俺のあそこがかゆくなった。

この体験談は約 4 分で読めます。

姉とは、俺が中学1年のときまで風呂に入っていた。
姉は二つ年上。
俺は子供だったせいか、全然、変な気持ちはしなかった。

大抵は、姉の方から「風呂に入ろう」と言ってきた。
姉は、自分の目の前で、どんどん服を脱いでいくけど、その当時は、全然、なんとも思わなかった。
胸をみても、尻をみても、なんとも思わなかった。
その当時は。

それから、中学1年の春休みなって、俺は毛が生え始めた頃から姉とは風呂に入らなくなった。
正確には、生える前かな。
姉が「入ろうよ」と言うが、なんだかんだ理由をつけて断った。
姉もその様子に気づいたのか、誘わなくなった。
こちらも、大人になってきたし、姉とも風呂に入りづらくなってきたのもあるし、しつこくされるのは嫌だった。

まあ、そんなこんなで一年が過ぎて、全く風呂にも入らなくなって、俺が中3のときかな。
結構、髪型も気にしだして、おしゃれも始めたのもその頃。
姉も、その髪型いいねと言ってきたりして、会話も普通だった。
テレビで、エッチな場面、映画とかで少しでも裸のシーンが出ると、気まずくなったりとかして、チャンネルは変えないまでも、シーンとしたりした。

まあ、そんなわけで、健康的?な、平凡な姉と弟だったんだけど。
姉を見ても、意識はせずに普通だった。

姉の方は、自分のことを弟と思っていたし、それ以上のことはなかったんだよなあ。
ただ、姉的には、俺を意識するようになったのか分からないけど、もう、風呂には入ろうとは言ってこなかったんだけど・・・。
まあ、そんなこんな中、恥ずかしいんだけど、俺のあそこがかゆくなった。
当時はかなり焦った。

それで、痒い。
痒いと親父に話していたんだよ。
すると、親父がふざけて「こいつ、ちんちん、痒いんだってよ」って姉に言ったんだよ。
すると、姉は、その場を立ち去っていった。

俺は、親父にむかついて、ふざけんなと言ったけど、親父は笑っていた。
すごく、むかついた。
でも、痒かった。
いんきんまでは、いってなくて、湿疹だったようなのだが。
まじで、痒かったのね。

んで、姉とは会話なくて気まずくて、なんか、もしかしたら不潔な奴と思われそうで、ちょっと落ち込んでいた。
その前に、親父に腹が立ってきて親父に「無神経なんだよ」と言ったら、「皮膚科に行け」ってことで皮膚科に行ったんだよ。

そこの皮膚科のじじいに、パンツを下ろされて「ああ、湿疹。湿疹。学生服の下に、短パン穿いているから、蒸れるんだよ」と言われて、「ああそうか。いんきんじゃなくてよかったよ」って感じで薬を貰ってきた。

そんで、塗ったらまじで、しみる。
それで、今度は痛そうな顔をしていたんだよ。
そうして、“ああ、しみるぜ”って感じでいたら、姉が来て、ふざけて言うんだよ。

「ちょっと、それ、うつさないでよね」って。

だから、「湿疹だから、うつんねーよ」と言った。
まあ、その場は何とか普通にというか、気まずい空気が一応無くなったんでよかったよ。

そしたら、姉が「湿疹って、どんな感じなの?見せて」って言うんだよ。

で、俺は「見せられるわけないだろ」って言うと、姉が「見せて。見せて」って言うのね。

たぶん、ふざけているのと、本当に見たいのがあって、それが混ざった感じになっているだと思うけど・・・。

それで、そう言われても困った。
もう、子供じゃないし、昔の毛の生えてない頃だったらいいけど、今は状況違うし、非常に抵抗あったからだ。

・・・で、姉が「見せて」って何回も言うのをちょうど母親が聞いて、姉を叱った。

「そんなところ、見せられるわけないでしょ」って。

すると、姉は「なあんだ」という残念そうな顔をしている。

で、母親が立ち去った後、「見たいなあ」と言うんですよ。

だから、「じゃあ、いいよ。分かったよ」って言ったんだ。

それで、ズボンを下ろしたんだけど、やはり、見せるのは恥ずかしかった。
その状態で、「やっぱり、よそうか」と言うと、姉は「見たい」と言うので、そのままパンツを下ろした。

すると、姉は、「あっ、毛が生えてる」って言ってきた。

「当たり前だろ」って言うと、「いつの間に毛が生えて」とさらに言う。

それで、あそこをじっと見ている。
自分の弟に毛が生えるということが姉にとって驚きだったようで。
姉は「毛が生えてる」と何度も繰り返し言っていたよ。

で、「どこが湿疹?」と聞くので、玉の皮を捲って、後ろの方を見せた。
すると、玉の袋って、縫い目があるけど、その縫い目が気になったらしく「へえ、そうなってるんだ」って姉は言う。

「はい、もう。おしまい。もう、湿疹治ってるから」と言うと、姉は俺のを見ていて、「ちょっと触っていい?」と言ってきた。

「えっ?」って言うと、「ちょっとだけ」というから袋の方を軽く触らせた。

すると呼吸するように、波打ってひくひくしているのを見て「面白いっ」って言っていた。
俺も触られて、ちょっと変な気持ちになってきたので姉に言った。

「棒の方も触る?」

すると、姉は「いいの?」って言ってそのまま触ってきた。

「なんかくにゅくにゅするね」って言ってきたけど、しばらく、姉はさわっていた。

「毛も触っていい?」と聞いてきてて、「いいよ」と言うと、毛も指と手のひらで弄っている。

そのときのテンションは、ちょっとお互いドキドキしていた。

そうすると、やっぱり大きくなってきてしまって、焦ったんだけど・・・。

すると、姉は「え、ちょっと、何大きくしてんの?」と言ったので「ああ、ちょっと、触られると・・・」と言うと、姉はそのまま驚いた表情でじっと、見ている。

そして「ねえ。もう一度、触ってといい?」って聞いてきたので、「いい」と言うと、掴んできた。

ちょっと、脈打つ感じでビクッとなった。
下の階には、母がいるので、お互いもうこれ以上はまずいかなと思っていて、そこで終わりになった。
何か妙な雰囲気だった。

それで、そのまま姉が立ち去って、その日も普通に過ごしたんだけど、やっぱどことなく不自然だった。

俺も、姉に見られたし、触られたという思いがあったし。
でも、姉からすれば、弟に毛が生えていて、それを見てちょっと驚いたという感じだったのだろう。

まあ、それからは、別に何もないです。
一緒にテレビを見ているし、普通の姉と弟です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!