新着情報

誰もいない終電で上司と中出しセックスしちゃった

この体験談は約 4 分で読めます。

OL1年目の、みかです。
先日、会社でちょっと遅い歓迎会があり、かなり飲まされました。

私の会社では、女子新入社員はすべての男性上司達と“氷の口移しゲーム”というのがあって、ゲームで負けると上司達と氷が溶けてなくなるまで順番に口移ししていかなければなりません。

お酒の弱い私は負けてばかりでした。
中にはわざと口の中で氷が小さくなるまで溶かして、「舌で取りなさい」なんて言う人もいて、私はほとんど全員の上司と舌を絡ませたディープキスをしたような感じでした。

その帰り、なんとか終電に乗りました。
他に乗客もいなかったので、酔って苦しかったブラを外し、上着を脱いでキャミソールだけで眠ってしまいました。
ウトウトしかけた頃、隣に人が座りました。

(他にも沢山空いているのに・・・)

そう思いましたが、あまり気にせず目を閉じていると、隣の人が私の太ももに触れてきました。
ビクッとしましたがそのまま寝たふりをしていると、今度は手を撫で、指先で私の乳首に触れてきました。

隣の人が、「ノーブラじゃない・・・エッチな気分なの?」と聞いてきましたが、私は寝たふりを続けました。
男の人は乳首をいやらしく触り続け、「いい胸だね」と言いました。

「こっちはどうかな」と言ってスカートに手を入れ、パンティの上から指でなぞってきました。

「パンスト穿いてるのか?いいよね」と言ってパンストを破ってしまいました。

そしてパンティの横から指を入れてきました。

「すごく濡れてるよ。大洪水じゃない」と言ってクリトリスを刺激しながら、今度はキャミソールをたくし上げ、乳首をしゃぶってきました。

いやらしい音を立てられ、私もすごく感じてしまいイキそうになりましたが、なんとか我慢しました。

「こっちも舐めてあげないとね」

そう言ったので今度は何をされるんだろうと思っていると、私の足を椅子の上でM字型に立たせ、今度はパンティの横から入れていた指を抜いて舌を入れてきたのです。

「起きてるんでしょ、感じてたら声だしてよ」

しばらく我慢していましたが、あまり舌使いが上手いので思わず、「あっあっ」と声を出してしまいました。

「やっぱり起きてたのか、いい声だね、俺ももうたまらないよ」と言って、私に抱きつきキスをしてきました。

初めて顔を見ると会社の上司でした。
今日のゲームで一番しつこく舌を入れてきた上司で、いつもお尻を触られたりセクハラされていました。
びっくりしましたが、もう体が言う事を聞かず、上司が絡めてきた舌に反応して私も舌を絡めていました。

その時、車掌さんが入ってきました。
車掌さんは胸を露出してエッチなキスをしている私達をびっくりした顔をしてしばらく見ていましたが、すぐに通り過ぎていきました。

「今日の君のキスでエッチな子だと思ったんだ、もうこんなになっちゃったよ」

上司は、そう言っておちんちんを出してきました。
すごく元気になっていました。
思わず私が口に含むと、「あーいいよっ」と言って背もたれにもたれかかり、今度は受身の体勢になりました。
私がフェラチオを続けていると、「君の舌使いはすごいよ、今度は君も気持ちよくなるんだよ」と言って私を上に座らせ、私のおまんこにおちんちんを宛てがい、「ゆっくり座りなさい」と言いました。
私は「はい」と言い、上司の首に抱きつきながらゆっくり腰を下ろし、おちんちんが奥まで入った時は思わず「はぁーッ」と吐息を漏らしてしまいました。

それからはお互いに貪るように腰を振り続け、上司が「もう出そうだ」と言った時、私は思わず「中にいっぱい下さい」と言ってしまいました。
上司は「いいのか?」と言い激しく私を突き上げてきて、上司が射精した時とほぼ同時に私もイッてしまいました。
そのまましばらくおちんちんを抜かずに、お互いの性器がびくんびくん脈打った感じを楽しみながらキスしていました。

5分位しておちんちんを抜くと上司のズボンは精液と私の愛液で汚れていました。

「すみません、汚しちゃいましたね」と言うと、「いいよ、今日は君の家に泊まるから」と言ってまたキスしてきました。

そのまま15分位、特急が駅に着くまでずっとキスしていました。

電車が駅に着き、私の家に向かう途中の公園で木に手をつかされ、後ろから突かれました。
家に着いてからも朝方までエッチし続けました。
体の相性はすごく良いようで、何度でも求め合いました。

朝起きて、私が朝ご飯を作っている時も後ろから突かれました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン