ込んで、ついにその巨大な黒い棒を、すべて収めるのに成功したようでした。
黒い男は、ビールを飲んでいた白人の方を見て・・・。

「ディスジャップイズソータイト・・バット・・ベリージューシー・・ンンプ・・ナイスフェイス・・ナイスボディ・・アンド・・インサイド・・ウーアー」

白い歯を剥き出しにして、そう叫びました。
妻は体を仰け反らせて、声も出ないようです。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Love Treatment

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン