新着情報

天使のような女子高生に結婚前提の中出し

この体験談は約 5 分で読めます。

今36歳になるが、34歳の時の話。
仕事場では全く出会いもなく結婚に焦っていた。
仕方なくサイトにも手を出し、『結婚目的』で出すと返事が来た。

何と17歳の現役女子高生の『明美』という子。
顔は普通。
中の中であまりタイプではなかったが、「女子校だからか処女で、結婚を約束できるまではエッチなことはしない」と言った。
処女と久々にやりたいと思い、慎重に話を合わせて気に入られるようにし、1ヶ月後会うことに。

1人では怖いということで、親友だと言う『ひな』が一緒に来た。
このひながめっちゃ可愛い。
上の上を超えていて、透明感があって天使のよう。
マジにその辺のアイドルなんかよりずっと美少女で、しかも明美と同じ考えで処女。
俺は密かにひなに狙いを定めた。

普通に話し、その後明美で2人でデートし、その日は何もせず送った。
2回、3回とデートを重ねて、5回目で初キス。
緊張してるのか震えていた。
それからはデートの度にキスし、1ヶ月後にやっと信用を得たのかようやく体を許し、俺はラブホに入った。

制服をゆっくり脱がし全裸を拝む。
おっぱいは結構あり、聞くとEカップ。
乳首もピンクで、すでに硬くなっていた。
俺は指でクリを触りながら乳首を吸い舐めた。

明美「あっ・・・あっ・・・」

体をビクビクさせて感じる明美。
足を開いてマンコを見るとかなり剛毛。
毛を避け、クリを舐めるとお尻をグイッと高く浮かせ感じた。

明美「あっ・・・だ、だめっ!何か・・・あっ!」

しばらく舐めるとトロトロのマン汁が溢れ下半身も脱力していた。
明美にフェラを教えて舐めさせる。
チンポを興味津々で見つめ、ゆっくり頬張る。
口の中はトロトロした唾液。
舐め方は上手くなくてもヌルヌルで気持ちよかった。
しばらく舐めさせ、勃起し唾液でヌルヌルのチンポを口から引き抜き、明美の足を広げマンコに押し当てる。

明美「あっ・・・はぁ・・・ゆっくりね・・・?」

俺はゆっくりとチンポを入れた。
半分までは痛がらず、そこから痛がる。

明美「痛いっ!痛い痛い!痛いよぉ~!はぁはぁ・・・」

奥まで入れ、明美を抱きキスしながらピストン。
明美はキスしながら痛がり涙を流した。
これが予想外に不細工で萎えそうになった。
顔を見ないようにし、おっぱいを掴んでひなを思いながら、痛がる明美を無視して激しくピストンした。
中出しはしたかったが、妊娠されても困るので顔に出した。
チンポは赤く染まり、マンコを見ると毛が真っ赤で、アナルまで血が流れてカピカピに乾いていた。

それからデートの度エッチした。
明美はエッチの快感に目覚めたのか俺に求めてくるまでに。
俺が、「下の毛、剃ったらな」と冗談で言うと、ホントに剃ってきてエッチしようと言う程だった。

しかし日が経つにつれ明美から連絡が少なくなっていった。
俺は好機と思い、以前会った時に聞いたひなに電話し、「明美のこと」という名目で呼び出した。

案の定、明美は他校の学生と遊びに行っているらしいが、ひなは断っているらしい。
俺はひなのこと可愛いと褒めてアピール。
ひなに俺を意識させようと色々話した。
それから毎日、電話やメールをし、去年のクリスマスにプレゼントを渡すと、ひなは一緒に過ごしてくれた。
明美からはその後連絡があったが、浮気のことを言及すると、あっさり別れると言い、ひなもそれは知っていた。

明美はすぐエッチしたが、ひなだけは結婚するまでしなくてもいい。
我慢してでも抱きたかった。
ひなは元々照れ屋らしく、手を繋ぐだけで恥ずかしがった。
それから夏休み終わりまで、手繋ぎ、キス止まりでデートした。
俺はとにかく慎重になりひなを大事にした。

そして去年のクリスマス。
付き合って1年経ちようやく解禁。
俺はひなをアパートに招き入れベッドに寝かせる。
明るさで恥ずかしがるが、全身を見たかったので却下して服を脱がせる。
夢にまで見たひなの体。
俺は脱がす前から勃起していた。

明美よりはおっぱいは無いが、色白でピンク色の乳首でプニプニで弾力がすごかった。
キスしながら乳首を触ると、ひなは抱きつきながら舌を絡め寄り添う。
ゆっくり大事に味わいながらエッチしてあげようと思い、前戯だけで1時間位かけた。

ひなはマンコも綺麗で毛が薄く明美とは正反対。

「汚いから」と拒否るが、マンコを舐め回し、クリの皮を剥き責めると可愛い声を出した。

ひな「アンッ!そこっ!ヒャッ!ウゥッ・・・」

俺「ひな可愛い、大好きだよ」

ひな「アッ・・・可愛く・・・ない・・・もん・・・ヒャッ・・・私も大好きだよ・・・」

俺は舐めながら手を繋いだ。
ひなはマン汁を垂らし、腰を浮かせ初めてイッた。
力が抜けたところで挿入する。
フェラして欲しかったが、初めてだし諦めた。
入れられるのを感じたのか、ひなは緊張気味。
俺は抱きついてキスしながらチンポをマンコに擦りつけ、マン汁をチンポに付けゆっくり入れる。

ひな「イタタッ・・・痛い・・・」

俺「大丈夫・・・ゆっくりしようね・・・」

ひな「うん・・・うぅ・・・痛いよぉ・・・はぁ・・・」

ひなのマンコは狭く、入口の締めつけがすごかった。
それでも数10分かけてようやく奥まで到達した。
そのままキスしたり少し話したりしてリラックス。

俺「奥まで入ったよ?ひなの中、気持ちいい・・・やっと1つになれた・・・」

ひな「うん・・・気持ちいい?よかった・・・1つだね・・・」

俺は中に出す気満々だったのでゆっくり動かした。
ひなの痛がる表情は可愛くて、痛がる度になだめて愛情をいっぱい注いだ。
そして中出し。

俺「あぁ・・・俺もイクかも・・・」

ひな「痛い・・・はぁ・・・はぁ・・・いいよ?はぁはぁ・・・イッても・・・イタタッ・・・」

俺「ひな・・・大事にするね・・・あっ」

ひなは中に流れ込む精子を感じ、脈打つ度に体をビクビクさせた。
そのままキスしまくりイチャイチャ。
抜くとやはり大量の出血と垂れる精子。
シャワーを浴び、再びベッドでイチャイチャしながらくつろいだ。

ひな「幸せ・・・」

俺「俺もだよ。ひな、大好き」

ひなは甘え、俺はたまらなく幸せだった。

ひな「でも・・・私でいいの?」

俺「いいよ!ひながいいからエッチしたんだし、中に出したんだし!」

ひな「ホントに?中?」

俺「ほらっ!ひなは卒業したらすぐ結婚して子供も欲しいって言ってたじゃん?!」

ひな「うん!私は◯◯とできたらいいなって思ってた・・・」

俺「俺も・・・だからひなの中に出したんだ!」

ひな「中に出すとできるの?」

俺「知らなかったの?」

ひな「う、うん・・・」

俺「この1回でできるかはわからないけど可能性はあるよ?クリスマスプレゼントだね!」

ひなは涙目で俺に抱きつき、甘えたキスをしてきた。
俺はもう1回ひなを抱き、中出しした。

それから毎日ひなと会い、エッチできない日も普通に家まで送り、繋ぎ止めた。
ひなは明美と違い、俺だけを見てくれた。

ひなは片親で、母親とは何度か顔を合わせて仲良くなった。
それから年を越した今年、卒業前に妊娠が発覚。
俺もひなも喜んだ。
ひなの母親も喜んでくれた。
俺の両親は、いきなり18歳の嫁を連れてきて、しかも妊娠していることには驚いたが祝ってくれた。
それからすぐに結婚し、ひなは元気な男の子出産した。

今も第2子を妊娠中だ。
俺には勿体無いくらい可愛い幼妻と結婚した幸せ者の話でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン