気の強い姉が彼氏にメス犬扱いされていました

この体験談は約 2 分で読めます。

姉はかなり気が強く、しっかり者で、俺にとっては小さい時から怖い存在でした。
姉には同じ会社に付き合っている男性がいて、今の姉の旦那さんなんですが、当時はまだ結婚するとも知りませんでした。
姉の彼氏はここにお泊りすることもよくありました。

そんなある日、俺は気分が重くて高校を休みました。
たぶん姉たちは俺が学校を休んでることを知らないのか、明らかに猫なで声の姉と彼氏がしゃべりながら俺の部屋の前を通りすぎてリビングへ下りていきました。
俺は姉のあんな声を初めて聞きました。
すごく怪しい雰囲気なので気になってしまって、音を立てず部屋の扉を開けて、足音を消してリビングに下りていきました。

そっと覗き見ると彼氏はソファーに座り、姉はその前に全裸で正座して、彼氏のモノをすごい勢いでしゃぶってました。
数分後、彼氏がむくっと起き出して冷蔵庫へ。
野菜室から1本のきゅうりを手に取ると、ポケットからコンドームを出して、コンドームをきゅうりに被せて姉に手渡しました。
姉は彼氏の目の前でそれを自ら挿入してオナニーをさせられていました。

「ごめんなさい。先にイッちゃいます」

なんて言いながらイッてしまったようです。

その後、姉は四つん這いになってまた彼氏のをしゃぶりはじめて、もう片方の手できゅうりを出し入れしていました。
姉は何度もイッている様子。
しかも俺の方からは出入りするきゅうりが丸見え。
あんなに怖い姉の、こんな姿を見てびっくりしました。
イキまくってる姉なんて想像したこともなかったから。

明らかにメス犬扱いされています。
お尻を叩かれて、でも姉は歓喜の声。

「はい!」
「お願いします!」

明らかにいつもとは態度が違うんです。
それから延々と1時間くらいはやってました。
その後、俺はバレないように部屋に戻って発射しましたw
セックスしているのを見たのはその1回きりでしたが、本当に衝撃的だったことを、今でもはっきりと覚えています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

オススメのマッチングサイト

ちょっと一息エロ動画