新着情報

嫉妬が夫婦仲のスパイスに?[後編]

この体験談は約 5 分で読めます。

そしてある日、先生が休んだ。
風邪を引いたそうだ。
来週振り替えると言っていたが、辛そうだったそうだ。

そして二日経ち、先生が来る日だったが、俺が家に帰ると嫁が心配そうに・・・。

嫁「先生まだダメなんだって、声がガラガラだった・・・。でも、もう熱はないから、来週は大丈夫みたいだって」

俺「だったら、おかゆでも作ってきてあげてよ」

俺が変な意味ではなく、本気で言った。

嫁「えっ?うん、でも、一緒に行ってくれる?」

俺「なんで?」

嫁「だって・・・、独り暮らしの男の子の家には行けないよ」

俺「ぷっ!なに意識してんの?先生モテるから、お前に欲情しないってw」

嫁「あーーー!ムカつく!じゃあいいよ!行ってくる!」

そう言って飛び出していった。

俺は、言い過ぎたと反省した。
だが、10分もしないうちに後悔し始めた。

(ああは言ったが、若い男の部屋に嫁を一人で行かせたのはまずかったのでは?)

そんな考えに支配された。
とは言っても、あんな感じで飛び出していったので、今さらついて行くのもちょっと癪だ。
落ち着きなく待っている時間は地獄のようだった。
息子は先生が休みとわかった時点で、金曜という事もあり実家に泊まりに行っている。
実家とは言っても、自転車で10分の距離だ。
携帯を握り締め、(掛けようか、どうしよか・・・?)と迷い続けて3時間経った。
もう、頭の中にはやられてしまっている嫁の姿しかない。
我慢出来ずに家を飛び出そうとすると、ドアが開いて嫁が戻ってきた。

嫁「ゴメン、遅くなっちゃった!ご飯すぐ作るね!」

出て行ったときと何も変わっていない感じの嫁がいた。
だが、俺は嫁を抱き締めると、荒々しくキスをした。

嫁「ちょっと、うがいしなきゃ、移るかも?」

そう言う嫁を無視して、荒々しくキスをしながら胸を揉む。

嫁「ちょ!どうしたの?こんなところで、ダメだってぇ」

俺は構わずに嫁の上着を脱がせる。
でかい胸がボロンとこぼれ落ちる。

「ブラは?」

「あ、あぁ、急いでたから、着けるの忘れちゃったんだ・・・、へへ、ドジだよね」

明らかに動揺が見える。

どっちだ?
先生の家でブラジャーを外すような事態が起きたのか?
それとも本当に忘れていたのか?

ただ、どちらにしても独り暮らしの男の部屋に、ノーブラの嫁がいたのは確定している。
俺は、狂ったように嫁の乳首を吸った。

嫁「あぁぁっ!ダメっ!こんな、恥ずかしいよ、あぁっ!」

嫁はそう言いながら凄く感じている様子だ。
もう本当に我慢出来ずに、嫁を下駄箱に手をつかせて立ちバックの姿勢にする。
膝丈のスカートを捲り上げると、生足が眩しい。
さすがにショーツは穿いていて、変に安心した。
そして、剥ぎ取るようにショーツを下ろすと、あそことショーツの間に糸を引いた・・・。
それを見て、俺は狂ったようにチンポを取り出すとそのまま生で入れた。
息子が生まれて以来、初めての生挿入だ。
その、いつもとは違う絡みつく感触に、思わず吐息がこぼれる。

嫁「ああーーーーっっ!!あなたぁっ!こんな、あぁ、ダメぇ、ベッドに、アァ、イヤぁぁ!」

嫁は背中を仰け反らせて、いつもよりも激しく感じている。
俺は、いきなりMAXスピードで腰を振る。

嫁「あ、あ、アッ!アッ!アガっ!ガァっ!は、ひっ!ひっ!ひぃぃぃん、あなた、ダメぇ、私もう・・・、あぁ、凄い・・・、壊れるぅ」

俺は、我慢しきれずに聞いた。

俺「やったのか?セックスしたのか!?」

嫁「あぐぅぅ・・・、あぁ、ごめん、なさぃ・・・、あなたぁ、ごめんなさぃぃ」

喘ぎながら謝る嫁。
俺は、目の前が真っ暗になった気がした。

俺「何回した!?ゴムは!?キスは!?」

怒りとともに聞く。

嫁「ぐぅぅあぁっ!!ゴメンなさいぃ!!生で、キスしながらしましたぁっ!3回出されましたぁっ!あぁっ!!ダメ、イクっ!イッちゃう!」

俺「中に出されたのか!?」

俺は、叫んでいたと思う。

嫁「中に出されましたぁっ!!!イクっ!!!」

俺「あぁ、優子!!」

俺は、耐えきれずに嫁の中に出した。

嫁「あ、あ、あああ、あぁ、あなたぁ・・・、出てる、あぁ、愛してる」

そう言いながら、玄関の床にへたり込む嫁。
俺も、放心状態だ。

だが、すぐに冷静になり・・・。

俺「どういうことだ?中に出された?どういうつもりだ!」

本気で怒って言うと・・・。

嫁「ごめんなさい・・・、ウソです」

バツが悪そうに言う嫁。

俺「え?ウソ?何が?」

嫁「先生としたの・・・、ウソです。ただ、おかゆ作って、体をタオルで拭いてあげただけだよ」

俺「な、どういう、えっ?何でそんなウソを?」

嫁「だって・・・、あなた嫉妬すると男らしくなるから・・・、いつも優しいけど、たまには、荒々しく・・・、ね?」

そんな風に、いたずらっ子のような笑みを浮かべていった。
俺は、腰が抜けたように座り込んだ。

俺「ホント、勘弁してよ、あっ!中に出しちゃったよ!大丈夫!?」

嫁「大丈夫、かな?まあ、兄弟欲しいって言ってたし、良いんじゃない?w」

そしてその後はお互いに妙に火がついてしまった感じで、風呂に一緒に入ってそこでもして、寝るときにもベッドでした。
1日に3回したのは、結婚後は初めてだ。
満足感と幸福感を感じながら寝ようとしたが、どうしてもブラジャーのことが気になる・・・。
それに、体を拭いてあげたとか言っていたのも気になる。

俺は寝ている嫁を起こさないように浴室に行き、嫁の下着入れを開けてみた。
すると、いつもよく見るブラがない。
気のせいかもしれないと思ったが、俺は嫁の胸が大好きなので、本当によく観察している。

(どう考えても、あの黒いやつがない・・・)

洗濯かごの中にもないし、物干しにも当然かかっていない。

(やっぱり、先生のところで・・・)

そんな疑惑が浮かぶ。

ベッドに潜り込むと、嫁が抱きついてきた。
そして、俺のパジャマの下を脱がせると、チンポを咥えてきた。
こんな積極的な嫁は初めて見たので興奮したが、3回も出しているので立たない・・・。

嫁「無理か・・・。もう、お互いに若くないもんね、ふふふ、愛してる」

そう言ってキスをしてくれた。

俺「ねぇ、体洗ってあげたって言ったよね?どうやったの?」

嫁「えーー?wそんなこと言ったっけ?聞き間違えじゃないのw」

そんな風に惚けられた。
俺は、釈然としないまま寝た。

次の日会社から帰ってくると、まだ息子は帰ってきていなく、嫁が一人でいた。
玄関に出迎えに来た嫁は、下着姿だった。
あの疑惑の黒いブラと、お揃いのセクシーなショーツ姿の嫁。
そのブラがあったことで、俺は心底ホッとした。

嫁は、昨日の俺のように、俺にむしゃぶりついてきた。
そして、荒々しく俺の口の中に舌を突っ込み、掻き混ぜる。
そして俺のスーツを脱がしていく。
まるっきり昨日とは逆で、俺が犯されているようだ。
俺は、すぐに火がついて、嫁のブラを下にずらして胸を丸出しにすると、激しく揉みしだく。
そんな感じでまた玄関でセックスをしてしまった。
しかも、また中出しだ。

嫁は「あなた、素敵だったよ。愛してる!」と言ってキスをしてくれた。

程なくして息子が帰ってきて、また日常に戻っていった。

そして週が明けると、先生も回復してやってきた。
会社から帰ると、先生が息子の部屋から出てきて・・・。

先生「この前は、本当にすみませんでした!おかゆ作ってもらって、涙が出るほど嬉しかったです!」

こんな風にお礼を言ってきた。
その言い方や眼差しに、嘘はないと感じた。

だがこのときのことは、今でもお互いにセックスの時に持ち出して、良いスパイスにしている。
嫁は、先生に抱かれたという話をしては、俺を嫉妬させる。
俺は作り話とわかっていても物凄く興奮して、嫁の思惑通り男らしく嫁を抱いた。
家庭教師は息子の学力向上だけでなく、夫婦の性欲向上も果たしてくれた。
先生とは相変わらず食事にもよく行くし、日曜に一緒にバーベキューなどにも行く仲になった。
嫁と先生もすっかり打ち解けた。

そう、はたから見て完全に“やってるな”と思うくらいに・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレガイド

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン