新着情報

彼とよりを戻したくて・・・

この体験談は約 5 分で読めます。

付き合っていた彼が、他の女の子になびいてしまった。
付き合いが長くなって安定感はあるものの、刺激が無かったのとか。
まぁぶっちゃけると、きっと私にはもう飽きてしまって、その子との恋愛が楽しくなっていたんだろうね。
一緒にいても彼がつまんなそうにしていたり、隠れているつもりなんだろうけれど携帯でこそこそと連絡を取り合っていたり、財布に二人で撮ったらしいプリクラとか携帯に二人でくっついたりキスしている画像があったり・・・。
私もやめればいいのに、そういうものを隠れてチェックしては、見つけて落ち込んで彼にぶちまけたりして。
大喧嘩して別れ話まで行き、その後は見た事が言えずに不機嫌になったり、落ち込んでイライラしたり、最悪で最低な毎日だった。
当然そんな私を彼は余計に鬱陶しがって、どんどん離れていく。

彼はそんな状態になっても、余程キレない限りは自分から『別れよう』とは言わず、私はずっと放っておかれた。
私も、もう愛情なんだか執念だか分からないけれど、彼とどうしても離れたくない。
私が今離れたら、彼と相手は幸せになって、私が1人不幸なまま。
そんなの耐えられない!
彼が居なくなればもう私は終わりなんだと思い込んでいて、友達の忠告も聞こえず、本当に一人になっていった。

いつまでも別れない彼に相手が痺れを切らし、とうとう彼から「絶対にもう二度とやり直せない」と思いつめた顔と声で言われた。
何度目かのこんなシーンに、いつもとは違う諦めの感情が湧いてきた。
選ばれなかった自分が惨めで情けなくて、涙ももう出なくなっていて、ただ一言「最後だから、最後にせめてセックスしてください」と言うと、彼は最初は「嫌だ」とか、「そんな気になれない」とか言っていた。
私が「お願いします」と足元で土下座をしてお願いして彼を見ると、凄く嫌そうな顔をしていた。
でもそんな顔はここ最近ずっとされていたから・・・。

「最後くらいお願いだから優しくしてよ。私はずっとあなただけだったんだよ。もうエッチもしなくなってどれ位経っていると思うの。最後なんだからそんな目で見ないで。別にこれで妊娠して引きとめようとは思っていないから」

そう言うと、彼はしぶしぶと認めてくれた。

彼はベッドの縁に座って、面倒臭そうにジーンズと下着を脱いで、無言で仰向けに倒れた。
私は彼の気が変わらないうちに急いで側に寄り、彼のポヨポヨのペニスを舐めた。
口はいつも褒められるもののあまり好きではなく、いつもはどちらかと言うと拒否していたけれど、最後だと思うと愛しく感じた。
無言だった彼も、すぐに反応して、声が漏れたり足がぴくぴくと動いた。
感じている彼が可愛くて、どんどん動きを速くして、また吸い上げた。

彼はすぐに「だめ、イッちゃうよ」と言うので、口を離してしまった。

「ねぇ、口で出したらもう終わり?」と聞くと、「え?」と聞き返された。

私は「口で出して終わりになっちゃうなら、今すぐ入れたい」と言っていて、ふと気がつくと、口は離したままだけれど、私はずっと私の唾でヌルヌルになった彼の亀頭を指で軽くこねていた。
彼は凄く苦しそうな感じに悶えていて、「ね、もう出させて」とお願いしてくる。
本当に久々に見る彼のそんな姿。

私「今イッても、ちゃんとまた入れてくれるならいいよ」

彼「なんでもいいから、お願いだからイカせて」

すぐに口に咥えて3~4回動かすと物凄い量の精液が出て、彼の体はガクガクと震えた。
以前だったら飲めなかった精液。
出したら『終わり』と言われそうで、飲み込んだ。

彼の精液が出尽くしたと思い、顔を離すと彼はぐったりしている。
私は、まだ大きくなったままヒクヒクと動くペニスに、下着を脱いだだけの格好で跨がり、中に入れた。

彼「今、ダメだって」

そう言う彼の両手を彼の頭の上で押さえつけ、私は夢中で腰を振った。
膝を立てて、凄く疲れるけれど、ただ前後に擦りつけるように動くよりは彼のモノを刺激して大きくさせ続けられるように、見せつけるように動いた。
彼は最初こそ抵抗しようと藻掻いたものの、だんだん抵抗が弱まり、私との結合部分を見たり、また微かに声が漏れ出していた。
私は声を出して感じているようにしながら、実は頭の中は全然覚めていて、どうすれば彼が喜ぶか、それだけを実行するために彼を観察し続けた。
また彼が感じ始めてイキそうになった時、私はその動きをやめて前後にゆっくり押し付けるように動いた。
彼はもっと刺激が欲しいようで、私のお尻を抱えて下から突き上げてきたけれど、私はそのポイントをずらして動きを変えたりした。

私の動きではイケないと悟った彼は、私を押し倒して被さってきた。

「調子に乗んなよ」って言われて、下から彼を見上げていた。

いつもこの位置だったよなぁと、ふと思って、今見上げるこの姿勢だけれど、いつも目を閉じていた事を思い出し、私は目を閉じなかった。
今日は、彼をずっと見ていようと思った。

彼が一生懸命動いていて気持ち良いけれど、それよりも、私の体温と感触を思い出して欲しいと、そっちの気持ちのほうが強かった。
それでヨリが戻るとは思えなかったけれど、何も無かった私の最後の抵抗というか足掻きだったのは確かだった。
でも気持ちの中にまだ、(男は結局こういうことすれば満足なんでしょ)のような浅はかな考えもあった。
だからこそフラれたんだろうな・・・。

一生懸命頑張って動いている彼がとても愛しくて、そしてその快感を今与えているのは私なんだと思うと、とても幸せだった。
今、彼は私に夢中になっていると思えた。
たとえその瞬間だけでも。

彼の動きがだんだん速くなり、力強くなって、私の中でより膨張してきたのを感じた。
彼の表情は、どうしていいか分からないような困った顔になり、私は彼の目を見つめたまま、「どこでもいいよ」と言った。
彼がもういよいよという動きの時に、「好き、大好きなの」とうわ言のように言っていた。
彼は無言で私から目を逸らして横を向き、慌てて離れると、スカートが捲れていた私のお腹の上に出した。

肩で息をして動けないでいる彼を見ながら、私のお腹の上でだんだん冷えていく精液を指で撫でていると、肌に塗りこまれたようにすぐ乾いてしまった。
動けない彼は肩を落としてうなだれているようで、何か反省して後悔しているようにも見えた。

そしてそのまま彼は、私と目を合わせないように自分の後始末をすると、背中を向けて玄関に行き、黙って靴を履きだした。
私はゆっくり起き上がって彼の側に行こうとすると、彼はそのままの姿勢で、「やり直さないから。今やっぱり後悔したから」と言った。
その言葉が信じられなくて、(だって今、2度も私で射精したじゃん!)と思い、彼の背中に抱きついて、「愛してる、やっぱり愛してる」とすがるけれど、彼は振り向きもせずに出て行ってしまった。

私は呆然として、でもすぐに靴を引っ掛けて走り出したものの、彼はいつも通る道ではない方に歩き出したらしく、大通りまで走っても彼の姿を見つけることは出来なかった。
室内にいたので、Tシャツとスウェット地のミニスカな格好に、つっかけていた靴は仕事に行く時用のパンプス、しかもバレてはいないだろうけれどノーパン。
物凄くチグハグな格好をしながら、乱れた頭でみっともなくべそをかきながらとぼとぼと帰った。

振られるとなると、本当にみっともなく必死になった。
今思い出しても恥ずかしい。
でも、本当にそのとき必死だった自分に今会えたとしたら、『この時彼が離れていった事は、後々自分の為になるんだよ』と言って慰めてあげたいです。

長文でスマンでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Love Treatment

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン