風邪を引いた妹を看病しているうちに[後編]

この体験談は約 5 分で読めます。

「ぷは・・・」

つーっと、糸を引いて2人の唇が離れた。
僕が着せたばかりのパジャマをもう一度脱がす。
髪を撫でて、耳たぶに口づけする。
首筋をゆっくり下りて脇の下まで舐める。

「きゃふっ!」

「くすぐったい?」

「ううん、ちょっとびっくりしただけ」

まだ未成熟な妹の身体。
固いつぼみを開かせるように、もう一度じっくりと上から下へと愛撫を繰り返していく。

「あっ・・・ふあっ・・・」

小さなおっぱいを手でゆっくりと揉みほぐしながら、ちゅっ、ちゅっと吸う。
舌でコロコロと転がすと、小さな乳首がムクムクっと硬くなってくる。

「あふっ・・・いい、いいよぉ」

妹の切ない喘ぎ声が聞こえる。
まだ子どもの声なのにぞくっとするほど色っぽい。
お腹、おへそと下へおりていきながら、撫で回し、頬ずりし、舐めていく。
発毛のない、まだすべすべの丘、内股の白く柔らかい部分。
幼い性器をキスマークで飾るように強く吸う。
大事なところをわざと後にする。

「あっ、ああん・・・お、お兄ちゃん」

懇願するような妹の声。

「じゃあ、もっと足開いて、お兄ちゃんに佑香のすべてを見せて」

佑香は黙って頷くと、もう開かないくらいいっぱいに足を広げた。
それからおずおずと手を添え、くにゅっと自分の陰唇を割り開く。
恥ずかしい桃色の粘膜の奥まで兄の目に晒す。

「佑香、そこまで・・・」

予想以上の妹のエッチな反応に僕は股間が熱くなった。
佑香が待ち望んでいる部分に再度口づけてやる。

「はああん・・・んふっう」

ちゅばっ、ちゅぱっ。

「可愛いよ、佑香」

性器は、もう充分に濡れて潤っている。
幼い花弁が、とろとろと蜜を分泌して、ペニスの侵入を待っている、そんな感じ。

くぷっ・・・。

指を入れてみると、きゅっと締めつけられる。

「痛い?」

「ううん、大丈夫」

体勢を変え、僕は妹の上に被さった。
佑香も足を開いたまま兄を受け入れるようにして、そっと手を伸ばす。

「佑香っ!好きだよ」

「お兄ちゃん・・・」

「・・・いくよ」

僕が身体を擦りつけると、佑香の愛液が2人を結ぶように絡みつく。

ちゅるっ、ぴちゅっ・・・。

自分のモノがヌルヌルになったところで、僕はペニスをぐっと押し当てた。
小さい妹の粘膜を押し広げて、大きな僕の硬いモノが入っていく。

ずにゅぅ・・・。

「んああっ!」

ぴったりと吸い付くように佑香の肉壁が僕の先端を包み込んだ。
そのまま、ずずずっと、奥まで挿入していく。
温かく、柔らかく、優しく、それでいて、キツく、狭い、そんな妹の体内。

「あ・・・うっ・・・い、いたっ・・・痛いぃ・・・」

「大丈夫か?」

「う、うん・・・なんとか・・・我慢する・・・あっ!動かさないで!」

「わかった・・・」

繋がったままで兄妹がじっと見つめ合った。

「やっと・・・やっと、お兄ちゃんと・・・ひとつに・・・」

涙をこぼしながら小さく佑香が呟く。

「ずっと・・・ずっと好きだったのに・・・お兄ちゃんったら・・・大学、行ったっきり・・・帰って・・・来ないから・・・」

痛みをこらえながら、とぎれとぎれの妹の告白。

「本当にごめんよ、佑香」

僕は謝った。
今までのこと、今日のこと、今のこと、全てを含めて。

「俺だってお前のことが好きだった。だから、怖かった。いつかこうして兄妹で愛し合ってしまうんじゃないかって、それで・・・」

「私・・・いつでも・・・待ってたのに」

「佑香・・・」

僕は、こうして抱き合っているだけで心が満たされていくのを感じた。
動かさなくても充分に心地よかった。

「なんか・・・あそこがじんじんする。お兄ちゃんが、私の中に入ってるんだね・・・」

ぽつんと佑香が言った。

「まだ痛いか?」

「ううん、もう大丈夫・・・いいよ」

佑香も、まだ辛そうな顔をしているが、最初よりはだいぶ楽になってきたようだ。

「動くよ・・・」

「あっ!ふぁ・・・」

僕が腰を引いて静かに動き始める。
ずるずるっと引き出して、時間をかけて、ぐぐぐっと突き入れる。
結合部分に目をやると、血が滲んでいるのがわかった。
愛液で薄められているが、佑香の初めての印だ。

くちゅっ・・・ぬりゅっ・・・。

僕は気を遣ってゆっくりと抽送した。
男にとっては焦れったいようなセックスだったが、自分の快感よりも愛しい佑香が痛がらないようにという思いが強かった。

「お、お兄ちゃん・・・お兄ちゃんっ・・・」

佑香がうわ言のように呼びかけてくる。
妹から溢れる愛液は、水飴のようにねっとりと絡みつき、自らの痛みをも和らげるように僕のペニスを濡らす。
狭い入り口はきゅっきゅっと根元を締めつけ、中は柔らかい微妙なヒダが、動かさなくとも敏感な部分を刺激する。
相手が佑香だというだけで、もう爆発しそうなのに、その中の感触も恐ろしく気持ちよかった。

「ああん・・・、あふっ・・・」

ぐちゅ・・・、ぐちゅ・・・。

擦れる愛液がエッチな音を奏でる。
切ない喘ぎ声と合わさって、僕をフィニッシュへと導くメロディ。

「す、すごいよ・・・佑香、さ、最高だよ」

「あん・・・う、嬉しい・・・」

やがて僕の動きが速くなる。
あまりの気持ちよさに自然に腰が動いてしまうのだ。
急速に絶頂が近づいてくる。

「あっ・・・お、お兄ちゃん、ゆっくり・・・いっ、いたあいっ、くふっ!」

ひと筋、ふた筋と新しい涙がこぼれていく。
妹のしがみつく手に力が入る。

「ご、ごめん、佑香、もう少しだから」

くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ。

「んっ・・・くふっ・・・んんっ!」

僕の中で迸りそうな感覚が腰から上ってくる。
止まらない!

「・・・ゆ、佑香っ!くうっ!」

どひゅっ、どひゅっ、どひゅ・・・。

濃厚な液が身体の中を迸って放出されていく。

(中で出したらやばい)

一瞬そう思ったものの、佑香のもたらす快感はあまりにも強烈だった。
僕は止める間もなく、ありったけの精液を妹の中に注ぎ込んでいた。

「・・・はあ、はあ、佑香ごめん・・・」

「・・・んっ」

繋がったままで、2人はもう一度、唇を重ね合った。

翌日。

「じゃあ大人しく寝てなさい」

「ああ・・・」

「まったく、妹の看病して伝染されるなんて、お兄ちゃんのくせに情けない。大学が始まるから、今日帰らないといけなかったんでしょ?」

「・・・仕方ないよ、最初の講義は休むよ」

「じゃあ行ってくるから」

説教だけして母親が出ていくと、入れ違いに佑香が入ってきた。
パジャマのままの姿で心配そうな顔をしている。

「大丈夫?お兄ちゃん。私の風邪が伝染っちゃったんだね?」

「コホッ、コホッ・・・気にするなよ、俺は大丈夫さ。昨日の今日だから佑香の方が心配だよ」

「うん、大事をとって休むけど元気だよ・・・あそこも、もう痛くないし・・・」

照れながら妹が付け加えた。

「そうか・・・」

「お兄ちゃん風邪引いてるのに、こんなこと言っちゃ悪いんだけど・・・」

佑香はちょっと俯いてから言った。

「お兄ちゃんがもう1日いてくれるのが、すごく嬉しいの」

「・・・佑香」

僕は胸がいっぱいになった。

「俺、すぐまた帰って来るよ。風邪が治ったら、2人でどっか遊びに行こうな」

「うんっ」

佑香は嬉しそうに頷くと、めいっぱい甘えた声で言った。

「ねえ、お兄ちゃん・・・こっちの部屋で寝ててもいい?」

「いいけど、そばに来るとお前の風邪、またぶり返しちゃうぞ」

僕が苦笑しながら答える。

「大丈夫だよ、お兄ちゃんが治してくれるもん。じゃあ、お布団持ってくるね」

妹がにっこり笑って飛び出していく。

ケホッ・・・。

風邪のせいで頭も喉も痛かったけれど、それを吹き飛ばすくらい僕は幸せな気分だった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!