新着情報

ハイソックス好きからストッキングフェチに進化した

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は性に芽生えた頃から女性の脚に惹かれるところがありました。
いわゆる脚フェチと言うやつです。
生脚よりハイソックスを履いた脚がとても好きでした。
高校時代なんかは彼女の高校が白いハイソックス指定だったので、学校帰りに彼女とエッチする時なんかは、制服は脱がせてもハイソックスを履かせたままってことはよくありました。
ただし、その頃はソックスの蒸れた匂いとかはどちらかと言えば苦手で、別にソックスの匂いを嗅ぎたいから穿かせたままエッチしてたわけではなく、ビジュアル的に裸に白いハイソックスを履かせたままの方が萌えるという程度でした。

それが大人になりストッキングと言うものに興味を持ち始めました。
ストッキング自体は高校時代の彼女も休日のデートで穿いてきたことは何度もありましたが、穿いてた方が脚が綺麗に見えるんだなという程度で、エッチの時に穿いてて欲しいのはハイソックスの方でした。

大学を出て社会人になり3年程した頃でしょうか。
同じ会社の一つ年下の子と付き合うことになったのですが、彼女は会社はもちろん休日のデートでも必ずストッキングを穿いていたのです。
最初の頃は、(この子ってハイソックス穿いてくれないんだな)と思ってたのですが、次第に、(ストッキングもいやらしいもんだな)と感じるようになったのです。
ただし、その時はまだストッキングを脱がせる前にじっくり脚を触るという感じで、あくまでストッキングを脱がせるまでのシチュエーションを楽しむ程度です。
その頃になるとストッキングの蒸れた匂いにも次第に興味を持ち始めてて、彼女に気付かれないようにさりげなく匂いを嗅いでました。

ちょうどその頃に見たAVでとても衝撃的なものがありました。
それはストッキングの股の部分を破いて挿入してしまうものでした。

(これ、やってみたい)と思いましたが、いざ彼女とエッチとなった段階で、『ストッキング破かせてよ』なんて言う勇気もありませんでした。

その彼女とも2年ほどで喧嘩別れし、女日照りの日々が1年以上続いた時です。
どうにも我慢できず、出会い系サイトに手を出してしまったんです。
ところが約束にこぎつけても実際にその女が来なかったり、うまくホテルに誘ってエッチすることに成功してもなぜか満足感がないのです。
所詮、俺も相手もエッチだけが目的で愛などないからです。

そろそろやめようかなと思ってた頃、デートの約束をこぎつけた女がいました。
最初からエッチもOKという事でしたが、待ち合わせ場所に来た相手がどう見ても35歳はいってて、しかもブスだったのです。
俺は年下好みだし、エッチだけの関係ならまず顔、と思ってましたから、普通なら軽くデートだけして、携帯が鳴ったふりして「急に仕事が入った」とでも言って逃げるところですが・・・。
相手の女は黒いストッキングにスニーカーを穿いてて、そそられてしまったんです。
晩秋でしたが少し汗ばむぐらいの陽気の日にストッキングにスニーカーです。

(スニーカーの中は相当蒸れてるだろうな・・・)

そう考えただけで、(嗅ぎたい!)と思いました。
それにブスとは言っても生理的に受け付けないほどのブスではなかったし、脚は細くて俺好みだったのと、話している雰囲気で、(もしかしたらストッキングのままやらせてくれるかも?)と思ったので、ホテルに行くことにしました。

ホテルに入り、どうせ今日限りだし、拒否されてもいいやと思い、「俺、ストッキングが好きなんだけど、匂いとか嗅いじゃっていい?」と打ち明けてみました。

女「えー恥ずかしいよ」

俺「変態かな?嫌なら無理にとは言わないけど・・・」

女「昔の彼氏でストッキング好きって人いたし、別に変態とまでは思わないけど・・・。本当に臭いかもしれないけどそれでもいい?」

女は了承してくれました。
黒いストッキングに包まれた脚をじっくり愛撫し、スニーカーを脱がせて、いよいよ鼻を近づけました。
思ったほど臭くはなく、真新しいスニーカーだったこともあり、スニーカーのゴムとかの匂いの方が強く感じました。

スカートを捲りあげ、ストッキングを穿かせたままパンツの中に手を入れアソコをじっくりと弄ってやると、女は三十路とは思えない可愛い声で激しく喘ぎだしました。
さらに攻め続けながら、「ストッキング破いちゃっていい?」と聞くと、「いいよ、好きにして」と言ってくれました。

ストッキングの股の部分にある縫い目の一本線を指でなぞって、とうとう両手で縫い目の辺りを挿入できるほど破きました。
スカートはプリーツスカートだったので、捲ったままパンツを横にずらして、いよいよ挿入しました。
俺は丸裸だったので、ストッキングを穿いたままの脚の感触が直に肌に伝わり、興奮した俺はストッキングの匂いを貪るように嗅ぎながら腰を振りました。

彼女も「イッちゃう、イッちゃう」と叫びながら、興奮してか自分で自分の穿いてるストッキングの太もも辺りを爪で破き始めたのです。

その姿に俺はさらに興奮してもう我慢できなくなり、コンドームは付けてたので中で思いっきり出しました。
事が終わった後、本当か嘘かはわからないけど彼女は、「今までで一番興奮したし気持ちよかった」と言ってくれました。

それから半年以上経ちますが、あくまでセフレとしてですが、俺達はまだ続いてます。
彼女はいつもストッキングにスニーカーを穿いてきてくれて、ストッキングのままさせてくれます。
最近では、事が終わった後に破いたストッキングを脱いで、「はい、お土産!」と手渡してくれるようになりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳乳メトロポリス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン