新着情報

可愛い同級生2人と裏ビデオ鑑賞会

この体験談は約 4 分で読めます。

高2の時の話。
その日は期末テストの最終日で、俺とT、女はYとSの、男2人女2人で家に集まった。
テストが終わった日にTが手に入れた裏DVDを観るって決めてあって、ノリのいいYとSがついて来た。
この2人とは1年の頃から仲が良く、家にも何度か来たことはあって、以前にもプラス何人かで裏じゃないエロは観た事が普通にあったんだけどね。

2人とも基本的には弾けてるんだが、Yの方が明るく、Sはちょっとクール。
背はほぼ同じで160cmくらい。
Yは結構巨乳で顔は可愛い系。
明るい性格もあって人気があった。

Sは中学まで体操をやってたらしく、均整のとれた、しなやかな身体。
目がぱっちりとしていて、メチャクチャ美人なのだが、大人びて見えるのと、話し掛けにくいオーラを出していて割と毒舌。
俺達は慣れてたけど。

家に着いてさっそく観始めたんだが、最初は絡み前のドラマの部分での演技やらバカっぽい展開に爆笑しながら、買ってきたポテチとかをバリバリ喰ってた。
Sなんかはダメ出ししまくり。
Yは笑い過ぎ。
エロい雰囲気なんて全然なかった。
ようやく絡みが始まってからも、やっぱり始めのうちは、「女優のおっぱいがデカい」とか、「男優、耳舐め過ぎ」とか言って笑ってたんだけど、だんだん真剣になってくると会話が少なくなってくる。
男優がチンポ出してフェラが始まったあたりから、ほぼ無言。
たまに会話があって笑ったりするんだけど、すぐにまた無言。
俺は画面よりも2人の反応に興奮してた。

一回観終わってから、内容について笑いながら話してたんだけど、Yが「男優のチンポの大きさが、思っていたより大きくなかった」って言い始め、検証のために再度観る事に。
どうやらYは男優はメチャクチャ大きいと思っていたらしく、「期待外れ」だと笑っていた。

するとTが「俺のはもっと大きいぜ」って言い始め、「じゃあ見せてよ」と言うYの前でズボンを脱いでチンポを出した。

大きさは、男優よりちょい負けてたんだけど。
初めは驚いて見ていた2人の前で、チンポを上下に振って笑いをとっていた。

Sは「馬鹿じゃないの」と割と冷静なふりをしているんだけど、Yはバカウケで大笑いしていた。

Tは調子に乗ってYに「ちょっと触ってよ」と言い、Yの前でチンポをブラブラさせ始めた。
Yは初めは、「キモいから嫌だ」って言っていたんだけど、指で弾いたりしながら触り始めた。
俺とSは冷やかしながら見ていたんだけど、Tはだんだん本気の顔になってきていて、Yにチンポを握らせてYは少し困ったような顔でしごいていた。

しばらくしごいていてたら、TがYに「しゃぶってくれ」と頼み込んで、YがTのチンポを咥えてしゃぶり始めた。

目を閉じてゆっくりチンポをしゃぶるY。
俺とSは黙って見ていたんだけど、Tがこっちをちらりと見るので気まずく感じて2人で部屋を出た。

そして襖を少し開けて、こっそり見る事にした。
俺達が出て行くのを確認したTは、勢い良くYの服を脱がせ始めた。
制服のYシャツを脱がせ、ブラジャーを取ると、大きいYのおっぱいを揉みながら乳首を舐め始めた。
ボーッとしているYを押し倒し、スカートとパンツを脱がしたTはマンコを触っている。
そのまま69の体勢になり舐めているんだけど、Yのマンコがちょうど襖の方を向いているのでよく見えた。
毛がほとんど生えていなくて、きれいなピンク色。
ピクピク動くお尻がいやらしかった。
しばらく続いた後に正常位でセックスが始まった。
Yは普段と全然違う色っぽい声を出して感じまくっていて、大きなおっぱいを揺らし甘えた声でTの名前を言っていた。

このあたりまで見て、俺は一緒に見ていたSを引っ張って、隣の荷物の置いてある部屋に連れていき、すぐにおっぱいを揉んでスカートの中に手を入れて足を触った。
Sは固まっていたけど抵抗はしなかった。
そのままブラジャーを取って乳首を舐めながら、ズボンを脱いだ。
チンポを握らせながら、Sのパンツを脱がせた。
足を開こうとしても抵抗するので、クリトリスを触って、隙を見て思いっきり日焼けが残る足を広げた。
Sの毛はアナルあたりまで生えていたので、顔とのギャップがエロかった。

すでにビチョビチョのあそこを舐めまくる。
Sはチンポを握ったまま微かに声を出していたが、しゃぶろうとしないので、口にチンポを押し当ててしゃぶらせた。
慣れていないので上手くはなかったけど、美人のSにしゃぶらせているっていう優越感でかなり興奮して、そのままの勢いでバックで挿入。
中はキツくて締まりはよかった。
感じているのを我慢して声は出さないけど、正常位で入れると、背中に手を回して抱きついてくる。
ガンガン腰を振っていると、ものすごい射精感が襲ってきて、顔と乳を見ながら、結局あっという間に外に出してしまった。

ティッシュが無かったので部屋に取りに行こうとしたら、ティッシュ箱を持ったTがいた。
やつも途中から見ていたらしく、「交代しよう」って言って部屋の中に入っていった。

俺が部屋に戻るとYはベッドで寝ていた。
起こさないようにベッドに入り、Yの足を開いてマンコを触った。
まだかなり濡れていたのでそのまま指を入れて手マンをする。
Yは目を開けてびっくりしていたけど、すぐに感じ始めた。
そのまま正常位で入れて、今度も持続力まったくなく、あっという間に出してしまった。

早漏です・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い急募 セフレQQ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン