新着情報

優しい愛に包まれる両親の寝室

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の体験ではなくて、小学生の頃に目撃した、未だに、おそらく一生忘れられない両親のセックスの話で恐縮なんですが・・・。
20年くらい経った今でも、昨日のようのことに思い出します。

少学5年の夏休みが終わりの頃でした。
いつものように飯を食って風呂に入って一旦寝たんですが、なんか夜中1時頃になっても寝つけませんでした。
で、何か食おうかなと思いつき、1階の居間に行くことにしました。

階段を降りかけたところで、両親の寝室のドアが5センチくらい開いていて、何やら声が聞こえました。
俺は、既に何回も、その声と気配を感じたり目撃していたため、ある意味慣れていました。
時には、部屋に帰ってオナニーのおかずにしていたので(笑)

だからその時も、「あ、またヤってるのかな。でもドアしめろよな~!」と、半分ムカツキながらも、いつものようにスケベ心がムクムク湧いてきたので、抜き足差し足でドアの隙間に近寄り、息を潜めて、中の様子を窺いました。

この日は、月の光がとても明るくて、部屋の中はわりと鮮明に見えました。

ベッドの上で、パジャマ姿の父が、仰向けに寝ている母に覆い被さるようにしていました。
セックスする前か、した後かはわかりませんが、抱き合っていました。
何故か母はすすり泣いていました。

そんな母を父は抱き、キスしたり頭を撫でながら・・・

「大丈夫や。何も、心配すんな。◯◯(俺)も◯◯(妹)も、ええ子やから」「俺がついとるから、何も心配すんな。大丈夫、大丈夫。愛してるから。待っとるから・・」「心配すんな◯◯(母の名前)愛しとる!俺がついとるから!」などと、大きな声で語りかけていました。

やたらと「大丈夫」とか「心配すんな」を繰り返す父に、俺は何か、いつもと違う雰囲気を感じていました。
なんか、切羽詰った雰囲気でした。

その後、母が半分叫ぶように、「◯◯ちゃん(父の名前)、私怖い・・!嫌や~。お願い、ずっと抱いてて!怖い!」と言いました。
そしたら父が、「アホ!おまえがそんな弱気でどうする!絶対戻ってこような、大丈夫やから!」と叫ぶように言い、なんか父まで泣き声っぽくなってきて、二人で抱き合って大泣きし始めました。

俺は唖然としましたが、目が離せなくてそこから動きませんでした。

しばらくしたら、母の泣き声がなんか喘ぎ声ぽくなってきて、フッと見ると、いつの間にかパジャマを脱いだ両親がヤってました。
父は何度も母の名前を呼び、今まで見た事もないような優しい仕草と声で、母を愛撫していました。
母は喘いでいるだけでなく、やっぱり泣き続けていました。

「絶対直るから。絶対良くなるから。俺がついてるから!頑張って治そうな。正月になったら、また◯◯(俺)と◯◯(妹)とお前で、グアムあたり行こうか!なぁ!」と、父が母に語りかけました。

その時になって、俺は母が何か病気かケガをしていて、ちょっとヤバイ事になってるのだということを、初めて知りました。

(母ちゃんヤバイんか?どんな病気なんや?何なんだ一体!!)

激しく動転しましたが、俺は何故か一歩も動けず、声も出せないまま、両親をそのまま見ていました。

そうこうしているうちに、母がいつの間にか父の上に乗り、腰を動かし始めました。
布団がほとんど剥がれていて、揺れるオッパイが月の光で丸見えでした。
母は泣いているようにも笑っているようにも見えました。

「◯◯ちゃん(父)と結婚して、私とっても幸せや・・」みたいな事を、母は言いました。

何故かその言葉で、俺は、勃起しながら泣いてしまいました。
その後、どのくらいその場にいたか覚えてませんが、気付いたら俺は自分の布団で泣いてました。
その夜は、結局一睡もせずに終わってしまいました。

その翌日、ばあちゃんが家にきました。
母は、「お母さんしばらく病院行くから、ばあちゃんにご飯作ってもろてね」みたいな事を、普通に明るく言い、病院に行きました。

俺は、頭が真っ白になりました。

妹は全然わからないみたいで、「いってらっしゃーい!」と元気に送り出しました。

母は、そのまま入院し、11月に亡くなりました。
末期の膵臓ガンでした。
38歳でした。

父は、男手ひとつで俺と妹を育てあげ、妹を嫁に出した4年前、母のところに行きました。

俺は今、嫁さんとこの家に住んでます。
心なしか、両親の寝室(今はほとんど物置)に行くと、嫁さんとケンカしていても、優しい気持ちになり、すぐに仲直りできる感じがします。
嫁さんもそう言ってます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ペアレッスン

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン