新着情報

教室でお漏らしオナニーしてたら同級生に見つかって

この体験談は約 6 分で読めます。

オナニー覚えたての頃、風呂場でヤるのがマンネリだったことがある。
当時は、うつ伏せになって両手で外からマンコを揉んでただけなんです。
イッてもアソコがピクピクするくらいで。
そこで、教室で・・・と思った。
実際、体育館では部活とかやってるけど、放課後の教室は全く人が居なかったの。

さて実行の日。
見られてなくても緊張して、とりあえずスカートの上から机の角に股間を擦りつけた。
どんどん『羞恥心<気持ちよさ』になってきて、クリトリス辺りを擦るとじゅわじゅわ濡れてくるのがわかって、今までではありえないほど興奮してきた。

もうスカートは捲れ上がって、ガニ股になってびしょびしょ。
パンツの上から擦りつけ机オナニーってなってた。

「はぁ・・・あぁん・・・」って声が漏れたのも初めて。

エスカレートする動きで、もう周りの世界は完全シャットアウト。
イク寸前の、あのくぅーってマンコが盛り上がってくる感じ(?)になってからの擦り擦りはたまんない。

(もうイク!誰もいないし、いいやっ!!)って思った。

AVで見たように思いっきり声出そうって。

「・・・あぁぁはぁ~ん!!うぅ~んっっ・・・いやぁっ・・・!!ぅんっ・・・!ぁんっ!!」

びくびくびくびくびくびくびくっっっ!!!

今までにない快感に腰が反り返って昇天。
頭は真っ白。
そしてピクピクするクリトリス付近から液体がしゃぁぁぁ~っと漏れ出す。
ボーっとした頭でも、止めなきゃ!止めなきゃ!とだけは思いました。
・・・お漏らししちゃったんです。
(潮じゃなかった)
後から現場検証すると、腰を反り返しながら前方に向かっておしっこを噴射した模様。

終わった後に、突然襲ってくる罪悪感とパニック。
パンツはヌルヌルのべしょべしょ、机やイスはおしっこまみれで・・・。
(自分の机でやってたんだけども)
床なんて広範囲に渡って飛沫地帯が・・・。
とりあえず教室にあった雑巾で机とか床を拭きまくって、机と椅子を違うとこのと取り換えた。

スカートは黒いし厚手だったので、パンツが濡れたまま家に走って帰る。
秋だったから結構寒かったはずだけど、感じないほど急いだ。
家で着替えて、しばし呆然として、ご飯も食べれなかった(笑)

ショックな体験だったのに、この経験以来、教室オナニーがやめられなくなった。
家でする時はお漏らししないのに、教室だとお漏らしが癖になっちゃいました。
最初みたく周りを汚すのは困るので、教室の角の低い棚で角オナをやるようになりました。
(擦り擦りが病み付きになっちゃって・・・)
そこなら、隅っこに向けて漏らすので、掃除が楽だったんです。
パンツも洗濯で親にばれないように、秋冬は使わないスク水を半分だけ穿いてやっていました・・・。
スカートも穿いてないと落ち着かなかったので、濡れないように捲り上げて、かかった時は消臭スプレーで誤魔化しました。

要領も得て(笑)、教室お漏らしオナニーをするようになって1ヶ月くらい経ちました。
その日も教室の隅で擦り擦りやって、絶頂が近づき、声を出しながらラストスパートに入った頃・・・。

“ガガッ・・・”って背後で音が。

でも自分の世界に入って、しかもイク直前だから頭が働いてなくて・・・。

「あぁん・・・はぁッ・・・ぃやはぁっ・・・ぅんっっっ!!!!!(ビクビクビクビクッ!!!)」

いつものように昇天して、白目を剥きながらピクピク・・・しょわわわわぁ~~~。
お漏らしもいつものように遠慮なく放射。

「はぁ・・・はぁ・・・」

息を整えて、意識もはっきりし、さて片付けなくちゃと思っておしっこの海の上に立ち上がった時・・・。

「何やってんの・・・?」

後ろから男の子の声が。

「え?」って振り向いた一瞬は、状況がうまく読めなくて。

次の瞬間、呆然としてくらくらした。
そこにいたのは、同じクラスの良太(仮名)。
サッカーのユニフォームを着ていたから、部活の合間に忘れ物を取りに来たんだと思う。
もちろんその時はそんなこと冷静に考えてられなくて、「ちょっと水こぼしちゃった・・・」って言い訳にならないことをいう私。

良太「そっか・・・」

良太も呆然としてる。
しばらく沈黙が続いたとき、良太が口を開いた。

良太「今の、一人でしてたんでしょ・・・?」

ちょっと笑ってる。
良太はまぁ普通の中学生の男子って感じで、ときどき友達とエロ話はしてるのを聞いたことがある。
血の気が引いた。
おしっこの海に突っ立ってる私には言い逃れる手立てはないから・・・。

私「そう・・・だけど・・・お願いだから誰にも言わないでね」

良太は頷いて、「うん、言わない」と言った後、雑巾を私に投げてくれた。
そして、信じられないことを言ったんです。

良太「その代わり・・・今度また見せてよ」

私「え?」

良太「明日とかでもいいから。部活の前に来るから。見る以外のコトは絶対しないから」

良太も顔が真っ赤で少しどもってたけど、こう言ったの。
私は私で、人にばれないなら何でもするって思いで、「わかった」って言ってしまった。

その次の日の朝、クラスのみんなにばれてないらしいことを確認した私は、本当に放課後、いつもみたくスク水を穿いて教室にいた。

良太「あ・・・ほんとにいたんだ」

良太が教室に入ってきた。

私「みんなに言わないでくれて、ありがとう・・・」

良太「言わないよ」

私「約束だからさ・・・人が来たら言ってね・・・」

私は良太一人で済むなら、それでいいと思っていた。
あんな目にあっても、あの快感を捨てられなかったの。

良太は近くの机の椅子を引いて、それに座った。
私はスカートを捲って、水着越しに棚のところにお股を当てた。
擦り擦りしようとしても、どうしても良太が気になって・・・。
いつもの半分くらいのスピードと力でしか、オナニーが出来なかったの。
それでも時間をかけたら、だんだんいつもの感じになってきた。
焦らされてる感じで、今までにないくらい濡れてることに気付いちゃった時・・・。

良太「やっぱ・・・人が見てると無理??・・・」

良太が言ってきた。
ちょっと眼が潤んでた。

私「大丈夫だよ」

私は構わず、擦り擦り・・・。

私「はぁッ・・・はぁッ・・・はぁッ・・・」

息が切れてきた。
いつもより弱い刺激を長時間与えたせいか、(イク時にすごそう・・・)っていうのがわかった。
お股はもうグショグショ。
黒い水着でもそうってわかるくらい、ヌルヌル濡れてる。
スカートは完全におへその上まで捲れ上がってる。

私「あぁぁぁぁっ・・・ふぅッ・・・ゥんっぅんっ・・・」

だんだん擦り擦りに夢中になって、良太のことが気にならなくなってきたの。
良太の方をちらっと見た。
良太は身を乗り出して、爛々とこっちを見つめる。

私「へぁッ・・・気・・・持ちよく・・・なってもいい・・・?あぁっ!!」

良太「うん。いい」

良太の一言で、私はラストスパートに入りました。

私「ゥンッ・・・あぅんっ・・・あぁはぁんっ・・・」

いつもと違う昇天が近づいてた。
恥ずかしいからやめたいっていうのと、早く早くって気持ちが混ざって、頭がわけわからなくなってきた。
オマンコにくぅーってくる、熱い感覚。
クリちゃんが角に当たるたびに電気が走る。
一瞬、ふわっという感じが全身を襲って・・・。

私「はんッ・・・ぅんっっっっっ!!ぃやっぃやっいやっ!・・・あぁぁああああああああ!!!!!!!」

びくびくびくびくびくびくびくびく・・・。

全身を貫く快感に腰を反らして悶える。
足はガニ股になって、おっぴろげになったグチョグチョお股からはおしっこが噴き出す。
半分くらい意識を失いかけてたけど、(おしっこ止めなきゃ・・・)って、麻痺したおまんこにキュッと力を入れると、クリちゃんが刺激されて、信じられないくらいビクッとなっちゃった。

私「はぁ・・・はぁ・・・」

呆然としたまま、へたり込む私。
でもまた床に股間が触れて、ビクッとなっちゃったの。
もう全身性感帯。

そこで良太のコトを思い出した。

(恥ずかしい・・・)

そう思って恐る恐る良太を見る。

私「ごめん・・・」

良太もぼーっとしてた。

「大丈夫」ってよくわからないことを言って、立ち上がった良太は気まずそうに俯いた。

良太「ごめん・・・俺のも頼めない?」

良太のズボンは中のモノで突き上げられており、良太はズボンの上から片手を入れてそれを触っていた・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Sexy call

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン