新着情報

公園で仲良くなったスナック勤めのママと

この体験談は約 5 分で読めます。

数ヶ月前にこの町に引っ越して以来、仕事のない日曜日は近所の公園で本を読みながら過ごす事が多くなった。
そんな公園でよく見かける20代後半くらいの水商売風の子供連れの女が、同じ時間帯に公園にいる事に気が付いていたが、最初はこれといって接触する事もなかった。

しかし幼稚園か小学校低学年くらいの女児が俺に懐いてしまい、自分で作った泥団子や持ってきた玩具を、「これ見て見て」と声を掛けてくるうちに、自然と俺とその水商売風のママと会話を重ねるようになっていったのだった。
会話を重ねていくうちに、俺が最近引っ越してきた事や、相手の5歳の娘は前の旦那の子で、ベビーカーで眠っている2歳児は今の旦那の子だとか、そういった踏み込んだ話まで出来るようになっていた。

そもそも俺が相手の女を水商売風だと思ったのは、髪型、顔付きもさることながら、黒のタイトのミニスカートに黒のストッキングを穿き、子供の目線に合わせてしゃがんだ時に、スカートの奥に見える白いパンツが確実に俺に見えているとわかっている位置にいながら、それをあまり気にしてないような大胆さがあったからである。
そして事実、そのママは夜は地元のスナックでホステスをしているとの事で、「またお店にも来てください」というような感じにもなった。

日曜日限定で1時間前後。
共に時間を過ごす関係となって数週間が過ぎ、俺はたまには太陽の下で飲むのもよかろうと思い、コンビニでビールの500ミリを2缶買い、いつもの公園に向かった。
すると既にママ(以後、エミと呼ぶ)は2歳の娘だけを連れて公園にいた。
5歳の方は離婚した旦那側の祖父母と遊園地に行っているそうだった。

相手が水商売という事もあってか、エミは気さくに、「えー昼からビール??それ私の分?」と2缶持っている俺に言ってきた。

「飲む?」と言うと、「じゃ、頂こうかな」とエミは言い、俺と2人でベンチに座りビールを飲むようになった。

それで仕事の話などをしているうちに、話は少しエッチな展開になり・・・。

俺「主婦って昼間めっちゃ暇してるって聞きますけど、本当なんですか?」

エミ「う~~ん確かにそうかもね~~」

なんて答えた。

そんな話をしているとビールはすぐになくなった。
するとエミは、「今日どうせ夜(仕事)入ってないし、このまま飲む?私はOK」と誘ってきたのだった。
俺は「俺も全然OKっすよ」と2人はそのまま公園からすぐ見えるエミのマンションで飲むことになった。

まだ社会人2年目で、そこまで人生経験のない俺は、旦那が居ない間に人妻の家に勝手に上がりこんで酒を飲むなどという行為が非常に倫理的に外れているような気がした。
が、『昔ヤンチャしてました』というような雰囲気を持つエミからすれば、これといって気にするような事でもなかったのかもしれない。

マンションの室内に入るとエミは冷蔵庫からビールを出してきた。
そしてまた飲み始めたのだが、座る場所が通常のテーブルと椅子というようなものではなく、低いテーブルにあとは胡坐で座るだけのようなシンプルなものだった。
もちろんミニスカを穿いているエミは冷蔵庫や台所に用事に立っては座るたびに俺にピンクのパンツを見せてきたのだった。

(誘われてるのかな・・・?いや夜の世界の女ってこういうもんか・・・?)

俺には判らなかった。

エミは2歳児の娘にも食事を与えながら俺と対話をしていた。
すると結局こうなっていく宿命だったのだろうか。
また話はエロ系に流れていった。

そして俺も酔いが回り・・・。

俺「旦那さんと週どれくらいの頻度でエッチしてるんすか?」

とうとうストライク過ぎる質問をすると、エミは、「1回あればいいほうかなー」なんて平然と答える。

俺「じゃ、溜まってきたりしません?男からしたら週1回しか出せないとか無理っすからw」

エミ「まぁエッチしたくなる時もあるよね・・・。旦那はたぶん、会社の連中と風俗とか行ってるから溜まったりしないんやと睨んでるw」

俺は勇気を出して聞いてみた。

「今はどうなんすかw」と・・・。

するとエミは、「え、なにw私誘われてる?ww」と言った後、「まぁ、こういう展開もなかなか無いんで、ちょっとは濡れててもおかしくない状況かもね」と言ってきたのです。

俺「マジっすかww」

俺が驚くと、エミはゴソゴソと自分のスカートの中に手を入れて、濡れているかどうか確認し始めたのだった。
それを俺はドキドキハラハラした気持ちで見つめていた。

エミは手を取り出すと、「濡れ度70%くらいw」と答えたのだった。

俺は、「それってそこそこ濡れてるって事ですやんww」と言ったと思う。

その時すでに俺はエミの隣に移動していたので、勇気を振り絞り胸を掴んだ。
するとエミは、「アッ・・・」と声を上げた。
今思えば、絶対それくらいで声を出すほど感じる事なんてないと思うが、俺を誘う為の演技だったのだと思っている。

胸を揉んでいるとエミは自ら足を広げ始めた。
俺はエミの両手を低いテーブルに付かせ、突き上げた尻のスカートを捲り、Tバックのパンツをずらして中に指を入れた。
エミは、「ナナちゃんはオネンネしとこっかー」などと、指を入れられながら娘に話し掛けていた。
2歳の子供はそんな光景をじーと見ていた。

そしてすぐにエミの携帯が鳴ったのだった。
一瞬で旦那からだとわかった。
どういう用件かというと、急遽旦那の仕事の現場がもうひとつ増えてしまったので、増えた現場に入る為の入場許可証を取りに帰るというのだった。
すでにこちらに向かっているらしく、およそ2、30分くらいで着くとのことだった。

エミ「やばw旦那あと2、30分で帰ってくるって!」

俺「え、マズいっすね。帰りますわ」

するとエミは、「まだ大丈夫だと思うよ」と言うや否や、俺のチンポをズボンの上から擦りだし、一気に攻めの姿勢に変わったのだった。
エミはズボンの中で勃起しているのを確認すると、即座にベルトのバックルを緩めてチャックを下ろすと俺のチンポを出しフェラを始めたのだった。
フェラの時間は3分もなかったと思う。
ただ入れる為のだけの勃起確認というようなものだった。

そしてフェラをやめると、また先ほどのテーブルに手をつく姿勢をし、自らピンクのTバックのパンティを膝まで下ろして・・・。

エミ「もう入れちゃおうよ」

俺も急いで立ち上がり、エミの中に立ちバックに近い状態でゴムも付けずに挿入したのだった。
時計を見ながら・・・。

(あと15分はいけるな。いや15分しかない!)

高速で腰を振るとエミは、「アアアン!!!!きもちい!!!」と大声を上げた。
娘は驚いて目を丸くしていた。
俺が少し疲れてきた頃にエミはそれを察知し、今度は座位になって、俺のチンポを自分の中に入れると、即座にパンパンパン!!とリズミカルに音を立てて腰を振り始めたのだった。

エミ「イクときは言ってね!」

俺「あ、うん・・・!」

俺もイキそうになるのを必死で堪えた。

そしてとうとう、「イキそうです!」と言うとエミはダッシュで俺の中から抜け出し、後は手コキで最後まで精液を絞りだし、口で掃除してくれた。

それからタオルで拭ける部分は吹き、ダッシュでズボンを穿き、俺は逃げるように家を出た。
その後エミは散らかる空き缶を掃除したり、乱れた髪の毛や服装を整えたりしていたのだろうと想像できる。

それ以降も公園で何度か会い挨拶を重ねたが、しばらくして突然、エミの姿は公園から消えた。
そうなってからは俺も公園に行く事もなくなってしまったのだった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貢ぎ盛り

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン